691617 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

出不精淡水魚

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ランキング市場

ニューストピックス

2016.08.24
XML
カテゴリ:カメラ
釣り具の注文するする!と言いつつ、気づけばデジカメ選びをしている訳ですが、これも理由がありまして・・・

以前FR-10というカメラを見つけて面白そうだと思ったんですが、最近はわざわざカメラを持って出かけるという事はなく、記録用の写真撮影となれば、防湿庫に眠っている銀塩カメラを持ち出す訳で、私の持っているデジカメ(専用機?)の性能はiPod touchよりも低いんじゃないか?という程度のものなので、通常ちょっとした撮影であれば主にiPod touchを使います。

ではFR-10がいいなぁ~と思った理由はと言えば、「自撮りに便利そう!」ただそれだけなんです。

普段撮影するのは風景や釣った魚の記録、ブログ用の写真程度で、魚の写真もiPod touchでも良さそうなもんなんですが、メジャーに乗せるほどでもないけど、左手で魚を持って右手で撮影するなんて時にはiPod touchは操作しにくいのです。(薄いしシャッター操作もできない)

参考画像w
160311-シーバス.jpg

たまには濡れた手で操作する事もあるので、地面に置いた魚を撮るのには使えますが片手での撮影は落下のリスクが高過ぎて、それまで滅多に使わなかったデジカメをフローティングベストに常備するようになったのです。

左肩(胸)〇印の上にあるのがカメラ(以前の写真使いまわしですw)
paz03.jpg

その後、魚とのツーショット(自撮り)に挑戦したところ、薄暗い写真に愕然とし、いつか釣れるかも知れない大物とのツーショット用にデジカメを買わないといけない!!という気持ちは常にあった訳で、それがふと見るとFR-10の上位機種が来月発売になる様で、価格変動を見てみるとかなり価格が下がってきている様で、今後エントリーモデルというか、安いモデルのFR-10が生産中止になると買えなくなってしまうかも?!とちょっと慌てた訳です。

以前もコダックのデジカメに興味を持った事があったのですが、なぁ~んとなくスルーしてたらいつの間にか店頭から消えていたという事があって、また同じ結果になるのかも?という気持ちもあって、慌てて買う気になったんです。





しかし、その存在を知ってからネットでの評価を調べてきたところ、正直賛否両論、微妙なモデルであることが伝わってきました。バッテリー容量から来る撮影時間の事なども少なくありませんでしたが、カメラ部分だけだと小型で自転車や、体に固定して使う事も出来るという事で最近増えているアクションカムというか・・・まぁ~GoPro的な使い方とでもいいましょうか?・・・

このタイプのカメラは最近多い様で、小型軽量で身に着けたまま動画撮影ができて、モニタが腕に付けられるものなども販売されているのを最近知りました。




撮影スタイルによってアクセサリを揃えたりと、なかなか奥が深そうな分野ですが、私は動画撮影には今のところ興味はありませんので、これら流行のカテゴリのものは必要ないと考えています。





今回自撮りという点にポイントを絞って来たのですが、それはあくまで記録しておきたいほど大きな魚が釣れた時限定の話で、それももしも周りに釣り仲間が居れば自撮りする必要も無い訳で・・・w

そう考えると、使うかどうかも分からない機能をメインに高額な機種を選ぶのもどうかと思い、最終的に3機種に絞りました。↑のFR-10と↓のXP90とWG-40Wです。








それぞれについて私の印象は
1:通常の魚記録用撮影(メジャー置き)
2:魚とのツーショット自撮り
3:携帯性
4:ほか

【FR-10】
 1:分離型ゆえ片手での操作がしやすいかは謎
 2:分離させれば階段や岩にカメラを置く事ができるので三脚も不要で便利
 3:形が独特なので一般的なケースなどに入れる事は難しそう
   そのままぶら下げる様な携帯方法になりそう(防水なので雨天でも気にならないが)
   重量175g
 4:バッテリーが内臓式だと思うので、一定期間使用したら電池交換はメーカーか?

【XP90】
 1:握り易そうな本体、撮り易そう
 2:スマホのリモート撮影に期待。三脚必須
 3:一般的なケースで十分使えそう。
   重量203g
 4:

【WG-40W】
 1:高さが61.5mm(XP90は71.0mm)と細長い印象で不安少々
 2:スマホのリモート撮影に期待。三脚必須
 3:オプションアクセサリに専用ケースあり
   重量194g
 4:顕微鏡モードに興味あり

といったところです。

ちなみに現在使っているカメラはRS1500というトイカメラに毛が生えた様な・・・
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
↑もちろん既に売り切れですけどw
約 92(幅)×56(高)×22.5(厚)mmと、サイズ的には今回候補に挙がっているものよりもかなりコンパクトです。

まぁ~ですが、これはコンパクトデジカメでもかなり小型の方になるかと思うので、これを基準にしたらダメでしょうね。

とりあえず、どれも防水機能はあるので、突然の雨はもちろん、魚汁wがついた手でも撮影が出来る訳です。
手順は様々であれ、暗闇での自撮りも可能です。

自分にとって利点があるのは、三脚いらずの分離カメラFR-10と、顕微鏡モード搭載のWG-40W
欠点となるであろう点は、バッテリー交換問題と携帯性の悪さでFR-10

こうなると私にとっては、FR-10は個性的な利点があるものの欠点も明らかにある、XP90はどれも平均点以上の優等生、WG-40Wは伸びしろのある個性派という感じです。

99%が魚の記録写真(片手撮りを含む)で、自撮りはしないかもしれない。この状況では自撮りの優位性の為に欠点にもなっている分離型カメラは自分にはデメリットの方が多くなると言えるかな。

そしてセールスポイントと価格、コスパで残る2者を比較すると・・・
マクロ撮影の可能性がどの程度あるか・・・である。
デザイン的にはどちらも好き!な訳ではないが、正直機能優先で選んだらいいかな?という程度で、あえて機能面でデザインをみるのなら片手撮影で有利そうなXP90の方がいいし、クリーニングが面倒そうな凹凸の多いデザインのWG-40Wのデザインは私にとってはマイナスポイントでもある。

XP90が2万円弱、WG-40Wが3万円弱と、差額は1万円ほどだが、基本的にフローティングベストに付けたままで、釣り以外に持ち歩く事はあまり無さそうである。ですが、ブログの記事などで小さな部品の撮影などでは役立つ可能性はある。

またバッテリーについても調べてみたが、手頃な互換バッテリーもあり、コストもそう変わらないと思えます。

出会えるかもしれないランカーシーバスへの投資でもあるカメラ!さぁどうするか?!www

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ペンタックスリコー WG-30/WG-30W WG-40 WG-40W 用 カメラケース O-CC118
価格:2570円(税込、送料別) (2016/8/24時点)








最終更新日  2016.08.24 09:49:02
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.