673042 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

出不精淡水魚

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ランキング市場

ニューストピックス

2016.09.07
XML
カテゴリ:釣り散歩
6日の夜もなんとか釣りに行けました。

9月6日の釣り散歩

20160906.jpg

中潮
満潮 19:38 180cm
日没 18:01
月の出 09:27
月齢 4.7(月輝面20.2%)
水温(開始時) --.-℃
水温(納竿時) --.-℃
におい たまに強いドブ臭さあり(シーバスの姿確認)
濁り やや濁り 40cm

【ボウズ】

しかし、状況としては満潮時間が遅くなってきて、下げが効き始める時間が遅くなってしまって時間的な限界があって短時間勝負になる予感。

少しのんびりと出かけて行きましたが、ようやく徐々に水位が下がりはじめるかどうか?というタイミングでした。
この状況で風が下流側から吹いていると何をやっていても感触が無さ過ぎて、自分が何をしているのかわからなくなるのですが、リップレスミノーだと下流側に少し遠目に投げてもかなり早巻きしないと感触が分からないほどでした。

今回もテーマは前夜同様、ボラの群れの中のに混ざっているといいなぁ~のシーバスをどう釣るか?!である。

幸い前夜同様、水面はチャプチャポと、あちらこちらで水面に波紋が広がる時間帯がやってきました。
恐らく水中を照らせば群れているボラの姿が見えるはずですが、居るかも知れないシーバスまで散ってしまうと困るので、まずは一通りやってみよう!と。

上げ止まりに入った頃からかなり水面は賑やかになり、明らかにあそこにはそこそこのサイズの何かがいるな!?と思えるシーンが次々に起こります。

ですが、今回はボイル撃ちではなく、初心に帰って流し込んで行くスタイルでやってみようという作戦を立ててきたので、エリア10からスタートしてサイズやカラーを色々変えつつ、どうしても気になってしまう派手なボイルにはついつい通してみたり・・・と、あくまで表層流す事をメインに探ってみますが、着水直後にコツン!とかゴン!といった反応が数回ありましたが、相変わらず乗らないので、威嚇の様な反応でボラがルアーをつついている様な印象でした。

5cm以下の小さく細身のルアーには2回ほど下から口を使って来たかな?と思えるアタリもありましたが、一瞬根掛かりかな?という感じでビクともしないまますぐにテンションが抜けてしまう感じ。
そんな感じのアタリで強引に合わせると高確率でスレ掛かりになってしまうので、今回はそれはしないできき合わせしつつ口に掛かってるかなぁ?今度こそシーバスかなぁ?とやっていましたが、ダメでしたね。

正直一度くらいガツン!とアワセてみようかとも思ったのですが、少し離れているとはいえ、隣で釣りをしている方もいるので、すっぽ抜けたルアーが万が一当たったら危ないのでそれも手伝って、なんとか気持ちを抑え込みました。w


一通り表層探ってからはレンジ下げて巻いてみたりもしましたが、1回ドラグが出るアタリがありましたが、これもスレでした。ウロコ1枚ついてきました。鯉のものでもなさそうですし、少し紺というかグレーの部分があったので、ボラのものではないかと想像します。


まぁ~巻けばスレ掛かりしてしまうので、その下に居るかもしれないシーバスの視界にうまくルアーが入れば何かが起こるのかもしれませんが、たぶんボラが邪魔して表層付近のルアーは見えないかもしれない・・・、だからといって、底付近探ったら・・・帰らぬルアーになるだろうから、手の打ちようがありません。

このところ、普段シンキングになっているルアーがフローティングになっているので、塩分濃度も高めなのかも知れませんが、なぜか鯉クサイ事も多く、「ボラ群の襲来=海水多め」というパターンな感じはしていますが、なぜかボラの大群の後には鯉が残っている気もする。

そうそう!帰り際に水中観察していたら、シーバスの姿を確認!。
ですが・・・黒くて一瞬ボラか?と見間違えるほどで、泳ぎもフラフラしている感じでした。
居付きのフッコが弱っていたのかな?これまでも足元を泳いでいるフッコの姿は数回見ましたが、全部銀色というか、白黄色っぽい個体ばかりですが、釣れた魚にもあまり黒っぽい個体は居ないので、こういう場面に出くわすと、やはりほとんどは海からの魚なのかな?と思うのでした。



~~~~~~~~~~~~~~~

そして、ついでに今日の分も・・・w

今日は洪水注意報は出ていないものの雷をはじめ色々注意報が出ていたので、早々に諦めました。

おそらく昨夜のボラ軍団と遭遇できるんだと思いますが、現状対策が無いので、今回はスルーです。

徐々にハゼも増えて来ているし川の様子も変わって来る頃なのかも?

最近考えれば考えるほど思う事は、小魚がベイトな時は、もう少し下流側でシーバスが止まっているのではないかと・・・秋や早春の頃には上流から流れて来るエサを狙って少し上まで上がって来るとか?・・・

そして、たまに雨量やいつもの場所が居心地悪い時にふらりと上がって来るのかな?なんて想像してみたりもしています。なぜなら・・・普段釣れなさすぎるから!!www。

結果的に、雨の後とか、何か変化があった時に釣れている傾向があるかもしれない。

気圧がどうこう・・・なんて域にはまだまだですが、すこしづつそんな事も考えながら釣果と照らし合わせて行くのが経験を生かすという事になるのだろうと信じるのみです。w


という訳で、また台風の影響や潮位の関係で釣りに行けない日が増えそうですが、そんな時は釣り道具のメンテや整理に時間を使いますか・・・。

ここに記録しておこうと思っていても、ついつい忘れていますが、リールのドラググリスの交換などもたまにやっているんですが、どのリールだっけか?という事であってww。

そこで少し前(2週間以内)の分もここに記録!
【グリス交換】ウナギ用タックルのリール「LANDY SPIN LS3000SN」
       シーバスメインタックル「シマノ エクスセンス CI4+ C3000M」
【オイル注油など】ベイトリール「アブガルシア BLACKMAX」

グリスはまだまだ残量たっぷりのこちら!www
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

34×MTCW COLLABORATION METAGREASE(メタグリス)
価格:3564円(税込、送料別) (2016/9/8時点)








最終更新日  2016.09.08 00:09:11
コメント(0) | コメントを書く
[釣り散歩] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.