688527 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

出不精淡水魚

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ランキング市場

ニューストピックス

2015.04.29
XML
カテゴリ:釣り散歩
以前から苦労しているラインヨレなんですが、調べてみると便利ツールもありました。

売り切れなんですがコレ!
ギアラボ 縒りをとるラッキーメイキング

ギアラボ 縒りをとるラッキーメイキング
価格:3,645円(税込、送料別)




調べてみると、発売元のオンラインショップで購入もできるようですが、使い勝手としてどうなんだろう?とも思う。
恐らくそれなりの効果はあるのだろうけど、キャスティング後にガイドにスナップで固定して装着>巻き上げという作業が現場でサクサクっとできるかどうか・・・

ルアーの交換でスナップ使うにも老眼との戦いなのに・・・ちょっと自信がないw

また、落下防止の細工でもしておかないと、手元からポロリと落としてしまったら川の中・・・何てことも十分考えられる訳で・・・。
自分には扱いきれないかなという事で、諦めていた。


これまで通り地道にフローティングタイプのルアーを遠投後に片手でラインつまみつつ巻き上げながらヨレを解消するという方法しかないか・・・。
でも、あれやると、わざわざ吹き付けたコーティング剤が指先に付いてニュルニュルになるんです・・・という事は、塗ったフッ素コートも取れてしまうのです・・・残念です。


でも、ついに解消方法が見つかりました!

その方法を使うと、これまで1時間に1度程度は先に書いた指でしごく方法をやらないと、スプールに撚れたラインが縄のれんの様にビロ~ンと飛び出してしまったり、ガイドに縄のれんが詰まる様なトラブルが必ずと言っていいほど起こっていたのですが、日焼けしたあの時は2~3時間2本のロッドを使っていましたが、一度もトラブルは無し!

今のところたまたま1回だけ問題無かっただけかもしれないので、今後も効果は見て行かないといけないでしょうけど、今回に限ってはノントラブル!という私にとってはスピニング初の快挙です。


では、その方法ですが、ルアーマガジンの付録DVDを見ていたら秦拓馬さんが、何か不思議な動きをしていたので、見直してみたら・・・もしやこれはヨレをとっているのか?という動きだったのです。

その動きとは、右手でロッドのグリップエンド、左手はリールとガイドの間かガイドに近いあたりでしょうか?・・・その体勢から、スピニングリールの重さを利用して、ロッドを軸に、その周りをリールが回転するようにロッドを回転させる方法で、手はロッドを握る訳では無く、回転させる為にそれが吹っ飛ばない様に軽く包み込むような感じにすると、うまく出来ました。
ただし・・・右手はグリップだけなので何の問題もないのですが、左手は竿のブランクスとラインがあるのです。
ブランクスだけを包むようにすれば、クルクルと回すと数回転で手に絡んでしまいます。

たぶんラインも一緒に左手で作った輪?筒?に入れて回すとうまく行きました。
もちろんこの回転方向はヨレの逆回転でないといけないのですが、キャスティング直後にスプールから出たラインがスプリングの様に強いヨレを確認できたら、すぐにロッドを握りなおして、クルクルとロッドを自転させてあげるのです。
10回20回と回せばスプールからガイドくらいまでの目視で確認しやすい範囲のヨレが、それをする前とは違う感じになったと私は感じました。コイル状だったソレがもっとストレートに近くなった感じでした。

ただ・・・それをやってもヨレに逆回転を加えられるのはスプールからルアーまでの範囲になるのでしょうけど、万遍なくヨレがとれるかどうかはわかりません。
また、ラインとブランクスを一緒に包み込むようにしているので、ラインがブランクスと擦れる事もあるでしょうから、それがお互いにどういう影響があるかも分かりませんが、巻き癖やヨレの強い状態でキャスティングすれば、コイル状のラインがブランクスに接触しているだろうし、さほど問題ではないだろう・・・という自己判断からの実施でした。
何か悪影響があろうとも責任は負えませんので、自己責任でやってみてください。


これまで、そういったヨレを目視で確認しては指でしごく事をしていましたが、今回は一度もそれをせず、1度もクルクルパーマみたいなトラブルはなし!

キャスティング直後に、スプールとガイド間のラインにたるみがある状態でクルクルが強くなってきたかな?と感じたらグルグル回す!といった感じでしたが、恐らく30分から1時間に1度そうやったかと思います。前半はやり方探しで左手にラインが巻き付いたり、色々やってましたけどwww



結構一般的な解消方法なのかも知れませんが、私は初めて成功して感動しましたw。

これまでスピニングは飛距離も出せるから好きなのに、糸ヨレだけが嫌で、高価なベイトフィネスリールでも買ったほうがいいのかな?なんて思考も働きましたが、とりあえず、1回だけですが、ノントラブルで喜んでます。

スナップもヨレを考えて無条件で、サルカン付のスナップをこのところ使っていましたが、これからは用途によってはサルカンなしのスナップも使えそうです。(ケースから全然減らなくてwww)



そして、あの暑い中、長靴で行ってみましたが・・・やはり暑い。
くるぶしより少し上くらいのショートがやはりよさそうです。

ただ・・・夏と言えば虫。このところマダニの恐怖もありますし、藪漕ぎしなくてもちょっと雑草があるような場所なら普通の長靴の方がいいのかな?と・・・。
そういえばアームカバーの脚版みたいなのもあるのかな?あれってスパッツなんだろうか?クール重視で足首から膝上くらいまでとか・・・ハイソックスみたいなのでもあるのかな?

とりあえず腕の方は、スポーツ用だと腕振りなど風を受けて蒸発しやすい環境でこそ!というものや、サポート力で筋疲労やサポート能力を売りにしているものもあるから、その方向性もよく見ていかないといけないかもですね。

まだまだ涼しく過ごすアイテム探しは続くのでしたww。

日焼けの方はまだまだ赤く、手首でしわになる部分が突っ張ってちょっと痛いwww。
私としては全然軽い症状ですが、真っ赤ですwww。少し赤みが引いた部分を見ても、色は元通り・・・w。まぁ~生白い肌なので、少しくらい焼けてた方がいいのかな?とも言われてきましたが、最近は日光で焼けた肌は、健康的な肌・・・と言いにくい世の中になったのかもしれませんね。

スポーツウエアも以前なら1000~2000円程度のTシャツなどは綿のものが多く、Tシャツ通り抜けてしっかり焼けてましたもんねwww

今はそういった価格帯のものでも、UV対策済みでアームカバーと同等の紫外線ガード力だったりするのだから驚きですね。



↑こちらのショップ、ジャージなども処分価格でセールしてます。
サイズ・色が少ないけれど、好みが合えば即買いです。






最終更新日  2015.04.30 00:01:18
コメント(0) | コメントを書く
[釣り散歩] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.