506943 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

めんどうはごめんだ

めんどうはごめんだ

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

集団的自衛権

2014.07.03
XML
カテゴリ:集団的自衛権
集団的自衛権の論議がどうもしっくり来ない。賛成派の意見も反対派の意見もなにか違うような気がする。


この違和感は結局、「自分の国をどうやって自分たちで守るのか?」という肝心の所が素っ飛ばされていることからくるものだろう。

賛成派・・・念仏のような抽象的な文言を弄しているが、つまりはアメリカに守ってもらうためには日本もいざというときにはアメリカの軍事行動に手を貸しまっせということだろう。しかしアメリカに手を貸すための法整備を考えるよりも、他国の手を借りないで自分たちを守ることを考える方が先ではないか?

反対派・・・ただ単に反対している連中を見てると、いざというときにはアメリカに守ってもらうという前提は崩していないように思える。集団的自衛権反対というなら、自分たちで国を守るにはどうするということがセットで出てこないとおかしいだろう。






Last updated  2016.09.30 15:52:05
コメント(0) | コメントを書く


2014.06.01
カテゴリ:集団的自衛権
今、阿倍政権が集団的自衛権を憲法解釈で実行しようとしている。
私は決して左寄りの人間ではないが、安倍総理がやろうとしていることは何ともしっくり来ない。このモヤモヤした感じはどころから来るのだろう?

集団的自衛権を、改憲せずに憲法解釈の変更でゴリ押しするというのはかなり無理がある。
憲法を素直に読めば、日本が国外で武力行使を行うのはどう見ても無理がある。というかそれを解釈だけで認めてしまえば、憲法そのものが骨抜きになってしまう。ザルのような憲法に基づく国など果たして国際的に信用されるのだろうか?

安倍総理が例示している具体例が、集団的自衛権の行使に相当するようなものか?ということもひっかかる。
例えば紛争国から脱出する邦人を輸送している米艦隊が武力攻撃を受けたときに、日本が武力によって反撃するというもの。
そんな事態を想定するぐらいなら、邦人の輸送を直接自衛隊の艦隊が行えるような法整備を優先すべきだろう。順番がちがうのでは? わざわざ米艦隊に輸送してもらって、何かあったら自衛隊が出てくるという状況が不自然すぎる。

また「外国の武装集団が日本の離島を占拠するなど、警察や海上保安庁が対応しきれない可能性に備え、自衛隊の迅速な出動を可能にすること」というのも、日本の領土に外国の武装集団が侵入しているわけだから、これは憲法が定める範囲の自衛のための行動だろう。ことさら集団的自衛権という理由が無い。

敢えてハードルの低いところから議論を初めて、最終的に米国と一心同体の軍事行動が取れるというところまで行きたいのだろうか?

自国を守るというのが基本理念であれば、日米同盟も戦略の一つとしてはいいだろうが、まず自分たちの力で日本を守るための軍事力の保持とそれを使用する際の厳密な基準を明確にすべきだろう。やはりそのためには憲法改正が必要だと思うし、そこを正面から議論せずに、付け焼き刃のような解釈でズルズルと集団的自衛権に行くのはさらなる米国への属国化を促すだけではないだろうか?

もし米国が誤った行動に出たときに、「それには賛成しかねる」とハッキリ言える国であってほしい。それが言えないのに軍隊を外国に派遣できる国であってほしくはない。






Last updated  2016.09.30 15:52:34
コメント(0) | コメントを書く
2014.04.30
カテゴリ:集団的自衛権
集団的自衛権という言葉をよく耳にする。
一見抽象的にも聴こえる言葉だが、これは要するに「日米安保でアメリカから守ってもらうだけではなく、アメリカが攻撃を受けたら日本もいっしょになって戦え」という意味だと置き換えて考えればいいのだろうか。
確かに守ってもらうつもりなら相手が困ったときには自分も血を流す覚悟が無いと、対等な国としての条約とは言えないだろう。そう言う意味では、野党連中のような反対のための反対には与する気にはなれない。
しかし、憂いはただ一つ。イラク戦争のような大義のない、やくざがいちゃもんをつけるのと同じレベルの戦争に集団的自衛権が適応されるのではないかということである。
いくら日本側が細かい条件で縛っていても、「奴らはアメリカを攻撃する気だ。こちらからしかけるから日本も手を貸せ」と言われて果たして断れるのだろうか?
イラク戦争のときに小泉元首相は真っ先にアメリカ支持を表明した。イラク戦争反対デモを「利敵行為」と罵ったのは公明党の冬柴だった。
その後イラクが大量破壊兵器を持っていなかったことがハッキリしたにもかかわらず、日本のイラク戦争に対する態度は全く反省されていない。やはりこの状態で集団的自衛権を主張されても「ちょっと待てよ」となるのが当然だろう。
まあ、こんなことを書くと左翼と思われてしまうかもしれないが、どんな意見も右か左に色分けしようとする昨今のネット上の風潮は大嫌いだ。私の考えは、「日本が自分自身の道徳律を持って自主的に防衛を考えて欲しい」という点につきる。その観点から憲法第九条改正も有りだと思う。とこんなことを書くと右翼と言われるのか?






Last updated  2016.09.30 15:54:33
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.