690114 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

出不精淡水魚

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ランキング市場

ニューストピックス

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

iPod touch

2019.05.02
XML
カテゴリ:iPod touch
写真撮り忘れてしまいましたが、iPod touchのバッテリー交換でちょっとしたトラブルがありました。


少し前に書いた記憶があるのですが、私のiPod touchは現在バッテリートラブルは起こっていないのですが、母のiPod touchが少し前から膨らみ始めていて、先日ホームボタンすら押すのが難しくなるほど液晶が浮きあがってしまって、いよいよ限界だなと判断。


アマゾンで検索したら2000円しない交換用バッテリーパックがあったので、早速ポチって作業したんですが、既に今回で4回目くらいかな?作業内容は相変わらずなので、これといって写真も撮らずに淡々と作業を終え、カバーなど閉じる前に一応起動画面を確認して元に戻して充電していたのですが、いくら待っても充電できないし、電源も入らない・・・

症状としては、バッテリー空にしてしまった時にライトニングケーブル挿すと電池の表示が出て左端に赤い線の表示だけ出て、バッテリー空っぽですよ~!的なのが出るじゃないですか、あの状態から抜け出せなくなったのです。

確か、元に戻す前にリンゴマーク見えたはずなんだけど、↑の状態でも、たまにリンゴマークが出る事があったので、もしかするとその時もホーム画面までは表示されていなかったのかもしれません。

症状をまとめますと・・・
・ケーブル繋いで充電しているけど、電池が空っぽ状態の赤いバッテリー表示のまま
・電源ボタンを押しても、基本赤いバッテリー表示
・そのまま充電されているであろう状態のまま放置するが勝手に起動する事もない


といったところでしょうか・・・
ただし、今回書いているのは、あくまで自分でバッテリー交換をした後に起こった事なので、普通に使っていた人が同様の症状が出ても原因が違うところだと思うので、この日記の内容は参考にならないと思いますので、他をあたってください。


不調なのは間違いないのですが、完全に壊してしまった状態でもなさそうです。

私にはそれがどういった原因でそういう症状になっているのかは分かりませんが、単純に考えれば、バッテリーを交換した事で起こったトラブルである可能性は高いので、その付け方が悪かったと考えるのが定石かと思い、一旦取り外して、バッテリー側の電極部分、本体側の電極部分を再度いつもの網線半田吸い取り同線で余分な半田を吸い上げて、今回はしっかりと電極位置がずれないように細心の注意を払って、半田付けをし直しました。

半田付け完了後、今回はしっかりホーム画面まで表示されるか確認してから元に戻すことにして、それを確認すると・・・無事ホーム画面が表示されました。
一応そのままの状態でライトニングケーブル挿して、充電状態になるかも確認して、元に戻しました。

結果、問題なく使える様になりました。

原因は想像に過ぎませんが、半田付けの際、それらの作業の中に不良部分があったために正常な動作ができなかったと考えます。
ちなみに不良状態で数時間充電をしていましたが、再半田付け後FULL充電状態だったので、充電側の動作は正常に働いていた様ですが、今回の症状からすると、少しケーブルを挿してみても動作が今回の様なものだった場合、もっと長い時間充電してみよう!と思わずに、再度半田付けをやり直す方が良いかと思いました。
私としては最初の時に「よし!動作したし、あとはとりあえずフル充電状態にしよう!」とそのままケーブル挿して数時間放置していましたが、結局勘違いだった可能性が否めませんが、リンゴマークだけで起動OKと思ってしまったがゆえに、不良状態に気づかなかったんですね。


もしも、バッテリー交換してみたけど、バッテリーマークで赤いエンプティー状態しか出なかったし、やっぱりダメだったか・・・と諦めてしまったあなた!再度ダメ元で半田付けやり直してみるといけるかもしれませんよ。

これまで3~4回バッテリーパックの交換作業やってると思いますが、こういった症状もなく毎回うまく行ってただけにちょっと焦りましたが、なんとか使える様になって母も満足しているようです。


ただ・・・
ひとつ言っておくと、アマゾンで購入したバッテリーパックの中には1年で再び膨らんできたものもあるので、あまり期待しないほうがいいかもしれません、今回もかなり安かったので、正直なところ1年でまた交換かもよ・・・と母にも言いましたが、まぁ~事故が起こるのは困りますが、膨張する程度なら安いバッテリーパックを毎年交換というのもまぁ~なんとか我慢できるかな?といった微妙なところですね。

本体価格を考えるとあまり修理代出したくないしねw。
それよりも膨らまないバッテリーを導入してくれれば仮に新モデルが出たら安心して買えるんですけどね。

そんな感じで、久しぶりにiPod touch関連の日記でした。






最終更新日  2019.05.02 00:24:01
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.03
カテゴリ:iPod touch
先送りになっていましたiPod touchのバッテリー交換ですが、安いバッテリーを3000円以下で見つけたの、それと交換してみようと思います。


前回は丸1年経たずにバッテリーが膨張してきたような記憶があるのですが、そのバッテリーは丸2年ほど使ったiPod touchの液晶が浮いてきたのを機に、交換したのですが、この時も3千円台くらいだったかな?比較的安いバッテリーを見つけたので、それと交換しましたが、安物買いの銭失いを絵に描いた様な結末で、自分としても「なんじゃこりゃ?」な感じでしたが、今回も1年経たずに膨らんで来るのだろうか?乞うご期待!!。


というか、まずは2度目のバッテリー交換が成功するかどうかが山です。


いつもながら注意しておくべきなのは、自己責任で!という事w。

私は特別な訓練を受けている訳では無い、どちらかといえば弱点の多いアマチュア無線家ですので、半田ゴテの経験は少しあるけど、電気科とか行ってたレベルでは無いので、少し頑張ればできるレベルだとは思いますが、自称「ブキッチョ」さんにはハードルが高いかもしれませんので、ダメ元という位の気持ちも無く、初歩的な技術も無いと怪我も怖いですから、無理はしないでくださいね。www



ちなみに、私の経験から・・・これまでも書いていますが、2万円台で購入できるiPod touchをappleでバッテリー交換すると12000円くらいだったかな?既に記憶もあいまいになっていますが・・・

調べて来よう・・・


保証対象外修理サービス料金 14,800 円
バッテリーサービス料金   8,800 円

ん~~

8800円で治せるのかな?・・・

送料とか無く、その金額のみなら純正バッテリーに交換と考えれば、まぁ~ギリギリ納得できちゃう修理代かもしれない。



でも・・・新品が¥21,800 (税別)で購入できると思うとなんか微妙なんですよねw。






正直、ここのブログはスイムネタでもなく、園芸ネタでもなく、「iPod touchのバッテリー交換の日記」を見に来てくれる人が多い様でして、結構テキトウに書いている部分もあったりして、今回は少し細かいところも・・・なぁ~んて言いたいところですが、作業としては、毎回貼り付けている動画と同じなので、どうなるだろう?と思っています。

というのも、今現在まだ作業に入っていませんw。

バッテリーは入手済みなんですけど、これから!です。



そこで、もう少し書いておきますが・・・

純正バッテリー(新品購入時に内蔵されているもの)はほぼほぼ2年ほどで膨張が分かるくらい液晶が反ってきます。

私自身これまで第5世代、第6世代と買っているのですが、第5世代は気づいたら一気に膨らんで、液晶パネルにヒビが入るという状態でした。

第6世代では、それを踏まえて、膨らみ始めた頃に早めに交換する事で液晶割れは回避できましたが、1年ほどで液晶が反りはじめ、この時は液晶がガッツリ反る前に液晶が外れるという、前回交換時の固定が甘いのが幸いした?結果となってまして、その状態のまま充電せずに放置して今日に至っています。

現状はこちら・・・

別に液晶パネルを途中まで外してあるのではなくて、勝手にこうなってしまったのですw。
手前側にボリュームボタンが見えますね、そうですホームボタン側が勝手に浮いてきてしまったのです。


ちなみに、もう1台第6世代を母が購入しまして、やはり2年ほど経過したのはここ最近なんですが、中央部が膨らみ始めていますが、現在騙し騙し使っている感じですが、もう1台買い直すか、iPad miniにでもするか考え中なのです。

母の場合、iTunesで購入した演歌をSiriで再生できるというところが魅力で使っているのですが、最近はGoogle HomeでPlayMusic(YouTube MUSICも最近おまけで使えている)を使っている事も多いので、いっそ小型Andoroidタブレットにでも変えてしまった方が良いかも知れない・・・と考えていますが、まぁ~そんな経験もあって、私の知る範囲ではおおよそ2年ほどで新品iPod touchはバッテリー膨張するようです。

充電の仕方などが悪いのかも知れませんけど、誤解が無いよう2度言っておきますが、“私の場合”は、3台購入しましたが、2年ほどで液晶が盛り上げって、反ってきました。

www







では、作業開始です。
いつもの事ですが、これは自己責任でやってくださいね。
あくまで自分で交換するのを助長している訳では無く、私の記録が参考になれば・・・という事ですので、ある意味ダメ元の私なので、成功率とか求めないでくださいねw。


まずは毎度おなじみのこの動画を参考に・・・



手順で言えば、まずはタッチパネルを外すところなんですが、今回は以前から書いていますように、既に膨張したバッテリーパックがパネルを押し上げた後、気づいた時にはタッチパネルは外れていたので、スタート地点は↑にあるタッチパネルが浮いた状態です。

そして「いざスタート!」の状態
左の袋の中は、前回バッテリーパックとセットで購入したツールキットです、ドライバーや隙間にねじ込んでタッチパネルを外したりする樹脂製のへらなどなどです。
そして患者のiPod touch。
ピンセットとりあえず2種類置いてみた。
半田吸い取り線
手前にスパチュラ2~3本
この他に半田ごてなども使います。




ん~~PhotoShopからPaintShopに変わったら、塗りつぶしではない円を書くことができない。。。w

今そこでつまづいていますw。
フツーにサクッと写真にココのネジ外します・・・って印書くだけなのに線画の円が書けないって・・・orz


もちっと調べてきます。



~中2日ほど経過www~



これか・・・w
(まだまだFREEソフトに慣れるまで苦労しそうですw。)

手順的に書きますと、タッチパネルを外しますが、ガラス版みたいなパネルの周囲に樹脂製のフレームがついているので、それを外していきます。
このフレームが今回半分浮いていて、先に外してしまおうかと思い、その手順で作業したところ、折りそうになったので、フレームはタッチパネルの一部という認識にして、そのままフレームを外して行ったところ、きれいに外れました。



動画でも確認しつつ・・・というか、見ればこの金属パネルが固定されているであろうネジは判断できると思います。
上 2箇所
中央 6箇所
下 4箇所
↓の写真は既にネジを外した状態です。
WebMoneyの紙に貼った両面テープにネジが張り付いています。







ネジはとても小さいので、無くさない様に注意します。

私はテキトウな厚紙などに両面テープを貼って、そこにネジを貼り付けて行きます。
今回はWebMoneyの紙w

ちなみに上2つは浅いというか短いネジだったと思います。



薄い金属パネルを外すとバッテリーが見えます。




ここからが本番といいますか・・・


このiPod touchは既に一度バッテリーパックの交換をしているので、なんだか半田付け部分が斜めってる感じですが、まぁ~気にしませんw。
(毎度のことですが、明らかにバッテリーパックが膨張しています・・・怖いですねぇ~)

左:見た目はだいぶ違いますが、第6世代用の非純正バッテリーパックですw。


で、今回はなんだかんだで3回目の作業なので、揃っている道具を使って同じことをするだけです。

半田吸い取り線を使って、付いているバッテリーの半田を吸い上げます。難しい事はありません、吸い取る半田の上に線を置いて上から半田ゴテで加熱すれば溶けた半田が吸い取り線に移動するだけです。

毛細管現象的なやつですね、溶ければ勝手に移動してくれます。
(両手作業なので作業中の写真はありません。
WEBカメラで録画しつつ静止画取り込もうかと思ったんですが、Win10非対応だったので諦めました。)




それを3か所順番にやっていきます。
吸い取り線の作業は参考にしている↑の動画にあるので、分かりますよね。
既に付いていた半田がある程度吸い上げられても、バッテリーパックの電極部分はすぐには外れません。

↑の動画では半田吸い取り線で半田を吸い上げた後、ヒートガンで剥がしていますが、ピンセットやスパチュラなどで剥がす方向に力を加えながら、半田を溶かしていくとペロリと外れます。

前回交換したバッテリーパックの両面テープがなかなか頑固だったので、少々外すのに苦労しましたが、動画の様なヒートガンはありませんが、ドライヤーでも十分温められるので、適度に熱々になる本体と相談しつつ、素手で持てる程度の温度まで温めたらバッテリーを外すようにスパチュラなどでこじっていきます。


このあたりは正直なところ、道具次第だよなぁ~と思いながらやっていました。

これまで何度かスパチュラの話などもしてきましたし、半田吸い取り機、吸い取り線などについても書いた記憶がありますが、作業するにはやはり必要な道具というか、あったら楽であろう道具はあるものです。

単に、半田ゴテと精密ドライバーくらいあれば・・・とも思ってしまうところですが、バッテリーパックを外そうと思えば・・・色々道具があった方が作業が楽になります。

見た感じこの半田ごてかも知れませんね私の使ってるのw。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニクロムヒーター式半田ゴテ レッド 40W #502 白光【地域別運賃】
価格:1010円(税込、送料別) (2019/2/2時点)

楽天で購入




半田吸い取り線
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】白光 ウイック(半田除去ワイヤー) No.87-4
価格:1474円(税込、送料無料) (2019/2/2時点)

楽天で購入



半田吸い取り機
この道具は溶けた半田を吸引する道具なんですが、正直なところ今回の作業では上の吸い取り線で十分良い仕事してくれます。
外す箇所が多いとか、半田の量が多いなど用途によるかもしれませんね。
ちなみに私は吸い取り機は持ってませんw。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

半田吸い取り器 H57 ごんた屋
価格:1404円(税込、送料別) (2019/2/2時点)

楽天で購入



ピンセット
スパチュラ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】スパチュラ 9本セット
価格:5292円(税込、送料無料) (2019/2/2時点)

楽天で購入




ピンセットはダイソーのでも問題無く使えますけど、両面テープをテコの力で剥がそうとする時にはスパチュラは役立ちます。



無事バッテリーパックが外れたら、新しいバッテリーパックを取り付けるだけです。

取り外しよりも、半田付け作業の方が楽だと思いますが、iPodの基盤部分と新しいバッテリーパックの接点部分がうまく合わないと半田付けも大変なので、私の場合ここでもスパチュラを使ってプリント配線部分を曲げてロウ付け位置を合わせます。

折り紙で細かいところの折り目付けに竹串的なもので内側から折り目をつける様な感じです。

ピンセットで位置を合わせつつ半田で・・・というのは大変ですから、基本的に半田1本でも加熱すればその位置が正しい位置といった状態にバッテリーパックの電極部分を曲げて置く感じですね。



基盤に若干半田が残っていたりすると、素直にバッテリー側の電極が付かないのですが、順番にやっていけばしっかり基盤と密着する感じになるので、スパチュラなどで半田付け部分を軽く押さえながら半田ゴテを押し当ててあげれば、そんなに時間のかかる作業ではありません。





もっとも、あまり同じ場所を高温で暖め過ぎるとiPod touch側の基盤についている他のパーツが外れてしまうかもしれないので、あまりしつこく同じ場所を加熱しすぎるのも問題です。


私は数種類電気半田ゴテを所有していますが、一番大きいのはスキーのソール修理用のものですかね?www樹脂を溶かして、岩などでえぐれてしまったスキー板の裏側にできた穴を樹脂で埋めるために使うものですが、さすがに細かい作業には使えませんw

今回は先が比較的細い40Wの半田ゴテで作業しましたが、数秒で半田が溶ける程度の力はあるので、参考になれば・・・と思います。



バッテリーを付ける時にはやはりハンダが必要なので、線状の半田を使って必要以上に盛らない程度にしっかりと半田付けします。
(このあたりの加減はやはり経験が必要かな?いきなりiPodの半田作業は敷居が高いかもしれませんw)


一応こんな感じで少し盛り上がってる感・・・(左)



元に戻す前に、この状態で起動してみます・・・




無事起動できました、ここでだめだったらあきらめましょうかね?www

もっとも、新しいバッテリーが完全に空っぽという事も無い訳ではありませんから、勇気を振り絞ってUSBから充電してみるのもいいですが、半田付けでしくじって、ショートしている事なども考えられるので、二次災害が怖い気もしますが・・・ここももちろん自己責任ですので、一旦バッテリーの半田を外してみるのもよし!、USB単に繋いで自爆するのもよしですw。


ちなみにこれまで3回交換しましたが、未充電状態で、iOSが起動しなかった事は無いので、高確率で起動させる程度の電気はバッテリーパックにあるという可能性が高いと考えています。

ですので、この時点で何かおかしな動作をしている様なら・・・

「やっちまったかな?」


と、思ってもいいのかもwww。

いやいや・・・その先どんな地獄が待っていようが私は知りませんけど、全く経験のない人なら、一人ではやらずに詳しそうな人に手伝ってもらうなど万が一の事故に備えて決行する事をおすすめします。

スマホの発火事故のニュースを見たりしますし、何が起こるか分かりませんから、安全対策は十分に確保しておかないといけません!



と言った感じで、ハードルを高くしておいて・・・w


ここまでくれば、あとはバラした手順を逆に戻ればいいだけです。

半田付け部分にあった絶縁シート?なども元に戻して、小さなネジを閉めて・・・

あぁ・・・
ここもしっかりかいておいたほうがいいかな?

精密ネジに限らずですが、ネジはいきなり締める方にねじ込まないで、逆回転させるといいです。
これは木ネジなどの場合特にそうなんですが、ネジ自体が穴の方にネジ山を切って行くだけの鋭さがあるので、多少曲がっていてもネジが入って行ってしまう事があります。

相手が金属でもそうですが、エレキギターやベースなどでも部品が木ネジで固定してある場合、相手が木材ですと金属製のネジは正しく締め込んであっても力を入れすぎると木材側のネジ山を壊してしまう事があるくらいですから、少し斜めに刺さったネジでもそのままねじ込む事ができてしまうのです。

そこで、締め込む(基本的に締めるのは時計回り)前に逆に回す事でカタン!というかコン!というか、既存のネジ山にネジが落ちる音と言うか感触があります。
そこから軽く締め込んで行くと外す前にネジが通って来た溝にネジが再び戻って行く事になるので、最初はとても軽く回っていくはずですが、それがずれていると、半回転ほどから力が必要になる感じだったり・・・

ここでそのままねじ込むと、ネジがもう締まらない状態になる事もあるので、ここは注意です。

というのも、こういったエレキギターなどを中学生の頃にバラしたりして、中身を見たあとに元に戻す時、1~2個ネジ山ダメにする事ありますw。

どこまで閉めても全然重くならないんです。

穴を一旦埋めたりして修復する事も可能ですが、しくじらないのが最良ですから、いろんな所で役立つことなので、ここは是非覚えておいて無駄にならないと思います。



そんな事を気にしつつ、細かい作業ですが、全てのネジを必要以上に締め込むことなく固定出来たらガラスというかタッチパネルに枠をしっかりはめつつ、ホームボタン側からはめこむ様に(たぶん構造を見れば分かりますが、引っ掛ける感じに見えるはずです)パネルを押し込んで行きます。

ここでの作業はそんなに力のいる作業では無いはずなので、あまり無理な押し込みはしない方がいいかと思います、何か邪魔になって締まらないのか?爪がしっかり入っていないのか?などなど状況を分析して作業してください・・・、ここまで来て何か挟んで壊したら立ち直れませんからねw。


無事液晶が収まったら再び電源ボタンを押して起動確認です。





ここでも問題無ければ、安心して充電ですかね?

もしも、コネクタ部分を破損していたりすれば、ここで何かイベントが起こる可能性はありますが、自分で修理する以上何が起こるか分からないので、注意しましょうねw。


そんな訳で、久しぶりに安心して使える様になったので、ここ数日聴いてます。

やっぱりPCのスピーカーで聴くのとは違って、ついつい音量上げたくなるんですが、基本歩行中なので、そこは我慢です。

ハイレゾ対応プレイヤーもだいぶ増えたみたいだけど、iPod touchでも十分良い音で聴けてる感じですw。
以前は寝る前の動画視聴などもiPod touchだったりしましたが、今はiPadがとても役立っているので、今現在iPod touchの役割は音楽再生のみとなった感じです。


年々この手の端末がお手頃価格になり、複数所有する事でそれぞれの役割がはっきりと確立してくる訳でして・・・

iPadを買う時点で、今の状況は想定していましたが、コスパを考えるとiPod touchは優秀だと思います。

でも・・・先にも書きましたが「iPod touchは実質2年ほどで寿命が来ます(私の使い方に限って)」そう考えると1年1万円ちょい・・・1か月1000円程度の費用と考えたら、イマドキのスマホでテザリングをするのも良し(テザリングするスマホ本体で事足りるかもw)音楽再生専用機するもよしです。

今回交換したのは第6世代で、3年半ほどで2回のバッテリーパック交換をしたことになります。

純正の修理交換だと8000円でしたっけ?それが2回となれば・・


まぁ~そういう事ですよね。
自力で交換作業ができればバッテリーパック自体は3~4000円程度で購入できるので、ある程度の半田技術とそれら道具があれば、ほぼバッテリー価格だけで作業時間も1時間程度で完了するので、やる価値はあるかと思いますが、これから道具を揃えて・・・というのは高くつく可能性の方が高そうに思えます。


今回、いつもよりも細かい部分も書きましたが、それは意外なまでに私のブログに訪れてくれる方が“iPod touch”のバッテリーパック交換に関して興味を持った方が多い様なので、私の経験値なども含めて、自力交換のメリットデメリットについても何か伝わる部分があったらと思いまして、こんな感じになってます。



正気なところ、器用な方ならある程度経験すれば出来る作業だと思いますが、あまり練習するものでもないので、既に半田付け等の電子工作の経験があればほぼ出来てしまうと思いますが、これから初めて半田付けするという人にはいきなり細かい作業は難しいんじゃないかな?と思います。

出来ない!とは言いませんが、今回の作業で使うバッテリー側のプリント配線(ペラペラのシート状の配線)への半田付けの経験、基盤への半田付け経験くらいは無いと半田付け自体がどういう作業なのか?コツってないの?というレベルでは、まずは経験値稼いでLV上げてこようか?という感じになるかと思います。

繰り返し言いますが、無理ではないと思います、今はYouTubeでいろんな動画も見られますから・・・


道具を買う費用や手間暇もかかるので、仮に失敗してもこれらの作業を自分の経験値と思える人は良いとして、単に修理目的に挑戦するのはハイリスクかもしれませんw。







iPod touchのバッテリー膨らんだ・・・

道具は揃ってる!

バッテリだけなら2~3000円で買えるのか?!

Appleに交換修理出すのも価格的に微妙だしこのまま捨てるのも勿体ないし・・・一丁挑戦してみるか?



このパターンはアリかもしれませんねw
(私はこのパターンでした)




新品が2万円ちょいだと考えるとメーカー修理って微妙すぎますよねw





それにしても、全くバッテリーの膨張が改善されないというのは、Appleとしても、そういうものだと思って販売しているんでしょうかね?、同様にライトニングケーブルも毎回壊れますが、第5世代から第6世代になって改善されているかと思ったのですがそれも変化のないままやはり保証期間ギリギリで壊れて、なんとか無料交換になりましたが、LCシリーズとか売ってた頃のAppleの対応って良かった気がするんだけど・・・今は価格的にも昔とは違うんでしょうね。


といった感じで、今回はやるやる詐欺状態だったiPod touchのバッテリーパック交換をいつもより丁寧に記録してみました。

決して電気系人間でもない、少しはできるけど・・・程度の私がやってきた作業ですから、「やってみようかな?」と思えるくらいの経験がある方には多少参考になるかもしれませんが、どうせ捨てるなら精神で経験値アップは良いと思いますので、くれぐれも怪我や事故に注意して挑戦してみてください。


もちろん“自己責任”で!( ̄▽ ̄)b






最終更新日  2019.02.03 01:08:47
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.30
カテゴリ:iPod touch
あれっ?・・・


今、iPod touchの記事がほどほどに増えてきたので、カテゴリーに「iPod touch」を追加しようと関連記事を検索したら、昨年バッテリー膨張で交換してもらってましたね。

2016.10.16「iPod touchのバッテリー膨張、無料交換になって一安心。^^」

記録によると、前回は1年保証ギリギリ滑り込みで無料修理となり良かったんですが、ひとつ前の日記に書いた「iPod touchのバッテリー寿命2年説」的な事も、いやいや「1年説」濃厚じゃないか?という疑惑が出てきました。


そして、見返してみると自分の使っていた前回バッテリー自力交換をしたのが第5世代で、昨年交換になり、今年再び膨張しはじめたiPod touchは第6世代という事のようです。
あまり気にして居なかったので、同じ世代かと思いこんでいましたが、確かに第6世代の発売が2015年7月17日(日本時間)ということなので、第6世代に間違いなさそうです。

ちなみに設定アイコンなどからその世代など判断できないのだろうか?と思い調べてみました・・・Apple公式に「iPod のモデルの調べ方」というページがありました


iPod touch (第 6 世代)
ナビゲーション:Multi-Touch ディスプレイ
容量:16、32、64、128 GB
モデル番号および発売日:A1574:2015-07
iPod touch (第 6 世代) は iSight カメラと FaceTime HD カメラを内蔵しています。

iPod touch (第 5 世代)
ナビゲーション:Multi-Touch ディスプレイ
容量:16、32、64 GB
モデル番号および発売日:
A1509:2014-06
A1421:2013-05
A1421:2012-10
iPod touch (第 5 世代) は、iSight カメラと FaceTime HD カメラを内蔵しています。32 GB モデルと 64 GB モデルには、iPod touch loop が付属します。

どこにそのモデル番号があるのだろうか?と思ったら背面の刻印でした。

また、私の場合5世代か6世代かという話な訳で、あの微妙だったストラップ用の格納式取付金具の「iPod touch loop ホルダー」があれば第5世代ってことなんでしょうねw。

一応正確な世代が分からないとバッテリーの注文ができないので、ここでしっかり確認します。





A1421 第5世代の2012-10発売モデルか 2013-05発売モデルという事でしょう。
ループホルダーの付いたモデルを予約購入したと記憶しているので、2012-10モデルだと思われます。

A1574 こちらは第6世代の2015-07モデルという事でOKでしょう。


交換用バッテリーパックの注文は第6世代用という事で!w

が、しかし・・・楽天での取り扱いは無いようです。
他で探すとしましょう。


ただ、ひとつ書いておくべき事があります。
前回バッテリーパックを交換した第5世代iPod touchは数か月前に見た時には少し膨張し始めたかと思っていましたが、今見るとほとんどそんな気配がありません。
母がsiriでタイマーを使ったり、音楽再生したりするのに5世代iPodを渡してあったんですが、薄い生地のケースに入れたまま充電をしていた事もあってか熱が籠っていたので、そんな事も影響して液晶が反っていたのかもしれませんね。
今液晶面にステンレススケールを当ててみても微妙に両サイドに隙間が空く程度なので「明らかに膨張している」という印象はありません。


ちなみにその時、危険と判断し使用をやめたので、今も第5世代の方はバッテリー未充電状態なんですが、こちらも充電してしばらく様子を見守りましょうかね?
もう使えないかな?と半分諦めていましたが以前から探している「釣り用時計」として使うというのもアリですよね。



2回連続でiPod touchのバッテリー日記になっていますが、実はもうひとつバッテリー問題が起こっていたのです!

それは・・・auスマホのトルクで・・・

それについてはまた別の日記にて・・・。






最終更新日  2017.12.30 03:05:06
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:iPod touch
丁度2年前にiPod touchのバッテリーパックを自力交換をしましたが、その時は膨張したバッテリーパックのせいで液晶に亀裂が入っていましたが・・・


その時に修理ではなく買い替えを選び、ダメ元で古いiPod touchを分解しバッテリーパック交換をするという挑戦だった訳ですが、結果的にバッテリーは復活したものの、液晶へのダメージがあったので新たに購入する事に迷いはありませんでしたが・・・

実は・・・


あの時購入したiPod touchが今またバッテリー膨張で液晶が反り上がってきました。



ん~~~~~



これはマイッタ!。

きっと年々改良されて購入後2年経過しているのならばマイナーチェンジじゃないけど、アップデート的な改善はあるんじゃないか?と期待して同じiPod touchを購入したんですが、前回と全く同じ2年で膨らんで来てしまってはさすがに今回もiPod touchを購入するというのはどうだろう?と考えてしまいます。

前回もウォークマンという選択肢について少し考えたりもしましたが、今回はどうしようか?と考えている今日この頃なんですが・・・、どの道早い時期に2回目のバッテリー交換を決行しないといけないかな?と思い始めています。

ちなみに前回バッテリーを交換したiPod touchも若干怪しくなってきてまして、やっぱり2年というのが寿命と考えるべきなのか?と実体験を元に感じている次第です。


そして、悩みどころがもう一つありまして、このところあまりiPod touchを使っていないという事です。
2年前はほぼ毎日音楽を聴いていたんですが、最近はほとんど聴くことが無くなり、たまに聴いてもスマホで聴いてしまう今日この頃なんです。

というのは、それまではあまりネットで音源を購入するという事があまりなく、主にCDから音源を取り込んでいた訳ですが、今のスマホに替えてから音楽ダウンロードサイトのチケットというかポイントをもらえるサービスが何度かあって、それを利用して数曲スマホに入れてあったり、他にも数曲CDからの音源を入れていたので、それでもいいかな?と少々iPod touch離れが進んでいたのです。

もともと家で聴くのはPCでの再生がほとんどですから、家でiPodを聴くというのは滅多に無かったので外に持ち出さないとほとんど音楽プレイヤーとしての役割というのは無いんですが、ここ最近は釣り日記のほうで気温や天気のデータ記録用にお天気アプリのSSを撮ったりするくらいで、他のアプリを開く事はあまり無くなってしまったのです。

あとは、カップ麺の時にシリにタイマーお願いするくらいかな?・・・それも最近はWiondowsのラーメンタイマーというアプリを使う事が増えたりで、ちょっとiPodの出番が減ってきている事もあって、今iPodが使えなくなりました!となっても、さほど困らないという事もあり、ちょっとその先を早急にどうかしようという頭も無かったりします。

もっとも、無ければ無いで不便に思うんでしょうけど、幸い2台ある訳ですから2年前に買った新しい方のiPod touchのバッテリー交換が出来れば一応問題は無いかな?という面もありまして、あまり慌てた冠は無かったりするんです。

でも、一応Youtubeでイマドキのハイレゾ対応プレイヤーの安いやつでも・・・とか調べてみたりもするんですがウォークマンやオンキョー、パイオニアのプレイヤーなどの存在を知ったりして・・・w、まぁ~興味はありますけどねw。


ただ・・・iPod touchがそうだったけど、SONYなら大丈夫なのか?というとその辺はよくわかりません。
昔の単三電池2本で動く様なモデルのほうがそういった心配は無いんですけど、冷静に考えると、カセットテープのウォークマンでも何年使っただろうか?と思うと結構2~3年だったんじゃないかな?とか思ったりもします。
若い頃だったから2年ってすごく長く感じてましたが、今2年って言ってもあっという間ですからねwww。













新製品ではこんなのもありました





結構気になりますけどねww

なんだかイヤホンもバランス型が今後の流れとして面白そうですけど、なかなか高価なものなので量産型製品が普及する頃には価格も落ち着くんでしょうが、今はまだ「安い!」と思えるほどではないというのが正直な印象ではありますよねw。


ただ・・・何台売れたら普及になるのか?と言ってもその分母があまり大きくないのが現実なのかもしれませんよね。
高音質に拘る人、拘れる人というのはそんなに居ないのかも知れないと・・・

私なら外での音楽は周囲の音も聞きたいので、大きくしても自転車のベル程度は聞こえる程度だし、時間つぶしで公園など周囲の人までの距離が遠ければ少し大きめにする事もあるかもしれませんが、小さな音ではあまりその高音質の恩恵を実感できるかと言ったらたぶんNO!ですよね。


先日も部屋にあるBOSEのアンプ&スピーカーを復活できないか?と少しだけ頑張りましたが、集合住宅ではあまり大きな音は出せませんから、最近は小型のハイレゾプレイヤーとハイエンドなヘッドフォン、などの需要は増えているんでしょうかね?

学生でもスピーカーだけでもセットで2~30万という人も居ましたし、スピーカーでの大音量再生が不可能であれば、ヘッドフォン再生を極める傾向になるのも自然な流れなのかも知れませんね・・・。



でも・・・これもまた良く書いていますが、若い頃に聞こえてた音域が今は聞こえない(モスキート音)という事実を目の当たりにすると、今聞こえてる音楽ってあの頃聴いてたのとは違うんだろうな?とか思っちゃう訳で、耳が老化?しているのに今から高音質ってどうなんだ?とか思ってしまう訳ですよw。

ですが、高い周波数の音が聞こえないというのが必ずしも悪い事なのかはわかりませんからね!、もしかしたら、以前なら不要な雑音として聞こえていたものがカットされてあの当時ならそれを聞こえなくする為にメーカー側が苦労していた音域が今では一切聞こえない!というのなら音楽を聴くという事に関してだけなら良い事なのかも知れませんしwww(良いように解釈w)。


それでも、カセットテープやレコードが当たり前だった頃の話ですから、ノイズはあって当たり前だったし、今は音源を再生しても最初の1~2秒というか無音状態の部分で本当に無音なものですから、いきなり曲が聞こえるんですよね。
レコードならハリが擦れる音がしたり、テープならサーっとかすかな雑音の上に音が乗ってくる感じだったんですから、普通にPCに安いスピーカー付けてもあの頃のラジカセよりかなり良い音(良い音の概念は人それぞれですが)なんですよね。

あとはとにかく高音&低音持ち上げてドンシャリな音が心地よかった時期があったり、車で聴くのにも付けていたカーオーディオの音の傾向をカバーできるように録音段階でイコライザーでいじって、カーステレオ用のテープを聴いたりしてましたが、今はそういった好みも若干変わって来て、数年前にヘッドフォンを買い換える時だったか?量販店のDEMOをいくつか聞いていた時に、パイオニアだったかデザインもヒップホップ系のものを視聴したら、これは違うな・・・と感じましたが、展示からしてもパイオニアが推している製品なんだと思いましたが、昔からパイオニアはそういう印象が自分にはありますが、それも私の耳がそう聞こえてるだけで、他の人には適度なバランスで聞こえているという事もある訳ですから、私としてはあまりブランドや値段で決めない様にはしていますが、全く無視できる情報でもないので、全く音だけで選んでいるかと言ったらウソになるかもしれませんね。


そんな基礎があるだけにある程度良い音で音楽を聴きたいという欲はあるんですが、車メインの生活だった頃なら、そこで良い音で聴けたら他は我慢しようとか、通勤電車の中での1時間を音楽聞いて過ごすなら、その時に最適な機器で聴きたいなどどこかメインの環境で満足できれば他は我慢すればいいんじゃない?という気持ちはあるんです。
家でも、車でも、公共交通機関の中、歩きながら・・・いついかなる時も最高の音で充実した人生を送るんだ!とえるほど経済的余裕うもありませんし、今は音楽を聴いている時間がそんなに無いという現実も考えると、スマホ再生でも十分なんじゃないか?という考えも出てきますw。


モスキート音で耳年齢チェック あなたは何歳ですか?




幸いPC+モニタースピーカーでの音楽再生もさほど不満もありませんし、主に家で聴く事が多いので、しばらくはiPod touchのバッテリー交換で様子を見ようかと思っています。


一応モデルも同じだったはずなので、やり方も変わらないだろうし、前回同様バッテリーパックが膨らんでくると、勝手に液晶部分も盛り上がって隙間が出来て来るので、結構分解作業は楽なんです。

あとはハンダゴテがあって、多少経験があればなんとかなるだろうと感じてはいますが、前回は古い半田を取り除くのに古い銅線を使いましたが、あまり上手く吸い上げられませんでしたが、まぁ~1回交換したら2回目の交換は無いだろう…みたいな勢いでやったので、妥協していた部分もあるんですが、今回は事前に吸い取り線でも購入して挑もうかな?と考えています。




こんな感じで使います

はんだ吸取線の使い方



交換作業については、また追々前回と同じなのかどうなのか?等も含めて記録しておこうかと思っています。

iPod touchのバッテリーは2年で終了するというパターンになってますが、交換したバッテリーの寿命についても今後見守って行くべきテーマのひとつとなりますね。






最終更新日  2017.12.30 01:10:08
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.13
カテゴリ:iPod touch
私はあまり閲覧数には興味が無く「日記の題名で釣ったった!」という戦略ももちろん無く、逆に誤解されない様にしているつもりなんですが、このブログにはアクセス数の多い日記の表示機能がありまして、意外とiPod touchのバッテリー交換を読んでくださっている方がいらっしゃる様で「iPod touchすげぇ~~!」というのが正直な感想なんです。


私としては幸いにもこのところiPod touchのトラブルも無いので、そんな日記を書く事も無くなっていますが、やっぱりiPod touchのバッテリー関係では苦労している人が多いんでしょうね。

でも、正直なところ、私はYouTubeで見た動画がとても参考になり、道具さえあればなんとかなるだろう!?という勢いでやっつけた感じなんですよねw。

今回書いている日記にアクセスする人が居るか分かりませんが、その記事でも恐らく書いていると思いますが、半田付けの経験があればそんなに難しい作業でもないと思うんですが、結構細かい作業を要求されるので、手先の器用さも少々必要なのと、何より工具類があるかどうかでそのハードルの高さも変わって来ると思います。


え~~と、とりあえず振り返りの日記になるので、その日記のリンクを・・・


2015.12.09 iPod touch5のバッテリーパック交換に挑戦!https://plaza.rakuten.co.jp/bbsswim/diary/201512090001/


今見ると先に書いた動画もまだリンクは活きてますね!^^

あぁ・・・スパチュラについてもやはり書いていますね。
あれも、実際には使いやすい形というのは使う人によって変わってくると思うし、ある程度道具に慣れている人の方が、より敷居は低くなると思います。

また、ヘアードライヤーは持っている人の方が多いかと思いますが、ハンダゴテはあまり持っている人が居るとも思えないので、そこで数千円かけるのならアップルではなく、街のカスタムや修理ショップに依頼した方が結果的に良いかもしれません。


私の場合はダメ元で高額な修理代を出すのなら・・・と、自分で交換してみる事にしたわけですが、それはiPod touchの分解をするために使えそうな道具もそろっていたし、動画を見たところ、半田の作業自体は「できそうだな!」と思えたからです。


ですから、まず動画を見てなんとなく作業的に「バッテリーさえ見えたらやれるんじゃね?」と思った人はやってみる価値ありかな?と・・・

なんか難しそうだな~と感じたら失敗覚悟で「やってみるのも経験だ!」と思える人以外は無理しない方が良いかもしれません。


私もそうでしたが、1万円修理代に出すのはちょっと考えてしまいますよね。
最新モデルなら、修理する価値もあると思いますが、前世代のモデルなら最新モデルを買った方が色々とメリット多そうな気がします。

もっとも、その性能差についても、音楽再生だけならたぶん最新モデルに拘る事も無いと思うので、1万円程度で使える様になるのなら、それもアリだと思いますが、当時自分はAndroidスマホよりもiOSのiPod touchでアプリを使う事が多かったので、第5世代から第6世代へと買い替えを選び、結果的に余った旧型をどうするか?!・・・という所で、
安い交換バッテリーの存在を知り、それを買って交換してみよう!と考えた流れです。



幸いこちらの作業もまぁ~問題なく完了できたので、今現在も母がshiriを相手に音楽再生しているという役立ち方です。
高齢者こそshiriって便利なんですよ。

タッチパネルは便利ですが、話しかけて音楽が再生できるってのはとても便利な様ですよ。
使えるかどうか分からない機器を購入するのはハイリスクな冒険ですが、壊れそうな?(一応動いていたけど、液晶盛り上がって来た症状でしたからw)iPod touchやiPhoneを買い換えて、残った不調の端末をどう有効利用するかという事によっては修理へのモチベーションも変わって来ると思います。

用途の無い機器の修理は正直無意味です。
無料で修理できるのなら話は別ですが、少なくとも交換するバッテリーは必要な訳ですから、お金かけて使わないものを修理するのもどうかと思いますw。



あとは、実際の作業では、液晶パネルを引っぺがす様な作業もある訳で、そういう時に乱暴に作業してしまう人も注意しないと筐体が傷だらけになるという事も考えられるので、少し臆病な方が致命的な失敗は少ないかも知れませんけど、ここ一発ってところでは「え~い!」という勢いも必要だったりと、微妙っちゃぁ~微妙なところですが、そもそも「修理しないでこのままじゃ危ないんじゃないか?」という恐怖(破裂?w)もあった訳ですから私にとったらそれしかない選択だった訳です。


今なお、そういった記事が注目されているという事でしょうから、同じ様な症状で困っている方には是非自分にあった対策法でトラブルに立ち向かってほしいと思います。

楽天では分解作業用のバッテリーの扱いが無い様ですので、密林で検索されれば、かなり安い物もある様で正直驚いてますw。
安い物だと1000円程度で購入出来るようですね。

この価格なら放っておけばゴミどころか危なくて持っていたくない様な電子機器も分解の経験値としてはもちろん、話のネタにもなりますから、ネットで見つかった動画や記事を参考に安全に作業していただけたらと思います。

ちなみにいかにも安すぎて大丈夫か?というものはよくレビュー見て購入するのが良いと思います。私は日記によると1500円程度でバッテリーを購入している様ですが、密林で買ったか、楽天で買ったかは覚えてませんwww。

でも、今でもヒビの入った液晶でも問題なく使えています!

・・・処理能力はやはり6THより劣りますけどねwww。



実はiPod touchの記事は軽く流して、スピニングリールの糸ヨレにも興味のある人が多いみたいだったので、そっちを今だからこそ!という事で書こうと思ってたら、結局iPod touchの話で突き通してしまいましたねw。

糸ヨレはまたそのうち・・・w






最終更新日  2017.12.30 01:21:14
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.16
カテゴリ:iPod touch
先日アップルサポートへ修理?交換?に出したiPod touchが戻ってきました。

恐らく新品になって帰ってきました。

右が購入時のパッケージで、左が戻って来た白箱入りのiPod touchです。
iPod touch6 NEW01.jpg

中はこんな感じで透明のフィルムもついてました。
iPod touch6 NEW02.jpg

修理費用や郵送料などもなく無料交換となりました。

修理の問い合わせから1週間もかからずに正常なiPod touchとなって戻ってきたのはすごい!と思いました。

私自身このところあまり家電製品などを修理に出すという事をしなかったので、記憶にあるものでは数年前にBDレコーダーを修理に出した記憶がありますが、1週間ではなかったなぁ~w。
もっとも、交換修理だったので、それなりに日数がかかるのは仕方ないと納得してましたからね。

そもそも家電製品などは有料で修理するよりも買い換えた方が賢明という事も少なくありませんからね。


その昔SONYのbetaビデオデッキなどは、何度か直接ソニーの修理窓口まで出しに行ったりもしましたが、そんな手間の印象もあって手軽さはありませんでしたが、iPod touchについては、今回の本体の郵送も宅配業者が自宅まで引き取りに来てくれて、数日後には再び手元に戻って来るという手軽さ・・・。素晴らしいと思います。

その前のライトニングケーブルの被覆チューブトラブルも同様に、新品のケーブルを送ってもらって、その際トラブルのあったケーブルを宅配業者に手渡すだけで、こちらも数日で無料交換となりました。このスピード感はありがたいですね。


ですが、先日も書きましたが、同じトラブルが新モデルでも出てしまうというのは、なんとか改善できないのだろうか?と思います。

今回の本体トラブルはバッテリー膨張による液晶の浮き(反り)で、実測では0.35mmだったかな?まぁ~その程度なんですが、液晶が反っているので、画面を指で軽く押さえても、ウニョウニョと液晶の表示色が虹色になる感じで、現状それが原因で液晶にひび割れがあるとか、表示が正常に出来ない訳でもなく、バッテリー自体の性能にもこれといった問題は無かったので、保証期間内(標準の1年)であるとはいえ、この状態で無料保証の対象になるのかもわからなかったので、サポートに問い合わせたのですが、無料交換の可能性もありという事でアップルで確認してもらったところ、これまでと違うシリアルナンバーのiPod touchが戻ってきたといった所です。



まぁ~保証期間ギリギリでしたが、あの状況だと半年後には一層膨張して、液晶にヒビが入るまで使うか、早めにバッテリー交換をするかという選択肢なんだろうけど、丁度ここ数日でサムスンのスマホのバッテリーが爆発だか燃えるとか、怖いニュースがTVでも流れたようで・・・そんな事も考えると、1万円ほどだろうか?バッテリー交換に出すか、前回同様自力交換をするかなど膨らむバッテリーを見守りながらの継続使用はリスクが高いだろう。

そういう事からも、まぁ~まだ1年だからなんらかの修理はするだろうけど、ウォークマンへの乗り換えというのも頭をよぎったりもする。


しかし、結果的に安心して使えるiPod touchが手元に戻って来たという事は嬉しいことです。

***********************************************

補足というか、覚え書き追加しておきます。


修理交換に出す際にバックアップを取って、初期化して修理に送りだそうと思ったのですが、少し前からiTunesの左上にiPodのアイコンが出ず、同期などできなかったのです。

まぁ~どうせ交換の可能性があるのだから、修理だとしても工場出荷状態で来るんだし、メインの用途である音楽も、このところ入れてはあるが聴かない曲もあるので、見直すのにちょうどいいやと、カメラの写真だけ保存して、初期化してしまったのです。

新品iPodになって予想通りの出荷状態となれば、その変な症状も直っているかもしれないと期待してました。が、ダメでした。


症状としてはWindows10には認識されているのです。先に書いた様に写真のコピーなどはできたのです。ですが、iTunesには認識されないという状態で、メニューの中にデバイス関連の項目もあるのですが、グレー表示で選択できませんでした。

「iPod touch iTunes 同期できない」などで検索してみますが、アップルのサポートの記事ではなかなかうまくいきませんでしたが、ようやく解決したのが

「iTunes で iPhone、iPad、iPod が認識されない場合」というページ
https://support.apple.com/ja-jp/HT204095

自分の場合、デバイスマネージャーを見ると「ポータブルデバイス」という中に「Apple iPod」があったんだっけかな?・・・「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」というところに「Apple Mobile Device USB Driver」がなく、他の項目に「Apple iPod」があった記憶があるんですが、おそらくポータブルデバイスだったような・・・w

で、結局↑のURLの中に「「Apple Mobile Device USB Driver」が表示されない」という方法がそれで、「手動アップデート」というのにつまづきましてなんとなく自動更新とかでやってもダメだという事で、「Apple Mobile Device USB Driver を手動でアップデートする」の方法を内容通りに確実に実行することで解決しました。

要は、参照をクリックして、指定されたドライバーの場所を確実に設定してあげると、それまで表示されなかった「Apple Mobile Device USB Driver」がユニバーサルシリアルバスコントローラーに追加され、iTunesに無事iPodのデバイスアイコンが表示された!という事です。

なんとなくアップルのサポート記事を見てると同じようなところを飛び回って、またこのページか?とか思ったりするんですが、読んだ気になってあれれ?と思ってしまう事もあるので、しっかり読めば即解決という事もあるのに・・・思い込みはダメですね。w


てなわけで、少し前のバックアップファイルでしたが、とりあえずそれで復帰させちゃいました。アプリもその時のVerなのか更新待ちだらけでしたが、アプリも少し整理しないとダメなんですが、まずはiTunesに繋がらない事には音楽の移動も出来なかったのでこれから徐々に調整して行こうと思います。





今回のiPod touch交換の関連日記

2016.10.10
お前もかっ!?。6th iPod touch!!きっとバッテリー膨張・・・orz






最終更新日  2017.12.30 01:16:13
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.10
カテゴリ:iPod touch
先日iPod touch付属のライトニングケーブル交換を保証期間内で無料交換してもらったばかりなんですが、最近はiPod touchも出番が減ってきて、ちょっとした外出時では持たずに出かける事もあり、最悪スマホに数曲入っているから、音楽が聴きたくなったらそれでもいいや・・・という事も増えてきました。

前にも起こった「Appleのケーブル裂け」今回は保証期間内だったから・・・


本題からちょっとだけ逸れると、そのスマホでの音楽の聴き方がイマイチ習得で来てなかったりするんですw。
いやいや・・・もちろん音楽の再生はできるんですよ。
しかし、iPod touchであれば、再生したら電源ボタン押して画面真っ黒状態でバッグに放り込めばよかったんですが、先日スマホでそれをやったら再生もストップしてしまい、面倒なので、その復習はまだやってなかったりするのですw。きっとやり方があるんでしょうが、自分のやり慣れている使い方がそれだったので、一旦OFFにした画面を再度認証して再生してと繰り返す作業が面倒だったので、それっきりだったりします。w


で、話を戻しますと、そんなiPod touchもスマホが充電中だったり、Android版のツイッターアプリ(公式ではないやつ)があまり使いやすくないので、iOSで!という時などにも活躍するんですが、ふと手にした時に違和感が・・・

また少し厚みが変わってきたんじゃないか?と・・・

横から見ると、第5世代iPod touchの膨らみ方ほどでは無いけれど、わずかに中央部が盛り上がって来ているのに気付きました。

iPod touch6 01.jpg

iPod touch6 02.jpg

iPod touchがっ・・・ その1

「あぁ・・・今回は早かったなぁ~、ウォークマンの最高モデル買っちゃおうかな?」

と、までは思えませんでしたが「1年で膨らんじゃうのか・・・」と残念な気持ちがこみあげて来ました。ライトニングケーブルも結果的には無料交換してもらって良かったっちゃ~良かったんですが、前モデルとなる数年前の付属ケーブルと同じ症状で交換というのは、製品自体を改良するなど対策がなく同じものを生産しているのかと思うと、あのAppleが・・・と、残念な気持ちもあったんですが、バッテリーについても、同様に「再び同じ症状かっ orz」と思いました。

まぁ~バッテリー膨張については、これまで色々検索した事もあるので、膨らむのは仕方ないとも言われますが、分かっていても残念な気持ちになってしまいます。

前回の膨張時は、それが原因で液晶に一部黒い筋が出るなど2次被害的な症状もあって、それ以外にもホームボタンの遊びが増えたり、原因に気付く前に症状がありましたが、今回は二度目という事もあって、ちょっと手に持った感じで「ん?」と思えたのは、そんな前例があったからだとは思いますが、ノギスで計測してみたところ・・・

上部(カメラ側)/中央/下部(ホームボタン側)
6.25mm/6.60mm/6.25mm

と、中央部が0.35mm盛り上がっていました。
この状態は前回よりももちろん軽度な状態で発見できたんですが、これは修理した方がいいんじゃないか?と思いましたが、もしも1万円位かかるようなら、「ウォークマン買った方がいいんじゃないか?」という考えが頭をよぎりました。

でも、もしかしたら保証期間内の可能性もゼロじゃない!とシリアル番号から保証期間などを調べてみるとギリギリ期間内である事が分かり、サポートに電話で相談してみました。

とは言っても、アップルの公式サイトから名前・メールアドレス・電話番号を入力すると、アップルから折り返し電話が来るというスタイルで、それをポチるとすぐに電話がかかって来て、音声案内でサポート担当者に繋ぐか確認があって、そのまま待っていれば電話で相談できるという感じでした。
既にバッテリーの項目から問い合わせにたどり着いた事もあちらでは把握されている様で、機種名や保証期間なども既に確認できている様で、話が早いですね。

症状を伝えたところ、無料交換の可能性もある様です。
もっとも、まだ1年も経っていないので、そのまま膨らんだiPod放置して火事でも起こしたらシャレにならないので、有償でも直すという選択肢はもちろんありますが、これまでの流れで行けば、きっと1年~2年で同じ症状が出て来そうですから、料金によっては他の製品に乗り換えるという選択肢も残しておくべきかもしれません。

実際の交換?修理?の方法としては、まずは宅配便で引き取りに来てもらって、その後本体確認して無料交換か再見積もりとの事・・・。
もちろんそれまでにバックアップなどもこちらでやっておく必要はあります。

一応電話中に水没や落下などが無かったかなどの確認もありましたが、それらが原因の場合は無料サポートの対象外になる場合もあるなど説明していただきました。
もちろんそれらの隠し事もありませんので、数日後引き取りに来るまでに準備をしておこうと思います。


前回のライトニングケーブルの時に、サポートの流れの早さに感動したくらいなんですが、今回も思い立って、シリアルナンバー入力して・・・電話番号入れて・・・と「これはどうなんだろう?こういう場合はどうだろう?」という状況では、まず検索して・・・というステップが基本にはなっているんですが、たぶんサポートで相談した方が早そうだな!?と思えたので、そうしたところ、とんとん拍子で引き取りの日時が決まった・・・といった感じで、なんだかすごい時代だな~と思いますね。

まぁ~逆にPCのモニタなどメーカーに送り返すシステムとかどうにかならんかな?とも思ったりしますが、家まで引き取りに来てくれてというのは本当に便利ですね。


それにしても、わずかな膨らみで気付く自分もすげえなぁ~と思ったりwww
その昔仕事では0.5mmと0.55mmの金属線を使い分けたりもしてきたから、そういう経験も生きたかな?なんて思ったりもしましたが、今iPod touchを手にしてみると、ちょっと指で挟むとブカブカするような感触があるので、そんな感触に違和感を持っただけで、わずかな厚みの変化を繊細な指先の感触だけで察知できた訳では無いかも知れませんねwww。

幸い出番の減って来ているiPod touchなので、数日手元から無くなっても今なら我慢できますから、とりあえず里帰りといった感じです。

追って結果は報告させていただきます。

私自身、こういう修理やサポート関係の記事にはお世話になっているので、自分の経験でも誰かの役に立てばいいんですけどねw


こちらが噂のウォークマン!



現実的なのはこの辺の価格帯かな?





ただ・・・スマホをタフなやつに買い替えて、ごっつい筐体や重量に慣れる事もなかなかできないんですが、iPod touchのコンパクトさと使い慣れている事もあって、iPod touchというやつはやっぱりすごいな!とは感じますね。
音楽再生以外にも気になるアプリは沢山あるし・・・ただ、ここ数年そんな負の面を経験してしまうと、残念な印象は拭えません・・・。
頻繁にマイナーチェンジして欠点を改良して行こうよ!とまでは言いませんが、iPhoneなどのモデルチェンジに合わせて付属品や部品の見直しをしてくれると嬉しいんだけど・・・
価格を抑えるためにケーブル類は一気に在庫抱えるほどの発注かけてるのかもしれないけど、日々改善していくような面も見せて欲しいと思うのはユーザーのわがままなんでしょうかね?www






最終更新日  2017.12.30 01:16:45
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.09
カテゴリ:iPod touch
気になっていた事のひとつ、iPod touchの修理。

そちらもなんとか解決しました。

交換用バッテリーパックは楽天では見当たらなかったので、他のお店で購入。

交換方法は、YouTubeの動画を参考にヒートガンの代わりにドライヤーを使ってなんとかできました。

How to replace/fix Apple Ipod Touch 5TH Gen Battery


とても分かりやすいビデオだったので、自分でバッテリー交換するにも迷わずできました。


ざっくりと書きますと・・・

まず、なぜバッテリー交換かというと、気づいたらバッテリーが膨らんでiPodの液晶面が盛り上がってきてしまったのがきっかけなんですが、それ以外はこれといった問題も無かったのですが、Appleに修理に出すか、町の修理屋さんで直してもらうか、ダメ元で自力修理する事にして新型iPod touchを買うかなどから、最後の修理の道を選んだ訳です。

以前の日記「iPod touchがっ・・・ その1」


既にiPod touchは第6世代を購入済みでしたが、バッテリーパックを注文せずに第5世代は電源OFFのまま寝かしておいたのです。


さて、実際のバッテリー交換ですが、↑の動画通りなんですが・・・

1.既に膨らんで液晶面が浮いて来ているので、両面テープだかの粘着剤を温める為にドライヤーで
 ガラス面を温めつつ、ギターのピックや薄い金属板などで液晶を外す。

2.金属板を取り外す。
 ホームボタン部分の接着剤を端からゆっくり剥がし、10か所だったかな?極小ネジを外すだけ
 です。

3.バッテリーの電極部分にたどり着くまでには・・・
 ・黒いシートをはがす
 ・ハンダ部分をカバーしてある黄色い透明なシールをはがす
 この時もドライヤーを使って粘着剤を温めた方が作業が楽かもしれません。
 私は主に歯科医などが使うスパチュラが使いやすかったですが、気を付けないとショートの
 危険もあるので、樹脂製のモノの方が安心かもしれませんね。

4.古いバッテリーパックを外す
 ・ハンダ付け部分は動画ではフラックスを塗りながら丁寧にハンダを吸い上げていましたが
  どうせ廃棄するものなので、スパチュラで力を加えながらハンダゴテで剥がしました。
 ・バッテリーは裏面が両面テープで張り付いているので、iPod touch裏面をドライヤーで
  温めつつじわじわとテコの原理を利用しつつ剥がしました。(旧バッテリー撤去完了)

5.新バッテリーの取り付け
 ・動画にもありますが、バッテリー上辺を基板?の下に滑り込ませつつ装着位置を確認
 ・フィルム配線の3極が基板のそれと合う様にして、ハンダゴテでちょちょい!と・・・

6.通電テスト
 ・組み直す前にiPodの電源を入れて動作するかチェック。(無事起動)

7.組み戻し
 外した透明シールや黒シートを戻し、金属板を取り付けばらした逆の手順で組んでいく。
 ついでに液晶サイド面などを綿棒でフキフキしたり、ホームボタンをキレイに掃除して
 そのままパチンパチンと押し込んで完了!


注意すべき点は、変に力を入れたりせず、粘着剤を温めて最低限の力でバラして行く。
バッテリー裏面の粘着剤を剥がす際は、バッテリーの下にも配線などあるので、あまり鋭利な物や、金属などでこじると必要以上に破壊してしまう事もあるかと思うので、事前に動画を見て予習しておくといいと思います。
あとは、ハンダ付け部分はハンダ吸い取り線などで余分なハンダは吸い上げておいたほうが良いと思いますが、私はそんなに気にせずわずかに盛り上がった状態でヨシとしましたが、これといった問題はありませんでした。

そして、私と同じ症状で修理を考えている方がいましたら、盛り上がって来た状態で放置するのはよろしくないかも知れません。
修理後気づいたのですが、液晶面にヒビらしきものができていました。
一見、ガラスのヒビにも見えますが、ガラスは問題ありません。
液晶の構造などがよくわかりませんが、ガラスの下の層での不具合だと思います。
iPod touch bat3.jpg

修理中痛めた可能性はほぼないので、液晶が長く反っていた事が原因だと思います。
早めにバッテリー交換を実行するか、液晶パーツは外しておくなど液晶に負荷がかかったままにしない方が良いと思います。

バッテリーパックは1500円程度のものを注文したので、代替品みたいなものかもと思っていましたが、見た所同じようなモノでした。
iPod touch bat.jpg

そして、なんとなく膨張しているのが分かるでしょうか?膨らんだ旧バッテリーです。w
iPod touch bat2.jpg

とりあえず、治りましたが、用途は未定なのですが、5世代に音楽だけ振り込んで、6世代はアプリメインにするとか・・・、でも・・・6世代はカメラのシャッター音が大きいのが嫌なんですよね。昔PENTAXのZ-1だったかな?気になっていたのでDEMO機触ったら、シャッター音とミラーの反動が大きくて印象に残っているんですが、シャッター音が大き目なのは嫌いな方では無かったのですが、シャッター押した瞬間にカメラがお辞儀しそうな感じがして、一瞬にして熱が冷めたんですけど、そんなシャッター音には寛容な私が大きくて嫌というくらいですから、iPod touch 6thは結構大きいシャッター音だと思いますよ。w

余談ですが、ちなみにZ-1のミラーショックに関しては意外と雑誌などの評価にも出てなかったので、のちに気付いたのは、もしかしたら、あのDEMO機がたまたまハズレ個体だったのかも知れないと・・・。今となっては銀塩一眼レフカメラのお話しというのも微妙ですね。w

そんなこんなで、第5世代iPod touchが復活しましたが、一旦フルリセット状態から使い分けを考えて行こうと思います。

そうそう、なぜかホームボタンがクルクル回るままなんですが、シリコンのパッキンみたいなのがあったけど、そういうもので部分的に固定されていたのかもしれません。構造的に爪があるなどの回転防止機構は無い様に思いました。
まぁ~動作にはこれといって影響無さそうなので良しとします!w。

今回の作業に限らず、結構重宝する道具です。


お手頃価格でセットもありますね






最終更新日  2017.12.30 01:19:21
コメント(0) | コメントを書く
2012.10.20
カテゴリ:iPod touch
今日は鼻炎がつらいっす。

それでもiPodは触っていましたが、今もustream見てます。

そこでふと気づいたのは細長いディスプレイに対応していないアプリがあるのかな?と・・・

今見ているustreamも 縦横問わず黒帯が出てしまって実質ディスプレイの進化は繁栄されていない・・・w。もっともこれからなんでしょうけど、たまたまustreamアプリで気づいたのですが、他にもそういう状況はあるのかもしれませんね。appstoreではiOS6対応とかiPhone5対応とかいう文字があちらこちにありますが、そういう表示サイズの事だったりiOS6になってのバグなどしばらくはまだアプリ開発側も気が抜けない状況なんでしょうね。

それでも、ホーム画面でのアイコン表示数が増えたりと大きくなったディスプレイのメリットは多々あるのでしょう。今回初めてこのサイズの端末をじっくり触ってみて、小ささを実感しているくらいですから、以前の画面サイズではもっと狭く感じたのかも知れないと思うととことん私には厳しい機器だとも思います。

お?なんかiPod touch使用2日目で辛口批判くるか?という言い回しですが・・・おじさん、おばさんという立場になると小ささは必ずしも最良ではないと感じる事もあるのですよ・・・(悲しいかなw)

という感じで、今回はおじさんの立場から見るとどうなんだろうという世の中ではあまり出てこない感想を・・・w

まず私の場合、Apple好きな昔からのiPhoneユーザーさんたちとは違って、やや大きなスマートフォンを使用していた事、これまでのiPhoneやiPod touchを見たことはあっても、続けて数時間以上使用したことが無いというのが感想を書く前に知っておいて貰いたい点ですね。

昨日の写真を見ても分かるかと思いますが表示サイズは明らかに小さい・・・。
先程のustreamでも比較できるかと・・・パチリ
ipod-ustream.jpg

分かりやすい用に下のiPod touchの画面に緑の線を描いてみました。
これが液晶との境目です。
今回私がiPodを買う際、黒を選んだのはこういう黒帯などが出る時に白い枠は違和感が出るのが嫌だという事もあったから唯一黒いガラス枠だったものを選んだのですが、こうして比較しようとするとそこが伝わりにくいというのは結果的に正解だったのかもしれませんがwww
恐らく白枠のiPhone、iPodだと縦横比の関係で埋まりきらない黒帯部分ははっきりと認識することが出来るのではないかと思います。
もちろんそれについては今後新しい比率に合わせてくるでしょうから白枠はダメだ!というつもりもありませんwww、黒枠好きなのは黒背景ってのは写真でも絵でもしまって見えるしその昔就職活動で作品を見てもらうクリアファイルなども黒い紙に写真やイラストなどをレイアウトしていたりして恐らくデザイン系の人はその傾向が強いかと思います、家電量販店のTV売り場でもメタル枠や白枠のテレビが一部ありますが、どうも馴染めないので、黒を選んでしまうのですね、余談になりますがちょっと近所で撮った風景写真なども100円の額縁に黒い画用紙を台紙にして飾ってみるとちょっといい感じに見えたりしますよwww。

まぁ、黒枠よりも黒帯の話なんですけど、タダでさえ大きくないと思っていた所有するスマホよりも小さな画面になったので、見易さという点ではマイナスです。また、この時高解像度液晶がより細かい字を鮮明に表示してくれるからより目にこたえますww。
それにメガネについても言っておくべきでしたね、私は近眼なのである程度周囲が見える度数にすると手元がみにくくなります。
通常大事な書類に署名するときなどはそれようのメガネにかえたり、裸眼で書類に顔を近づけるようにして書いたりします、しかし、この状況と公共の場で歩きながらとなると音楽を選曲するためにメガネをかけかえたり、メガネをずらして裸眼で操作というのは面倒です。

遠近両用メガネ的なのも持ってはいますが、あまり馴染めなくて外出時はそこそこ遠くも見える単焦点のメガネを使っていますので、「離さないと見えない=より文字が小さくなる」という事なんです。たぶん若い人には理解できないと思います・・・私も数年前までは「ふ~ん、そういうもんなんですねぇでも、自分近眼だから近くは見えるだろうし・・・」そんな感覚でしたからね。

そんな不便な見え方になるとちょっとした文字サイズでも気になるものなんです。

一応音楽プレイヤーとしてiPodを買い、ついでに他のアプリなどiOS端末としても使えたらいいかなという買い物だったので、昨日も書きましたが、操作に関しては、今まで使っていた曲名程度しか表示されない小さな液晶で、聴きたい曲をすぐに探し出すのはかなり大変な作業ですが、そいう操作も簡単にアーティスト別、アルバム別など狙った曲もすぐに聴けるというのは十分目的をクリアしているわけです。

しかし、補助的な目的ではありますが、iOS端末として老眼がはじまっている人にはやや辛いかな?というのが感想です。先にも書きましたが、今現在も使っているスマホがそれよりも表示画面が大きいと、今は新しいおもちゃ(iPod)だから色々可能性を模索すべく触っていますが、表示される映像を見るという時以外でも、キーボードのミスタッチがサイズが小さくなる事でより一層多くなります。面倒でもタッチペンを使ったりしますが、それでもミスしますw
iPad程度のサイズだとあのキーボードもあまりミスしないで使えますが、web検索などは音声でもいけますが、パスワード入力やID入力などはあまり声に出したくありませんし、単語であっても目的の英字数字カナなどが音声でうまく入力できるかというのも問題ですが、意外とキーボードを使う機会はありますから、iPadやiPhoneに興味はあるものの最初の1台に小さな端末を選ぶとおじさん・おばさんはちょっと努力が必要かもしれませんww

もう1枚
ipod-key.jpg

これは英字用キーボードですが右がipod touchでマイクロUSB端子でしたっけ?スマホに多い小さなUSB端子です、左のAndroidスマホの上に乗ってるのはタッチペンです、Androidの方がボタンのサイズは大きいのが分かるかと思いますがそれでもペンの方が大きいw。もらったものですが、普通のスマホ関連コーナーなどでもこれくらいのサイズが普通に売ってましたから、より細いものもあるのでしょうが、一般的なサイズかと思います。
右のiPodは私の平たい指では写真の様な角度で押そうとすれば狙ったキーを押せる確率は30%程度でしょうかww斜めにしたり小指を使ってみたりと英数字入り混じるパスワードを入力するまでに数分を要するのは珍しくありませんwwww。

ちなみに両機器とも画面を90度回転させることもできますが、目的の入力欄などがその分狭く表示されてしまったりするので横にすれば効率は上がる!というものでもないようです。

といった感じで、この辺の操作は日本語入力であればフリック入力でタッチミスは減るかもしれませんが、英字同様通常のキーボードでローマ字入力のほうがしやすいという方も少なくないでしょうから手が大きい人?指が太い人?は注意ですねw。自分は手は小さい方ですが、指はやや太めかな。

今回は使いにくい点を書いてみましたが、これは言い換えれば欠点というよりもここまで小さな高性能機器ならではの副産物というか・・・小さければ当たり前の事なので「欠点」と言ってしまう事は私にはできませんww

結局すごすぎるんですよw薄くて小さくて・・・
ただ、私の指ではiPhoneを使用するのはストレス溜まりそうで無理だなと確信したのも事実ですがwww、いやぁ~みんなきれいな指してるんでしょうね、
感覚としてはおそらく・・・
iPhoneユーザーの指=鉛筆
私の指=クレヨン
そんな筆記具の差でマークシートに記入するくらいの差かもww

なんだか冷静に考えるとおじさんおばさんよりも私の不恰好な指が悪い!という結論になってしまった気もするけど・・・

操作するという事で私が感じた不便な点はそんなところですね。

フォローするつもりも無いけれど、他に使っていて不満というのはあまり無いくらいよくできてます。本体以外で言うならばUSBケーブルのコネクタ部分や、ヘッドフォンのプラグなど細くて見た目は良いけれど不恰好な指では頼りなかな?
褒めるべき点は今のところ本体が熱くなったことが無い。省電力CPUとか何か理由があるのかもしれませんが、HTCのスマホは少しIE使ったりYouTube見たりしてもかなり熱くなります。
また、電池の減り方も体感でかなり少ないように思いました。これはその発熱にも関係しているのかもしれませんがustreamそして今はネットラジオつけっぱなしですがほんのり暖かい程度です。
そして小さい文字が辛いと言った繊細なディスプレイこれも褒め言葉だなw、電子書籍見ても綺麗です振り仮名が鮮明でクッキリ

操作感でもうひとつ、タッチパネルの反応が良い様です、これはスマホの反応が遅く感じはじめたのでホーム画面でのページ移動などiPodと同じ様に操作してしまうと動かない、もしくはアプリが起動するなどもっとゆっくり操作してあげないと思わぬ動作をするようになりました。

まだ本来の目的音楽プレイヤーとしての自分流が見えてこないので、まだまだいじり倒すポイントは多そうです。
このところiPod関連では変わった視点で日記書いてますが、細かい文字どんとこいや~!指もプロポーション抜群だし!って人は第5世代iPod touch は面白い製品だと思います。これからはテザリングも当たり前になりそうだし、小型高性能!いいんじゃない?

個人的にはやはりkobo arc気になっちゃってるんだけど、WEBブラウザ&電子書籍リーダーという目的に特化しか使い方になるので、今はちょっと贅沢かな?安いとはいえ他に買わなくちゃいけないものもあるし・・・;







最終更新日  2017.12.30 01:23:07
コメント(0) | コメントを書く
2012.10.19
カテゴリ:iPod touch
iPod touch初日はじっくりいじり倒しました!と言える様なものではないので、色々気になってた事をやってみるといった感じでした。

さて、音楽プレイヤーという私にとって本来の目的である面ですが、購入前からいくつかのチェックポイントがありました。
・操作時の文字の見やすさはどうか?
・目的の音楽へのアクセスしやすいか?
・プレイリストなどで昔の「お気に入り曲満載オムニバスカセット」的な聞き方ができるのか?
・携帯性というか、歩きながら・ちょっと立ち止まってなどの「公共の場でのながら操作」のスマートさ
などなど

まぁ音質うんぬんという事もないことはありませんが、何度かここでも書いていますが、基本的に周囲の音が聞こえる程度の音で聞いているので国道横の歩道であったり、スーパーやデパートなど人の多い店舗での使用がほとんどで、雑音のない状態で聴くという事はほとんどありません。散歩にでも出て時間つぶしに静かな公園でも行ってベンチでゴロリとかそんなまったりした時間があれば少しは音を上げてみようと思うかもしれませんが、基本的には小さな音で聞いているので、全く低音が出ない100円イヤフォンではさすがにシャリシャリしすぎて遠慮しますが、高音低音がやや大げさに聞こえるくらいのものならあまり気にせず使えちゃうくらいの聴き方です。

ちなみに今までは

これに6年前買ったSONYの実売2000円程度の密閉型カナル式ヘッドフォンEX51LPという組み合わせで聞いていました。オーディオ関係は専門知識もないので、ざっくりとした話しかできませんが、T.sonic 330にイコライザー機能があるので、それを若干調整することで、私の使い方では不自由ありませんでした。

とはいっても、不自由がないのは音についての話で、今回iPodを購入するきっかけとなったのは、T.sonic 330の表示部分が読みにくくなったという事(老眼w)で、他にもプレイリスト管理などがうまくできず(これは私の勉強不足かもしれない)聴きたい曲にアクセスするまでひたすら次の曲(前の曲)ボタンを連打するという不便さでしたから、8GBあっても100曲ほど入れた段階で、それ以上曲数を増やすと扱いにくくなる為、不要な曲を削除し新しい曲を入れるという使い方をしていましたから、多少高額になっても扱いやすくなるならばと思ったのです。

ヘッドフォン3つ.jpg

ところで、T.sonic 330の付属イヤフォンは私の耳にはやや大きく、最初に試して1分で使うのを諦めましたww

今回それも出してみてiPod touchに繋げてみました。
iPhone5が発売されてから新しくなった付属ヘッドフォン「EarPods」について色々な感想が書かれていましたが、比較的多かったのは良くも悪くも前のものよりも低音がよくでているという事でした。しかし私からしたら先ほども書いたように付属のイヤフォンだからどうこうではなく雑踏の中、周囲の音も含めて聴くわけですから自分の耳が許せればOKなんです。w

実際聴き比べると低音は確かにEarPodsは出ているように感じました。Appleの旧タイプを知らないのでそことの比較はできませんが3つ聴き比べると低音はApple・SONY・T.sonic付属ですが、あてにならないのはT.sonic付属イヤフォンです、これは完全に耳に収まってない状態なのでイヤフォンの向きも落ち着かない状態なので密閉感も無ければ安定感もない状態なので、低音がどうこうとかいう前に耳の穴大きくしてこい!って話かもww

各音域についてどうこう言っても、やはり全部含めてどうよ?ってもんでしょうから、それぞれの印象を書くと、T.sonic付属品はそんな訳で私の耳には馴染めず、中高音がやや固めの音、本体T.sonicのイコライザで低音を上げたりするとまた変わるのかも知れないけど、ほとんど鳴らした事も無いことも手伝って、固く軽いという印象。
SONYは慣れていることもあって耳にはしっかり馴染んでますが、低音を聴くというか感じるのはAppleの方ですが、あまりズンズンシャカシャカと高いとこから低いとこまで出てればいいやというものでもないと私は思うので、そういうすごく高い音、すごく低い音はあまり出ていないかもしれませんがあまり角の無い音というか癖がなくて聴きやすいかもしれません。
Appleは高音・低音はそれぞれ鳴っている気がしますが、その幅の中満遍なくというよりはところどころ抜けた感じがしなくもない・・・低音が出ていたりすることで誤魔化されそうなんですが、ボーカルなどがそれらの音に負けてしまう曲もあったかな?iPodで聴く「MUSIC」というアプリでイコライザー的なものがあるかどうかまだ分からないのですが、そういう機能があればまた変わってくるかもしれませんが、個人的にはやや大げさな音ですが、音楽を聞きながら後ろから来る自転車の音も聞こうとするぐらいの小さな音で聴くことの多い私の使い方ならば、この「EarPods」はいいかもしれない。
ある程度ボリューム上げて聴こうと思うとAppleのはガチャガチャした感じでちょっと疲れるかもしれないけど、聴く曲によっても変わるだろうし・・・iTunesに最初から入っているクラッシック音楽を聴くと聴きやすいのはSONYですね。

参考までに1990年前後に買った「ビクターHP-D800」というオンボロヘッドフォンも試してみました・・・、幅広く色んな音が耳に入ってきますねw、イヤフォン式のものでも高価なものはいい音なんでしょうけど、特別高価なものでもなく、20年以上前のものでもこの程度の差が出るんだから、手っ取り早く音質求めるならオーバーヘッドバンドタイプの物買った方が早いのかもしれませんね。

さすがにそのヘッドフォンはもうイヤーパッドも朽ち果ててしまってので、ホームセンターでウレタン買ってきて切って貼ってって感じでひどい状態なので、今度買う予定のシンセと同じ頃には新調しようと思ってます。

シンセ買ってDTMかじる程度ならこれくらいの1つあった方が良さそうかなって。



とまぁ~そんな感じで私としてはあまり音質うんぬんを語れるような使い方ではないのですが、試していて思ったのは聴いていて疲れなくて、しっくり耳に馴染むものがやはり一番いいのかな?というのが正直な感想です。
「EarPods」は確かに耳への収まりは悪くないけどピッタリとは言いがたい、カナル式のあのラバーの装着感に慣れてしまうとそれに代わる魅力が無い限り装着感を犠牲にするのは自分にはないかな~~。

それでも、しばらくは聴き比べも楽しみのひとつかもしれないので、「EarPods」は使って見ようと思います。

第一のチェックポイントでもある近くが見にくくなった今大きな液晶なら使いやすいんじゃないか?という点については、iTunesでジャケット写真(アルバムアートワーク)登録できてればその画像でも曲の選択に役立つし、再生ボタンなどの操作感は悪くない、シークバーがあると早送りなども楽だし、小さな液晶に曲名・アーティスト名程度しか表示されなかったものと比べたら使い勝手は格段に上。ただしこれがもしネックストラップに下げるような使い方ができるようになった場合ネックストラップで目との距離が制限されるので、もしかしたら曲名などのテキストが見にくいかもしれない・・・今まで使っていたストラップの長さで試すとちょっとピントが合い切らない;;。iPodの文字が今までのMP3プレイヤーとあまり変わらないので文字だけを頼りにするならば問題は解決しないかもしれないが、大きな画像がかなり助けになるので、前よりも良くなったのは間違いない。首から下げるにはあまり長いと邪魔になるので、あと5cm話したらピントが合いそうなのだが、ウエストバッグにストラップをフックででも付けてバッグにiPodを入れて使うとか・・・ネックストラップ以外の持ち方を考えたほうがいいのかな??

期待はしていなかったのですが、今回はじめてiPodに採用されたストラップフックも私としては少々頼りなく、仮に首から下げるのに使ったら、「信号が変わりそうだっ走ろう!ガッ!パキッ」そんな悲劇が起こりそうな気がして・・・・ww

まぁこのあたりは相変わらずケースの発売状況次第なので先送りですが、ワイヤレス化という選択肢も出てきている今慌てず最新機器の情報も集めて行こうと思います。

プレイリストとかはまだ試してません、追ってご報告おば・・・






最終更新日  2017.12.30 01:23:38
コメント(0) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.