689140 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

出不精淡水魚

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ランキング市場

ニューストピックス

全8件 (8件中 1-8件目)

1

広い意味で東京五輪

2019.09.02
XML
東京オリンピックについてめっきり話題にもしていませんでしたが、理由は以前も書いたかな?例のデザイン問題だとか色々あったもので、なんだか冷めちゃったんですよね。


ただ、競技自体は楽しみにしてはいますが、ビジネスとは言えなんだかなぁ~って感じちゃったので、運営を応援しようとか、試合のチケットだの・・・開会式がどうのこうのと言われても全然興味が湧かなくなった感じですね。


しかし、この度ちょっと気になったのがトヨタのニュースです。



私が見たニュースでは「聖火リレーの隊列車両」にconsept愛が採用されるとか・・・

ここでも何度か書いていますが、今現在自分が一番気になる車は何を隠そう「Concept-愛i」なんですよねw。

先ほども書いた様に、東京で行われようが地球の裏側で行われようが、各競技の内容には興味はありますが、現場に足を運ぼうとか全く思ってませんけど、「Concept-愛i」が走るところは見たい気がしますw。



いやぁ~~見始めると必ず最後まで見てしまう。

もちろんここまでの機能は期待していないけど、当たり前にマニュアルトランスミッションの車を教習所で運転し、重いハンドルやら、CDプレイヤー、ナビ、運転アシストという時代を経験してきたからこそ、その先の未来形に心動かされるのかも知れませんね。

今の小学生中学生は当たり前にTV電話(言い方が古いけどねw)があって、薄いスマホやタブレットPCで、映画が見れたり、リアルタイムではなくても自分の町を衛星画像で見下ろせたりと、当たり前のレベルが全く違いますからねw。

きっとそんな子供たちも大人になる頃には「まさかこんな時代になるなんて」と言う時が来るのかもしれません・・・いや、間違いなく来るんでしょうwww。



↑の動画でも、マニキュアの色をタッチペンで変更したりと、数年先にはありそうな様子も描かれていたりしますが、5年後10年後には自動運転が当たり前になっているかもしれないと想像するとすごくわくわくします。

そんなコンセプトカーですから実車が走っている姿を見たい気持ちが湧いてきますね。

今調べたら7月1日が横浜らしいですね、詳しいコースは見当たりませんでしたが、横浜スタジアム、横浜国際総合競技場なども通過?するようですね・・・横浜国際総合競技場ってどこだ?と思ったら新横浜の日産スタジアムの事らしいですね。
ヒッキーなもんで、場所聞いてもピンと来なくてwww・・・

しかし、新横浜と中区辺りを繋ぐとなると、最短だと第三京浜三ツ沢付近を通って、横浜駅、桜木町駅というルートになるのかな???、もっとも、渋滞などの影響を考えると、あまり主要道路をコースにするというのも難しいのかな?・・・


まぁ~ドンピシャでその日に行けるかなんて今は分からないけど、自転車で行けるくらいの場所だったら行ってみたいと思えるイベントですねw。
詳しいコースさえわかれば作戦を練る事もできるので、自転車を車に積んで少し離れた場所に車停めて・・・とかもできますしねwww


そうそう!車を買うとか言ってた話もそのままになってますが、少々予算の関係などもありまして、現在凍結中になってますw。
一応スバル最有力となってますけど、現状微妙な時期でもありまして、日産がプロパイロットの新しいVerをスカイラインでしたっけ?最近搭載して追い越しも自動でやれるっぽい映像見ましたが、そうなれば次期レヴォーグ、S4の内容はそれを超えてくるだろうと予想してしまうのは自分だけではないでしょう・・・、それが飛躍的な進化だった場合、現行モデルを選ぶというのはあり得ませんからね!。



他にも用途を考えたら福祉車両にした方が後々いいのかな?とか・・・友人がお父さんのために福祉車両を購入したとか聞きましたが、今は元気だそうでその機能を使う事も無いとかw、それはそれで良い話だったんですけど、私が個人で日帰り高速ドライブとかはほぼ無いので、ホームセンターに植木鉢や土の買い物がメインで、たま~~に釣りにでも行けたらなぁ~とは思いますが、あまり遠くに出かける事も出来ないし、釣り公園以外の穴場っぽいポイントだとコインパーキング代が結構高くつくんですよねw。

そういった現実的な用途も考えると色々と無駄な気もするんですが、最新型の安全装備には魅かれますね。(おっさんだからw)

車が事故を未然に防いでくれたり、その被害を最小限にしてくる・・・完全な自動運転が可能になれば運転者の責任がゼロになるという時がいつか来るのかもしれませんが、今はまだドライバーの責任で車を運転するのが当たり前ですが、そのサポートをしてくれる機能が100万円で手に入るなら、今はそれを惜しむ気はありませんw。

いやいや、そんなにお金はありませんよ!w、でも20代とは違うというのは認めざるを得ません、20代は運転技術が上だったという意味ではなく、動体視力や反射神経の衰え的な話ですw。

それに30年前なら今みたいにあちらこちらにカメラがあったり、各車に録画カメラが搭載されている様な事は絶対あり得なかった訳ですけど、今はそういった周りの環境も変わってきているので、運転の安全意識も上げて行かないと色々とね・・・ゲホゲホ・・・w


消費税増税など焦る気持ちがない訳ではありませんが、まぁ~あまり焦っても仕方ないし、マイペースで生きて行くしかありません!w。

まだまだ未来を見て行くつもりですけど、私にとっての「未来の象徴」であるコンセプトカーが公道を走っている姿・・・この目で見たいですね~~~。






最終更新日  2019.09.02 09:00:08
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.08
( ゚Д゚)おぉ~~~~~!


ほとんど映画には興味が無くなっている私ですが、またしてもYoutubeの広告動画でひっかかってしまいました。www





ん~~~正直なところ、ターミネーターって2かな?警官になって追走してきた作品まではなんとか理解できたというか、あの時のインパクトは強かったのでイメージに残っているんですが、確かそのあとにも1~2作ありましたよね?・・・という位その後の流れがターミネーターの続きなのか?別の作品だったのか分からなくなっている所がありまして、自分の中ではあの溶鉱炉で完結してるみたいな部分があって、その後はどうでもいいやwwという程度にしか引っかかってない映画なんですが、この予告見るとなんだか登場人物も「おお!」と思えるし、スッキリと繋がらない私の中でのターミネーターの“その後”を納得して理解できるものになるのかも?という期待が湧いてきて、かなり気になりますね。


もっとも、相変わらず劇場に足を運ぼうという積極性は無いままですけどねw。

BDやオンラインで見られるようになったらお金出してもいいな!と思える期待感ですw、まぁ~私にとったら滅多にない映画への期待感ですね。
(今でも基本的に映画は地上波で無料になるまで見ない・・・いや、話題作であっても地上初放送と数日前まで分かっていても、見るのを忘れる。その程度の姿勢ですw)



基本的にストーリーが複雑になって行くと分からなくなってしまうのが私ですから、三国志も世間であれほど語られているのだから一度は・・・と思った事もありましたが、登場人物覚えられずに断念したくらいですからw。


たぶん・・・頭の回転の良い人は複雑な人間関係の中、一ひねり二ひねりあるストーリーに心奪われたりするんでしょうけど、私は単純明快なのがいいですw。



ドキュメンタリーは説得力あるので、細かい部分は理解できずとも“人”に魅かれるところはあります。


この日記書きつつYoutubeで出て来た動画ですが、私はバレーボールは超苦手でして・・・いや、正確には学生時代にテニスをやっていたので、ラケットを使った球技はそこそこ好きだったんですが、直接身体にボールが接触するバレーボールやバスケットボール、サッカーというのは苦手でしたから、その手のスポーツには体育の時間でも周囲にかなり迷惑をかけていたタイプですw。

こと、サッカーなどは「足の格闘技」等と聞いていたし、多少足が当たるのはOKなんだ?と誤解し、アホなプレイを普通にしていましたw。
まぁ~誤解なんですけどw当時全力で足にローキック入れてしまった方々には「ごめんなさい」としか言えません。^^;


まぁ~そもそもテニス以外まともにルール知らないで体育の授業受けてたので、バレーボールをやっても、「テニスやってるんじゃね~ぞ!www」と友達から野次が飛ぶくらい片手でボールを返すのが当たり前だったくらいで、運動部に在籍しつつも、ルールを理化していないゆえまともにプレイできない体質でしたw。

でも・・・いつも成績は5だったのは今考えると、そういうバカな頭脳を見なかったことにしてくれた先生に感謝しないといけないんでしょうねw。


またしても脱線しまくりましたが、そんな私でも日本代表チームでここに響くのはそんなに多くないんですが、女子バレーボールは記憶にも残っている事があって、この動画が始まったら、最後まで見てしまいました。




“なかださん”ではなく“なかたさん”と間違えて覚えている位の私ですが、5分ほどの動画でしたが、テレビ中継中には分からなかった面が見えて、いろんな意味で努力し続けている人なんだと感じました。

あ!なぁ~んだ、今調べてみたら同じ学年なんですねw

そう思うと勝手に親近感湧いてきますwww。
もっとも、自分とは目指すところが違い過ぎて「同じ」という表現をするのは申し訳ないところですけど・・・。


私は東京五輪が決まった当初は、色々と楽しみだと思っていましたが、もろもろ問題が出て来てからは、全くと言って良いほど興味はなくなっていると言うのが本音です。

競泳については興味はあるものの、自分自身あまり泳げない環境に居ると、泳いでいる人の姿は目に毒?という気持ちもあって、最近の競泳事情にもめっきりうとくなっています。


横浜でも一部の競技は行われるようですが、それでもさほど興味が湧かないので、先日もチケット販売うんぬんというニュースを読んでも、心動く事もありませんでした。



しかし、中田監督の一言一言に奥深さを感じるというか・・・応援したい気持ちになりました。


私自身が五輪による収益だとか、スポーツ以外の部分に目がいってしまっているのも事実なので、本来の目線で見るべきかな?とも思うんですが、純粋でなくなっているんでしょうね~~~w、汚い部分を勝手に想像してしまう私が居ますwww


もっとも、これは私だけでは無いでしょう・・・たぶんw


しかし、東京オリンピックに全力で向かい合っている人も今現在たくさんいるんだ・・・と思うと、選手やそれをサポートしている関係者の方々には有利であるはずのホーム開催のオリンピック・・・本来の力が出し切れる環境というのを、ドラゴンボールの元気玉ではないけど、後押しになる言葉や行動が少しでも増えると有利に働くのかな?と思えたのでした。www



ん~~~正直「どうでもいいんじゃね?」くらい興味無くなってたけど、これから徐々にそういう盛り上がりというか、自然と応援したくなる、ファンタジーではない現実を背負った人間の姿を見て、一丸となって応援したい!と思える面を、見せてもらえたらと思いました。


ちなみに野村の動画には他にもいくつか動画がありまして、競泳というか水泳というか身近に感じられる動画もありました。




「現状維持」・・・・


既に現状が分からなくほどプールから離れてしまっている自分には、その意味さえ分かりずらくなっている現在ですが、言わんとする意味は痛いほどわかるだけにグッとくる動画でした。



勇気をもらったし・・・近いうちに短時間でもプール行ってこようかな!?www






最終更新日  2019.06.08 09:00:07
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.07
TVCMで「4K・・・放送が・・・12月1日がどうのこうの・・・」と聞こえた

4Kって一時話題になってテレビ購入した人も多かったけど実際の放送があまり無いとか、あったけど終わった放送があったりする・・・そんなうわさ話しか記憶にないんですけど。

東京五輪を目指していよいよ4K頑張るのかな?と思いつつ検索してみたら、たぶん↓の動画のショートバージョンだったのかな?


新4K8K衛星放送のご紹介 深田恭子さん 4K




ああ・・・8K放送なのか・・・


でも・・・4Kも実質馴染まなかった感しかないのに(自分が知らないだけで実は4K当たり前の時代に突入してたりして?・・・そこまで世間知らずになっていたら、それはそれで怖いけどw)



私は最近ほとんどTVは見ないので正直どうでもいいかな?感もあったりしますけど、有料のBS/CSあたりを存分に堪能されている方たちには大きなニュースなのかもしれませんね。

立派なホームシアターとかあったりすると、絶対欲しくなるでしょうね!w


ただ・・・両親はTV好きなので、今回の様にそこでTVを見る事くらいしかないかな?w


最近は4KのPCモニタが身近なところまで来たという事を知ったばかりなんですが、ハードウエア的にはだいぶ世の中に浸透しつつあるのかもしれませんね。






ただしモニタだけ4Kにしても少し前のPCでは4K表示はたぶんできないので、ご注意くださいw。
グラフィックボードを追加すれば使える可能性はあるかもしれませんが、逆に言うと、ある程度のグラボを購入すると4K対応といったものもあって、そういう意味ではTV放送よりもPCの方が4K表示は浸透してきているのかも知れませんね。

確か昨年私が購入したノートPCも外部モニタ接続で4K表示できたはずですが、4Kモニタが無いし、その機能を必要としないので、現状未体験ゾーンです。


先日PCを買い替えた友人も最終的にGTX1060Tiあたりだったのかな?




DVI出力端子
  デュアルリンクDVI-D×1
  最大画面解像度 2560×1600 @60Hz

HDMI出力端子
  HDMI (Version 2.0 b) x 1
  最大画面解像度 3840 x 2160 @60Hz

DISPLAYPORT出力端子
  DisplayPort x 3 (Version 1.4)
  最大画面解像度 7680 x 4320 @60Hz


ほぉ~・・・ディスプレイポートだと7680x4320表示なんてできるんだ・・・よくわからないけどそれこそ8K表示になるんだろうか????




TV放送の話に戻りますが・・・情報量が多いだけに帯域も必要なんでしょうし、地デジではなくBS/CSでの放送になるんだろうか?

うちはケーブルTVなんですが、それだと再送信という形になってしまうので問題になっていた時期もあったみたいですが、CATVでの再送信問題もクリアしたようですから、設備を揃えれば見られるのかもしれませんね。

でも・・・大型TV置くスペースも無いし、必要かどうかと言うと・・・難しいんじゃないのかな???。


私でさえあまりTVを見ないし、若い人はTVの無いところもあるそうですし、テレビというメディア自体に接点のない人が増えてきている今、一般の家庭向けに高画質放送を仕掛けてもTVを買ったり、有料のCS放送やBS放送に加入するか?と考えるとどうなんでしょうね。


3Dテレビというのもありましたけど、あれはすでに結果は出た感じなんでしょうかね?w

まぁ~24インチとか30インチ以下で4K8Kとなれば比較的身近な感じがするけど、PC用モニタがその程度のサイズで4K表示出来てるって事は、ハードウエア的には問題なく実現できるのかもしれませんね。

かえって、iPadで4K放送を見るという方が現実味あるようなww

iPad Pro12.9インチモデルなら2,732 x 2,048ピクセルですもんね。
4Kって・・・3840×2160みたいですから、も少し高解像度になれば15.6インチノートあたりでも4K表示が可能になるようになると面白くなるかもしれませんね。

自分が使っているBD再生ソフトがおかしくなって、今は無料の使ってますけど、一時期製品版のBD再生ソフト買おうと思ったらフレームレートを倍に補完するような機能もあったりしましたけど、高解像度も家庭なら4Kもあれば十分でコマ数も60フレーム(59.94fps)あったら十分おつりが来そうに思えますけど、実際に電気屋のDEMOを見ていてもサッカー中継で観客の顔が良く見えたりするのは実感できましたが、たぶんそれってDEMOの意味合い強いですよねwww、観客の顔よりもボールや選手の動きの方が見たいわけで、被写界深度的にも背景となる観客まで鮮明に写したらサッカー中継としてはどうなんだろう?って気もしますよねw。



小学校の頃は、友達がプロ野球の試合をネット裏で見るからTV中継で映るぞ!とか宣伝していたから実際に放送を見たけど、あまり顔は分からなかったとか、そういう時代もありますがw

最近はハッキリくっきり誰だかわかりますよねw

地デジでHDになると、女優さんや女子アナのしわが目立ってしまうのは大変だ!と放送開始前から女性達は苦労が多かった様ですけど、4K8Kじゃシャレにならないですよね!?

リアルで対面して会話していても見えないような毛穴までアップになれば映ってしまいそうですよね・・・


まぁ~そういう技術の進歩には大変興味はあるんですが、技術力先行でコンテンツ的とのバランスが取れていないと、ただの技術力アピール、自己満足にしかならないような気もしますし、それで視聴者が設備投資や有料コンテンツへの勧誘が増えるのなら、ユーザーに得はありませんしね・・・

色んな意味で東京五輪に興味が薄れている人も増えている今、2020年を目指して、サマータイムやTV放送、「近代日本」を演出するために空回りしなければいいですね。






最終更新日  2018.10.07 08:00:08
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.08
オリンピックのエンブレム4案発表になりましたね。


正直、ここまでくると、これまでに良かったと思えたものなども頭に浮かんで来て何が良いのか分からなくなってしまいました。

これまで、この手のエンブレムについてはあまり深く考えた事もなく、「あぁ・・・これが大会のマークなんだ」という程度でした。

逆に言えば、あまりそのデザインに対して嫌だな・・・と感じる事も無かったのかもしれませんね。

実際、私個人の印象としては、大会エンブレムというよりも、文字というかロゴや放送で目にする会場の装飾というか、背景などの方が印象に残っています。



その背景とメダルのベルト部分?が同じ事が多い様な気もするのですが、シドニー大会のブルー系のそれも印象的でした。

北京大会ではシドニーっぽさもありましたが、よりカラフルになって華やかな雰囲気は印象に残っています。

エンブレムで言うと、アトランタ大会の聖火をモチーフにしたデザインは今見てもバランスの良さを感じます。

単純かつ記憶に残っているのはバルセロナ大会のエンブレム。
点と線2本・・・と言ってしまえばそれまでですが、当時ビデオテープの見出しシールになんども手書きでエンブレムを書いた記憶も手伝って、印象に残っています。


しかし、実際に開催期間中は毎日目にする、エンブレムや、ロゴ、音楽などなど、開催国のセンスなどにもイメージづけられる部分だと思うので、今その時代らしいデザインが選ばれたらいいなぁ~と思います。


正直パクリ疑惑で話題になったデザインは、「オリンピックらしさをどこから感じ取ったらいいの?」と思いました。

そもそもパッケージより中身だろ!と思う私ではありますが、東京オリンピックに関しては、色々と残念な印象ばかりで、残念に感じる事の方が多いかもしれません。

今回の最終候補についてもあまり興味無かったのですが、私なりの感想を4つ・・・。

A. 組市松紋(くみいちまつもん)
面白いと思いますが、大会エンブレムとしては地味かな?
市松模様や江戸切子などの模様を活かすのなら、メダルデザインの方が面白そうです。

B. つなぐ輪、広がる和(つなぐわ、ひろがるわ)
オリンピックらしい鮮やかさと躍動感・・・
ですが、どこかで見た様な気がします。パクリという意味ではなく、五輪に限らずどこかの大会にありそうなデザインという印象。良い表現が見つからないが、新しさを感じない。言い換えると一番それらしいデザインなのかもしれません。

C. 超える人(こえるひと)
なるほど風神雷神なんですね。
手足のラインをもう少し細くして太さにも変化をつけるなど、もう少し煮詰める事が出来そうな気がします。
第一印象は「横綱?」で、相撲をイメージしたのかな?と感じました。様々な競技があるオリンピックですから、そんなアスリートのイメージが感じられてもいいのかな?と・・・

D. 晴れやかな顔、花咲く(はれやかなかお、はなさく)
個人的にはこのデザインが、私には一番しっくりくるかな?
夏の大会に合わせて、栽培の容易な朝顔を都内はもちろん日本中に咲かせたりできたら「楽しそうじゃないか!」www
でも・・・これもも少しバランス調整できそうな伸びしろを感じます。www

しかし、以前五輪エンブレムに関して招致デザインと正式なエンブレムは、その目的も違う事から、桜など日本らしさが前に出過ぎるデザインは適さないといった話をどこかで見ましたが、難しいですね。




そして、競泳では、北島選手が・・・

ん~~~感じる事、思う事が沢山ありすぎて何もいえねぇ。

日本の水泳界の超裾野部分にいる私が言う事でもありませんが、これまですごい事やってきた人だし、これからもまだやっちゃうんじゃないの?って思える人ですから、これからも変わらず応援しちゃいますよw。


北島選手がつけてたカラーは、RDSDだろうか?

この手のレーシングモデル使ってみたいけど・・・度付きじゃないから私には無理w。

ミズノのもいいなぁ~


ゴーグル選びなども書こうと言いつつまだですね。
度付き以外にも私は色々つまづいて来てますから、それについてはまた・・・シーバス釣りの無い時にでもwww

あ~~~~シーバス釣れないかなぁ~~~~~!






最終更新日  2016.04.09 02:35:07
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.05
首都高速 中央環状線山手トンネルがもうすぐ開通だとか・・・

ん~~~

もう何年も車の運転もしていないので首都高も全然走った事ありませんから、今の状況って全く分からないんですけどね~。w


とりあえず検索してみたらカウントダウン進行中のスペシャルサイトがありました。

自分が知っている首都高といえば、定額で環状線は1つだけで、湾岸線関係ではベイブリッジが完成した頃にそれを走ったのが最後だったかもしれません。

とはいえ、あまり使う事の無かった道路でした。理由はあまり東京に行く用が無く、行くにしても渋滞が多くて下道と大して時間が変わらなかったり、行先によっては第三京浜の方が使い勝手が良かったし、バイクの時はトラックが多くて走りづらかったなどなど、色々理由はありましたが。

上野方面や千葉方面へ行く時くらいは使いましたね。
あとは深夜4時頃の環状線を数回社会見学に・・・w

私の場合新潟方面へスキーに行ったり、板橋方面には行く事があったのでだいたい第三京浜で事足りたのでした。
しかし、環八はいつも混んでましたね。

それももう、うん十年前の話。環八の踏切が立体交差になったとか、これまでに色々な話はニュースで知る機会がありましたが、あまり縁のない道路だとそんなにイメージも湧かないので気になりませんでしたけど目黒あたりは通勤でも通っていたので、なんとなくイメージはできるのですが、深い所で目黒川の下あたりで地下55mとか・・・地図を見ながら、あのあたりの地下に道路があるのかぁ~~くらいのイメージですけどwなんか怖いっちゃ~怖いですけどね^^;。

防災対策についてもサイトで説明がありましたが、どちらかといえば閉所恐怖症系の私にはトンネル自体落ち着かないんですけどね・・・w(関越トンネル苦手でしたぁ~w)

調べてみたら関越トンネルはだいたい11Kmくらいみたいですけど、今回開通部分だけでも8Kmほどで、池袋辺りまで続くトンネルと繋がると18.2Kmになるんだとか・・・既に渋谷-池袋間が完成していた事すら知らなかった私ですけど、地下をより細かくトンネルを作って行けば地下都市も夢ではないという感じですね。

地下鉄なども長いトンネルですが、一駅歩けば駅があるという安心感が少しあり、そんなに怖さは無いけれど、道路のトンネルは苦手な私です。www
もちろん道路にも緊急時の避難口がいくつもありますけど。なんとなくイメージの問題なんでしょうねw


首都高ネタついでに、実は首都高の回数券があるのです。先に書いた様に私は主に第三京浜を使っていたので、第三京浜の二輪車回数券は常に買っていましたが、なぜか首都高の回数券を持っているのです・・・買った記憶が無いので、だれかに頂いたものかもしれません。額面は400円です調べたら1980年~1985年までが400円みたいです。私の記憶では首都高は5~600円だとインプットされており、85年~87年9月10日までが600円だったようですから、その後はほとんど使わなかったのかも知れませんねw。

首都高回数券.jpg
(お札じゃないけど、あまりハッキリした画像もどうかと思ってモザイク処理になりましたw)


ついでに「自動車保有台数の推移」というのを見てみると、途中減った年はあるものの車ってどんどん増えているんですね。
これは意外でした!バブルの頃と言いますか都会でも一人1台という時代があり、近所の駐車場に空きが無く少し離れた場所に車を停めざるを得ない人も居ましたが、最近は駐車場に空きが目立つし、あの頃ほど車の渋滞もひどくないので、車の数は減っているものだとばかり思っていました。

二輪車でもバイクブームの80年代と比べても倍くらいの台数になっているけれど・・・そんなにバイク走ってたっけかな?とも思ったりwww

まぁ所詮、たまに自転車乗るくらいの私ですから、交通事情なんて分かっちゃ~ないんですよね。www


私が首都高を走る事はなくても、通販の荷物など、間接的には良い事ありそうですね。






最終更新日  2015.03.05 13:36:25
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.10






最終更新日  2013.09.10 17:32:03
コメント(0) | コメントを書く
1400億円かけて改修というほぼ建て替えという表現でいいのかな?確か東日本大震災でヒビが入った壁などの修繕費として復興予算に計上するとかしないとかワイドショーで騒いでいたような記憶があるのは国立競技場ではなかったかな?

この大規模改修?・・・いや一応ここも謎のままでは色々面倒なので国立競技場のHPでどう表現されているか確認しておこう。

「お知らせ・更新情報」というコンテンツの中に
2012年11月07日付で”「新国立競技場」建設に係る工事期間について”というpdfがありました。
そのタイトルに『建設』とあるので、改築や修理ではなく建て替えと思って良いのではないかと思ったのですが・・・その内容には「現時点での改築計画では、国立競技場本体の解体工事から新しい国立競技場の竣工まで・・・」という表現になっておりどっちなのか分かりません。

というのはあくまでイメージですが、改築なら基礎部分を利用してとかリフォーム的な印象になるのですが、建て替え=新築となると”お金がかかる”というイメージが伴うから言葉を選んでいるのかな?とか思ってしまうのですが、震災で被害が出ているのならしっかり基礎からやり直す方が良い事くらいは理解できるので、表現が曖昧というのは何か意図があるのかな?と勘ぐってしまうのは私だけかな?
胸を張って建て替えと言うのは難しいことなのかな?


いや別にその事について書くつもりは無かったけど、改修だか建て替えだか表現をどうすべきか確認したかっただけなんですけどね。w


ちょっと気になって計算してみようと思ったのがその1400億円という金額なんです。日本のスポーツの顔とも言える国際大会などの会場にも使われる施設ですから赤字黒字がどうこうというよりも、単に日割りにしてみたらどうなるかなと想ったのです。
まず現競技場を基準に考えたいので何年使われたか調べてみようと思います

「1958年3月に竣工」とありますからザックリ2013年まで使ったとすると55年使ったという事にしましょう。新競技場も完成後55年とすると・・・
55年x365日=20075日
厳密に言うなら工事期間の利益が出ない分も計算に入れたりすべきなのかもしれませんが、さっきも書いたように赤字黒字の話ではないので、スルーします。だって、土地に関わる費用税金、維持費などなどたぶんそういう計算にはいろんな事まで調べないと正しい数字になりませんものねw

くりかえします。単に日割りにしてみたい!それだけですw
で改築だか建設の費用が1400億円ですから、それを日割りにしてみま~す。

1400億円÷20075日=

ん~~~~~1400億ってゼロいくつだよ!!!wwww
WindowsVistaのアクセサリ内の電卓だと数字小さくてチラチラしてわかんね~w

ここまで大きな数字に慣れてないので脳がパニック起こしてます。
(エクセルで拡大表示で計算することに方向転換)
140,000,000,000円÷20,075日
=6,973,848円


約1日700万円・・・すごい

利益を出すには・・・とかついつい考えてしまいますが、まぁ今回はそういう話ではなく1400億円という金額がどういう金額なのか少し理解出来るかもしれないという事で、完成後使われるだろう期間を日割りにしてみただけです。

結果!
毎日700万円ずつ55年間貯金したらウワモノだけはなんとか買える。
....という事で。^^;


しかし、実際にはあのデザインを1400億円で作る事は難しいのではないかという意見もネットにありました。もちろん私には想像もつかないので、とりあえず鵜呑みにしておきましょうwww

でも、この費用って国とか都が支払うってことですよね?消費税も上がったりすると色々大変そうな気もしますけど・・・どうにかなるんでしょうかね?

五輪開催を機に日本人に自身を取り戻して欲しい!みたいな話をTVでみましたが、頑張って働けばがんばった分は税金に取られ、働かなくてもやり方次第でそこそこ贅沢な生活ができるという変なシステムが日本人のやる気を削いでいるんじゃないの?なんていう誰かの話を思い出しました。

こんな話もするつもりはなかったのですが、五輪決定の勢いでそういった事まで一気にやっつけてしまおう!という様な政治の動きが急に増えた気がして・・・
まぁそういう面もあるのかもしれませんけどね。


最後に・・・新競技場のデザインですが・・・

あの形は・・・きっと空飛びますよね。
いざという時には宇宙戦艦ヤマトみたいに地面からぐわぁ~~~っと・・・・w






最終更新日  2013.09.10 13:48:38
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.09
東京五輪開催決定後知った路面電車復活?という話、以前からあった話みたいですが、私は初めて知ったのです。
で、それはどんなものなのだろう?TVでは開通予想イラストみたいなものが出ていたのですが、なんか「いいな!」と思って電車関係全く知識のない私が興味を持ったという感じです。

早速それらしきものにたどり着くか検索してみました。

2011の記事のようですが、「次世代型路面電車(LRT)」というそれらしき情報がありました。

銀座-築地市場-晴海の約2.8Km区間に路面電車を走らせようという計画のようですね。
そういえば築地も豊洲の方に移転するんでしたっけ・・・東京に多く行き来していた頃ならそういう情報も頭に留まるのでしょうが、めっきり行くこともなくなって情報が入っても右から左へ抜けていくだけになっているのでそういった記事を見ても「銀座があの辺で・・・晴海はあそこだよなぁ~築地は行ったこと無いけどあっち方面だった気が・・・」「豊洲ってどこだ?八重洲だったか?」そんな状態なんで、地図検索してみたりするのですが、そう何度も行った場所ではないだけに「ココとココの位置関係はこうだったか?・・・」と変な記憶をしていたりします。

そもそもカーナビとか珍しい頃だったし、目的地まで分かりやすいコースをあらかじめ調べて移動していたわけですから、途中目印になる地名などを頭に叩きこんで地図は持っていても目的地近辺で迷わない限り予習したコースの記憶だけで移動してましたからねww地図は保険で持ち歩く程度・・・でも、地図見るのは好きだったので少し迷うくらいが面白かったんですけどね。wwww

ま、そんなこんなで、晴海といえば年始めの「オートサロン」に数回、これは首都高湾岸線経由で行ってたので、銀座側へは行かなかったし、築地に関しては全く縁も無かったので、どこかへ行く途中に地名を見ては「あぁこの辺にあるのか」程度で、しかもかなり大雑把な記憶で東京駅のそばにあったような記憶になってますw

職場へバイクで通っていた時期もありますが、それ以外のコースは滅多に通らないし、当時も地名と場所の感覚はあまりありませんでしたが、オリンピックのおかげでこれからは都内の地名と場所の関連付けができるようになるかもしれないですね。

辰巳や有明などもかなりあやふやな感じですしねw
まぁ車やバイクが無ければ位置関係とか気にしないですもんねw電車の中じゃ音楽聴きながら目つむっていたりするし。


で、ひとしきり脱線したところで、その路面電車についてちょっと検索してみようと思ったら横浜でもそんな計画があるようです。
ところで、LRTってなんだろ?「Light Rail Transit」の略で、次世代型路面電車を言うようで、富山では既に開業しているようです。


なるほど乗り降りも楽そうだしいい感じですね。
しかし、動画を見ているとやはり線路の上を走っているだけあってキーキーという音が聞こえてきますが、ビジネス街や観光地であればさほど問題にもならないのでしょうが、自宅の前を通った場合、建物によっては迷惑だ!というケースもありそうですね。とは言っても昔は今よりも気密性の低い木造日本家屋の目の前を行き来していたのでしょうから、そんなにひどい環境になるという訳でもないのでしょうが、そういう事も問題になる時代ですからどうなのかな?って思ってしまいました。もちろん運行時間を工夫する事である程度解決策となるのかもしれませんけど・・・。
そして、やはりこれって軌道の上に電気の線??あるんですよね?最近は電柱を無くそうと地中化を進めているはずですけど・・・バッテリー駆動にできればいいけどその為にまた支柱となる物を区間に新設するのも大変そう・・・w
↑の動画見ると電柱沢山あるみたいだし・・・
自宅周辺でも主要道路の信号機や街灯などはあっても電線は地中になっているので、桜木町や関内、みなとみらいあたりもそうなっていそうな気が・・・

そして気になる軌道内での一般車両との関係?
これも、古いイメージなのかもしれないけど、道路に線路というと私の場合江ノ電の江ノ島近くの部分で自家用車が邪魔で江ノ電が進まないというアレですw
あの場所は元々道幅も狭いから初めて来た人はついつい脇に寄り切れないまま渋滞にはまってしまうという事なんでしょうが、普通に横断歩道上で止まってしまう車両は普通にいるし、先日の落雷で相鉄運行見合わせによる大渋滞とまで行かなくてもイベントなどで渋滞が起こった時などもどうなるのかな?なんてマイナスの予測の方が先に立ってしまうというのも情けない話ですが、色々なメリットがあって地中化を進めている中、古いものを取り入れるにしても、時代にあった形で取り入れて行けたらいいですね。

あそうそう、横浜の場合みなと祭りの国際仮装行列で背の高いフロートも多く出ますしね。www

なんか結局東京の路面電車よりも地元の記事に反応してしまいましたw。
東京の都電、横浜の市電でいいのかな?色々ハードルもありそうですけど、「都電が復活?」と聞いてなんか楽しそうに思えたのは事実。五輪開催決定でどうなるのか、市電も含めて期待しましょうか!?w。


あ!こんなものもあるのか。w






最終更新日  2013.09.09 11:46:41
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.