000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ささやかなこの人生

PR

X

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

病気

2010.05.04
XML
カテゴリ:病気
夜、脚がむずむずと不快な感じがして眠れない・・・。

「むずむず脚症候群」の治療薬が国内で初めて保険適用されたようです。

「むずむず脚症候群」200万~500万人の患者がいると推計されています。

ほかの飲み薬や、はり薬も開発中で、酒をひかえたり、マッサージしたりなど薬に

頼らない治療の指針作りも進んでいるようです。

現在ではこの「むずむず脚症候群」は広く見られる神経疾患で患者が脚を

動かさずにはいられない状況から、「レストレスレッグス症候群」

(「下肢静止不能症候群」 Restless Legs Syndrome=略称「RLS」)とも

呼ばれています。

RLSという疾病に対する認知度の低さからもっと多くの患者が潜在しているとも考えられ、

この顕在・潜在患者を含めると約500万人近く存在するとも推測されているようです。

年代別と性別では40歳以上の中高年に多く、特に40~60歳の女性に多く見られ

不眠症患者の10人に1人の割合で、RLSの人がいるといわれています。



ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
人気ブログランキングへ
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村








Last updated  2010.05.04 21:56:56
コメント(2) | コメントを書く


2010.02.13
カテゴリ:病気
1~2月にかけて、一気に増加する皮膚トラブルの一つがしもやけです。

しもやけは寒冷・加温刺激の繰り返しによって局所の循環障害が誘発され、

皮膚が赤くなったり、腫れたり、あるいは紅斑ができる疾患。

一般的なしもやけは、指先が赤紫色で樽柿のように腫れるT型と呼ばれるようです。

一方、紅斑を主とする紅斑型(M型)と呼ばれるしもやけは、腫れずに赤みが強くなるだけ

なので、しもやけとは気づかず放置し、重症化してしまうケースがあるそうです。

また、前日との温度差が激しければ激しいほど、血管の収縮回数が増え、血行が悪くなり、

しもやけが起こりやすくなるという事です。

先生によると、手や足、末端の血流を良くしておくことが大切とのこと。

クリームを塗る場合は、血行改善効果のあるビタミンE入りのものに効果が期待でき

また、昼間にこまめにクリームを塗ることが難しい場合は、夜の就寝前に集中的にケア。

肌を濡れた状態で放置しておくと、皮膚の温度が低下してしもやけが起こりやすくなり

運動や暖かい室内で汗をかいた場合はこまめに汗をふきとることが望ましく

温度調整しやすい服装を心がけ、帰宅後は指先や足先をマッサージするなど、

徐々に体を温めてからお風呂に入ったり、ストーブにあたったりするとよいそうです。



ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
人気ブログランキングへ
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらもポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村










Last updated  2010.02.13 19:22:06
コメント(6) | コメントを書く
2009.08.24
カテゴリ:病気
毎年冬を中心に流行しているインフルエンザを季節性インフルエンザと呼んでいます。

インフルエンザウィルスは変化するスピードがとても早く、形を多彩に変えています。

しかし、ほとんどの人が過去の感染やワクチン接種によって基礎免疫を持っているため、

乳幼児や高齢者、基礎疾患がある人以外はあまり重症になりません。

ところが、そのインフルエンザウィルスが数十年に1度これまでとは全く違うウィルスに

変わり大流行します。これが「新型インフルエンザ」です。

この新型インフルエンザは誰も免疫を持っていないため世界的な流行が起こります。

20世紀には、スペインかぜ、アジアかぜ、香港かぜといった大流行が3回起きています。

2~6月に流行した新型インフルエンザは今まで誰も感染したことがないため、

それに対抗できる免疫をもってなく爆発的に広がっていきました。

また、症状は季節性インフルエンザと変わりませんが免疫がないため重症化する

可能性もあるようです。


ランキング参加しています。宜しければ応援おねがいします。
人気ブログランキングへ
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
こちらもポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村









Last updated  2009.08.24 21:18:03
コメント(2) | コメントを書く
2009.07.14
カテゴリ:病気
梅雨明けも間もなくとなり、本格的な夏が目前です。

温暖化の影響で年々気温は上昇し、今年も熱中症の多発が危惧されています。

特に高齢者と子どもは要注意です。

日本は100年間で平均気温が1度上昇し、特に東京は高層ビルや舗装道路による

都市部のヒートアイランド現象により、この30年間で真夏日(最高気温が30度以上)が

3週間以上増え、年間2週間だった熱帯夜(最低気温が25度以上)も約1カ月になり

風も弱まり、熱中症になりやすくなっているそうです。

症状は3段階で、1度は「めまい、失神、筋肉痛、こむら返り」、

2度は「頭痛、嘔吐、倦怠感、虚脱感」。3度になると「意識障害、けいれん、

手足の運動障害、高体温」が見られ、死に至ることもあるそうです。

以前は労働現場が多かったようですが、最近は普段の生活やスポーツ時が目立ちます。

厚生労働省の統計によると、年齢別では▽15~19歳がスポーツ時

▽30~59歳が労働時▽65歳以上は家・居住施設が大半を占めます。

全被害の6割は65歳以上の高齢者です。

人の体に含まれる水分の割合は、年とともに少なくり、加えて代謝が落ちるため、

発汗による体温調整機能が鈍り、のどの渇きも覚えにくくなるのが原因のようです。



人気ブログランキングへ
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
こちらもポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村






Last updated  2009.07.14 21:54:43
コメント(1) | コメントを書く
2009.06.05
カテゴリ:病気
国立病院機構徳島病院は、神経の難病「パーキンソン病」専門の

リハビリセンターを開設し、家庭用ゲーム機を使って病気進行要因のストレスを

解消するリハビリを実施、薬物療法に並ぶ新たな治療法として確立を目指しているそうです。

徳島病院によると、神経難病を対象にした本格的なリハビリは全国でも珍しいという事です。

センターは症状の軽い患者が対象で、神経内科医と言語、作業、理学各療法士の

計16人で運営。リハビリに取り組む入院期間は4週間で、その間に独自のメニューに

取り組んでもらう。本年度は60人を受け入れる見込みだそうです。


メニューは患者一人一人に合わせ、柔軟体操や発声練習などの基礎訓練と、

ストレス解消を目的とした訓練を組み合わせ、ストレス解消方法として、

バランス運動ができるゲーム機「Wii」を使ったプログラムや音楽鑑賞、カラオケ、

化粧などを取り入れているそうです。

パーキンソン病は薬による治療が一般的ですが、対症療法のため効果には限界が

あることから、ストレスを解消するリハビリで病気の進行抑制を図るのが狙いだそうです。


パーキンソン病
脳の中の黒質にある神経細胞が減ることにより、ドパミンが減少するために起こる病気です。

ドパミンは、運動を円滑に行うように脳からの指令を筋肉に伝える神経伝達物質です。

この命令がうまく伝わらなくなるので、パーキンソン症状と呼ばれる運動の障害を生じます。

なぜこの病気が起きるのかはまだ不明です。パーキンソン病のほとんどは遺伝と関係ありませ

んが、遺伝するパーキンソン病の家系が判明し、遺伝子レベルでの解析が進んでいます。

パーキンソン病は、中高齢者に発症し、患者さんは10万人あたり100人以上はいるとされ、

65歳以上ではさらに増加するといわれています。高齢社会において、脳に関係する病気では、

アルツハイマー病に次いで身近な病気といえます。


人気ブログランキングへ
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
こちらもポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村










Last updated  2009.06.05 21:46:56
コメント(2) | コメントを書く
2009.04.17
カテゴリ:病気
心筋梗塞など循環器疾患の予防には、日本人の場合

肥満に重点を置いたメタボリック症候群対策より、高血圧への対策が

重要だとする研究を、厚生労働省研究班が16日発表しました。

40~69歳の男女約2万3000人を約11年追跡した疫学調査の結果、

高血圧が原因で、発症したと推定される循環器疾患がかなりの割合で存在した上、

肥満でなくても高血圧や高血糖といった他のメタボ関連要因があると、

心筋梗塞などの発症リスクがあることが分かったそうです。

日本の現行のメタボ診断は、腹囲のサイズの大きさが基準になっているため、

研究班は「肥満でない人のリスクが見落とされる可能性がある」と指摘しています。

調査によると、追跡期間中に心筋梗塞や脳梗塞を発症した人のうち、

男性48%、女性45%は高血圧が原因と推定されました。

一方、肥満以外のメタボ関連要因が1つあるために心筋梗塞などになったと

推定された人は男性で13%、女性で11%おり、肥満でなくても一定のリスクが

あることが分かったようです。

循環器とは、心臓と血管から構成されており、血液が循環されることにより、

このしくみの中を酸素と栄養分が全身の組織に運ばれ、組織からは老廃物が運び出されます。

また、循環器疾患とは循環器が何らかの原因で病気になることをいいます。



人気ブログランキングへ
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
こちらもポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村









Last updated  2009.04.17 21:45:06
コメント(3) | コメントを書く
2009.03.19
カテゴリ:病気
厚生労働省の研究班は19日、64歳以下で発症する若年性認知症の患者数が

全国で約3万7800人に上るとの推計を発表しました。

同省は1996年度の前回調査では、患者数を2万7000~3万5000人と

推計しましたが、「今回はより実態に近い数」としているようです。

調査は2006~08年度までに、茨城、群馬、富山、愛媛、熊本の5県と

横浜、徳島の2市で認知症患者が利用する病院や福祉施設などを対象に実施。

発症年齢の平均は51・3歳です。18~64歳の人口10万人あたりの患者数は

47・6人で、男性は57・8人、女性は36・7人で男性が多かったそうです。

年代別では60~64歳が10万人当たり189・3人で最多。

以下55~59歳(115・1人)、50~54歳(51・7人)などの順。

若年性認知症の原因疾患は、脳血管性疾患が39・8%、

アルツハイマー病が25・4%、頭部外傷後遺症が7・7%などだったようです。


人気ブログランキングへ
ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
こちらもポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村


若年性認知症とは

18歳から64歳までに発症した認知症の総称。アルツハイマー病、脳血管障害、頭部外傷など原因はさまざま。一家を支える現役世代で発症するため、本人や家族の経済的、精神的ダメージは大きく、患者は医療費の自己負担も3割と重い。発症原因が老化でない場合は65歳になるまで介護保険も適用されない。若く体力があるため、興奮、暴力、はいかいなどの症状が見られるケースは介護施設に受け入れを拒まれることも多い。 






Last updated  2009.03.19 21:06:33
コメント(2) | コメントを書く
2009.01.07
カテゴリ:病気
勤務先の病院では、今週から風邪の症状で外来受診した患者さんが

インフルエンザ検査結果で、プラスになった人が毎日います。

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスの感染によっておこる病気で

主な症状としては、高熱(38~40度)や頭痛、筋肉痛、全身倦怠感などの全身症状と、

のどの痛み、咳や痰などの呼吸器の急性炎症症状などがみられます。

インフルエンザは通常のかぜと比べ、症状が重く全身症状も顕著に現れます。

インフルエンザウイルスは大きく分けて、A型・B型・C型の3種類がありますが

世界で流行を起こし問題となるのは、A型とB型です。今回の患者さんは全員A型です。

A型毎年流行するほか、爆発的な大流行がり、細菌性の肺炎を高率に併発するため

高齢者は死亡するケースもあるそうです。

風邪と思いこまず、早いうちに医療機関を受診することが必要です・・・


banner_02.gif
人気ブログランキングへ ←ポチッと押して下さい

にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ ←こちらもポチッと押して下さい












Last updated  2009.01.07 21:48:19
コメント(4) | コメントを書く
2008.08.08
カテゴリ:病気
脳卒中の危険因子を持つ人の約4割が医療機関を受診せず、疾患への関心は高くても、

予防意識の低いことが、ファイザーが実施した「脳卒中に関する意識調査」で

明らかになりました。

調査は、脳卒中の罹患率が高まる年齢といわれている40歳以上の4700人を

対象に全国で実施されました。

脳卒中の危険因子としては「高血圧」の認知度が最も高く、全都道府県で90パーセントを

超えましたが、高血圧の診断を受けても、その後38.0パーセントの人が医療機関を

受診しておらず、予防意識が高くないことが分かりました。


脳卒中は、日本人の死亡原因の第3位で、2005年度の厚生労働省の調べでは

総患者数は約137万人に上っています。


banner_02.gif ←ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ ←こちらもお願いします










Last updated  2008.08.08 23:25:52
コメント(0) | コメントを書く
2008.08.01
カテゴリ:病気
日本人男性は、のんびりして温和な性格な方が、短気で怒りっぽい人に比べ

心筋梗塞など心臓病の発症の危険が高い傾向にあることが

厚生労働省研究班の調査で分かったようです。

1990年以降、8県の40~69歳の男女約8万6000人に、

自分の性格についてアンケートを実施した結果。

「せっかち、怒りっぽい、競争心が強い、積極的」などの傾向が強いAタイプと、

「のんびり、温和、負けても苦にならない、消極的」というBタイプに分類し

その上で、男性の心臓病発症者514人について、発症率を算出すると

AよりもBの方が約3割高かったそうです。

しかし、「強いストレスを感じている」と答えたのは、Aの33%に対して

Bは20%と低く、飲酒や喫煙など発症の恐れを高めるほかの要因も

Bの方が低かった。女性はあまり差がなかったそうです。


banner_02.gif ←ポチッと押して下さいネ
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ ←こちらもお願いします








Last updated  2008.08.01 23:05:28
コメント(0) | コメントを書く

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.