658017 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

出不精淡水魚

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ランキング市場

ニューストピックス

2015.12.09
XML
カテゴリ:iPod touch
気になっていた事のひとつ、iPod touchの修理。

そちらもなんとか解決しました。

交換用バッテリーパックは楽天では見当たらなかったので、他のお店で購入。

交換方法は、YouTubeの動画を参考にヒートガンの代わりにドライヤーを使ってなんとかできました。

How to replace/fix Apple Ipod Touch 5TH Gen Battery


とても分かりやすいビデオだったので、自分でバッテリー交換するにも迷わずできました。


ざっくりと書きますと・・・

まず、なぜバッテリー交換かというと、気づいたらバッテリーが膨らんでiPodの液晶面が盛り上がってきてしまったのがきっかけなんですが、それ以外はこれといった問題も無かったのですが、Appleに修理に出すか、町の修理屋さんで直してもらうか、ダメ元で自力修理する事にして新型iPod touchを買うかなどから、最後の修理の道を選んだ訳です。

以前の日記「iPod touchがっ・・・ その1」


既にiPod touchは第6世代を購入済みでしたが、バッテリーパックを注文せずに第5世代は電源OFFのまま寝かしておいたのです。


さて、実際のバッテリー交換ですが、↑の動画通りなんですが・・・

1.既に膨らんで液晶面が浮いて来ているので、両面テープだかの粘着剤を温める為にドライヤーで
 ガラス面を温めつつ、ギターのピックや薄い金属板などで液晶を外す。

2.金属板を取り外す。
 ホームボタン部分の接着剤を端からゆっくり剥がし、10か所だったかな?極小ネジを外すだけ
 です。

3.バッテリーの電極部分にたどり着くまでには・・・
 ・黒いシートをはがす
 ・ハンダ部分をカバーしてある黄色い透明なシールをはがす
 この時もドライヤーを使って粘着剤を温めた方が作業が楽かもしれません。
 私は主に歯科医などが使うスパチュラが使いやすかったですが、気を付けないとショートの
 危険もあるので、樹脂製のモノの方が安心かもしれませんね。

4.古いバッテリーパックを外す
 ・ハンダ付け部分は動画ではフラックスを塗りながら丁寧にハンダを吸い上げていましたが
  どうせ廃棄するものなので、スパチュラで力を加えながらハンダゴテで剥がしました。
 ・バッテリーは裏面が両面テープで張り付いているので、iPod touch裏面をドライヤーで
  温めつつじわじわとテコの原理を利用しつつ剥がしました。(旧バッテリー撤去完了)

5.新バッテリーの取り付け
 ・動画にもありますが、バッテリー上辺を基板?の下に滑り込ませつつ装着位置を確認
 ・フィルム配線の3極が基板のそれと合う様にして、ハンダゴテでちょちょい!と・・・

6.通電テスト
 ・組み直す前にiPodの電源を入れて動作するかチェック。(無事起動)

7.組み戻し
 外した透明シールや黒シートを戻し、金属板を取り付けばらした逆の手順で組んでいく。
 ついでに液晶サイド面などを綿棒でフキフキしたり、ホームボタンをキレイに掃除して
 そのままパチンパチンと押し込んで完了!


注意すべき点は、変に力を入れたりせず、粘着剤を温めて最低限の力でバラして行く。
バッテリー裏面の粘着剤を剥がす際は、バッテリーの下にも配線などあるので、あまり鋭利な物や、金属などでこじると必要以上に破壊してしまう事もあるかと思うので、事前に動画を見て予習しておくといいと思います。
あとは、ハンダ付け部分はハンダ吸い取り線などで余分なハンダは吸い上げておいたほうが良いと思いますが、私はそんなに気にせずわずかに盛り上がった状態でヨシとしましたが、これといった問題はありませんでした。

そして、私と同じ症状で修理を考えている方がいましたら、盛り上がって来た状態で放置するのはよろしくないかも知れません。
修理後気づいたのですが、液晶面にヒビらしきものができていました。
一見、ガラスのヒビにも見えますが、ガラスは問題ありません。
液晶の構造などがよくわかりませんが、ガラスの下の層での不具合だと思います。
iPod touch bat3.jpg

修理中痛めた可能性はほぼないので、液晶が長く反っていた事が原因だと思います。
早めにバッテリー交換を実行するか、液晶パーツは外しておくなど液晶に負荷がかかったままにしない方が良いと思います。

バッテリーパックは1500円程度のものを注文したので、代替品みたいなものかもと思っていましたが、見た所同じようなモノでした。
iPod touch bat.jpg

そして、なんとなく膨張しているのが分かるでしょうか?膨らんだ旧バッテリーです。w
iPod touch bat2.jpg

とりあえず、治りましたが、用途は未定なのですが、5世代に音楽だけ振り込んで、6世代はアプリメインにするとか・・・、でも・・・6世代はカメラのシャッター音が大きいのが嫌なんですよね。昔PENTAXのZ-1だったかな?気になっていたのでDEMO機触ったら、シャッター音とミラーの反動が大きくて印象に残っているんですが、シャッター音が大き目なのは嫌いな方では無かったのですが、シャッター押した瞬間にカメラがお辞儀しそうな感じがして、一瞬にして熱が冷めたんですけど、そんなシャッター音には寛容な私が大きくて嫌というくらいですから、iPod touch 6thは結構大きいシャッター音だと思いますよ。w

余談ですが、ちなみにZ-1のミラーショックに関しては意外と雑誌などの評価にも出てなかったので、のちに気付いたのは、もしかしたら、あのDEMO機がたまたまハズレ個体だったのかも知れないと・・・。今となっては銀塩一眼レフカメラのお話しというのも微妙ですね。w

そんなこんなで、第5世代iPod touchが復活しましたが、一旦フルリセット状態から使い分けを考えて行こうと思います。

そうそう、なぜかホームボタンがクルクル回るままなんですが、シリコンのパッキンみたいなのがあったけど、そういうもので部分的に固定されていたのかもしれません。構造的に爪があるなどの回転防止機構は無い様に思いました。
まぁ~動作にはこれといって影響無さそうなので良しとします!w。

今回の作業に限らず、結構重宝する道具です。


お手頃価格でセットもありますね






最終更新日  2017.12.30 01:19:21
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.