676972 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

出不精淡水魚

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ランキング市場

ニューストピックス

2006.11.09
XML
カテゴリ:小物
自転車のヘッドライトのお話。

マウンテンバイクには↓のヘッドライトを付けています。
CAT EYE/キャットアイ LEDヘッドライト HL-EL500
明るさも不満なく街灯の少なめな住宅街でもさほど不安なく走れます。(田舎道じゃないですからw)

で、このライトを別の自転車にも使ってしまえ!という事で。ライトをつけるブラケットのみ購入。
CAT EYE ライトブラケット (H-31)  キャットアイライト製品に対応
まだ付けてませんけど、これで、明るさ的にも不満の無いライトを共有できる訳です。

普段から外したり付けたりしない人には面倒かも知れませんけど、複数台自転車を所有しているのなら、こういったブラケットだけ追加購入して、ヘッドライトを使いまわす!ってのは良いですよ。

以前もCATEYE製品を使っていましたが、今回のライトはLEDです。明るさも期待していましたが、電池の消費量も以前のものより少ない様で、電池交換も減りました。
ライトはちょっと良いものを選んで電池代節約!です。


その他CATEYEブラケット

TL-LD170用
CAT EYE ライトブラケット #544-0894 TL-LD170 対応
CAT EYE ライトブラケット #544-0893 TL-LD170 対応
CATEYE キャットアイ TL-LD170-R テールライト
CATEYE/TL-LD170-F 

HL-EL400用
CAT EYE ライト HL-EL400用 パーツキット #533-9540
CATEYE キャットアイHL-EL400ヘッドランプ

HL-EL120用
CAT EYE ライト HL-EL120用 パーツキット #533-9650
【ライト祭り】キャットアイ HL-EL120 ヘッドライト シルバー

HL-350シリーズ 対応
HL-330 対応
HL-270 対応
CAT EYE ライトブラケット ブラケット(H-28) #533-9990
★36%OFF★【激安!連続使用17時間使用可能!】サイクルパーツ【CATEYE(キャットアイ)】HL-330H
キャットアイ HL-270

TL-LD300(純正)
TL-LD250 R(オプションパーツ)
TL-LD220 R(オプションパーツ)
CAT EYE ライトブラケット #544-1010 TL-LD250 対応
CATEYE TL-LD250R

TL-LD250 R(純正)
TL-LD220 R(純正)
TL-LD300(オプションパーツ)
CAT EYE ライトブラケット #544-0990 TL-LD250 対応


TL-LD250 F
TL-LD260 F
CAT EYE ライト ブラケット #544-1050 TL-LD250 対応
キャットアイ TL-LD250F
CATEYE・TL-LD260-F


TL-LD550 F
TL-LD500 FC
CAT EYE ライトブラケット #544-1060 TL-LD500 対応


TL-LD600R
TL-LD550R
TL-LD120 F/R
TL-LD500R
TL-AU100
CAT EYE ブラケット #544-0980 TL-LD120 対応
CATEYE TL-LD600
キャットアイ TL-LD120F
CATEYE TL-LD120R

キャットアイライト製品に対応
(但し、HL-330/HL-270/H-19ブラケット使用ライトを除く)
CAT EYE ライトブラケット (H-32)  キャットアイライト製品に対応


まぁ~ヘッドライトはもちろんテールのフラッシュランプも100円で買える時代ですから、機能&見た目など気にしない人にはどうでもいい話でしょうねw。
100円でも付けてあれば良いのですが、夜に歩道を歩いていると後ろから無灯火で追い越していく自転車には驚きますよね。
最近は無謀運転の自転車と歩行者の事故も少なくない様ですけど、車と違って任意保険に加入している人って少ないんでしょうし、そもそも自転車用の対人保険ってどうなんだろう?
自動車の保険にオマケでそういうのがあった様な記憶はあるけど・・・
万が一無灯火で携帯メールしながらお年寄りでもはねてしまったら・・・なんて、そういった運転をしている若者を見ると怖くなりますけど、自転車に乗る人、車を運転する人、歩いている人、それぞれが「まぁ~相手が避けてくれるだろう」な気持ちでいる様に思える今日この頃・・・

みなさんもそういった人を見かけると思いますが、「自分の身は自分で守るしかない!」そして運悪く事故に遭ってしまっても、こちらの正当性を主張できる様に無灯火で運転せず、夕暮れ時にはテール&ヘッドライトくらいは点灯させて運転しましょうね。
特に自転車や歩きで相手が車の場合、本当にあっけなく吹っ飛ばれます。

ヘルメットも恥ずかしがらずにかぶっておけば助かる事ありますし・・・。






最終更新日  2006.11.09 16:23:39
コメント(0) | コメントを書く
[小物] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.