691316 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

出不精淡水魚

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ランキング市場

ニューストピックス

 淡水魚のブログにようこそ。 

 ブログというより雑記帳なんですが、趣味の合う方がいらっしゃったら幸いです。

 * * * * * * * *
 最近は慢性鼻炎がひどくあまり泳ぎに行けなくなってしまいました
 水泳ネタが減ってしまっていますがご了承ください。(● ̄(エ) ̄●)ノ

 ペコリ(o_ _)o))

 * * * * * * * *


一押し水着!

  
MIZUNO マイティソニックR


ハーフスーツ
12,636 円


ハイカット
9,720 円


ハーフスパッツ
8,262 円
X-PYTHON検索 
ポチ(。・・)σ【メンズ  ポチ(。・・)σ【レディス
AQUAFORCE BLUE検索 
ポチ(。・・)σ【メンズ ポチ(。・・)σ【レディス

スイマーなら毎日チェックです!
掘り出し物は速い物勝ちですからね。
新着商品をチェック



アリーナ 特価商品はこちら
 
スピード 特価商品はこちら
 
アシックス 特価商品はこちら
 

旅行やチケットも楽天で買ってポイント稼ぎ


2019.09.22
XML
カテゴリ:ガーデニング?
二日前に書いたまま写真撮影をしてから・・・と、放置状態でした。
いつもながら時系列混乱を修正するのも面倒なので、適当に記録写真貼り付けて誤魔化します。w


~~~~~~~~~

このところ雨が降ってみたり小雨が止まなかったりで、数日ベランダ作業ができませんでしたが、昨日ようやくバラエリアの床掃除が完了しました。


雨が止んでいる微妙なタイミングで、2鉢程ミニバラの切り戻しをしたりもするんですが、やはり濡れたバラを切るというのは、ハサミも錆びるし、バラの切り口も乾きにくいしで、あまりやりたく無い作業ですねw。




でも、晴れると意外と気温が上がったりするし、何より日焼けしますね・・・

ここ数日で日焼けしましたw。




そういった作業をしていても、ミニバラに関しては相変わらず、夏剪定っぽい事はせず、自由奔放に咲かせているので、切り戻しというよりも花がら切りの後の目の出てくる場所を見ながら、邪魔になる枝を切ったり、新芽の邪魔になりそうなところを処理している感じです。

とは言えメンテと言っても、バラの株そのものに何かするというよりも、鉢の表土に落ちている葉や雑草の除去が意外と面倒なんですよね。
少し前まではカタバミなど雑草の伸びが早くて1週間前に抜いたのに、また伸びてる・・・といった事もしばしばありまして、なんかテンション下がるんですよね。


それでも、気合入れて雑草取りした鉢は、次の雑草を見つけたら大きくなる前に抜く事もできるので、やっただけの効果はあるんですけど、やはりミニバラの鉢が並んでいるところからイネ科の雑草とかヒュンヒュン伸びていると凹みますよねw。

少し面倒でも、秋バラを気持ちよく楽しむ為には、床掃除や表土の掃除は欠かせません!w。




とか言っても、日々ミニバラも育ちますので、現実には昨日もミニバラの花がら切り作業も片づけてからの床掃除ですw。




また、土の状態から水やりはしませんでしたけど、日没後思い出した作業をひとつ片づけました。

台風前に宿根イチゴのランナーらしきものが見えたので、確認してみたら3本ほどランナー伸びてまして、急遽ポリポットに土入れて孫株も込みで、ポットの上に着地させておきましたw。

もちろん暗黒状態だったので、写真はありませんorz。




この時期、スルーして自然にまかせているの一季咲きのツルバラでして・・・

その性質からもこの先、来年の春までは咲かない訳ですから、今は葉を増やして春の花の為に栄養を蓄えているというのが一般的な管理方法だと思いますが、今年に関しては、台風の影響もあり、一部放置するよりは、軽く切り戻した方が良いのかな?と思うところあり、本来なら冬剪定で古い太い枝を一本切ろうと思っていた「シーザー」の一番太い枝も先日切りました。
1cmほどの太い枝でしたが、その先では分枝しているものの、あまり花も付かないのと、株元から3本出ている枝の1本がその古い枝で先の方にだけ葉が付き、数輪の花が咲くだけだったので、冬には深く剪定する予定台風の被害もありこのままにしておくよりはガツンと切り戻して、新たなシュートに期待してもいいのかな?と思いまして、ノコギリで切りましたw。

これから冬にかけて長くシュートが伸びるとも思えませんが、台風の影響もあり、中途半端な状態で温存するよりもいいだろう・・・と思いましたが、どうなるかはこれからですw。

実は、排水口を掃除する際に、シーザーの枝が丁度顔に当たる高さで、作業の邪魔になるというのも理由のひとつでしたが、一応シーザーもバックアップが育っているので、多少強行してもいいかな?という考えからだったりもします。



昨年というか今シーズンからツルバラのフェンス誘引をしましたが、それによって策の向こうにある排水口へのアクセスが厳しくなったところもあったりで、色々と考えるところがある今日この頃です。

赤いつるバラのドンファンも今はただシュートを伸ばそうと管理していますが、現在成長点付近には花の蕾があがってきている状態・・・、ドンファンに関しては春から見て来て思う事は、結構勢いで押していける品種かも?という感じで、ミニバラ系は四季咲きであれば自由に咲かせていたものの、ツルバラについても、ドンファンに関しては少し様子見てみようと思い、そのまま蕾はピンチせずにいます。

たぶん数日後には開花するでしょう。。。w


今回切ったシーザーのところにドンファンを誘引するという選択肢もあるんですが、他にも昨シーズン強剪定した夢乙女がかなり良いシュートを数本伸ばしていたりで、来シーズンのツルバラの管理については考えてしまう部分もありまして、今はただ・・・誘引の為の枝をしっかりと伸ばせ!といった感じです。


はい、ここから二日後の画像貼り付けになりますw。

一応このあたりはデッキブラシでの掃除がメインだったとこですが、後から高圧洗浄機を使って歩く場所などはがっつり掃除した後です。
ひな壇もそのままだとすぐに土が流れ出して汚れてくるんですけど、たわしで軽く掃除しているので、床とひな壇とも明るくなっていると気分いいです!w。




えーと、こちらは落葉拾いや雑草取りでの作業なんですが、こんな感じでゴミ箱用の100均バケツと大型ピンセットがメインの道具になりますが、久しぶりのメンテを兼ねていると、株元の細い枝の剪定なども考えると、ピンセットだけでなく剪定鋏も必需品です。



そして、先日の台風で水没状態だったポリポットの挿し木も今回鉢増ししました。
今の時期になぜ?と言われそうですが、発根させた後に10cmほどのポリポットで様子見ていたものも、なんとなく台風前から葉の色もイマイチだったりして、気になっていたんですが、水没して転倒とか・・・あの惨状を見てしまったら、何か十分なアフター処理をしておいたほうがいいんじゃね?って思う所もある訳ですw。

とりあえずは6ポットですけど、今回は「バラ用の土」ではなく、赤玉土と花野菜用の培養土をメインに、鹿沼土/たい肥/腐葉土/くん炭を加えたブレンド土を使ってみました。

正直なところホームセンターで購入している「バラの土」は水はけも良いし、これまで野菜花用の培養土よりもバラには安心して使えている気持ちでしたが、苗によってはあまり水はけが良い状態のままではなく、目詰まりしてるかな?と思える事もあって、少し試しに自分にあった土も使ってみようかと思い、試行錯誤中です。


バラ用と命名された商品(土)だと若干割高な感じもありまして、それなりの鉢の用土としては文句ないんですけど、挿し木の成長途中のものや、水はけの良い土の方が良いかな?と思えるものに関しては、少し割合いを考えて実験してみようかと思いまして、今回それを実施した感じです。


挿し木から育っている苗というのは、その状態もまちまちで、お世辞にも枝の状態が良いとは言えない株もあるので、今回はそんな樹形修正も込みで6鉢鉢増ししましたが、まだまだそんな鉢が順番を待っているので、徐々に処理して行こうと思っています。






最終更新日  2019.09.22 02:37:45
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.