2029406 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

自分流四十代

2015年05月30日
XML
カテゴリ:チューブラー
サドルバッグ。

付けるべきか付けざるべきか。

賛否両論ありそうです。

僕的には無しではありません。

でもどうも「これは!!」と言う物が見つからずにいました。

まぁ入れる物は予備のチューブラーが1本入れば良いので。

C59サドル固定チューブラー
現状のままの直接固定でも問題無いと言えば無いのですが。

でも出来ればピッタリなカバーがあれば尚良いかなと。

そんな中で先日見つけたのがこちらです!!

IMGP5764
【ARUNDEL:DUAL】

ん?普通じゃない・・・?

そう、普通なんです(笑)

でもこのサイズが絶妙です。

実は過去に同メーカーの
tubi
【ARUNDEL:tubi】

と言うモデルを使ってみた事がありました。

でもこれはタイヤを1重に巻くタイプですので結構大きくなってしまいまして、どうも僕の中では「無し!!」となりお蔵入りとなりました。


それに比べ今回の【DUEL】は2重巻きにして丁度良い大きさですのでかなりコンパクトになりますし、サドルへの収まりも非常に良いです。


でも店頭で見た時はTUFO:S3Lite<195gがなんとか入る程度かな?と思っていました。

しかし実際に入れてみるとTUFOは余裕で入り、リムテープや小型のハサミも入りそうです。


そこでダメ元で
IMGP5761
コンチコンペの19mmを入れてみると・・・

IMGP5758
お!?入るか!?

IMGP5755
入りました!!
(ややギューギューですが)

これは素晴らしい!!

普段使い出来るタイヤを携行出来てしまいます!!


実際にサドルに取り付けてみると
IMGP5753
「あり!!」

僕的にはこれなら「あり!!」です!!

付属のベルトでもしっかり固定出来ますが。

IMGP5752
得意の「自由自在バンド」で更に固定しておきました。


IMGP5745

IMGP5751


IMG_20150528_144251.jpg


IMG_20150528_144240.jpg


いやぁ~

満足です(笑)


でもこう言ったアイテムはその存在を知るか知らないかで大きく利便性が変わって来ます。

アンテナを広く張るのも大切な事ですね。






最終更新日  2015年05月30日 08時51分07秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

プロフィール


バスプリン

サイド自由欄

フリーページ

■■自転車遍歴■■


Bianchi 928CARBON(2008)【売却済】


Bianchi 928CARBON T-CUBE(2008)【売却済】


LOOK 595 (2010)【売却済】


TIME RXRS (2011)


cervelo R3 team (2010)【売却済】


COLNAGO C59(2013)


TIME ZXRS(2013)


COLNAGO C60(MAPEI)


TIME ALPE D'HUEZ 01(2019)


LOOK595+ROTOR:UNO


■■ホイール■■


ZIPP202+PT-G3


BORA ULTRA TWO(2013)【売却済み】


ENVE25


LightWeight:MEILENSTEIN OBERMAYER【売却済み】


LightWeight:GIPFFLSTURM(FRONTのみ)


AX-ライトネス:P24T


Roval CLX 32


■■メンテナンス記録■■


■■RXRSメンテナンス記録■■


■■C59メンテナンス記録■■


■■ZXRSメンテナンス記録■■


■その他パーツ等■


■■C60メンテナンス記録■■


■■ALPE D'HUEZメンテナンス記録■■


■■LOOK595+ROTOR:UNO■■


■■購入履歴■■


■■参加レース履歴■■


2012/12/02:箱根ターンパイク【64:28】


2013/06/02:富士ヒルクライム【94:30】


2015/04/19:ツールド八ヶ岳【84:36】


2015/06/14:富士ヒルクライム【77:08】


2016/05/29:箱根ヒルクライム【53:32】


2016/06/12:富士ヒルクライム【73:36】初銀


2016/07/31:東京HC:奥多摩ステージ【36:34】


2016/09/22:富士チャレ:チーム200【5:15:44】


2016/10/02:東京HC:檜原ステージ【63:09】


2017/04/23:東京HC:HINODEステージ【24:54】


2017/06/11:富士ヒルクライム【71:02】


2017/07/30:奥多摩ステージ(ショートコース)【29:04】


2017/08/20:やいた八方ヶ原HC【48:59:53】


2017/09/10:箱根ヒルクライム【53:40.940】


2018/06/10:富士ヒルクライム【70:12】


2018/08/19:やいた八方ヶ原HC【46:58】


2018/10/07:第8回HINOHARAステージ【63:08】


2018/10/21:箱根ヒルクラム【49:53.675】


2019/05/19:ハルヒル【46:41:606】


2019/0609:富士ヒルクライム【69:14】


■■ヤビツ記録■■


【2017年】


カテゴリ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.