704810 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

出不精淡水魚

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ランキング市場

ニューストピックス

全82件 (82件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

楽器

2019.06.13
XML
カテゴリ:楽器
さてさて・・・


そういえばアコギの方も放置に近いんですけど、小学2年の姪の子にギターの初歩の初歩だけでも教えてあげようと、勢い余って自分用アコギを買ってしまったんですが、買う前から弾く場所や保管場所などでも頭を痛めていましたが、現実はと言うと・・・






予想通りでしたw。


なんとか置き場所はあるんですが、パッと手を伸ばせばギターを弾けるという状態ではなく、結構苦労しています。

もっとも、コンパクトで取り回しの良いギターがいいかな?とか言いつつも、結局大きなボディを選んでしまう私ですから・・・



狭い駐車スペースしか無いのにアルファード買っちゃったみたいな・・・w




でも、そういう人嫌いじゃないんですけどねwww

車置く場所ほどは必要無いししても、エレキギターと違って、やっぱりかさばりますね~~~w

軽さはありがたいんですけど、いざ弾いてみると、やはりキュッキュ!と耳障りな音と、張力の高い弦に別の楽器だと痛感するばかりですw。


置き場所や、弾く場所は自分が努力して物を減らせばなんとかなるものの、弦のテンションはどうなんだ?という感じですが・・・


細いエクストラライトゲージにしたら少し楽になるんじゃないか?と思い、まずはそこからスタートしようかな?と甘い水の方へと動き始めています。


調べてみると、コーティング弦だとキュキュ音ももしかしたら控えめになるかも知れないし、何よりあまり弾く時間がないであろう自分にとっては弦の寿命が長めの方がありがたいのです。

エレキギターの弦でさえよく分からなくて、安さだけで選ぶ私ですが、エレキベースを買った時には、エリクサーの弦を使っていた様な・・・w(もう昔の話になっていて記憶が曖昧ですw)

しかし、アコギの弦の比較で動画を見たりすると、エリクサーのコーティング弦の評価はやはり高い様なので、とりあえず少し細めの弦を使ってみて、様子を見ようと思います。



ギターと設置場所が確保できればギターに触れる時間は増えると思うんですが、今は何とも・・・w


以前、学生時代から大事にしていたエレキギターのネックがかなり怪しくなってきたのを機に、訳アリのギターを購入しましたが、あの時はギタースタンドにいつもそれを置いていたので、気が向いたら手を伸ばす事もできましたが、さすがに分厚いボディのアコギだと狭い私の部屋では何かの拍子に蹴飛ばしそうな予感がするので、本格的に考えないと墓穴を掘りそうで追い込まれてる感いっぱいです。w



この時期、日々・・・バラの花がら切りやら忙しかったりするので、もう少し余裕ができないとギターに手が伸びない気がしますが、ギターを手に入れたものの、弦はやや死にかけている感じ(既に死んでるか?w)だし、指版もやや乾燥気味なもので、弦交換をしつつ指版にレモンオイルを!と思っていたりして、自分に向けての良い口実が成立しているだけに、後回しになってます。

下手なりにエレキギターと付き合って、弾かない年月多く・・・まともな技術も持ち合わせていないのですが、それでもピック弾きばかりで遊んできた私には右手の指を起用に使う事は、ハードル激高です。

それができるかどうかは置いておいて、目標はあくまで小学生にギターの基礎の基礎を教える程度なので、高望みはしていませんが、新しい楽器を演奏するつもりで1からやってみようと思っているので、くじけない心を持ち続けたいと思うばかりですw。(他人事w)


とりあえずゆずの曲を1曲弾けるようになりたい!そんな私です。



そうだ!そういえば、メンテするにもアコギ用のクロスが無くて、それぞれのギターケースには1枚ずつくらい入れてあるのですが、アコギ用に2枚ほど買いたいと思い、ギター弦物色ついでに検索していたら・・・ふと気づいた事が・・・

「あれ?そういやこのギター艶消しだけど、今持ってるメンテ用具って基本“つや出し”用のクリーナーとかじゃないか???・・・そうだ!今回初めて艶消し(サテン仕上げとか言うらしい)仕上げのギター買ったんだった・・・」

て事は・・・、これまでのクリーナーは基本使えないって事だな・・・

クロスに関しても研磨剤入りのものがあったり、艶出し成分が付いているクロスがあったりするんかな?と考えるとダイソーのマイクロファイバーの方がいいかな?とか思ったりww
たぶん失敗してから、正しいメンテ方法を知るのかも知れないと思ったりするんですが、仕上げ自体は“Finish : Urethane”と書いてあるので、ウレタンの艶消しって事かな?


でも、使っていると指や手の当たる部分は自然と艶出しになってしまうみたいだし、あまり見た目に心配はしていないんですが、少なくとも艶消し仕上げのボディに艶出しクリーナーは無いだろう?って感じですよねw。

調べていたら自分が持ってるクリーナーでもサテンフィニッシュOKみたいだったw


でも、確か買った時はこの写真の様にピンク系の色だった記憶があるんだけど、今見るとかなり色合いが違うwww、でもこの前見た時はピンク系だった気がするんだけど・・・徐々に変色してきて、その変化に気づかないまま、ここ1年ほどで急激に変質したのだろうか?ww

なんだか違う物質じゃないか?と見えるんですが・・・w
(色見本がてら横にはレモンオイルを)







いやぁ~~~困ったなぁ~~ww

クロスも↑の商品だとノンシリコンとか書いてあるので、そういう物の方が良さそうですね。


後は少し高価だったけどサテンフィニッシュにもオススメというクリーナーをどこかで見たんだけど、探しても出てこないwww。
まぁ~ある意味出てこない位マイナーな製品だったと理解すればいいのかもしれないw。


ただ・・・意外と「あらゆるフィニッシュに対応」みたいなうたい文句の製品もいくつかありましたから選択肢はいくつかありそうですね、高い物ではないので、変質しているかもしれないポリッシュ使うくらいなら新しいの買った方が良さそうですね。



いや!今その写真を撮ってみようと思ったんですが、裏側から光当てたら結構ピンクだったので、まだ使えそうかな?www


まぁ~分からないなりにやってみるしかないかwww






最終更新日  2019.06.13 00:12:04
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.27
カテゴリ:楽器
アコースティックギター購入ですが・・・




めでたく?購入できました~~!。w







まぁ~結構考えて来ましたから、どうなるかなぁ~と思ったんですが、一般的な評価からするとYAMAHA一択でいいかな?と固まっていたんですが、これまではあまりアコギの音色とか気にした事も無かっただけに、今回アコギ購入を前提に色々なギターの試奏動画などを見ていると、だんだんと印象が変わってきたんです。



私自身エレキギターから入って来た人間ではありますが、所詮まともに弾ける曲は何曲あるの?と聞かれれば、「ん~~~~」と答えられない程度の技術しかありませんw。


というのも、エレキギターもテキトーに省略して弾こうと思えば誤魔化せるんじゃないか?という程度の“なんちゃってギタリスト”だったりするんで、弾けるっちゃ~弾けるけど・・・くらいのもので、あとは部分的にかじっただけだったりと、丸っと一曲弾ける曲となるとかなり厳しいんですw。



それが、アコギとなると、あの固いテンションの弦を気合でねじ伏せながらでないとまともに音が出ないというのはハードルがとても高い訳です。

ぶっちゃけエレキだとエフェクターで歪ませたりすれば、それっぽく聞こえたりするので、そういう意味でも私はアコギには触れない様に生きて来たテキトー派です!(キッパリ)。





そんな私にとったら、いくら親戚の小学生に教えるとは言え、弾きやすいと評価されるギターを選ぶ方が良いに決まってます・・・。
(学生時代なら弾きやすさより見た目第一でしたけどねw)


そんなおっさんになった私が今選ぶなら、そりゃ~評価の高い弾きやすいギターしかない訳ですから、下の2本が第一&第二候補だった訳です。

Youtubeの動画を見ての感想ですが、それぞれ私の気になった部分も書いてみますと・・・



FG-830、36000円で予算的にも嬉しい1本です。
音も下の動画の中では低音から高音までバランスよく響いてる感じで、アコギ初心者の私の耳でもふくよかな印象のある音色でどちらかと言えば角の無い丸い音色といった感じで、最初に低予算という面からもとても好印象な1本でした。






こちらは少し価格が上がって51000円なんですが、このモデルは電池のいらないパッシブタイプのエレアコっていうのかな?、当初電池の液漏れなどを気にして、エレアコの選択肢を排除する事も考えたんですが、生音だけで弾く分には電池入れなければ良いじゃないか?という考えに到達したんですけど、LL6は生音もバランスが良くて、↑のFG-830よりも個々の弦の音がハッキリ聞こえてくる様な印象で、アコギ感はあるかも?とまとまった音色のFG-830よりも多少個性を感じるLL6も良いな~と感じ始めました。
ここでひとつ大きな問題が出て来ました。
比較するに当たって保管、移動という面ではケースは必需品なんですが、FG830は付属ケース無しの様でSHOPによってはサービスで付いて来るものもあるようでしたが、もしもある程度のソフトケースを別途購入するとなれば、この価格差はだいぶ埋まってしまうんです。
実は自分がFG830を探していた頃は36000円くらいでケース付きのものは無いようでした。
もしかしたらあったのかも知れませんが標準では付属して来ないみたいだったので、ソフトケースを買うにしてもあまり安いものだと心配だし5000~10000円程度のものを買ったら・・・本体とケースの価格比がなかなか悩ましい事態になる訳ですw。





そして、このあたりの価格帯に来ると、オベーションが視野に入ってきてしまうんです。
でも・・・オベーションは若き頃の憧れともいえるその見た目にも魅かれるんですが、動画を色々見て行くと、やはりこのギターはアンプに通してこそ・・・という印象が徐々に強くなってきて、鑑賞用としてもおいしく頂ける一本ではありますが、今このタイミングでアコギを買おう!としているおっさんとしては、何か違う気がしてきたのです。
でもなぁ~独特の色合いのギター眺めながら飲む酒はおいしいだろうなぁ~~、あ!常設するスペース自分の部屋にはないんだった!!w





さて、以前の日記をご覧の方はお判りでしょう・・・

結局私は何を選んだか・・・



この動画の音色聴いて「ヤバい」と思ってしまって・・・
その後、この同じ価格帯でもBODYが3種類ある事を知りました。


以下現在楽天最安値で、セール中のお茶の水楽器センターの商品です。
CAG


CAD


CAJ


一応それぞれの音の傾向や特色も調べたんですが、最終的には私が良いと感じたプロポーションのCAJにしましたw。
↑の動画とは録音状態も違うので何とも比較できませんけど、たぶんこれらゼマイティスの動画を見る限りは、ヤマハよりも誤魔化し聞かないというかしっかり音出さないとこのキラキラした音は出ないかもしれないし、下手さが倍増しそうな気がしましたが、世間では“六十(五十)の手習い”という言葉もあるくらいですから、ここで一回ギターの誤魔化しテクも改めて、少し真面目に練習するのもいいかな?と背伸びする事にしました。

そう!CAJ-200購入です。




価格の話をするのもどうかと思ったんですが、基本的にお買い物系要素も含んでいるブログですので、一応お得感についても書き加えておきますと・・・
実は↑の3本、全て81000円ですが、公式HPでは定価というか価格が15万円です。
実際に楽天内のお店でも13万円以上の価格で販売しているお店も少なく無いんです・・・たまたまセールなのかかなりお得なタイミングという事もあってポチる後押しになったのも事実です。

装飾のキレイさは言うまでもありませんが、2~3気になる事は正直ありました。
ヤマハの方がネック周りのバインディングなどは贅沢にも思えましたが、演奏するにあたって不都合があるほどの差だろうか?と考えた時に、写真だったかな?フレットの仕上げを見た所、私が以前購入したベースのそれよりも仕上げの質は高そうに見えたので、その差に関しては気にすることも無いかな?と思えました。
もっとも、ゼマイティスといえば、廉価版モデルでなければ一般人には手が届かないという事も重々承知しているだけに、良いものが欲しいのなら数百万円用意してしかるべきルートで・・・みたいなwww。
そういう流れも頭にあると、比べるところが違うかな?とも思えたりして・・・

そういった自分の中でのゼマイティスの印象も含めて、決めた!って感じですね。

それにしてもまさかゼマイティスのギターを買うとは思っていませんでしたし、エレキギターよりも、アコギを買うというのも全く予想できない事態ですw。

今更ですが、ゼマイティスと言うと私の中ではこちら・・・

まぁ~~~~弾けない人が買える様なものではありませんからねw

いや、買える人は買ってもいいんでしょうけど、しっかり管理できる人、もしくは管理できる人を雇える人でないと、持つべきではない楽器というか、道具はあると思いますから、仮に宝くじが当たったからと言って希少なものを手に入れても、管理できなければ困った結果になりますからね。

そんなダメな私でも楽しめるのが今回購入したちょっと高価な廉価版モデルって事でしょうか?www



親戚の小学生は「ゆず」さんの曲を弾きたいみたいなので、そういう意味ではこれまで養って来た誤魔化しテクでジャカジャカとそれっぽくできるかな?とか思う部分もあるんですが、教える人はそれなりにオリジナルを弾けないと説得力無かったりしますから、自分にとっては高めのハードルを置いた形になったかと思いますが、今はただ・・・「デカいな」「やべえまともに音でないw」とかアコギのハードルの高さを痛感しています。

ここまで左手の指を深爪したのも人生初かな?www
指を立てるという初歩の初歩を今歩き始めました・・・エレキギターとアコースティックギター、見た目は似てますけど別物ですねwww。

私も小学生の子と一緒にアコギ初心者スタートしようと思います。www



あ!そうそう・・・
ハート型のサウンドホールももちろん気に入って選んだんですけど、弾いていると全く見ませんし、穴の形は記憶から吹っ飛んでますw。
エレキギターだとちょっと下を向けばギターの顔(表面)が見えますが、アコギはしっかり押さえようとすればするほどギターは前を向くので全然ギターの顔は見えませんw
綺麗な貝の装飾も下位モデルの100と比較すれば、「200が欲しい!」と思える点でもありましたが、今回に関しては見た目よりも音色で選んだ一本という意味合いは強いかもしれません。

でも、一弦一弦の音の存在感はエレキで感じるそれとは全く違いますね・・・

とりあえず誤魔化しテクで夏色くらい弾けるようにしておかないと小学生になめられるかな?www





ただ問題がありまして・・・
やっぱりギターの厚み半端ねぇ~~~w

愛用のギタースタンドはこのところギターが置かれることが無かったんですが、久しぶりに働いていますが、これまではギターにしろ、ベースにしろその横を通り抜ける事が出来たんですが、アコギは厚すぎて無理ですw。

やはり部屋の荷物を少し整理しないとちょっと飲み物!、ちょっとお菓子!と思ったらギターケースに仕舞うしかすべがありませんorz・・・・w


まぁ~想定していた事なので、少しづつ片づけて行くしかないですねw。

そんな訳で気づいたら、小学生にギター教えるというよりも「アコースティックギター始めました。」という感じになってます。w






最終更新日  2019.05.27 07:03:04
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.23
カテゴリ:楽器
アコースティックギター選びですが、予想通り難航しています。



今回は久しぶりの楽器購入という事で、これまでの失敗?も考えて選ぼうと方向転換しています。


というのも、このところ正統派というか「ある程度お金出しておけば安心じゃね?」といった打算的というか演奏する楽しさよりも数年後の安心とういか、安物だと狂いが出そうとか、ある程度高額な物の方が後々調整とかメーカーでやってくれそう・・・みたいな演奏することよりもメンテナンス面ばかり追って来たようにも思えて・・・。


ただ、それは前回買ったフェンダーのJAZZベースに限った事でですけど、結果的にあまりベースを弾く機会も無く放置状態が長い現状を考えると、それもあながち間違いでも無いと思える面ではありますが、楽器は弾く楽しさというか、それを手に持つという行為自体を楽しいと思えないと、気づいたらそれを手にすること自体無くなっているという事態に陥ってしまうのではないか?という経験から、今回は弾くというか、手に取ること自体楽しみと思えるものの方が良いんじゃないか?と考え始めています。


ただ、ここでしっかりと考えておかないといけないのは、私と楽器の関係でして、数年前にDTM(デスクトップミュージック)というかDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)といったパソコンを使った音楽の打ち込み創作作業と言いますか・・・その昔、憧れた分野への名残りもあって、MIDIだとかその周辺機器の購入を踏まえてPCでの音楽制作みたいなものへの執着心みたいなものだけでそこにぶら下がろうと思ったんですが、丁度その頃に“釣り”との再会もあったりして一気に音楽から離れた事もありました。


本来なら、そのままそこそこ高額なDAWソフトと音源となるシンセサイザーの購入で、その先には難しいかも知れないけど楽しいであろう道が見えてくるはずだったんですが、釣りの方が楽しく思えて、そっちへの投資も増え、時間の投資もそっち方向にw。



結局準備を進めていたDAWには手を付けられないまま釣りが面白くなってしまったんですが、その後色々あって、釣りをする時間も無くなってしまって、今はDAWはもちろん釣りにも行けずにくすぶってる感じなんですが、このままくすぶっている気はないので、そろそろ動き出せるかな?とも思ってはいますが、人生色々あるもので、なかなか思う様には進まないものですw。


ですが、今回のギター購入に関しては、親戚の小学生に初歩的なギターを教えるに当たって、エレキギターでは伝えにくい事もあるという意味で、購入を考えたのが出発点だったので、それ用に使うと思えば3万円程度のもので十分役目を果たしてくれるはずですが、自分のモチベーションとしては、それを買っても、所詮使用目的はそれだけであって、その先には何も見えないのです。


できれば自分なりに目標というか所有する喜びや、練習するモチベーションに繋がる物が良いな・・・と思いまして、徐々に予算をあげてきているのです。




3万円程度のギターでもじゅぶん小学生に簡単な事を教えるのなら全く問題ないはずです。

しかし、目標をそこに置いてしまったら、その先に視界は広がる気がしません。
ならば1万円のギターでいじゃん!と・・・


実際に店頭で弾いたわけでもないのですが、Youtubeで色々な動画を見ていても、それなりの価格の方が調整しなくても扱いやすいなどのメリットもありそうで、ヤマハの入門機種を第一候補に見て来たんですが、弾きやすく、音もバランスが良さそうですが、あまり出来が良いと普通に弾いて満足しちゃいそうで、今はもう少し個性的な物に目線が向いてきました。



以前も書きましたが、純粋なアコースティックギターではなくマイク内蔵というかアンプに繋いで使えるエレアコという選択肢もありましたが、電池の液漏れなどの事故も考えるとずぼらな自分には向いていないか?とか考えるところも多かったんですが、そもそもアンプにつながずに生音だけなら電池を入れる必要もないのだから、液漏れの心配する事もないんじゃないか?と気づきましたし、ライブする訳でもなく、せいぜい趣味のDAWの環境が整った時にエレアコならPCへの入力にも使えると考えるとメリットになる訳ですから、デメリットと考えずにそれも候補に入れて行こうと思い直すようになりました。


ほぼほぼモデルは決まってきました・・・

あとは予算をそのままに控えめにするか・・・

少しばかり予算オーバーだけど、ギターを手に取るモチベーションに繋がるかもしれないモデルにするか・・・


ぶっちゃけ、3モデルに絞ってきました。











ヤマハの830はコスパを考えるとかなり良いモデルの様ですし、LL6も価格的に考えれば作りも良い様です。
ヤマハであれば、この両者なら弾き易さやその商品への信用度もそれなりにある訳ですが、ゼマイティスのギターもコスパは高そうです・・・、もっとも、ここで言うコスパというのが音色や弾きやすさとのバランスで言うところのものよりも、ブランドのコスパと言う意味での面もあるかと思いますが、動画を色々見た来たものの、ヤマハのバランスの良い音色も悪く無いし、ゼマイティスの粒を感じる繊細な音色も好みと言えば好みなんです・・・

このあたりはアコギに育ってきた人と、エレキギターで育ってきた人との好みの差というのもありそうですが、コード弾いた時の音が全体で馴染んでるというより、少しばらけた感じはあっても、バラバラでもなく6本の弦の音が聞こえる位が気持ちいい部分もあって、じゃら~ん♪の音がどう聞こえるかの好みもあるでしょうが、価格と音色で最高の1本というのではなく、予算なりに満足感の得られる1本を決めかねている今日この頃ですw。


ぶっちゃけ、830でも十分!文句ないw。
FG830



ネックの構造などから1ランクあげてもいいかな?とLL6
LL6




ZEMAITIS CAJ-200


この下に100もあるんですが、音色としては↑の200にグッとくるんですw



見た目もゼマイティスの200が見て楽しめるかな~~~~とか思えてしまって。


そもそもゼマイティスのギターって手が届くものと思っていなかっただけに、廉価版モデルとは言え所有する喜びあるんですよね・・・w


ただ価格的に倍くらい変わってくるし、気軽にポチれない面もwww


できれば5万円以内くらいが理想なんだけど・・・ギターって不思議なもので、あまり興味な時って手が伸びないんですよねw。
プロじゃないし毎日弾く訳でもないけど、学生の頃はついつい手が伸びる時期ってあったし、たぶんそれがギターの引力的なもので、それがあまり無いとなんとなく満足しちゃう気がして・・・

今は5万円で手を打つか!?

8万円出すか?の瀬戸際といったかんじですw。




振り返ってみると・・・

もしかしたらベース購入の詳細はブログにあげてなかったかも知れませんねw。

ベース初心者が背伸びして購入した感じもあって、ブログには上げなかった気がしますw。

実際のところはどうかと言いますと、FenderのJAZZ BASSを買ったんです・・・
Fender JapanではなくパッシブのUSAモデルです・・・、まぁ~購入時にはベース頑張ろう!とか思っていた事もあって、長く付き合えるものを!と選んだんですが、現実には色々と忙しくなってしまって、ベースに触れる時間もあまり無いというのが厳しい現実だったりします。


ただ、手にした時の充実感や手触りというか弾きやすそうな印象は別格でして、今でもたまにケースを開くと満足感たるや半端ないですw。


価格的には、20~30万くらいだったっけかな?・・・もう勢いで買った感じだったので、詳細は忘れました。

割引率がそこそこ高かったので、定価はそれよりも結構高かった記憶があります。




今回アコギを選ぶにあたって、先に書いた様に、小学生に初歩を教えるだけなら1万円のギターでもなんとかなるんでしょうけど、たぶん自分で練習する事はないでしょう・・・、今教えられることをそのギターで復習する様なもので、私自身のスキルアップには全くつながる気がしませんw。


そこで、ここ最近は釣りに行く余裕もなく、そちらに投資する事も無いまま無駄に時間だけが過ぎている気がしていて、いっその事ここで少し贅沢したら、これまでの流れの様に、人生別の流れに乗るんじゃないか?今の流れ変えられるんじゃないか?という期待もあって、少し奮発する事で「ギター買ったのに、結局釣りに行ってます!」とか「アコギの練習するつもりが、毎日泳いでます」などなど何か投資する事で人生の流れがねじれる感じがあるだけに、ほんの少し予算を上げて見ようと思って来ました。



そもそも、楽器と言えど、ギター&ベースは自分で演奏するという楽しみを前提にしている訳ですが、DAW用に購入したソフトやシンセなどはある意味PCの入力機器だったり、音源という目的で購入している部分もあったので、自分で演奏する楽器とは違うものでしたが、直接体に触れて演奏する楽器に関しては、優等生は裏切らないんでしょうけど、少し冒険したい思いもあって、YAMAHA一択から、海外製の廉価モデルというのも弾くというか、手に取る喜びというのがありそうで、オベーションやゼマイティスなども気になっているんですよね。



まぁ~あまり考えていても仕方ないので、そろそろ・・・と思ってはいますが、予算を増やしたら増やしたで、選択は重いものになるわけですww


もうすぐです!






最終更新日  2019.05.23 08:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.13
カテゴリ:楽器
先日も少し書きましたが、現在アコースティックギターを物色中です、

あまり弾く事も無いのですが、親戚の子に教えてあげるにも、アコギ1本だけでは、その都度持ち替えたりして、子供も一旦手放すと集中力下がるみたいだし、以前エレキギターを私が持って説明しようとしたのですが、アンプなしだし、形も違うしで、同じ楽器と言う認識も薄い感じで、やはりアコギにはアコギでないと上手く説明できないというのがその時の感想でした。


ただ・・・

その子のギターは以前私が買ってあげたミニギターなんですが、もしもギターに飽きてしまったら自分のところに戻ってくるだろう・・・くらいの気持ちも少しはあったんですが、正直なところネックが細くて自分には弾きにくいと感じました。

私は手が小さめで、指先が太いというか接地面積が広いというか、しっかり指先に豆ができないと指先柔らかめで久しぶりに弾くと、練習していた時期でもへたっぴなのに、まともに押さえる事もできずに音が出なかったりするド素人ですが、そんな私がミニギターのフレットを押さえようとしても1本だけ弦を押さえる事が難しくて、それまではギターのネックは少し細めがいいかな?とか思っていたのですが、ミニギターのサイズまで行くと「弾きにくい・・・orz」というのが正直な感想でした。


もっとも、それを踏まえて、数年前に買ったCortのエレキギターはややネックの薄いタイプで、それまで愛用していたヤマハのSGと比べると弾きやすい印象でした。

もっとも弦のテンションもアコギとエレキでは違う訳でして、アコギ自体学生時代に友達のギターを少し弾かせてもらった程度の経験値ですが、弦の張りが強く、固いイメージがあるくらいで、あとはやけにキュッキュとスライドする時に音が鳴るなぁ~~~くらいの記憶だけなので、今回ミニギターを触った時には、それとはかなり印象が違いまして、弾きやすい印象でした。



ですので、おそらく一般的なスケールのアコギを買ったら、弾きにくさというか、エレキギターとは違う違和感が強いはずですが、弦の長さや、ネックなどを選べば自分が弾きやすいであろうギターも存在しそうなんですが、調べて行くと、エントリーモデルで選んで行くと中途半端なものになってしまう様に感じまして、少し小型で取り回しの良いものがいいかな?とかエレキギターに近い感覚で弾けるものがいいかな?とかド素人なりに調べてみたものの、アコギ入門用としてはヤマハ製ギターの評価がコスパ的にも良い傾向があるように思えて来まして、結局そっちに向かい始めている感じです。(ヤマハ製からスタートして、また戻って来たかんじw)


われわれ世代の憧れでもある?Ovationも廉価版あるの知って当初考えていました。
いやぁ~~~廉価版とは言え、このデザインは憧れでしたね。




一度は見た事があるハート型のサウンドホール・・・の、廉価版




ボディの厚さ:38mmという馴染みやすさw




こちらはネックが馴染みやすそう・・・



ネックはもちろんの事、こちらもハート型!w



予算などについては、今や1万円程度でもそこそこ評価の高いものがあるようです。
ですが、実際は弦を張り替えたり、少し削るなどの調整をしたりというひと手間が必要になる場合も少なく無い様ですし、そもそもペグ(糸巻)の精度が悪いとすぐにチューニングが狂ってしまうので、その部品ひとつ取っても、コストダウンと考えたらそういったパーツにもあまり良いものを使う訳には行かないのですから・・・。

また、使って1年ほどは良くても数年後、購入時と同じ性能が維持できるか?と考えると、正直1万円のギターにそれを望んではいけない気がしますw。


アリア製の低価格用でこの価格ですから、1万円で販売しようと思ったらなかなかねぇ~~~w







ん~~でも昔と違って結構良いものも多いみたいだから踏み台的な思いで購入するのなら安いギターもアリだと思うのですが、私の場合、楽器は簡単に手放す事ができないので、ある程度長く使えるものを買っておきたいと考えます。


かく言う私も、最初に買ったのはノーブランドのストラトで9800円だったかな?

それを3年くらい使ったかな?
その後買ったSGを弾いてみたら、明らかにノーブランドストラトがおかしい事に気づきましたw。
フレットは最初から削れて低かったのかと気づいたのもその頃ですし、ギター全面に施されていたクリア塗装がペタペタする感じで、弾きにくさ満載のギターだった事を覚えています。

そのギターは数年後塗装しなおしてフレット削ったりもしましたが、ネック調整もすでに終了していた様で、一通りいじってはみたものの、引っ越しの時に廃棄しましたw。

でも、だいぶ前から1~3万円程度でも結構使えるギターがあるというのは知っていましたから、そういった私の様な中古ギターリメイク品を知識のないおこちゃまに売る様なお店はそうそう無くなったんじゃないかな?www
そうそう!楽器屋さんじゃなくてレコード屋さんで買ったんだった!www。


まぁ~昔話はこの辺にして、小中学生とは違う立派な?おっさんになった今、そこまで安いもの買う事もないし、ある程度評価の高いエントリーモデルの方が、たまにしか弾かない自分には良いだろう・・・という思いが強くなってきました。

当初3万円以下くらいのつもりでしたが、5万円出すと選択肢も増えると思い↑の様なモデルも検討したのですが、安定のヤマハなのかな?








パッシブタイプのエレアコ




アンプ内蔵のエレアコの場合、電池のメンテの事などが気になっていましたが、電池入れなければ液漏れの心配も無いわけですから、今またそこに戻って来ていて、ならば、オベーションや他のエレアコという選択肢も・・・などなど相変わらず買い物には繰り返し比較検討する面では余念がありません!w

そう言った部分も再度見直してみてから、再びヤマハに戻るんだろうけど・・・。
その行ったり来たりが大切だと思いますw。

というか、そこを楽しまないとねw






最終更新日  2019.05.13 23:50:58
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.08
カテゴリ:楽器
やっぱり辛い症状来ました。

例年GW前後は鼻炎の重症化だけでなく、体調崩す事が多いので、注意していたのですが、昨日は鼻炎がひどすぎてダウンしていました・・・、もうヒリヒリと鼻の奥が痛いし、うがい薬を使おうとするだけでも喉奥の違和感で苦しいのなんのって・・・。

連休明けで行くべきところもありましたが、病院で順番待ちするのも苦しいのでとりあえず行ってはみたものの待合に人が多かったので、諦めて帰ってきてとにかく休む!でした。トホホ


正直なところ耳鼻科に行っても、何か楽になるという事もこれまでに無かったので、いつもと違う症状であったなら何か楽になる事をしてもらえるかも?といった期待感だけなんですが、数年に1度くらいこんな症状が起こり、その度耳鼻科に飛び込むのですが、まぁ~毎回そんな感じで、鼻の奥というよりも、喉の方だった時は扁桃腺だった事もあって、その時は耳鼻科で点滴やってもらってかなり楽になった事もありますが、今回は完全に鼻の炎症だったので、寝てやり過ごしました。

結果今日は、いくらか楽で、飲み物を飲み込むときも昨日ほどの痛みは無く、今日も1日休む事にしましたが、バラが咲き始めている時期にのんびりとそれを楽しめないのもバカみたいで・・・情けないですねw。



ええ~~、こういう時にありがたいというか、こういう時の為に買ったとも言えるiPadでヒーリング音楽を聴きながらうなされている1日なんですけどw、youtube見たりしてベッドの上で過ごすのです。

最近安いアコースティックギターを物色してまして、そんな動画見ていたら・・・ふと「そういえば、自分のギター、いやベースは間違いけど内蔵電池のものがあったはず」と思いまして、数年ぶりに使おうと思った電気機器を引っ張り出したら、電池の液漏れでひどい目に遭うという経験が蘇ってきて、慌ててチェックしました。

記憶ではBossaのベースは電池入れた記憶があったんですが、Cortのギターはどっちだっただろう?、FenderのJAZZベースはそれを考慮してパッシブタイプを選んだはずなので、まぁ~可能性はないはずです。ちょっと出しにくい場所に入っているのでそのまま確認しませんが、前者2本は確認したところ、予想通りBossaのベースには四角い9V電池が入っていましたが、液漏れはありませんでしたが、電池の使用推奨期限が「11-2013」とあったので、とりあえず抜いておきました。

ギターとベースはこのところ全く触る時間も無く、親戚の小学生に買ってあげたミニアコギを触る程度なんですが、教えるにもそれ1本だと「ちょっと貸して!」と持ち帰るのも大変なので、現在安くて取り回しの良さそうなギターを探しているのですが、それ以外に使う事もないので、正直価格帯で悩んでいます。

話が逸れて来ましたが、現在これかな?と考えてます。
いや、昨日ベッドの上で色々調べていたらこれかな?とwww



この上位モデルで850というのもあるので、ルックス的にはそっちもありかな?と思ったんですが、Youtubeで聞き比べた感じだと830の方が好みかな?とも聞こえるし、評価としても悪くない様です。


当初エレキからの持ち替えならエレアコがいいかな?と手ごろなこの辺を考えてたんですが



オベーションと言えば我々の世代だと、尾崎豊さん、南こうせつさんの印象が強いんですけど、当時その見慣れない姿と高価格に驚いた事を強烈に覚えていまして、その入門機がこれほど手ごろな価格ならば・・・と思った訳ですが、ここでその内蔵電池の事を考えると、毎日弾いている様な人なら液漏れの心配もありませんが、今の私にはチューナー内蔵でアンプ内蔵のギターはどうかと思いまして、エレアコはやめよう・・・とw。

もっとも、パッシブタイプの物もあるんでしょうけど、価格帯を考えるとそこまで選択肢は無いんじゃないかと勝手に判断しまして・・・というのも、メーカーが違えどもその操作部分が似ている物が多い様に思いますし、機能的にもチューナー機能が搭載されている様なので、基本的に安いモデルに付いているのは似たようなものかな?と・・・




ぶっちゃけますと、フォークギターといいますか、アコースティックギターというのはこれまで1本も買った事が無かったので、BODYが大きめなカントリー?系と、ややくびれているフォーク?系があるみたいで、そんな事も今回初めて知りました。
他にもエレキギター経験者なら馴染みやすいネックのものもあるみたいで、そちらも気になりましたね。




でもまぁ~価格的にもあまり安い物よりも、3~5万くらいの方が長く使えそうだし、その辺で扱いやすそうなものを探しています。

大きなボディや、厚みのあるボディは音のパワーはありそうですが、集合住宅ですし、オベーションみたいに見た目的にも大きなサウンドホールがある訳でもないのなら、さほど音は大きく無いかな?とか、狭い部屋で弾くなら、コンパクトなボディの方が良いのは間違いなし・・・。

このあたりが今回のギター選びのポイントになってくるのです。
サウンドホールに付ける蓋みたいなのもあるみたいですし、生音がほどほどに出てくれれば良いと考えた時には、こんなのも?という思いもありましたが、やはり重いかな?とかwww




欲しいものを選ぶのはまだ簡単なんですが、用途を踏まえて選ぶとなるとなかなか難しいものです。






最終更新日  2019.05.08 09:47:03
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.16
カテゴリ:楽器
少し前に小学1年生になった親戚の子供のバースデープレゼントでギターを買いました。

数千円のおもちゃでもいいかな?とも思ったんですが、調べてみると見た目はそれっぽいものでも、本当に「おもちゃ」のギターという評価のものがほとんどで、大人が1曲弾くとチューニング狂ってるとか・・・、さすがにそれでは面白くないので、子供とは言えしかるべき性能のある楽器なら長年付き合う事もできるはず!!と、少し奮発した感じです。


内容は少々違いますが、必要になるであろう小物も揃っているセットを購入しました。





私自身、大して弾けるわけでもないので、評価するのもおこがましいんですけど、購入後も数回弾いていますが、良い感じでした。

もっとも、ヤマハのJR2に関してはレビューを見てもあまり悪いものは無く、少し価格の安いものと比較すると価格なりの性能差がありそうだったので、それなりに期待しつつ購入しましたけど、期待通りという印象です。

初めてギターを買う人にとっては、1万円と1万5千円なら、大差ないだろうし、とりあえず安い方にしておこう!という選択あるかと思います。
正直それもアリだと思いますが、私の様な楽器をほんの少しかじっただけではありますが、いくつか所有してきた者からすれば、小学生の入門用とはいえ、「安物買いの銭失い」は避けたい思いもありまして・・・(楽器に限らず結構やらかしてますから“銭失い”をw)


イマドキは購入者さんの感想なども簡単に見られる訳ですから、おもちゃと割り切って買う人は乱暴に扱って壊すのも承知の上かもしれませんしw・・・。

自分の場合は、安くても楽器だけでなく「物は大事に扱いましょう!」というメッセージも込めて贈りたかったので、弾いた後はセットに入っていたクロスで弦やボディーを拭いて・・・スタンドに置いて・・・と教えていますが、まぁ~子供ですからそのうち壊してしまうかもしれませんけどねw。


そうそう、セットを選んだのは、どうせ必要な小物も出てくるから、それはそれで個々に選んで注文しようかとも思いましたが、価格的にセットの方がお得だったので、そっちにした感じです。
チューニングも今やスマホでできるから、無くてもいいかな?と思いましたが、今では当たり前に使う「クリップチューナー」やアコギなら必須であろう「カポ」なども質を考えたら個々に選ぶべきかもしれませんが、すぐに飽きてしまうかも知れない、壊してしまうかもしれないものに、そこまで気合いれてもな・・・とw


もっとも、飽きて邪魔になったから捨てる!って言ったら喜んで貰いますけどねw。

ただ・・・いつも言い訳で書きますが、私の指先は平たくてうまくフレットを抑えられないタイプなので、「ガンガン練習して指先固くするぞ!」という努力もできないので、今回のミニギターの様に、全体に小さくなっていると左手(指)がかなり窮屈に感じますね。

6弦エレキギターでも苦労する事からベースに逃げたような私ですから、縮小化は痛いですねw。

それにアコギは現在も私は所有した事がないので、弦のテンションの高さも心配していましたが、このミニギターはそういった意味では心配していたほどの高テンションではなくアコギはほとんど弾いた事の無い私でもあまり違和感なく触れましたから、子供の入門用としては良いのかも知れませんね。

コンパクトで場所もいくらか省スペースで、見た目もかわいいので面白い1本だな!という印象です。


でも、大人でこれからギターはじめようかな?って人には、やはり窮屈な印象はあるかもしれませんね。
良い面では、やっぱりギター単体で音が出るというのはエレキギター派からすると弾きたい時にすぐ音が出せるというのが良いですね。
もちろんエレキギターもミンミンミ~ン♪チャカチャカジャ~ン♪的な音は出ますけど、やっぱりね・・・w。

そんなアコースティックギターの利点も今回は実感できましたし、良い買い物だったかな?と今は思っています。

本体のみなら15000円程度ですし、私が最初に買ってもらったノーブランドのストラトは、指が吸い付く様に絡みつくニス?塗装で、低すぎるフレット、歪んだネックなどなど素人が買うとこんなにひどい楽器を買ってしまうのか?という悲惨な1万円ギターでしたけど、それを考えたら、15000円のこの品質は驚きでもありますw。
安い製品とは言えヤマハ製である以上、楽器として品質は確保してます!という事ですよねw



そういえば・・・
今年もベースの日(11/11)にせめて短時間でもベースをケースから出してやろう!と思っていたんですが、できませんでしたw。
今年は1~2回ケースから出したかな?www

手軽に出せるエレキギターはもう少し出番がありましたが、やっぱり楽器に触れる時間もあまり無いですね~~~。
昨年なら釣り竿もってる時間が圧倒的に長かったはずですけど、それも激減しているだけに致し方ないところですか・・・orz




毎度の事ですが、この色いいなぁ~~~w











最終更新日  2018.11.16 09:13:24
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.21
カテゴリ:楽器
昨日は何年ぶりだろうか?CDショップにちょっとだけ行った。
古いレコードなども売っていたが、結構高いものもあって驚きました、大瀧詠一とかシングルが数千円で売ってたw。

まぁ~まだレコードは捨てないであるから、売ったらちょっとしたお小遣いになるのかもしれない?w
最近はレコードプレイヤーがUSB接続で使えたりするんでしたっけ?



黒よりシルバー系の方が馴染み深いかもしれないwww



お!こんなのも今はあるのか?自分の部屋には不要だが、こういうのが似合う部屋だったらこんなプレイヤーもおしゃれだなぁ~。


そして、久しぶりに時間つぶしで、じっくりiPod touchの音楽再生アプリのイコライザー調整とかしてました。
時間つぶしというか手持ち無沙汰というかで、そんな作業をしてたんですが、とりあえずイコライザーいじって楽しそうな曲を再生・・・



このところ釣りばかりで、ベースに触れる事も無くなってしまい、購入してから1曲としてまもとも弾けるものもないまま現在に至っていますが、まぁ~聴く方は楽しめてるからいいか・・・と思ってますが、それでもたまには何か掘り出し物ないかな~と検索してしまうのです。w

ブルーのジャズベってインパクト強いですね。
内容もお値段もなかなかどうして・・・w



サドウスキーのチョイ傷アウトレットが 213,800円 (税込)



MV-4でもシリーズによって変わるのかな?


これもブルーだ!www


Sadowsky NYC / Vintage 5-String / San Marino Blue 【イシバシ楽器】


ん~~確かベースやギターも竿と表現する事があったような記憶がありますが・・・竿集めという意味では相変わらず!なのかもしれませんw。

入門用として買ったけど、いつ出番が来るのやら?w



でも・・・桁が違うし・・・手頃な竿コレクションです。






最終更新日  2017.05.21 22:30:03
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.11
カテゴリ:楽器
あ・・・11日だった。


少し前からじわじわと近づいているのは気になっていたんですが・・・

11月11日・・・

┃┃┃┃

4本線・・・4本弦だから「ベースの日」でした。

今年で何年目なんだっけ?3年目???

昨年も一昨年も頭にはあったんですが、だからどうした?というと

釣りを始めた事で、滅多に触れる事の無くなってしまったベースやギターを年に1度はメンテをしよう!という事で、私の中ではベースの日はメンテの日にしてます。w




できれば、11日以前にメンテしようと思っていたんですが、結局当日になってしまいました。

まぁ~~既に狭くてここでベースを自由に弾くスペースは無くなってしまっているんですけどねw
そんな中なんとかベースに触る事ができましたw。

それにしてもジャズベさんは、やっぱりいいですねぇ~~~。

ジャズベース大好きです!w







そして、この天気・・・
数日前やや大きく見えた月だけれど、やはり徐々に大きく見えて、ピークがスーパームーンという事なんだろうか?14日まではまだ数日あるが、天気は怪しそうだ…。

まぁ~スーパームーンも気になるが、やはりメインは大潮である。w
ただ・・・日没時間と満潮時間を考えると早めに釣りはじめないといけない・・・潮位差が激しいだけに下げ始めたら一気に水も減ってしまいそうだから前半シーバス釣りして、後半ウナギ?www
予報では気温が少し上がりそうだが、水温も少しは上がるかな?。



さっき久しぶりにTV見てましたw。紅の豚・・・w

ほんのちょっとだけあった、飛行艇の設計をした?女の子のスイミングフォーム・・・アニメで見たフォームの中ではかなり良い泳ぎでしたwww。録画もしていないし見直すつもりもありませんが、若干腰が下がっている様に感じたんですが、「お!いいね!」と思ってしまいましたw。

あ~~~そろそろ泳ぎたい!鼻炎よ沈まれ!!!。w






最終更新日  2016.11.11 23:23:19
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.06
カテゴリ:楽器
気になったもので・・・メモっときます。w

アクリルボディーのBCリッチ。

モッキンバードとワーロック

アウトレットで小キズありみたいですけど・・・買っても弾くかわかんね~し、インテリアになりそうだな・・・というなら面白い2本じゃないだろうか?w

モッキンバードは正直欲しいwww
たぶん弾けば弾くほど傷が目立つだろうし・・・重いのかな?そんな事も体験したいと思わせる。

自分でアクリル切り出してこれにするだけでも材料費高そうだしなぁw
ロッド折れなかったら衝動買いしてたかもしれない・・・。wwwww











最終更新日  2016.08.06 23:24:03
コメント(0) | コメントを書く
2015.11.11
カテゴリ:楽器
今日は、11月11日「ベースの日」です。


と、言いましても、私もベースマガジンでそんな記事を見た(熟読していないw)だけなので、詳しくは知りませんが、今検索してみたら、数字の1が4本並んで・・・というのは知っていましたが、どうやら今年2015から始まるようです。亀田誠治さんがJ-WAVEの番組内で提案したのがきっかけで、2014年に賛同者と共に申請し、昨年2014年12月10日に登録されたようですね。

かいつまんだもので、詳細が気になる方は調べてみてください。


確かに昨年はそういった記念日の話は無かった気がしたけれど、今年からというのならば、なるほど納得です。今年からベースを始めた人はベースの日が来るたびに自分のベース歴を正確にカウントできるという事ですね。www



そんな事を言っている私は・・・かれこれ2~3年になるのだろうか?いやもっと経つかな?

このブログでたまに思い出したように出て来る『禁煙』とのからみもあったような・・・w
そうなんです。タバコの値上げをきっかけにタバコをやめよう!浮いたお金で自作PCなどの趣味に投資しようではないか!?みたいなストレスのはけ口的な事もあって、学生時代に買ったギターでも久しぶりにやってみようか?でも・・・ネックやばい事になってる・・・安いギター買ってしまおう!。
そして勢いでベースも買ったのが最初だから・・・禁煙開始が2010年だったかな?

読み直してみると2013年4月27日の日記に数日前に購入とありましたから、2年半くらい経つのですね。


禁煙日記の最初が2010年9月16日なのでなんだかんだで3年くらい経過してからの衝動買いみたいな感じですね。w

ギターもまともに弾けないままバンドごっこやっていただけなので、演奏なんて言えるレベルのものではないのは今も変わらずですが、それまでベースに興味を持つことはあまりなく、記憶を掘り返してもベーシストというと、スティーブフォックスさんと、後藤次利さん、鮫島さんくらいしか名前は思い浮かばないくらいで・・・バンド名は出てきてもベーシストの名前ってほとんど記憶していませんでした。
そもそもベースという楽器の魅力が全くわからないまま生きてきたという感じでしょうね。^^;

名前がわからずも、印象に残っていたベースはありました。LEVEL42の曲ではベースの存在感が半端なくて気持ちいい曲が沢山あったなぁ~と・・・、そのベーシストがMark Kingという名前だと知ったのはベースを購入してからの事でした。w

SOMETHING ABOUT YOU ~ Level 42


Night of the Proms | Mark King (Level 42) - Medley



しかし、実際にその時にベースってかっこいいなぁ~と思ったのは、向谷実さんがニコ生で配信したレコーディングで聴いた、堀川真理夫さんのベースでした。

向谷実×LONO サルビア


↑の動画ではベースの音はあまりよく聞こえてませんけど、演奏はもちろんベースの音色にもビビッときたんでしょうね。いつかはそんな高級ベースを・・・とも思いますが、弾けないのに買う事は無いと思いますが、酒の肴にどうだろう?とも思ってしまうサドウスキーの音に惚れたんですね。

最初のベースを買う時は、すぐに飽きてしまうかもしれないが、あまり安いのも無駄になるし、練習用とはいえ、定価は5万円以上くらいにしようか?等と思って、見た目なども好みで選びBossaのチョイ傷の量産モデルを買いました。

正直言って、音への期待とかはあまりなく、とりあえずベースという楽器を弾いてみたかったんですねw
ギターをやっていた学生時代と今とでは楽器の品質なども比較にならないとは思いましたが、概ね10万円の壁を超えるかどうかで、素人でも音の差ってなんとなく感じた様な記憶があったので・・・(単に中高校生が、床展示の5~6万のギターと壁やショーケースにあった10万円越えのギターを試奏した時のハードルの差からそういう印象があるだけかもしれませんがw)

でも、当時は2万円くらいのギターもありましたがひどいものも多かったし、訳あり傷物でも擦り傷程度ならば、元の価格が10万円近いものでも安く手に入るんじゃないか?という基準で選んだんですけどね。

まぁ~そんなお手頃ベースでも、たまに練習していれば、ベースに注目する訳ですから、定番のFenderJAZZBassにも興味が湧いてしまったりで、その音にも魅力を感じたりで演奏もできないのに2本目のベースが加わったりで、ただただベース歴だけ増えてしまっています。

これには釣りを始めてしまった影響も大きいんですけど・・・まぁ~禁煙しなかったらベース買ってたかわからないですし、釣りもお金のかかる趣味ですからやってなかったかも知れませんから禁煙の副産物みたいなものですねwww。

サドウスキーのベースについては堀川真理夫さんの使用しているモデルなどは全くわかりませんし、そのベースが欲しい!!という訳でもないのですが、レコーディング中の映像からSadowskyだと分かっただけで・・・その楽器を使えば同じ音が出るわけでもないし、楽器そのものへ何を求めている訳でもないのですが、音楽を聴いて、そのベースの音色が気になって、そのメーカーが気になったのはSadowskyが初めてだっただけにちょっと特別な存在になっているのかも知れませんね。

縁があればいつか・・・www


そして、ベースを買うまで知らなかったこの方も・・・w カッコイイですね~~~。
Marcus Miller - Detroit (Renaissance) 2012



最後に・・・
ベースの日を提案した亀田誠治さん・・・。亀田さんも私はベースを始めるまでは知りませんでした。東京事変はもちろん聴いておりましたが、ベーシストってなかなか私には興味の及ばない部分だったという事ですね。
お恥ずかしい・・・w。


でも、音楽は好きといっても、私の様にベーシストは良く知らなかった・・・という人も少なくないのでは?と、思いますが、ベースの日ですから、いつも聴いている音楽のベーシストさんの名前を調べてみたりするのも良いのではないでしょうか?

ベース雑誌を買う様になり、一度も聴いた事の無いバンドのベーシストさんを知る機会は増えましたが、最近は女性ベーシストも増え、大きくて重いベースでも女性の華奢な体で素晴らしい演奏をされる方々も沢山いらっしゃいます。

聴くのも弾くのもベース面白いですよ!^^b






最終更新日  2015.11.11 21:06:45
コメント(0) | コメントを書く

全82件 (82件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.