658984 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

出不精淡水魚

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ランキング市場

ニューストピックス

全51件 (51件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

水泳

2018.08.24
XML
カテゴリ:水泳
今月に入って、なんとなく胃がおかしいなぁ~とか、声が変だなと感じた頃に、周囲でも風邪というワードを耳にする事が増えた時期がありましたが、ようやく調子が戻って来たかな?と今週はプールにも行ったんですが、今日再び鼻声になってきたので、他がつらくなる前にと、とりあえず鼻炎の薬飲みました。

風邪なのに鼻炎薬かよ?!と自分でも思うんですが、私の場合風邪の初期段階は慢性鼻炎が重症化していく感じで進行して行く事が多いみたいで、まずは鼻炎が治まれば落ち着いたりするので、点鼻薬と鼻炎用飲み薬で様子見です。


やはり気温の変化が大きい時や、疲れがたまって来ると体が音を上げる感じ・・・やっぱり30代・40代の頃とは違うのかな?と感じる時ですねw。




幸いというか、雨が降っているので、花の水やりも今日はサボれたので、体力回復には良い雨なのかもしれません。


プールといえば、池江璃花子選手が5冠達成!という事でアジア大会盛り上がっているようですね、おめでとうございます!。

以前は競泳といえば欠かさず録画して何度も見直していたんですが、最近はやっているのが分かっていてもあまり見なくなってしまってます。

恐らく、それまではトップ選手の泳ぎを見て参考にしよう!とかそれを見る事でモチベーションが上がったりと、観戦する事で自分にとって良い効果があると思えたんでしょう。

ですが、お休み期間が長すぎて、トップ選手の泳ぎをうんぬん・・・という前に、思うように体が動かない事への苛立ちの方が強くて・・・。

いやいや・・・泳いでなかった人間が久しぶりに泳げばそうなるに決まってるじゃん!というのももちろん自覚してはいるんですが、それでも「腕はどこに入水してる?」「重心位置このあたりだったっけ?」「あぁ・・・ここまで力入れて掻くと関節抜けそう」とか「高齢者スイマーさんの体力に完全に負けてるぅ~~;_;」とか色々感じる事が多いので、フォームうんぬんというところに神経が行く余裕が無いんでしょうねww。


でも、まだまだ諦めてはいないので、徐々に戻して行くつもりですけど、鼻炎はもちろん「筋肉の衰え」という大きな壁にぶち当たってはくじけそうになるばかりで、なかなか泳ぎ続ける余裕が無かったりします。



仕事が忙しくなった事で、若干体重も落ちているんですが、できれば健康的にスイムで減量したかったんですけどねwww

減量方法はどうであれ、やはり軽くなれば少しは動きやすくなるもので、半年前は歩行者信号が青になったのを見ても「走って渡れたとしても、息切れする方が面倒だしな」と2~30mダッシュというかジョグですら諦めていましたが、今は運動を兼ねて、早足程度で渡る事もできるくらいにはなってます。
些細な事ではありますが、この差を痛感している中高年は少なく無いのではないかと思います。www


スイムでもまず不自由を強く感じるのはキックです。

元々キックの苦手な私ですが、苦手というより嫌いなんでしょうねw、たぶん恐ろしく下手なんだと思いますwww。

蹴っても推進力になってる気がほとんどしませんw。

ブレスト(平泳ぎ)のキックはまぁ~進んでる感覚があるんですが、バタ足って私の足の構造上進まない作りになってるんだろう!と思い込めるほど進まないのですw。

ですので、スクールでは、腕だけのプルの練習メニューでは普通に泳げても、キック50m4本!と言われると列の後ろに行かないとすぐに私よりも1まわり以上上のお姉さまたちにも突かれる始末ですwww。

それでも競技出てるわけではないので、それを真剣に科学しよう!と考えた事もありませんが、軽く考える事は何度もありました、下方向に蹴るのではなく斜め下方向とか、膝を先行させて・・・とか、蹴り上げのときにどう動かせばそれも無駄なく推進力にできるのか?などなど・・・しかし、私よりもバタ足の早い人に話を聞いても「そんな面倒な事考えた事ない!単に“バタ足”やってるだけだよw。」といった返事ばかりですw。

きっとそういうものなんでしょうww

考えるな!感じろ!ってwww


ですので、練習しないキックをたまにやると25mもしないうちに足がつって、練習終了!になる事が多いここ数年www。

足がつらないようにキックを控えて、プル中心に泳いで楽しんで来るか、苦手克服でキックの練習をするか・・・の選択にも悩む訳です。



結局普通に考えて、そろそろ帰ろうかな?と思う少し前にキック練習するという変な順番でメニュー組んで、あっという間に足がつって、水中歩行でストレッチしながら練習終了~♪というパターンですけど、そこまで筋肉衰えてると、家帰って数日は椅子に座っていると突然腿裏がつったり、トイレに座ったとたん股関節外側がつったりと筋肉との熱い戦いが繰り広げられるのです。


20代前半の頃プールに通い始めて、毎日筋肉痛の塗り薬塗ってた気がしますが、たぶんあの頃の筋肉痛とはちがったツケの回り方があるようで、50代には50代のやり方でやらないと逆効果というオチになりそうです。

40代・50代で水泳をはじめよう!という人がもしかしたら見てくれているかも知れませんが、とりあえず少しは泳げるであろうとわずかな自信がある経験者でもこんなもんですから、歩くだけ、5mを10本じゃないけど、少し泳いでは歩いて(これは今でも私はやりますけどね)でもいいじゃないですか!w、使ってない筋肉使うんですからダメージもそりゃ大きいですよw。

頭の中では「このくらいなら・・・」と思ってしまうんですが、物足りないくらいの内容から徐々にやっていかないと心折れてしまいますからのんびり行きましょう!www



私はとりあえず怪しい体調を戻さないと今年3回目のスイムはありませんからまずはそこですけど・・・

そろそろ大潮で釣りの方も気になるので、HPの使い方を考えないと戦闘不能になってしまいますw。

ちなみに、釣り(ルアー)も今年は休みが長かったし、あまり釣行数も無いので、数日背筋まわりや肩・腕まわりの筋肉痛が襲ってきます。

ここで引き下がったら本当に筋力落ちてしまいそうなので、くじけない様しないと!w


「目指せ!姿勢の良いおっさん」です!ねw


こんな動画がありましたw


こっこれは・・・・








最終更新日  2018.08.24 12:52:20
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.12
カテゴリ:水泳
半年以上ぶりになるのだろうか?暑い中出かけて行くのも億劫ですが、勢いつけてプール行ってきました。

長い事通い続けている?プールですから、半年・1年ぶりに行く時は、なんとなく敷居が高くなってる部分もあって、腰が重いんですけど、到着してしまえば不思議と落ち着く場所だったりしますw。


そして、顔見知りの方とも数名お会いできて、最近はお決まりのあいさつになってしまっている「お久しぶりですw、ご無沙汰してますww。」そんな感じではありますが、しばらく水の中でお話しして、体が冷えてくると「さて泳ぎますか・・・」と、これもいつものパターンですw。


泳いでいなかった時期が長いので、本当に体が言う事聞かないんですよね。

とは言って、あまり熱心に調整していくと数日後の筋肉痛が怖いんですけど、その時はついつい泳いでしまうんですよね。

イメージとは違う泳ぎをしているから、悔しいんですよねw
真っ直ぐ泳ぐこともできないくらい色々と衰えているんです。
体幹もブレブレだし左右のストロークも安定しないし、そんなのを補正しつつ泳いでいるとやっぱり使っていなかった筋肉を酷使しているんでしょうね・・・背中も腹も胸も肩も・・・昨日からダルダルです。
めったに使わないラブを塗りたくってます!ww

学生時代はサロメチール、大人になってからはずっとラブ愛用してますねw。
病院で処方される湿布薬はかぶれたりするので、2日くらいは貼っても、それ以降はぶつぶつしてきたりするので、私には合わないようですから筋肉痛にはラブですw。



そうそう!このラブ結構スースー感あるので、首回りに塗ると痛いほど熱く感じる事があるので、たぶんわきの下とか肘の内側とかも大変な事になりそうな気がしますw。
注意して渡してるのに、勢いなんでしょうね・・・そのまま首の方まで塗ってしまって、「あ゛~~~~~っ」と唸りながらフリーズする父の姿を見ましたww。

結構それらしいにおいをするので、オススメするとかそういうものでも無いんですが、ラブは私の常備薬の中でも付き合いの長いひとつです!w。



丁度お盆休みでもありますし、筋肉痛を乗り越えて、再び定期的にプールに泳ぎに行ける余裕ができたらいいんですけどね~~。

筋肉痛にはなってしまうんですが、やっぱり水の中は気分がいいです。

以前はストレスになるような悩みがあっても、泳ぎながらそんな事を考えたりもしましたが、余裕がないとそういった余計なストレスも忘れて溺れない様に?w集中して泳いでいられるので精神的にもストレス解消!ってことになるのかもしれませんね。

よく、夏に水着姿になる前に痩せるためにも春から泳ぐぞ!って話もありますが、暑いこの時期に始めるってのも良いタイミングかもしれませんね。






最終更新日  2018.08.12 09:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.18
カテゴリ:水泳
がっつり雨ですね。

植木の水やりが休めるので楽なんですが、つぼみが開き始めたバラが雨に打たれてしまうのもちょっと残念な気持ちもあったり・・・複雑です。

釣りの方は既に水位的にも時間的にも、夜シーバスは無理なので、昨夜は久しぶりに泳ぎに行ってきました。
かれこれ半年ぶりくらいになってしまいましたが、鼻炎もあまり良く無かったんですが、このところ肩こりというか首こりというか、肩首周りが張ってしまって、釣りをしていてもなんだか気持ち悪い感じで、これは泳ぐしかないだろう?!と重い腰上げて軽く流しに行ったんですが、スケジュールが変更になっていて、スクールに入るしか泳げなくて、数年ぶりにスクールに参加させてもらいました。

しかし、半年泳いで無い訳ですから、筋力落ちてるし、流れとしては軽く肩周りのストレッチするくらいの軽い気持ちで行ったのに、インターバルとかやる事になって・・・かなりきつかったです。

いや・・・タイム設定的には以前ならなんとかこなせる程度だったんですけど、重心位置すらつかめないままタイム縛りはさすがに苦しかったw。
というより、時間に合わせつつペース配分してなんとか泳ぎ切った感じなんですけど、最初の200過ぎた頃から、壁蹴る瞬間に毎回両足の中指がグーになろうとして足首直角に曲げたまま、筋を伸ばしつつ泳ぐというロングあるあるな泳ぎ方になってしまい、結局その足はそれ以外回避する方法がないので、足はプルブイはさんでプルで乗り切ったので、「メニューをこなした」ではなく、「なんとか誤魔化した」という感じでしたが、無茶しても苦しくなるだけだし、無理やり腕回しても泳ぎ切る前に乳酸たまって動けなくなりそうだったので、そんな匙加減も加味しつつスクールが終わった頃にはだいぶ肩こりは抜けました。www

今現在、ここ数日前と比べるとだいぶ楽です。ちょっと張る感じはありますが、筋肉痛的な肩の炎症は軽く出ているはずですから、筋組織修復中の違和感の可能性濃厚ですw。

例年、夏を乗り越えるためにも今の時期からスイムで基礎体力を!とか考えるんですが、今年は肩こりが引き金になってプール復帰になるのだろうか?
だが、今日はくしゃみが良く出る・・・w
筋肉にダメージを受けたのは間違いないが、鼻も鼻炎の時に行くと塩素が悪さをするのか数日鼻がおかしくなる事があるので、鼻炎の時にはあまり泳がない様にしているんですが、今回ばかりは鼻より肩の張りをなんとかしたかった。


ようやく重い腰上げたので、鼻炎と相談しつつ1週間以内にまた泳ぎに行きたいと思うのでした。

そうだ・・・サンダルもちょっと欲しいんだなぁ~



アリーナの安いのもあるんだけど・・・



プールサイドだとか濡れる事前提のサンダルの場合は水抜き穴ってのはあった方が良いんですが、普段ちょっと出かかる時用としては、雨上がりの濡れた道路歩くと浸水してくるんじゃないか?とか感がえてしまうので、どうしても買えませんw。
もっとも、最近は濡れたら乾きやすい様にと、足の当たる部分が穴だらけで地面が見えるくらいのサンダルと売っていて、やりすぎだろう?と思ったら、ベランダ用のサンダルでしたねw。
まぁ~脱いだまま雨に打たれて、たまに履こうとすると砂埃が積もってて・・・とかありますから、最初から濡れたら排水してしまえ!なんでしょうねw。
まぁ~これも実際はどうなんでしょうね?
植木の水やりでは、夏はその量も増えるのでホース使いますが、暑いのでベランダの地面にも水をまきながら作業をするので、夏場はさんだるも濡れますからついでに足ごと水かけてしまうこともしばしば・・・
ベランダって履物もそうですが、今日あたりは傘も置いておくと便利だな・・・と思うのでした。







最終更新日  2017.06.18 17:00:05
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.03
カテゴリ:水泳
今夜19時からヒカリスポーツでセール始まるらしい・・・
楽天スーパーセールと同時開催ってやつみたい。


開場前だけど、とりあえず気になるもの見てみた。

サイズ色も豊富だ・・・でも・・・今夜も川行かなくちゃだし・・・
その後にでも見てみようかな?




セームもそろそろ1枚欲しいな・・・



今もこういった中綿入りのジャケット着ていますが、今の肩幅では少々大きかったりするので、このあたりのが安くなってたら1サイズ下のを1つ欲しいかも・・・。



ただ・・・最近は薄くても暖かい服が多いから、以前は下にシャツと厚手のトレーナーとかスウェット着て、とかセーター着てとか・・・重ね着のもこもこ加減が違ったから、こんなもんなのかな?w
最近は余程寒くない限り、ヒートテック系の長袖シャツに春物のジャージ着て、その上にこういった冬用のジャケット着るから、トレーナーとかセーター着なくなってますからね~。
以前は本当に3か月で水着1枚ダメにしてたけど、最近は1年余裕ですからねw
まぁ~着ている時間が違うんだから当たり前ですけど。
そんな事も手伝って、以前ほど最新のモデルとか型落ちになるの待ったりも無くなりましたから、全然最新水着が分かりませんw。
ただ・・・スパッツでも安いモデルが結構増えた印象はあります。
チームの人たちの注文まとめて購入する事もよくありましたが、女性用水着もスパッツになると1万円程度は当たり前だったのに、今はかなり手頃なものもあるのには驚きます。



競泳という中でもマスターズのカテゴリー商品に力を入れて来たという感じなんでしょうかね?
キャップも一般的にはな~~んとなくメッシュはダサいというイメージがあるかもしれませんが、私はメッシュもシリコンもどちらも被りますが、メッシュの割合が多いかな?
また、メッシュの方が遊び心のあるプリントのキャップが安く売っているのでそれも魅力
カエルアンコウいいなこれw







車も半額???すごいw

★限定1台★新車半額!ホンダ新型フリードが特価タイムセール!
半額以下1,880,000円⇒940,000円

だそうです。www

抽選とかなのかな?先着だったら気合い入れてる人いるんでしょうね!

自分はとりあえずこのところ買い物しまくってしまったので、あまり見ない方がいいはずなんだけど、水着は消耗品なので、ちょっと気になりますね。


でも・・・まずはシーバスだ!!!






最終更新日  2016.12.03 17:48:25
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.09
カテゴリ:水泳
スイムに復帰してかれこれ1年くらいになるでしょうか?

復帰と言っても、週に1回は泳ごうという目標を掲げたのが昨年秋だった・・・

それまでは年に数回といった感じで、すっかりぽっちゃりしてしまっていたのです。
その原因は、鼻炎と言っても良いと思います。
アレルギー性鼻炎がひどくなって、塩素に反応しているのか?その昔ほぼ毎日泳いでいたのに、鼻腔というのでしょうか?鼻の奥の炎症がひどくなって、泳ぐと1週間ほど辛い日が続くという感じになってしまい・・・ひどい時は数週間引きずることもあって、どんどんプールに行くペースが下がった感じで、気づけば年に数回という・・・。

まぁ~実際には他の原因もあって運動は控えてくださいという医師の指導があった時期もあったにはあったんですが、その頃には既に「ぽっちゃり化」は進行していたので・・・


毎日運動していた人間が、それを止めて運動量が一気に減ると、食事などの生活習慣はそのままに、消費カロリーだけが減少するのですから、太らない訳がない。ww

メタボになり、医師から栄養指導などを薦められるなどもあり、野菜を摂るように努めたり散歩などの軽い運動も・・・なんていう情けない話も聞いて・・・それでも泳げば鼻炎がひどくなるし、かと言って歩くのは時間の無駄遣いな感じもあったので、なかなかそれも出来なかった。

偶然にもその少し前あたりからタイミングよく釣りを始めた頃でもあったので、釣りを運動のひとつとして生活に取り入れた。w
これが釣り散歩のスタートみたいなものだったんだろうw。

しかし、当初は外出すれば鼻の具合が悪くなる事も多かったので、マスク必須で釣りに出かけていました、最初はハゼ釣ったり、川に居る魚の種類に興味を持った程度で、日没前には帰宅する様な軽~い川遊びでした。

それでも、川に1時間2時間も居れば、しゃがんだり立ったり、少し移動したりと自然と動く様にもなる訳で、それでカロリー消費してダイエット!というには無理がありますが、まぁ~助走くらいになれば良いかな?という感じで手軽に出来る釣りからスタートしました。

栄養指導を受けた頃には、対象魚がハゼからシーバスになっていたので、その運動量もかなり変わりました。のべ竿にタナゴ針を付けて小さな魚を狙うならのんびりと片手で軽い道具を扱っていればよかったものが、ルアー釣りとなると、一度出かければ100回以上はキャスティングを繰り返すでしょう・・・w

そんな消費カロリーの変化もあるのか?鼻炎の原因物質に対して抵抗力がついて来たのか?鼻炎そのものの症状はこれまで通り年中行事の如く決まった頃にやって来るんですが、徐々にその症状も軽くなってきていて、プールへの復帰も考えられる様になったのかも知れません。


そういえばメタボのもうひとつの大きな原因は禁煙でしたね。
これは間違いないですw。
禁煙する段階で、多少太るのは仕方ないから優先なのはタバコをやめるという事!と太る事を正当化したので、一気に太った感は否めません。w


恐らく今でもタバコをやめよう!と思ってはいるけどやめて太って、それでまた別の病気になってもなぁ~とか考えちゃう人もきっといるんでしょうねw。
私もそういう思考はありましたしw。

でも、自分自身今でもタバコが「体に悪いからやめた」という認識は一切ないんです。
タバコが高すぎるから、タバコやめたらその分何か欲しい物買えるじゃん!という貧乏脳からの禁煙ですからwww

このブログでは何度か振り返って禁煙ネタは書いていますが、自分はどちらかといえばお金は余ってない方だよなぁ~という人は、年間消費金額を計算してみてください。
ヘビースモーカーであればあるほどタメージは大きいと思います。

私は多い時で1日3箱吸ってました。
その昔3箱買っても千円でおつりが来る時代はまだ良かったんですが、職場でも2~3箱という人ばかりだったので、常に煙たい環境でしたねw。
しかし、2010年秋だったと思います・・・タバコの値上げの話がまた決まって・・・この調子じゃ1箱500円の時代もそう遠くないなぁ~と痛感しました。

1日3箱で1500円
1か月で4万5千円
365日で54万7500円

実際にはそこまで高額な計算はしませんでしたが、400円としても年間で43万2000円・・・

最近のタバコの相場もよくわからないので、今調べてみたらキャスターが420円ですね
1日1箱でも365日経てば15万3300円です。でもまぁ~1か月1万円ちょいと思えばまぁ~いいかな?と思えるから1箱程度ならばそんなに驚く事もないかもしれませんが、先に書いた様に年間40万・50万となるとちょっと考えてみようかな?と思える額ですよね。

私もその数字を見て、まぁ~タバコの代わりに酒飲んだって毎日1500円分家飲みするとなると結構贅沢できるし・・・ビールくらいならいいんじゃね?みたいな思いもあり、タバコをやめるなら、その分発泡酒500ml2~3本飲んでも全然安いしな・・・とか考えました。

まぁ~タバコ3箱吸うよりも発泡酒の方がいいんじゃね?という考えでいたらあっという間にぽっちゃりしました!w。

それでも、ちゃんと禁煙できると、余計なガム代とか飴ちゃん代とかはかからなくなるので、禁煙直後は大して経済的には差が出ないかも知れませんが、半年1年と経てば口さみしさから来るそれら出費は無くなります。
それまでは太ってもいいや!というのが自分の禁煙ではよりどころみたいな部分だったのかも知れません。

それでも、実際に「今月タバコ買ったつもり」で浮いたお金を自分の趣味に突っ込む事ができると、タバコを吸わない(買わなかった)ご褒美が確実にそこにあるので、禁煙するモチベーションも下がりにくいんです。

私の場合は、当時はPCや若い頃興味はあったけど手が出なかった楽器などがその目的になりましたが、きっちり禁煙ができると数年後にはおやつ代的な出費もそう無くなるので、ほぼ丸々たばこ代は手元に残るので、毎月4~5万趣味などに使えるようになるんです。

私は禁煙を決めた日から現在まで1本も吸わずに来ました。
でも・・・まぁ~1本くらいなら途中吸ってもいいかな?というつもりでいましたが、それも無いままもうすぐ6年経とうとしています。3年禁煙できたら成功だ!と思ってやってきましたが、今では吸いたいと思う事もないし、目の前でタバコ吸っている人が居ても嫌だともうらやましいとも思わないですね。まぁ~1日中、火を絶やさない!ほどの吸い方していたので、多少立て続けに吸っている人を見ても、特別嫌な気持ちもしないし、逆にタバコやめたらこの人今よりも良いロッドとリール買えるのになぁ~とかw、でも、私からは禁煙を誰かに薦めた事はこれまで無いかな?・・・たぶん自分が人に言われて辞めるような事は無かったから、そんな話は無意味だと自分の中で結論が出てしまっているのかも知れません。www

しかし、ネットでは禁煙について、運動不足についてなどなどちょっと他の人の経験が気になるなぁ~という人はここの様なブログにたどり着いてしまうのかも知れません。

私自身長い事ヘビースモーカーで生きて来たので、同じように1日3箱4箱吸っている人が禁煙とか・・・かなりハードル高いよな・・・なんて人がたどり着いてくれたら、禁煙外来もいいけど、医者なんて行きたくないしなぁ~というのは私も同じです。w

年間50万・100万タバコに使ったってその程度の出費は別に高くもないでしょ!?という人には私の精神的な禁煙方法は効果ないと思いますが、私も結果的にはタバコからガムやイカの燻製とかおつまみ系?で口を塞いでおこう!とか、太るのは仕方ないといった逃げにハマって「余計な体脂肪」というおつりをしっかり貰った訳ですが、そこからどうやって戻るか・・・そこまで含めて考えて、私の様なミスなく禁煙してやろうじゃないの!って人が居たら私の失敗談も報われるというものです。www

細かい事を書けば、食事の内容だったり、消費カロリーだったりと面倒な話になる訳で、でも、自分はそんな細かいところは書くつもりもありません。
「タバコをやめる」「肥満を解消する」など世の中に書籍類が溢れてますから・・・

そういう本を読んだ事もありませんが、たぶん貧乏脳を禁煙のバネにする禁煙方法はあまり本にはならないんじゃないでしょうか?www

気付けば禁煙の話になってしまいましたが、本題のスイムや釣り散歩の成果でしょうか?昨年の今頃よりも着実に体重も落ちましたし、見た目も徐々にスッキリしてきている『自覚』があります。
痩せて来て、体重が減ると動きも軽くなり、何か目標を持って運動をすれば筋肉痛も当然あります。若い頃の様にそれをおして動き続けると故障を起こすのがオッサンです!w。
適度に休んで回復させるのもトレーニング!と、言い聞かせ自分のできるペースでのんびりやる事が私には合っている様です。

1年かけて太ったものは3年かけて減らそう!くらいの気持ちでやってますから、1年でそれなりの成果が得られているだけ現状を合格点としていいだろうと思っています。

なんだか今回もお決まりの脱線で禁煙の話になってしまいましたが、これを書きながら気づけば禁煙6年経過とは・・・。

おかげでふと欲しくなったバッカンやタックルボックスなども当たり前に買う事が出来る様になりましたw。




あ!新色出てるし・・・w
ライムグリーンだって・・・「Ninja」とか貼りたくなっちゃうヤツだなこれw




どれもそう高いものではありませんが、少しずつでも貯金できる余裕みたいなものが出来るので不意にセール品で気になるロッドとかあっても、ポチれる様になったかも・・・w

まぁ~1日1000円はタバコ代になってたんだから、年間365000円すべてが残る訳でもないけれど、当り前に出ていたそれだけの金額が残るんだから、その気になれば「ス・ステラくらいかっ買えるんだしっ・・・」。

すみません、嘘です。w
さすがにステラを使う勇気はまだありません!が、いつか経験値を上げて「あぁ・・・どうせならステラ買っちゃいなよ!あれはいいよ!」とか言えちゃう様な人になりたいです。w

来年あたり、自分に納得の行く理由こじつけて購入!とか無いかな?

無いだろなぁ~w




という事で、久しぶりに禁煙のお話しとスイムの成果?報告でした。
まぁ~無理しない程度でもやればやっただけの成果はでるんじゃね?って事ですかね?www






最終更新日  2016.10.09 21:27:06
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.05
カテゴリ:水泳
このところ鼻炎が辛かったり、ちょっと風邪気味だったり、腰が痛かったり、釣り優先だったり?wで、2週間近くスイムをOFFにしていましたが、久しぶりに泳いで来ました。

前回も鼻炎がきびしいタイミングではありましたが、30分だけ泳ぐと決めて泳ぎに行ったんですが、やはり体調が優れない時にはキッチリ30分であがれるもんですw、軽く流して泳いだ事にしたのでしたw。

今回はまぁ~時計見ながらインターバルなどは一切なしでダラダラと泳いで来ようというのがテーマでした。が、しかし、これまで長いスイム休みを挟んでダラダラロングはやっておらず、それができるかも分からない状態でしたが、あら不思議・・・なんとなくダラダラ泳げていました。
これまではスローでも100m、200mと泳ぐと休みたくなってたんですが、そういう事もなく「まだ行けるんじゃね?」といった感覚だったので、時計見ながら20分泳ごう!と決めてなんとか完泳。

ん~~明らかに泳力戻って来てますwww
高々20分スイム(1000m1本)だけですが、スイム復帰後約1年でようやくここまで来たか・・・といった感じです。
週一回でもそれなりの成果はあるものですね。www


ただ・・・スイムはそれなりに楽しいんですが、現状、週一回という鼻炎の悪化を考慮してのペースだと以前の様な「毎日泳ぐのが当り前」という生活には戻る気配はありません。
もっとも、そんな事になったら釣りの時間も無くなってしまうので、それはそれで困る訳ですが・・・。

幸か不幸か、少し前に庭仕事してて腰痛めたんですが、そのお陰でターンで腰に負担がかかるのも怖いので、ダラダラスイムで勘弁してやるか・・・的な体調なもので、今もまだ腰が・・・学生時代ぎっくり腰をやった経験がありますがその時の痛みになんとなく似ている・・・。ここは無理せず今のペースを維持しつつ、腰に負担のかかり難いメニューに限定して行こうと思います。


このブログは、本来スイムがメインの内容だったはずが、今ではすっかり釣りがメインになってしまっていますが、何をするにもお金がかかる訳で、気付けば買い物がメインテーマという事なのかもしれない。www


(それも不思議なもので、淡水魚という名前で、水泳や釣りと・・・水関係の話題が多いんですよね。)


毎日スイムな頃は水着の消費も早かった。3か月から半年でおしゃかにしてたので、半年ごとに2~3枚購入していましたが、今は結構長持ちしてますね。素材が良くなったのか?とも思えるところですが、「健康の為」というと堅苦しくなってしまいますが、結果的に体にも良い事ですから水着ばかりはケチる事もできませんw。

そして今は釣りにお金がかかる日々・・・ま!釣りも体に良いでしょw。


未だに未練があるエギングロッド・・・w
安くてもいいから1本欲しいけど・・・今のシーズンなら2~2.5号のエギがメインなんだろうか?エギングデビューしたい・・・。














最終更新日  2016.10.05 06:39:40
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.01
カテゴリ:水泳
あぁ・・・もう6月ですね。

先週は鼻炎がドヨ~ンとした感じで泳ぐ余裕も無かったのですが、少し楽になったので、先週分の1回泳いで来ました。

なんとかこの半年間週1回ペースはほぼ守れたのではないかと思います。

そして、6月からは・・・とこれまで目標にしていた事といえば、Windows10アップグレードとスイムのメニュー変更でしたが、前者はこの前済ませたので、スイムメニュー変更タイミングになりますが・・・正直この鼻の状況では週2回にするのは危険かな?と思っています。

しかし、これまでは無理してペースを上げたり、距離を伸ばしたりせずに、25m単位か50m単位程度でメニューを組んでいましたが、ここ数回は時計見ながら100x5などもやるようにしていましたが、ペースは騙し騙しで2分30秒回しで、十分余裕のある設定で!。

のんびりと2分ちょいで回っても、30秒近く休めるという感じなので、ゆっくりと流して休憩を短くするもよし、後半ちょっと上げて2分かからずに回ってくるもよしという感じでフリーのみですが、これだけは!と毎回やるようにしていましたが、復帰当初は50mを1分で戻って来るのが苦しい程でしたが、ようやく100を1分45秒程度でも戻って来れる感じになってきましたが・・・まだまだ水も押せていないし、酸素も入って来ない感じですw。


それでも、それなりに戻りつつあるので、楽しめています。

苦しいだけでは続かないし、そんなものやる気にもなりませんが、まだ楽しめる余裕があるのだから、週2回はもう少し先にして、フォームや重心位置の確認などをメインにしつつ筋力&持久力の底上げをのんびりとやって行こうかな?。

たまたま今日は、10年ほどぶりにプールでスイム仲間とお会いするという驚きの再会があったのですが、私同様・・・復帰組だそうです。今年の春からと聞きましたが、いやいや良いペースで泳いでらっしゃいました。私よりも年上の方なんですが、しっかりキックも蹴っていて、頑張ってるなぁ~~と私も気合いを入れなくては!などと思うのですが、焦らずやろうっと!と亀の歩みで体を壊さないスイムを目指しますw。


そして、ブレスト・バックはまぁ~なぁ~んとなく、フォーム確認のクールダウン的な泳ぎ方メインでだらだらやっていますが、ようやくこちらも背筋なども少しは戻ってきた感じになっているので、3ストローク程度だけしっかり泳いで、あとは流す・・・というこちらもタイミングと重心の確認って感じです。

バタは姿勢というか重心位置がいまだに戻って来なくて、こちらもスローテンポで2~3ストローク、通常ピッチで2~3ストロークというメニューで、正直泳げている気はしていません。w


言い換えれば、まだまだ伸びしろだらけという事ですw。それも自分でおかしいと自覚している部分が沢山あるのですから、やる事も沢山ある訳です。

1時間程度で泳ぐ距離にしても、ある程度筋力がもどってくれば、1000mを20分という以前アップでこなしていたメニューも決して高いハードルではなくなるはずですが、そもそも競泳スイマーでもなく、だらだらと水の中で水の感触を楽しんでいるだけ?みたいなスイマーですから、タイムは心地よいペース(程よい疲労感?w)で泳げればそれでいいわけで、実際隣のコースで小中学生がその倍程度のペースでガンガン泳いでますからwww。


最近はあまりスポーツクラブに通う20代30代の方が少なくなった様で、スタジオプログラムなども様々な理由があるようですが、減ってきているそうです。

丁度10年かそれ以上前頃だったかスポーツクラブが増えていた時期があったように記憶していますが、今は施設自体も減少しているとも聞きます。

色々な種目で活躍する若い選手は増えていると感じますが、一部の人が特別な環境で選手育成をしている結果なのかもしれませんが、常にスマホが気になる人も珍しくない時代だとすれば、プールに1時間浸かっている事や、スタジオでエクササイズをする間も気になってしまうのかな?

というのは、大げさかもしれませんがw

よく動いていたおっさんが動かなくなると、あっという間に巨大化しますからw
若い人よりも、中高年がスポーツクラブに戻って来る時代が来ると、何かが変わるかもしれませんね。動けば間違いなくエネルギー使いますから、勝手に結果もついてきます。w


らくちんなメニューで半年やってきましたが、それなりの効果は出ていると思います。
私の場合は以前やっていた事を考えると、コツがわかっている部分も多いので、抜くとこ抜いてとことん楽なトレーニングという見方もできると思います。

これから水泳を始める人ならば、全身使ってくたびれて、ごはんがおいしくて、ビールがおいしくて・・・と、体重が増えた!なんて話も十分あるんですが、そこでやめずに、泳ぐ距離が増えたり、しっかり水を押せるようになったりすれば、勝手に消費カロリーは増えて行きます。
メニューの内容などはスクールのコーチがレベルにあったものを与えてくれるので、スクール以外でも同じ様なメニューを個人でこなすなど・・・一旦始めてしまえばなんとかなっちゃうもんです。

ここでは何度も書いているのですが、水泳に限らずだと思いますが、運動を始めると、ぜい肉が燃える前に筋肉が付きますので、体重が増える場合が多いと思います。
しかし、筋肉が無ければ脂肪を効率よく燃やす事もできないので、一旦増えてからがおいしいところです。そこで諦めちゃダメです!ww。

また、そのスポーツの面白さもも少しがんばったら見えて来るかもしれません。石の上にも三年と言いますが・・・まぁ3年とまではいいませんが、ペースにもよりますが3か月~半年続けてみてもいいんじゃないかな?と思います。逆にあまり短期間で体重落としてもリバウンドしやすいので、1か月1キロ落とそう!でもいいと自分は考えてますw。
もっとも、ある程度まで行ったら同じ事をやっていても変わらなくなってきますけど、あまり先の目標たてるよりも、今日より明日は少しだけ頑張ろう!そんな感じですね。

追い込んで結果が出る年齢でもありませんしw。追い込んで肉離れとか絶対やりたくないし。


同年代の方はもちろんですが、スポーツのススメ!ですw。

ちなみに、私はこのところビールの量をかなり減らしています。理由はまたの機会にでもw

その効果なのか?以前より気持ち前屈が楽になってきたような・・・(あくまで当社比ですw)



おっ!このミッキーかっこいいなwww




ハーフパンツもそろそろ新調したいなぁ~




そんなこんなで、鼻炎がこのままおとなしくなってくれる事をねがいます・・・。

合言葉は「梅雨カモーン!!」






最終更新日  2016.06.01 21:24:09
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.14
カテゴリ:水泳
前編からの続きです。

いよいよ本題のゴーグルについてですが、私の経験談としては珍しく参考になるのではないかという内容ですので、長くなりますがしばしお付き合いを!


前編にて、度なしゴーグルから当時高価だった5~7000円くらいだったかな?それを有名デパートのスポーツ用具売り場で見つけて、ちょっと高いけど世界変わりそうだし買っちゃおうかな~~~と、サンプルレンズ試したりして、店員さんに相談したら、度数は少し下げた方が水の中では丁度いいとか、酔う人もいるから弱いレンズから試した方がいいなど当時珍しいスイム用品だけに色々丁寧に教えてくれたのかもしれない。アドバイスを参考に度数を決めて、購入を決めたら、一応度数の検査してみましょうと、メガネ売り場の購入者用なのか視力検査をする場所が別階にあり、そこで検査までしてくれたのを覚えている。

まぁ~それくらいちょっと変わり種用品だったのかもしれませんねw。

で、この時に購入したのは、度付きという事に重点を置いた選択で、装着具合はこんなもんか?というほどの経験も無かったし、とりあえず2種類あった度付きゴーグルの安い方を購入した。
確かもう一方のは12000か15000円くらいだった記憶があるが、まともにクロールもできない状況でのゴーグル選びですから、当時ゴーグルごときに1万円も払う気は無かった。www

使用感はとても良かったし、たぶん2年くらいはそれを使っていたと思います。
ですが、当時は平均週に3日程度だったかな?市営プールに通っていましたが1年もすると、スポーツクラブの方が安い事に気付き入会したと記憶しています。

またしても、脱線してみます。
施設によりますが、市営プールなどでも、有料駐車場+プール利用料が1000円ほどなら週に2回も通ったら、スポーツクラブの安いコースに入れてしまう場合もあります。
スタジオプログラムやマシンジム、ジャグジー、サウナや風呂などがある施設もありますが、それらの設備やプログラムが使えると1万円前後のコースと言う場合もあると思いますから、週2回市営プール行くなら、スポーツクラブで色々なプログラムをやっちゃうのも良いですね。

話を戻します。

で、1年も使うとゴーグルというのは傷がついて視界が悪くなってきたりもしますが、もっと経過すると、ゴムパッドあたりにカビ?みたいな汚れがついてきたりして、黒いゴムならあまり気にならないけど、明るい色のパッドやベルトだと汚れが目立つのも気になります。

が、その最初のゴーグルだっただろうか?ゴーグルの価格差はどういうとこで違うのかというのをその時気づきました。レンズのカップの素材もそうでしょうが、分かりやすい部分ではそのゴムの素材です。

エラストマー

V132 SHINARI(クッション付)
価格:1555円(税込、送料別)




シリコン

SR-71N FALCON ノーマルレンズゴーグル
価格:1987円(税込、送料別)




ノンクッション



とりあえず3種選びましたが、最初に私が購入した度付きゴーグルはエストラマーという素材だったと思います。

それがある日、目の周りが赤く炎症を起こしてしまって、どう考えても、これはゴーグルの影響ではなかろうか?と・・・、皮膚科に行くと、ゴムのアレルギーであろうということで、塗り薬をもらって医療用にも使われるシリコンに替えてみたらどうだ?という話も聞いて、2つ目の度付きゴーグル購入へと頭は旧回転。
数日おきに泳いでいるくらいですから、ゴーグルなしでは水棲生物として生きていけないので、その足で近所の大型スポーツ用具店に探しに行ったと思います。

その時店頭にはなく、シリコンパッドのゴーグルを取り寄せてもらった。
炎症もあって、赤パンダ状態だったので、数日休んでゴーグル入荷してから復帰することにした。


結果、シリコンゴムのパッドになって炎症もでなくなった。
この頃からミラーレンズになったかもしれない。今でもミラー派である。

そのゴーグルは相性が良く、その後も2つ買い替えたと思います。
それでも不思議なもので、顔の形が変わるのか?どうやっても水が浸水してくる時があったり、頬骨や目の周りへの当たりがしっくりこない時もあるので、ゴーグルのフィット感というのはそう簡単なモノでもないようです。


そして、このシリコンという相棒を手に入れて楽しいスイミング生活を送っており、その頃はほぼ毎日、1日2~3回泳ぐなんて日もあったくらい水棲生物化していて、スポーツクラブの仲間たちからも、いつ来ても居ますねと言われるくらいだったのですが・・・

ある日・・・

再び赤パンダ状態に・・・・orz

これはまたきたか?数日様子を見てから改善されないので、皮膚科に行ってみると、こんなの使ってたら失明するぞ!と先生に脅かされた、それがどれくらい本気なのか分からなかったが、とりあえず今回ばかりは次の策が無い・・・・同じシリコンでも医療用とか、違う製品がないだろうか?と調べながら塗り薬で療養してました。

当時パッドなしのレース用ゴーグルが出始めていて、トライアスロンをやっているスイム仲間にもそれを使っている人がいたので装着感などを聞いてみたら、慣れれば同じというし、もうそれしか選択肢もなかったのだが、パッドなしの度付きが当初なかったはずが、あったのです。


このブログの最初の日記にゴーグルについて触れていますね
SPEEDO限定バッグと度付きゴーグル


ですがこの時すでにパッドなしを購入予定と書いているということは、これが2つ目か、3つ目か・・・
ということは、それ以前からパッドなしゴーグル愛用しているという事ですね。
単純にその時の皮膚科でのやりとりが記録されているかと思ったのですが、ありませんでした。w


という訳で結局パッドなしにして、皮膚とゴムの接触が減った事で、あれ以来赤パンダにはならなかったはずが、つい数か月前スイムに復帰し始めた頃に古いゴーグルで軽く炎症が復活してしまったのですが、新しいものに交換してそれもなくなりました。
古くなったものや、それを研磨剤で磨いたり、塩素漂白したりといった、ちょっとした薬品などがカップに残っていて炎症をおこしたのかは分かりませんが、現状そういった皮膚への影響もなくなんとかスイムが楽しめています。


長くなりましたが、ゴーグルには装着感や視界の良さなども大事ですが、直接皮膚に触れるパーツには気を使って選んだ方が良いケースもあると思います。それぞれメリットデメリットはあるかと思いますが、目の周りの皮膚は薄くて敏感なのかもしれません。シリコンのキャップを被っていておでこがかゆくなったり赤くなった事はありませんが、ゴーグルではそういったトラブルが何度かありましたので、安くていいや!とかデザインカッコイイな~、可愛い色!などで選ぶのも用具選らびの楽しさでもありますが、本質的な部分も考えて選ぶのも絞り込みやすくていいかもしれませんw。

もっとも、そんなに毎日のように泳がなかったら、そういったトラブルは無いかも知れませんが、ある日突然そんな症状が出た時に、そういえば昔どこかのブログでそんな話見たな・・・と、早めに皮膚科に受診されれば大事には至らないと思いますので、記憶の隅にとどめておいていただけたら幸いです。

尚、前回ゴーグルを買い替える前からそうですが、基本的に泳いだ後に、スポーツクラブ備え付けの洗顔用洗剤ではありますが、それを使って、カップ部分は洗浄するようにしています。

それでも、炎症の気配があったのは、数年間年間数回という少ない使用回数から、衛生面でもよろしくなかったのかも知れません。反省ですね。


2015.12.27
鼻炎もひどくならず、なんとか続いているスイム。幸せだぁ~



まぁ~色々鼻炎やら何やらでスイムに行っても、鼻がひどくなってしまう等と言う悪循環にしかならなくて、好きな時に泳ぐことも出来ない数年間を経て、今ようやく週1回1時間程度で様子を見ています。

途中禁煙をして、体重が増えたり、体が重くなったのを実感したりで、体に良い事って・・・食事減らして散歩?とか追いつめられる事もありましたが、半年したら週2回までOKにしようとか、考えてもいるので、週1が週2になるだけで、倍になるのだから、今以上に体には良いかな?と予想されますw。


同年代の方はもちろん、若い方でも、運動する習慣がつけば体は変わってきます。
週1でも、筋肉痛を感じつつ、時にたんぱく質を摂ろう!といつもより多めに食べてみたり、食生活も多少意識するようになります。元々そんなに細い自覚もありませんでしたが、やはり昨年復活した時には、数年前を知っている仲間やコーチにも育ったねぇ~と愛のこもった言葉を頂きますw。

自分としては、ダメな時もしっかり見せて、巻き返しを見せてやるぜ!という気持ちもあるし、水着にならなきゃ始まらないので、そこのハードルは別に高くも無く、仲間と会う前に違う時間帯で少し絞ってから・・・なんて頭もありませんでした。
私の場合は知り合いが居る場所に戻って行く事で、良い時?を知っているだけに太ったね~と思われるのは当然ですし、脱がなくても、近所で出会えば、だいたい察しがついてしまうでしょうw。

そして、そんなに人の事気にかけてくれている人は居ないので、気にしたところで何が変わる訳でもないのです。
増してや、知らない人ばかりの場所でポッコリお腹で泳いでいても、そんなに見入ってる人も居ないはずです。

最近プールに戻って、あまり若い人が居なくなったなぁ~と言う印象がありました。
スポーツクラブも増えているのでしょうか?全体に散ってしまっているのかな?設備の充実したところが人気だったりもするでしょう。

水泳に限らず何か楽しめるスポーツがあって、それが習慣にできる趣味になると楽しいですよ。

そこで出会って、気づいたらスポーツ仲間でもあり、飲み仲間でもあるという事も普通にありますw
私はスイムくらいしかお薦めできるものがありませんが、水の中でゆっくりと流したり、浮いたりするのが気持ち良いんです。
泳ぎながら、あぁ~あのルアーの色どういうのにしようかなぁ~とか考えながら泳いでいたりもしますw。

スイム楽しいですよ!ww








最終更新日  2016.04.14 07:15:19
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:水泳
先日から先送りになっているスイミングゴーグル選びについて書いてみようと思います。

とは言っても、私の場合ド近眼という事で、使えるゴーグルは「度付きゴーグル」というゴーグルのレンズにメガネやコンタクトレンズの様な度が入っているもので、近視の人でも水の中を見る事ができるというものです。

そもそもプールでゴーグルとか必要ないんじゃ?とか、どうしてゴーグルなんて面倒なモノ着けるの?という疑問を持つ人がいるかもしれませんが、スポーツクラブなどの「泳ぐ」「歩く」「体操する」という「遊ぶ」ではない事をメインに運営されているプールでは、レジャーなどで行く流れるプールなどと違って、コースロープで仕切って、コースごとに様々なプログラムを実施している訳ですが、「歩く」「体操する」に関しては、内容にもよりますが、顔を水に浸ける事無くできる事もあると思いますが、「泳ぐ」となると顔が水に浸かるはずです。

いや、顔を浸けずに平泳ぎするし・・・とか、クロールもヘッドアップで泳ぐから問題無いという人が居るかもしれませんが・・・まぁ~ここは一般的な話で「泳ぐ=顔は水中」という前提で話をさせてもらいます。


目玉が頑丈な人は「裸眼で水中もOKさ!(^▽^)b」という人でも1時間やってたらたぶん厳しいんじゃないでしょうか?どう厳しいかというと、私の場合ゴーグルの中に水を少し入れておいて、曇ってきたらその水を使って、レンズの曇りをとるように首を振ったりしますが、その程度の水でもプールから上がれば目は少し赤くなっています。

子供の頃は、ゴーグルなんかほとんどしたことなく、今とは塩素の具合なども違うのかもしれませんし、日々耳にした「本日は、光化学スモッグが・・・」なんてアナウンスもあったので、のどや目には過酷な状況だったのかもしれませんけど、まぁ~目は真っ赤でしたねwww

懐かし話はこの辺にして、早い話が、スポーツとしてスイミングをするのなら、ゴーグルは必須であるという事。

単に目を塩素などから守るだけでなく、コース別に片側通行のコースだったり、反時計回りで往復するコースだったりコース別に泳力別に分けているところが多いと思います。

利用者が少ない場合は、多少の自由度は黙認される場合もあるでしょうが、基本的にそのルールは厳守すげきです。

この際1コースを使える片道コースであれば、目を瞑って泳いでもコースロープに手が当たれば方向修正もできるでしょうが、往復コースではそうはいきません。

恐らくプールに通い始めて最初にぶち当たる、不自由さというか制約感はこれじゃないかな?と思います。
あまり競泳というカテゴリに入って来なかった人にとっては、経験者が流しているスピードの速さにも驚くと思いますが、クロールの手や、平泳ぎの足がコースの半分の幅で収めつつ泳ぐというのがとても難しい事に気付くと思います。

そう!対向者とのすれ違いで腕が当たったり、蹴飛ばしてしまったりするのです。
自分の泳力が低い時ほど、一生懸命泳いでいるので、当たると痛いし、爪で引っかかれて流血なんて事も何度か経験しましたが、やはり経験のある人の邪魔にならない様に・・・・ではなく、経験者が避けてあげるべきかな?といつの頃からか思う様になり、相手がクロールならば、すれ違いは潜ってかわして、平泳ぎなら、腰が下がっている事が多いので、表層浮いて蹴伸び状態ですれ違ったりという事故防止に努めるわけです。w


この時、経験の浅い人がどういう心理状態かというと、人それぞれですが、私がそのレベルくらいの時は、当たらない様に気にはしていても、ぶつかってしまったり、コースロープに指ぶつけて突き指したりと、小さな事故はたまにしていましたから、人が多い時と、少ない時で泳ぐ内容を変えたりと、知恵がついてきます。w

ですが、ここで大事なのが視界なんです。

当初度なしからスタートしたのですが、プールサイドまではメガネOKでもそこからプールまでは裸眼ですから、段差なども裸眼になる前に確認しておかないと、痛い目にあうのですw。
そして、水に入れば直前にならないと対向者の存在に気付けないというデメリットもあって、その辺の事故防止にもマイナスに働いていたのです。

その後度付きレンズのゴーグルを奮発して、現在に至るのですが、まず、私と同じように「近視でプールは見えないから怖いんだよね~」って人はわずか数千円でその敷居が一気に低くなるかもしれません。

同時に、ゴーグル使った事ないけど、プールの中で目開けてると痛いし・・・などという視力の正常な方でも、ゴーグルをつけると、水の中が良く見えて・・・晴れた日のプールの底がユラユラしててキレイで・・・・という新しい発見もあるでしょうし、人とぶつかる、壁とぶつかるなどの恐怖を大幅に減らす事が出来るようになるはずです。

というのも、やはり前を見るとか泳ぎながら周囲の様子に気を配るというのは、ある程度余裕が出てこないと出来ないと思いますが、レベルにあったコースで泳いだり、ルールを守って泳いでいれば、お互いの気持ちも分かって素直にお互い謝る事もできます。そんな一言がきっかけで友達になることもあるでしょう。

スポーツは始める時にお金がかかるのは仕方ありません、種目によってはコートを予約したり、有料の施設でないと出来ないこともあります。その場所まで数時間かけて移動しないといけないスポーツもありますが、水泳は用具としては、スイムキャップ(たいだい必要)、水着(絶対必要w)、ゴーグル(有った方が絶対良い)その3つくらいです。
マシンジムやスタジオならば、ウエアも気に入ったデザインのものでやりたいでしょう、学校指定のジャージも悪くありませんが、そこそこみすぼらしくない程度のウエアは欲しい、シューズもあまり安そうなのは・・・とか、実際にやってみると、機能面でも高価なウエアやシューズは期待に応えてくれる性能だったりもするので、すぐに2~3万円の出費になってしまうかも?

水泳ならレース用の高価なものは練習には向いていないので、競泳用に拘りたい人でも、そこまで高価な水着は窮屈だったり、耐久性が低かったりで選手たちでも決戦仕様はそうそう出番もないだろうし、大会でメダル狙っている人でも、あまり練習では見た事ないですねw。私の場合は嫌な色でなければ、セールの時に見つけたものを直感で選んで買いますから、スパッツでも5000円以下だとうれしいな~という感じです、女性でも1万円超えると練習用だとちょっと高いかな?という印象かも?・・・

ついでなので、水着について書いてしまっていますが、水着にもフィットネス系と競泳系があり、男性だとスパッツでも、股上の深さが違ったり、履き心地がゆったりしているか、フィットしているか等も違いますし。女性用だとアクアビクスなどを主にやられている方たちはセパレートで比較的肌の露出が少ないものや、ラッシュガードなどを着ている人も居たりと、施設によって水着にもルールがあるはずです。
スポーツクラブではビキニ禁止の場所もありますので、そこも注意です。

脱線しました。

と言う事で、水着も1万円以下で十分ですし、キャップは500~1000円くらいでもいいし、すきなアニメのキャラクターものなんかでもOKです。そしてゴーグルですが、これも安い物は1000円以下、100円ショップでも売ってますが、まぁ~ここではそれは良いか悪いか情報もないし、スルーします。w

そう考えるとゴーグルという用具は手頃な価格のスポーツ用具だと言えるでしょう。

ここまでで長くなってしまった・・・。

後編とわけましょう。























最終更新日  2016.04.14 07:02:44
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.05
カテゴリ:水泳
ここ数年鼻炎がひどくなる事が多くて、スイムから離れていましたが、昨年より徐々にスイムに戻る様にしてきました。

今回は以前も書いたかもしれませんが、夏を前に水泳をはじめるには良いタイミングとも言える季節です、私が水泳を始める頃のお話しでも・・・と。w



そもそも水泳というものをスポーツとしてやり始めたのは、20代前半だっただろうか?

小学生の頃は、まだスイミングスクールなんて施設もあまり無い時代で、記憶の中では1~2か所しか思い浮かばない。
今やスポーツクラブという施設が増え、近所にも1年中泳げるプールがかなり増えている。

そんな時代だから、あまりスイミングを習っている友達も居なかったのではないか?と記憶しています。あの頃は基本的に水泳といえば、学校のプールか市営プールというのが普通で、水泳を習うといっても、学校の授業か、市営プールの「夏休み講習」みたいなものしか無かった。



中学生の頃になって、テニススクールや、テニスクラブ、それと併設されたスイミング、トレーニングジムなどもポツポツと増えて来た時代だった。


小学校卒業後は、体育の授業で水泳が無くなって、プールに数年間行かなかった事もあったと思いますが、20代になり友達がウインドサーフィンを始めるにあたって、水泳にも関わる様になったらしく、数回ウインドサーフィンで遊ばせてもらったり、一緒にプールに行ったりというのが、久しぶりにプールに行って「遊ぶ」のではなく「泳ぐ」きっかけでした。


当時も鼻の状態はあまり良くも無かったのですが、まぁ~若さで乗り越えてた感じでした。
中学高校時代はテニスをやっていましたが、卒業後はそれもやらなくなり、その後はスキーをやっていましたが、まぁ~どちらかといえば中短距離系の運動といいますか、リフトに乗っては、数十秒で降りて来てしまう様な運動なので、水泳もどちらかと言えば25m・50m泳いで数分休む様な泳ぎ方が最初だったと思います、続けて400m、1000m泳ぎ続けるとかは全く考えていませんでした。

たしか足がつかない50mのプールに行った事もありましたが、当時はそのプールで50mを泳ぐ事は(溺れそうで)出来なかったと思います。w
小学校の頃は50mくらいは泳いでいましたが、場所によっては50mプールって中学生以上じゃないと入場できなかったので、苦しくなったら立てばいい25mプールでのお話しです。
でも・・・今は禁止されている事が多い行為ですが、潜水も子供たちはよくやっていましたよね。

早い話が、今みたいに子供の頃から正しい泳ぎ方を習った訳でもないテキトーに泳げる気がしていた人が、なんとなく水泳を始めた訳です。

この時、文明の利器を知ってしまった事が後押しになったと思います。

それがこれ!



もちろん当時この価格で度付きのゴーグルなど買う事はできませんでした。
確か安いもので6~8000円、12000円ほどのものもありました。

(現在はクッションゴムなしの↓を愛用)



目が悪い者にとって、裸眼で行動しないといけないのは恐怖なわけで・・・
コンタクトレンズをしてゴーグルという手もあったかもしれませんが、そこまでやる必要も無かったので、やってみようとも思いませんでしたから、泳いでみようかなぁ~と思った時に最初に必要になった「水着」「キャップ」「ゴーグル」を揃えた時に、初めて度付きゴーグルを知り、使ってみたら、「新世界との遭遇」でした。

濁っている時は、大して役にも立ちませんでしたが、昔と違って、最近はあまりプールの水が濁っているというのを経験したことがないので、恐らくそれを知らない人にとったら「新世界」だと思います。w

TVの水泳中継の水中映像などで見た事のある景色が見えるのです。
それまでは目を瞑ってコースロープをあてに泳いでみたり、泳ぎ出す前に進行方向に人がいるかを確認して、少し泳いではまた確認するなどなど・・・「泳ぐ」事に集中する事など出来るはずがありません。
右側通行で1コースを反時計回りに泳ぐ時も、向う側から来る人と腕がぶつかったりなんて事も結構ある事ですが、それを避ける事もできるし、プールの底を見ながら真っ直ぐ泳ぐ努力をする事もできますw。

視覚情報が増えると、水泳に集中できるようになります。

私はそこで、単純に水の中に漂ってるだけ、ゆっくり泳いでいるだけでも気持ち良かったんです。天気の良い日には、水で屈折した光がプールの底を照らして、それを見るのも楽しかった。


こんな感じの事を言っているのですが、水の中で見るともっとキレイですよね。w

今現在、週1回だけ1時間以内という自分ルールで数か月復帰できています。
以前は数か月休んで、たまに2~3日続けてプールに行くと、鼻炎がひどくなってしばらく行きたくなくなるという、負のスパイラルでしたが。
回数を減らす事で、なんとか復帰に近づいているのです。

泳ぐ距離も、メニューも全然しょぼいんですけど、確実に筋肉の量も増え、徐々にですがぜい肉も減っている様に感じています。

同世代の方はもちろんですが、20代、30代の若い人も水泳にあまり関わった事の無い人こそ、水の中の楽しさ、気持ち良さを感じてもらえたらと思います。

水の中で歩くだけでも膝に負担をかけにくく、運動できるし、それに飽きれば、少しは泳いでみようかな?と思えるかもしれません。

スポーツクラブの契約コースにもよりますが、最近はプールも使える会員なら無料で受講できる初心者教室などもあります。
私の様に、独学でのんびり市民プールも悪くありませんが、市民プールも週2回以上行くようになるとスポーツクラブの方が安くなる事もあるし、マシンジムやスタジオプログラムに参加できる会員も選べるのだから、コスパ的には悪くないと思います。


春は新入生、新社会人などをターゲットにしたスポーツクラブのキャンペーンなどもあるかもしれません。色々体にガタが来てるおっさんだからこそ言います!水泳に限らずスポーツクラブでも入会して、体動かす習慣を少しづつ作るのはどうでしょう?ww


私は数年間水泳できずに、TVの競泳中継を見ると泳ぎたくなるので、見ない様にしていたくらいなんですが、釣りをするようになってからなんですが、屋外にいる時間が長くなったからか?鼻炎の症状があまり重くならなくなったので、プールに戻ってみようかな?と思える様になったので、「釣り」がプラスに働いた!?とも思っています。


ですが・・・スイム仲間が集まる時間帯は日没後・・・
日没後はシーバス釣りに行きたい!と思い、ついつい釣りを選んでしまいます。
それでも週1のスイムは欠かさず実行しようと頑張っています。

シーバス釣りも2時間も立ちっぱなしで、ルアー投げてるといい運動ですけどねw。


そうそう!度付きゴーグルはリアルのスポーツ店であれば、お試し用のレンズが置いてある場合があります。自分のメガネの度数が分かっていればその数値を参考にするのも可能ですが、水の中では屈折率の違いだかで、度数を少し下げた方がいいと私はアドバイスされ、1.0低い度数にしています。
とはいえ、商品をネットで見ていて、その様な事が書いてあったことがないってことは、今はそういう常識はなくなっているのかもしれませんけどね・・・w

シーバスネタが乏しい時には、スイム用品ネタを少し織り交ぜていきます。


日本選手権も気になりますね!






最終更新日  2016.04.06 03:26:02
コメント(0) | コメントを書く

全51件 (51件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.