687963 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

出不精淡水魚

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ランキング市場

ニューストピックス

2016.08.23
XML
カテゴリ:カメラ
デジカメの性能に何を望むか・・・

まぁ~あまり映りの良し悪しにはあまり期待してないかな?www
というのも、スマホのカメラでもあれだけ高性能なんだから、レンズがどうこう、ズームがどうこうと言っても、そんなにひどい写りのカメラなんてないんじゃない?という良い意味での比較をする意思が薄れているんです。w

実際、現在使っている1万円以下のデジカメはトイカメラに毛が生えた程度のものなのかも知れませんが、日中や夜間ストロボ撮影ではさほど不満もありませんが、夜景など暗い環境では音楽再生機器として使っているiPod touchのカメラの方が明らかに綺麗に(個人的好みもあります)写せると思っています。

ですが、サイズも小さくおもちゃっぽい面からも手軽に使えて、おもちゃっぽさもメリットでもあるかと感じています。

前の日記に書いた様に、私が望むデジカメの機能とは・・・
自撮り(魚とのツーショット)をどうするべきか?


主に釣れた魚の記録と、万が一大物が釣れた時の保険といいますか・・・自撮り(魚とのツーショット)撮影が簡単にできる事です。

その時も魚をリリースするまでに時間がかかってしまうと魚が弱ってしまうので、のんびりと三脚を広げたりきれいに手を洗ったり拭いたりという余裕は無かったりします。

普段記録用の魚の写真を撮る時はどういう手順かと言えば、
 ネットの中の魚をフィッシュグリップで取り出しす。
 ルアーのフックを外す(この段階では全く魚に触れていない事が多い)
 フィッシュグリップのままメジャーの上に置く(ここで触れる場合多い)
 カメラを出し撮影する
 魚をリリース

と、いった感じで、メジャーに置く段階で位置を合わせたりするので、魚に触れる事が多いのだが、その直後数枚撮影をするだけなので、魚のぬるぬるが少々ついたままカメラを取り出す事もしばしば・・・w。基本的にはハンドタオルでササッと手を拭きますが「清潔な手でカメラを使っています」とは言えないでしょうね。w


そういう使い方で、防水性能の高くない高額なカメラを使おうとは思えないので、防水機能がしっかりしたカメラか、多少気にせずに使える程度の手頃な価格のものを選ぶか?という選択になるのかな?と考えています。

単純にキレイに写せるという売り文句以外の性能は私にはあまり関係ないのですが、防水性能が高いデジカメに『顕微鏡モード』というのが搭載されているカメラがあり、ちょっと気になりました。






また、防水性能も高いのに価格が控えめなものもありました。
Fujifilmのタフなやつもスマホ対応している様です。





価格差がそこそこあるのですが、差額分は他のデジカメにはあまりないであろう機能ですし、魚や水際の生物の撮影などで役に立つ事もありそうに思います。

防水性能が低く手頃なモデルでもスマホ対応となると15000円程度は覚悟しないといけないようですし、少し無理してもタフで機能的にもプラスアルファがあるものの方が自分の使い方には合っているのかな?でも・・・デザインがあまり好みではないですが、スマホの今回機能で選んでアレ(auのTORQUE G02)になっちゃったし・・・同じようなもんかな?w。
グリップの感じはFinePixのタイプが好みなんだけどなぁ~~悩むぅ

これくらいのコンパクトな三脚をフォローティングベストの背中に入れておけば、いざという時に役だってくれるだろうか?w
99%手持ち撮影だしww




ん~~やはり悩みますね。どうしようw






最終更新日  2016.08.23 16:25:00
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.