656656 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

出不精淡水魚

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ランキング市場

ニューストピックス

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

2019.03.08
XML
カテゴリ:
縁が無いアイテムだったので、法規すら知らなかった位の衝撃的な現実を知りました。


それは・・・


「チャイルドシート」です。



もちろん、その存在は知っていましたが、まさか義務になっているのは全く知りませんでした。

私自身15年ほど運転から離れていて、更新の時に警察署で変更された法規などについて教えてもらっていたはずなのに・・・。

赤ちゃんを乗せるというケースが非現実的すぎますし、他人の車やAT車を運転する機会もなかったので、自分の車以外運転する以外あり得ない生活ではチャイルドシートの必要を全く考えた事がありませんでした。

足回りガチガチのラリー車でしたからね、赤ちゃん乗せる人いないでしょwwwwww。



まぁ~そんな現実もありまして、チャイルドシートとの関連性はゼロだったんですが、昨年姪っ子に二人目が生まれまして、近くに住んでいる事もあって、たまに遊びに来る事もあるんですが、ちょっと車で送って行ってあげようと思ったら、「チャイルドシート無しでいいの?」みたいな話になって、そうか・・・搭乗者のシートベルトの義務化を考えたら子供のシートベルトも同様に義務化されてしかるべきなのか・・・と気づいた訳です。
(実際にはそこに至るまでに結構時間かかりましたけどw)


またまた昔話になってしまいますが、私が車大好き!と運転を楽しんでいた頃というのは、シートベルトは自由だったんじゃないのかな?・・・

私が装着していなかったのではなく、当時からバケットシートにシートベルトは4点式か5点式を一般道路でも付けて走っていたのですが、一般道では腰のベルトだけ付けていた記憶もありますね。


その後、運転席&助手席の装着義務というのがあって、後ろに乗る人も・・・となった頃は、既に車の運転から離れていた様な記憶があります。


そもそも車に乗らない時期が長かったので、バスや公共交通機関での移動がメインだった訳ですが、たまに乗るタクシーで「シートベルトの装着してください」みたいなアナウンスがあった時に、あぁ!そういえばそんな話ニュースでやってたな・・・と思った事を覚えています。



ですが、さすがにチャイルドシートは縁が無ければ一生搭載させないドライバーも世の中には居るはずです。
実際、私は全く知らなくても何の影響もないドライバーだった訳ですが・・・w

いざ、身近に赤ちゃんのいる生活になると、知らなかったは通りませんから、人生初のチャイルドシートを購入しました。

とは言っても1万円以下のものも結構あって、近所まで送って行く程度ならそれで充分です。

他人の為に・・・的な思考もあるかもしれませんが、イマドキ他人の無謀運転から身を守るためにドライブレコーダーを買うのも当たり前、極端な話、カーグッズの中には助手席や後部座席の快適性を向上させるアイテムは山ほどあるはずです。
使用するのはごく限られた赤ちゃんのみになるという意味ではこの先何回乗せるか分かりませんけど、安全のためですから決して高い買い物でもありませんね。

昔は3万円とか結構高額な商品だった記憶がありますけど、やはり義務化という事で販売数も増えて単価が下がって来たのかもしれませんね。

もっともその3万円ってのも30年くらい前に姉が話していた事を聞いた頃だったかも知れない大昔の話ですしねw。


まぁ~何はともあれ、装着しておくといざという時にすぐに使えるってのは良い事です。
車椅子も常備しているのでそういう万が一に対して懐が広い車って事ですねww。




でも・・・縁が無くてもペーパードライバー歴をはさむと、そういった改正された法規や、新しい法規を知らないという事が起きてしまう訳ですが、仕方ない・・・ではなく、知る努力をしないといけないですね。






最終更新日  2019.03.08 23:55:21
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.28
カテゴリ:
もうすぐ会社のミニバンが車検なので、車の大掃除しています。

これまでは、たまに洗車機に入れたり、軽く掃除するくらいのメンテだったらしく、私としては結構気になる部分が多い車なんですよw。



運転しない歴15年ほどの私ですが、元々は車&バイク大好き人間なので、洗車も楽しみの一つという感じでして、会社の車である以上あまりそこに注力する理由も見つからず、もしかしたら車検取らずに廃車になるのかも?と思っていたので、今年ドライブレコーダーを私が付けましたが、とりあえず仮設置と言う感じで、露出配線でやっつけてあったんですが、車検取る以上あと2年?は乗る事になるのだし、今この車を管理している人はどんなメンテ状態なのかディーラーに見切られる訳ですから、車好きの血統からすれば、汚れた車をディーラーのピットに入れたくはない!!ww。


まぁ~大げさな言い方ですけど、やはり車の状態がテキトーな人の言う事は相手もあまり真面目に聞きませんよねww。

安い車であれ、油膜だらけのガラスに汚れたボディ、車内は食べカスや埃だらけ・・・、そんな管理の人に、ブレーキがどうこう、足回りがどうこうという話をされても全く響かないでしょうからねww。

うまいこと言って、余計な部分まで修理しちゃおうかな?的なお店は昔はありましたけど・・・そういうカモに見られるのも嫌だしw。



もっとも、イマドキそんな店そうあるもんじゃないでしょうけど、整備の行き届いた競技車両やピカピカの車好きの車でなくても車の状態でオーナーのレベルが見定められる様な気がして、それなりに以前乗っていた車と同じくらい!…は無理としても、それなりにサボってないくらいの状態で車検に出したいので、数十年のギャップを乗り越えるべく、油膜取りやら簡易コーティング剤など買って来て、クリーニングをしています。


まぁ~これも立派な仕事ですから!!!www



以前車のメンテ担当してた人は、あまり洗車もしない人だったので、仕事で使う事もたまにあるのだから少しは掃除もしましょうよ!とふき取りいらずのワックスやカーシャンプーなど購入したんですが、結局ゼロウォーター使い始めましたw。



クロス付きのパッケージを購入しましたが、評判通りのファイバークロスで満足です。


かなり塗装の疲れた車なので、部分的に変なクスミみたいなのもあるんですが、まぁ~古い車ですからそんな些細な事は気にしませんw。
ある程度キレイになっていればいいかな?って感じです。

一応親水コーティングという事に触れておきますと、Youtubeにレビュー動画がいくつも出ているので、そのままんまですけど、はじく系の撥水ではなく、水の玉というか塗装面に乗っかった水が寄り集まって流れていく感じなんですが、1回目のコーティングを終えた後、軽いにわか雨には遭いましたけど、以前の固形ワックスよりもその状態は悪くないかな?という印象です。
たまたま風が弱いとか、ホコリが立って無いだけかも知れませんが、数日前に洗車してワックスがけした数日後でもボンネットにホコリが積もっている事が普通にありましたが、ここ数日そういう感じにはなってませんね。

見た目も、ただ洗車後にスプレーしてクロスで伸ばしただけなのに、固形と言うか半生ふき取りいらずワックスよりも艶が出ている様にも思えます。

回数重ねた方が良くなりそうなので、「初回で何を寝ぼけた事言ってやがる!?」と言われるかも知れませんが、ふとホームセンターに停めた車に戻った時に、以前よりもキレイに見える気がするので、少しは効果あがってるんじゃないか?と感じています。

もっとも、今回はボディだけでなくインテリアの樹脂パーツの艶出し保護も頑張っていますし、外装ではウインドウ周りのゴムパーツやタイヤワックスなど黒を引き締める作業もやってきているので、そういう部分も反映されているのは間違いないのですが、“見違えるほど!”とまでは言いませんけど、それなりにメンテすれば結構キレイになるものだな・・・と実感しています。


タイヤの艶出しには当初手持ちのアーマオールでそこそこきれいになりましたが、記憶の中ではタイヤワックスのスプレーがなんだか楽だったな~という記憶もあるんですが、ラリー車になってからはタイヤワックスなんて使った事ないので、30年以上前の記憶ですかね?w




そして、↑のを30年以上ぶりに使ってみた(もちろん30年前のものではなく、今回買って来たw)。
昔の記憶通り、泡が広がって簡単に黒々とした艶が出ましたね。

ただ・・・最近はタイヤワックスに関して色々と言われているそうで、水性のものが良いとか、油性はゴムの劣化を早めるとかだったかな?でもタイヤって消耗品だし、そんなに何年も大事に使えるものという認識ではないので、個人的にはあまり気になりませんw。

元々泥だらけになったり、車の腹下を地面にこすりつける様な乗り方も覚悟の上だと、サイドウォール破らない様に・・・とか、マフラー落とさない様にとか、そんな心配するくらいでしたから、同じ車好きという人種であっても、洗車時に使うスポンジやブラシの素材、それを動かす方向にも気を配る方もいますが、そこまでは自分は拘りはなく、大事にはしていても、塗装の細かい傷に心を痛めるほどの繊細さは持っていませんねw。


そして、この日記書き始めて数日経過してるんですが・・・w

今日は水洗い&ゼロウォーターしました。
なるほど・・・水洗いでも良い感じで水切れが良く、軽く拭きあげてからゼロウォーター伸ばすだけでしたが、とても楽でしたね。
あまり汚れている感じでも無かったんですけど、小雨の影響で少し水の流れた跡があったり、ここ数日使ったゴムパーツ部分に使用したアーマオールがボディに付着してる部分もあったので、それが気になったのでササっと水洗い・・・という感じでしたけど、2回目のゼロウォーターでしたけど、好印象でした。


シュアラスター ゼロウォーター 1ヶ月間使っての感想&施工方法
【 簡易コーティングでコレはスゴい!】



このシャンプーも人気あるらしい・・・
近所のホームセンターには無かった・・・売り切れってことかな?




でも・・・シュアラスターって以前も使っていたブランドなので、購入にはあまり躊躇ないんですよねw。

昔はカルナバロウ配合のインペリアルブライトマスター(IBM)って(今でも覚えてるってwww)ワックスを使っていました。
確か洗車後、水分が多少残った状態でもワックスがけできて、とても良い艶が出たんですよね、当時は自分の白いラリー車よりも、友人の車の方が磨き甲斐があったので、そっちで良さを実感していた記憶もあるんですが、もちろん白い車でもキレイになったので、少し高かったと思いますが、友達にもすすめていたのがそれだったので、シュアラスターへの信頼は厚かったりしますw。


実は数か月前それがまだ売ってるかな?と店頭で探しましたが、見当たらないのでたぶん生産してないんだろう・・・と検索したら、ショッピング関連では出てこないのでやはり現在は入手できないのかな?

そのかわりなんだか良さそうなグレッチのギターがヒットしたw。




この手の色には弱いのですよねwww

でも今はギターにはあまりお金かけようとも思わないし・・・私にはとても手が出ない高級品ですねww。


忙しいと言い訳して、ギターもベースも全然メンテできてない・・・ダメですねぇorz






最終更新日  2018.10.28 00:57:05
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.24
カテゴリ:
ついに動画発見!ww


【試乗】 SUBARU WRX S4 STI Sport の試乗に行ってきました!


いやぁ~~ようやくですねwww。


「待ってました!」って感じです。


ただ・・・これまでの「Stiスポーツ」なしのモデルとの比較が無かったのが残念なところです。

十分想定できていた「WRX Sti」と「WRX S4 Stiスポーツ」では前者の方が足回りは固めでS4の方が大人向けのしっとりした乗り心地・・・みたいなwww

動画のYouTuberさんが言ってたという意味ではなく、概ねそういった評価が多かった事から、今回のS4 StiスポーツとWRX Stiを比べたらそういった立ち位置がひっくり返るような事はあり得ないという事は、誰もが想像できるという事ですが、そういう意味でも試乗されたご本人の印象を記録しておくという意味ではOKなんですけど、第三者からすると“確め算”的な感想しか無かったのも残念だったかな?


でも、300馬力はやっぱり必要にして十分だという事は伝わってきますねw。



さぁ~~あとは、インプレッサの方がアイサイトツーリングアシストなどの安全装備が、現行モデルのS4とレヴォーグに匹敵する内容なのか?というのにも興味は向かっています。


前回も書きましたけど、もしも乗り出し価格400万円くらいからの2車と250万円ほどから乗り出せそうなインプレッサが全く同等の安全装備を実装しているとするなら、馬力や内装などもちろんそれ以外の違いは価格に反映されてはいるものの、インプレッサが追い付いたら、レヴォーグが引き離す!といった事になってもおかしくないですよね?www。


確かに150馬力というのはどうなんだろう?という思いはあります。

これが昭和の150馬力であれば、想像がつくし、ある程度期待できるスペックだと思うんですが、例の私が一番戸惑っている「スロットルコントロール」によって制御が入ってしまうと、ファーストタッチで得られるパワー感って・・・たぶんかなり大人しい感じになってしまうのではないか?と想像しています。

ここがS4やレヴォーグに期待してしまう部分で、2Lターボ300馬力あれば、スロコン制御入っててもそこそこロケットダッシュするでしょ?!って話ですw。


いやいや・・・初めて私の日記を見た方には誤解があるといけないので、一応かいておきますと、私は昭和車のマニュアル育ちで、ここ15年ほど車も運転しておらず、以前からAT車というのはどうしても馴染めず、生涯2~3回しかAT車は運転した事が無いんですが、今年になって仕事の都合で車の運転をする事になり、久しぶりに運転したのがCVTのミニバンという訳でして・・・

ただでさえATに馴染めなかった人が久しぶりに運転するのがガタイはでかいミニバンで、ミッションはCVT・・・なんだか車の鼻っ先の両角は昔と違って若干面取りしてあるような形で、細い路地を曲がる時には「これは当たるだろう!?」という状況でも角が無いから実際には余裕があったりして、色々と馴染めない部分が多いんですけど、特にアクセルをグン!と踏み込んだ時に加速しないのが気持ち悪くて、なかなか馴染めませんでした。
最近は少しだけ慣れては来たんですが、問題は自分の意志が対向車や歩行者に伝わりにくいという事なんです。

ん~~こういう書き方をするのは初めてかも知れませんが、道路を走っていると、車同士、歩行者さんと・・・「お先にどうぞ!」的な場面はよくあるかと思いますが、常に目を見てお互いの意志を確認できるとは限りません。

相手が歩行者であればガラスの反射で外からは自分があまり良く見えない事もあるでしょう。
もっとも、歩行者と車で徐行の範囲であれば何か疎通がうまく行かなくてもお互い「あぁすみません^^;」で済むことがほとんどだと思いますが、車同士だと片方が走っている場合もある訳で、この場合意思の疎通ができないと大きな事故につながる事も考えられます。



私がよく思ったのは、自分が右折する時です。
これまでは(と、言っても15年前まで乗っていた昭和車の話ですがw)MT車であれば、ある程度の距離があれば、多少急加速気味になるけど、もしも3Lの車ならスイ~っと踏んで行くだろうけど1.6Lの昭和車だと少し頑張れば十分行ける!といった場合も、MT車なら一気に加速する事ができましたが、今の車はそれができません。

具体的に言いますと、運転の流れを追いますと・・・

・普通に右にウインカー出して、ブレーキ踏んで待機します。

対向車が行き過ぎた後、次の対向車までの距離を見て、こちらが発進できるという確信を持ったあと・・・

ブレーキペダルを離してアクセルペダルを踏む



まぁ~私のイメージの中では、ここから右足の動きに従って車はアクセルを踏むと同時に加速を始めるはずなんですが・・・

現実は、感覚的なものなのでかなり長く感じているんですが、1~1.5秒くらいかな?加速しないんですよね。

相手が時速50キロ程度で向かって来るときに、1秒加速が遅れると、13.8m近づいている訳です。
結局一旦加速体制に入ったというかアクセルを踏み込んだ自分は再度ブレーキに足を戻すことになる訳で、この感覚に慣れなくて後続車や対向車にも「!?」という感情を与えてしまった事があるだろうと反省しています。

また、似たような車両の癖という意味では、黄色信号通過のタイミングです。
足回りがフワフワのミニバンで停止線手前での黄色信号は止まるか、通過するかも判断に悩むところで、これまでの経験から「アクセル踏めば加速する」だった事が、そうではなく、加速するまでに1秒以上のタイムラグがあるので「よし!ここは通過した方がいいだろう!」とその速度のまま通過するか、若干加速気味で行こうとする場合がありますが、後者の場合・・・特にすいている時間帯で周囲にひとも車もほとんどいないなんてシーンではそのまま通過してしまえ!と踏み込む事が昔はよくありましたが、今はそれをやると加速するまでに10m以上進んでしまうので、タイミング的に赤になってしまいそうな事もあって、それも今は「禁じ手」となりましたw。


ここで道交法について真面目に語るつもりもありませんが、赤信号は止まれ!黄色は注意・・・という事よりも、まず車が自分の意志通りに動いてくれるかどうかが最低限ドライバーとしては必要だと思うんですが、結局こういう事を友人に話しても「お前の車はラリー車だったからそっちの方が特殊なんだよwww」と鼻で笑われますorz

ん~~~でも、多くの人がそういったアクセルを踏んでも踏んだだけ燃料がエンジンに行かないという状態でもそれが“当たり前”として認識している以上、自分が平均では無いという事は明らかです。

ですが、きっと、私と同じような違和感を持ちつつ困っている人もいるんじゃないかと思いますが、長くなっていますが、大事なのは自分の意志通り動くという事ももちろんですが、車の動きでその車のドライバーの意志というが伝わる場面ってありますよね?。

先ほどの右折のシーンなどもそうですが、「対向車は曲がって来ないな・・・安心して直進しよう」と思ったら、単にスロコンのせいで加速できないだけだった・・・という事も自分の経験から、右折待機中の車の中にも同じような人が居るかも知れないと、今は思える様になりましたが、そもそもAT車歴がほとんど無かっただけに、「昭和の頃からそういったAT車の癖ってのはあったのかもしれないな・・・。」なんて考える事もありますが、当時のAT車って・・・特に日産車とか「スタートしまっせ!」とアピールしているかの如く、リアがグン!って沈んでましたから、「お!発進するんだな。」と分かりましたからねw。



まぁ~~~相変わらず脱線なんだか本題はなんだっけ?な感じになりましたけど。


そんな電子制御でアクセル開度コントロールされたりするなら、多少制御されても必要十分なパワーがあれば乗り越えられるんじゃないか?といった、力でねじ伏せる系の思想ですw。

逆に言えば、昔の280馬力はそれを扱うのも困難でしたけど、今の300馬力ならそういう制御もあって、昔の様にスタート直後に車のじゃじゃや馬っぷりにコースアウトしたり、電柱に激突したり・・・という事もそうそう何じゃないんでしょうかね?

スリップ防止だったり急激なスロットル開度は出来なかったりしたら、いきなりベタ踏みしたところで、意外とフツーに加速してったりするんじゃないのかな?とか思ったりもしますw。


ならば、300馬力も悪くないんじゃない?150馬力じゃ足りないんじゃない??そんな気持ちも湧いて来るって話です。



ここでは何度も書いてはいますが、昔なら車の限界とか垣間見たりしたいなぁ~とか思う事はありましたよ!えぇ!ありましたともwww。

ですが、今となってはちょっとした住宅街の一時停止でも、がっつり運動量0になるまで停止させてから徐行でスタート、逆に自分が優先側の道路であっても、最近は見通しが悪い交差点ではこちらは徐行するくらい安全運転になってるので、正直280Km/hスケールのメーターはいりませんw。

いや、普通にいらないけどけどねww


そんな思いもありつつ、S4のStiスポーツの内容については、制動面や足回りの固さなどかなり偏った部分への興味の方が強いのかもしれませんが、今のところあまり期待していた内容ではないのかな?という気持ちもあったりして・・・かえってこれまでもあったS4の方が、足回りが硬い方が好きな自分にとっては合っているのかも知れないと思ったりしてます。


そう考えると、S4縛りではなくレヴォーグも視野に入れるべきか?などなど思うところもあるんですが、何よりインプレッサの内容次第では次期モデルのS4&レヴォーグが大幅に進化してた!なんてのもつらいですもんねwww

いや、しいて言うなら、そうなれば現行モデルが中古市場に増える可能性もあるので、そういった意味でも「今は待ち!」という選択肢が出て来ちゃうわけですよね。


まぁあまり考えていても・・・というのは分かっているんですが、十分自分には高級車ですから「チャチャっと!」という訳にはいかない様ですw。


やっぱり同じWRXで、「S4 Sti Sports」と「Sti」がほぼ同じ価格だったら、そっち方向を検討している人ならS4を選ぶ人は少数派になってしまうかも知れませんね。www






最終更新日  2018.10.24 01:38:25
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.21
カテゴリ:
めっきり時代遅れな感じしかしない車オンチの私です。


車そのものに関する情報もつい半年ほど前までは、昭和で止まっていましたし、今現在でも大して分かっていませんw。



車の進化というものがどういうものなのか?今車はどんなところまで進化しているのか?それすらよくわかってません。


ですが、実際に運転歴20年、30年という方でも、新しい車に興味が無ければきっと私と比べても大差ないというケースもあるのかな?と考えます。

逆に、若い人であっても、これまで家で車を所有していなかったけど、今回免許を取って車を買おう!という10代、20代の方については、ある意味私よりも知識は無いのだと思いますが、それは良い意味で昔を知らなかったりする面もあったりするので、幸せなのか不幸なのかはよくわかりませんw。



そんな事を考えていたら、今後の車の進化なども含めて車選びをもう一度考えてみようか?と思いました。

私の場合、既に車とは離れた生活を過ごしていましたが、ちょっとした理由の為に、車を運転する必要性が生まれ、もう車の運転はしないかもしれない・・・とさえ思っていたにも関わらず、仕事で運転しなくてはならない事情が出来てしまった訳です。


運転しなくなってかれこれ15年ほどあったと思いますが、その車でさえ昭和車ですから、車購入という一大イベントという意味では完全に30年前の出来事なんですよねw。

もっとも30年同じ車を乗り続けている人は少ないと思いますが、運転はしていなくても、今現在その昭和車を所有している私はかなりレアだと自覚していますw。


まぁ~今後何か機会があればその車をレストアして、懐かしく運転できる日が来るのかも知れないと思っていましたが、単に走行する状態にするだけならそんなに高額出費にはならないかもしれませんが、当時の雰囲気を楽しむとなれば、そこそこ出費も覚悟しておかないと・・・と思っていたので、200万では無理かな?とか下手したら300万コースかも知れないけど、そんな時が来たらソレも止む無し・・・と覚悟していましたが、あくまでやる事が無くなったとか、棚ぼたで大金を手にしてしまったとか・・・そんな幸運に見舞われた日には、レストアという一大事業に乗り出してもいいかな?と思っていた程度で、その車もそんな伸びしろを失った日には、追々手放す覚悟が無いとただの不要品コレクションになってしまいますw。



その車も受注生産の競技用ベース車両というものだったので、色々変更する事を前提に購入しましたから、言ってみれば、使用する状態にするまでには、車両本体価格にオプション100万円以上組む様な感じでしたけど、最初から分かっていた事ですからそういう物だと考えていましたwww。


ただ・・・

最近つくづく思う事があるんですが、あの頃・・・例えばハンドルの舵角に合わせてヘッドライトの照射方向を変更する事を実現するには・・・、そもそも当時自分でいじれば違法改造になるかも知れませんけど、舵角を検出してライトの方向を変えるとなれば、電気工学に詳しい人でさえそれを実現するには結構費用が掛かったことと思います。

280馬力で規制があった当時プラス20馬力を稼ぐのにタービン変更したり、吸排気変更したりでも結構な金額だと思いますw。

そう考えたら、ぶつからない!とは言わずとも、事故を未然に防げるかもしれない安全装備も付いて、ツーリングアシストなんて便利な機能までついていたらそれが400万円だ!と言われても「まぁ~仕方ないっしょ!」って納得しちゃうんですよねw。


また、S4のStiスポーツに期待していたところも多々あったんですが、その内容も微妙で・・・、前回も書きましたが、コンセプトとして「Sti」ブランドを付けた見た目をメインとした仕様であれば、それまでの事なので、深く突っ込んだ話もできないのかな?と思っていますが、正直「あぁ・・・この程度だったん?」って印象でしたw。


というのも、もう少し足回りの仕様が凝っていると予想していた人も多かったはずで、ショック以外にもSti製の足回りパーツがおごられるとか、ブレーキキャリパーなどにも変更があるかなどなど期待していた部分は多かった訳ですが、意外と大人しい仕様だったので、「あらっ?」というところもあったんですよね。

(それが欲しければS4 tSだろ?!って話なんでしょうけどねw)


そういう思いからすると、Stiスポーツに拍子抜けしたのは私ですw。

見た目でソレと分かる様に外装でStiスポーツらしい見た目になっていますが、正直微妙ですよねw・・・私の場合特に、今更スポーツ走行頑張ろう!という気持ちも無いだけに、Sti仕様である程度出来上がっていたらありがたい!といった思い込みもあったので、それならStiではないモデルにそういったパーツを追加した方がいいのかも?と思えてしまいます。

アルミホイールやシートに関しても、必要か?と言えば、難しいところですw。

シートは正直座ってみないと何とも言えませんし、タイヤ&ホイールに関しては、自分の好みで履き替える可能性も考えるとあまりそこに20万円とかオプション設定されても・・・という気持ちもありますしねw。

ちなみに・・・S4の冬タイヤだとぉ~~



というのも、あまりチェーン装着はスバルとしては推奨いていないとか、そんな噂を聞きました。

(タイヤチェーンも昔の鎖ではないと結構良いお値段してましたから、10万円でホイール付きスタッドレスが買えるってのもある意味良い時代になったと言えるのかもしれませんね。)

AWDの性能からもそうなんでしょうけど、最近の車はなかなかチェーン装着も難しいくらいの構造になってますから、AWDの車であれば、スタッドレスさえ履いていればあとはなんとかしてやるわ!的な事なのかな?www

まぁそういう事も時代遅れの自分からすると「ん~~そういうものなのかな?」と理解せざるを得ない感じです。


そうそう!あとは標準でブースト計など表示できたりするみたいだし、現代ならあまり特別なものでも無いのかも知れませんが、電圧計や油温計など追加するとなればあれこれ面倒な作業を経て、取って付けた感満載な見た目になったりした訳ですけど、ディスプレイを切り替えるだけでそういった情報を表示できるというのも、その手間や部品購入を考えれば割安感ありますよね!、まぁ~「んなもん見ねぇ~し・・・」って人にはそういう機能は有っても使わないものになってしまうんでしょうけどw。
(それらが表示できるかは分かりませんけど回転数やアクセル開度など表示できるものもある様です)


ただ・・・最近はレーダー探知機などにもそういった車の状態を表示する機能がついているものも少なく無い様で、最近はそういった情報を取り出せるポートがあるそうで、それを使って様々な情報を表示する事が出来るという事も最近知りました。






こういった部分でもここ最近ようやくそんな機器が一般化している事を知ったくらいですから、まだまだ勉強不足なのは間違いないかな?と身に染みて感じる今日この頃です。

ちなみに私の持っていたレーダー探知機って・・・
箱の前にメガホンみたいな鉄板が付いていたものでしたw。

でも・・・その後、レーダー探知機という物なのに、警察無線とか消防無線が聞けます!的な、受信機みたいな機能もついているものがあった様な記憶だけはあるんですが、もちろん当時は小型液晶とか付いてるものは無かったので、LED・・・いや発光ダイオードが点灯&点滅するとか、ブザーが鳴るとかそんなんだったかな?wwww


冗談の様な話ですが、事実だったりしますw。

まぁ~そんな私が今車を買ったら、どんな車でもかなり驚きの機能搭載車という事になるかと思います。






最終更新日  2018.10.21 23:24:14
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.18
カテゴリ:
さてさて車選びの方はというと、やはり「WRX S4 Stiスポーツ」はあまり売れていないのかな?、一度スバルディーラーに行っただけで、その後情報らしいものが無く、私としてはYouTubeに動画が出るだろう!?と期待して待っているだけなんですけど、確か発売が先月21日だった記憶があるんですが、間違っていなければもうすぐ1か月経とうという時期ですから試乗レビューやら買いました動画が出て来そうな気もするんですが、全く無いんですね。

ただ・・・

S4 Stiスポーツ見てきました系はいくつかありますが、展示車両の動画なので、そのStiスポーツたる乗り味については全く出てこない様ですね。



私の車に関する経験ではノーマルがあって、特別仕様車があって・・・みたいな場合、それがスポーツ志向であったり、競技車両向けであったりすれば、全体に足回りは固くなり軽量化優先で、贅沢装備がそぎ落とされたりといったイマドキの言葉で言うのなら「ガチ仕様」といった印象になるんですが、S4自体競技向けという訳でもなく(十分通用しそうですけどたぶんあまり正攻法ではないのかも?w)スポーツ仕様とは言う物の“Stiブランド”を名乗るにふさわしい見た目と気持ち底上げの乗り味・・・的な内容でOK!といったコンセプトなのかもしれないので、こればかりはどこまで期待していいのか?そこまで期待しちゃダメでしょ!という自分の中の葛藤もあったりしますw。


実際、スバルの車の中にはStiスポーツなどStiを車名に入れたモデルの中にはSti無しの車の方が固く感じるものもある様で、固ければ運動性能が高いという訳ではありませんが、そういった私の様な古い頭だと安易にそう考えてしまうだけの事なのかも知れませんが、表現を変えれば、限界が高くて乗り心地が良い!みたいな・・・難しいですねw。


まぁ~正直なところ、今更限界走行しようとか「常にパワーバンドははずさねぇぜ!」的な事をするつもりは全くないので、S4のユーザーとして多そうな年齢層を考えれば、そういった2ペダルゆえの個性というか方向性を考えると、そういった外装内装への投資というユーザーの方が多いのかも知れませんね。

S4にはオプション設定がある大型リアスポイラーがStiスポーツには無い事などもそういった意味があるのかな?とも想像します。


でも・・・あまりレザーシートとかも座った経験が少ないし、滑りやすいというか腰が落ち着かないイメージがあってそういった豪華装備にはあまり興味が無かったりするのですが、車のシートって、数分座っただけじゃ大して分かりませんから、ダメなら交換すればいい部品ともいえるところですけど、今はそういった長距離を走るつもりも無いのでシートへの拘りってのもそれほどなかったり、外装でStiのバッジが付いたりする事も、締まって見えてカッコいいとは思いますが、バッジいくつかだけで主張するのなら、昔の様にステッカーだらけのラリー車仕様にしてしまえばいいだろう!という感じもあったりで、エクステリアで何か変更しようかな?と思う様なところもあまりなかったりしますw。

個人的には昔からの名残りで夜間走行時の明るさには妥協したくないので、そこは必要とあらば変更するでしょうし、機能的な部分では妥協したくないと思っています。




そして、少し前に衝突軽減ブレーキみたいな自動で歩行者などを判別して制動してくれる機能がMT車にも搭載されている車がある事に気づきまして、色々みていたんですが、私の条件に合うものでそういった機能付きだと、価格的にもあまり差が無かったりして、単に自動ブレーキ&MTだけで考える事も今はできなくなってきているので、車線中央維持など運転をアシストしてくれる機能なども込み込みで見た目も含めて考えるとやはりS4強し!なんですね。





そんなところに、噂になっていたインプレッサの改良モデルの情報が公式に発表されまして、これって簡単に言うとマイナーチェンジってことなのかな?

10/11に発表して11/2に発売だそうで、数日前にはスバル公式のWEBページに詳細があったはずなんですが・・・わからなくなったwww。

pdfはありましたが、詳細がありませんw。

あらぁ?夢でも見てたかな?www
インプレッサスポーツとインプレッサG4という情報で、そこにはインプレッサのStiスポーツについては情報が無かった様な記憶もあるんだけど・・・Stiというワードは含んでいた記憶もあるんですよねww。

まぁ~pdfに書いてある様に来月2日には発売されるというのだから徐々に詳細が明らかになるはずですが、私が見た(記憶のw)情報だとアイサイトが最新のVer4になって、ツーリングアシストもレヴォーグやS4と同じ様な?0Km/hからでも使えるものになるとか・・・

実際ここですよね!

私自身今現在スバルに執着しているところはここなんですよね。
鼻っ先のカメラやバックの警告とかももちろんですが、渋滞時に楽できるであろうアシストに対する期待がものすごく大きいので、多少高価でも買っちゃおうか!?と思えている訳ですから、この安全性能が丸々廉価版インプレッサに搭載されたら半額とまでは言えませんが、200万円台の車でそれが実現するならそれもアリかな?と思い始めてもいます。

インプレッサにレヴォーグと同等の安全装備が付くのはまだ少し先の話かと思っていましたが、もしもそうならばアクセルのツキさえ違和感なければ2Lインプってのもアリですかね?

もしもStiスポーツも出て、少し締まった足になってくれていたら願ったりかなったり・・・

WRX S4 Stiスポーツだと乗り出しで450万くらいにはなってしまう計算でしたが、インプなら300万程度になるかもしれません。
頭金いくらにすっかなぁ~とか考えてましたけど、まぁ~一括で買うほどではないですけど、毎月の支払いを考えたら、200~300くらい頭金払えたらあとは楽だなぁ~とか考えていただけに、これは私にとっては大ニュースかもしれません。

でも、言い換えれば・・・インプがレヴォーグと同じ安全装備になるってことは、その分レヴォーグが進化する見込みが立ったともいえるのかな?

ん~~~これはこれで気になり始めるといつまでも買えないパターンじゃないか??ww


でも正直なところ機能優先で安くインプレッサは悪くない選択だとは思うんですが、個人的に現行モデルの顔に馴染めなくて・・・

最近の車のデザイン自体あまり馴染めないのですが、特に丸っこかったりライト回りがこんもりしてるのは、どちらかと言えば嫌いなんですw。

そういう意味ではスバルのWRXは許容範囲なんですが、逆にシャープすぎるカローラスポーツなども苦手な部類に入ってしまうのです。
懐古趣味のおっさんは好みがうるさいですねぇ~~~w。


***********************************
話題にしていた新型ではない現行モデルですが、やはり2Lでも馬力が物足りなさそうな気がしますね・・・これについてはスピードの乗りや加速感というよりも、私のもっとも気にする部分でであるアクセルレスポンスの面でもターボ無しではあまり期待できないのかな?というネガティブな部分がありますね。
そしてデザイン的には目が丸っこくて、顔全体がぬるっとしたイマドキ?の車で、


カローラスポーツについては価格などから見ても今はあまり興味なくなってますが、デザインの話題が出たので参考までに・・・


そしてこれは現行モデルになるのかな?ひとつ前なのかな?S4ですが、固めの足ってのは好きなんですけどね・・・




でも・・・結局のところ車なんて機能だけで考えたら安い車でも良いものは沢山あると思うので、付加価値の部分がどれだけ自分にハマるか…って事なんでしょうね。

200万の車に200万かけてチューニングする人もいれば、500万の車をノーマルで乗りつぶす人もいるし、中古の50万の車を500万かけてレストアする人もいる、どれも正しい付き合い方だと思いますけど、維持費ってのは侮れないもので、ガソリン代はもちろんタイヤ代、オイル代、生まれながらの壊れやすい何かがあったりすると、「手がかかる子」となって、嫌になって手放す人もいれば、それが可愛くて手放せなくなる人・・・www

これこそが車の奥深さでしょうかね?????






最終更新日  2018.10.18 23:37:56
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.08
カテゴリ:
今日は久しぶりに風の穏やかな1日でした。

午前中は洗車してワックスがけもがんばりました。
以前から「塗装の状態がよろしくないなぁ~」と思っているので、最近はコーティングが多いみたいなんですが、昔ながらのワックスをかけているんですw。
下地が良ければコーティングしたほうがメンテが楽なんだろうとは思うんですが、ワックスがけしていてもシミみたいなのも結構あるし、このまま上にコーティングしたらそんな汚れも保護してしまう訳ですから、ワックスで誤魔化して行くのがよろしいだろうとw。

まぁ~古い車ですから序盤の管理次第ですよね。



そのうち鉄粉取りとか研磨剤で1枚削り取って下地がきれいになれば、コーティング剤使ってみたいんですけどね。

そうそう!少し前にフロントガラスのうろこ取りや撥水加工?のガラコだったかな?そんなのを塗ったんですが、ガラコよりもうろこ取りができてだいぶ視界が良くなったんですが、それでも逆光というか、光の具合によってはギラつく様な事があったので内側だろうと思っていたんですが、今日それをキレイに拭こうと作業し始めると、なんだ?絞った濡れタオルで拭くと、「変にはじくなぁ~」・・・

恐らくガラコとかの撥水剤塗ってあるみたいで、汚れかと思っていたのは撥水剤の塗りムラみたいで、外から見ると弧を描く様に拭き跡の様な白っぽい何かが付いているようなので、これは取り除いた方が良さそうだ・・・と、キイロビンで除去開始!。

水で洗い流せない車内ですからあまり際まで攻められませんけど、だいぶスッキリしました。


フロントガラス内側にはコーティング剤いらないんじゃないか?とも思うんですが、どうなんですかね?最近の車事情にうといので、そういう加工をした方が曇りにくいとかあるのかもしれませんけど、塗りムラで視界が悪くなる方が私は嫌なので、一皮むいて視界スッキリ!のはずですw。

まぁ~研磨剤であろうキイロビンを車内で使うとふき取りに苦労するのと、素材によっては垂らすと面倒なことになりそうですし、集中して作業しないと飛び散ったりして悲惨な事になると思いますが視界はキレイじゃないと嫌なんですw。

そんな事を言っていてもこれまで半年以上その状態で運転してるんですけど、会社の車じゃ仕方なし!と諦めつつ、徐々に改善して今日に至る感じですから、まだまだあれこれやらねば!ですね。


私が車を買っても、当分は会社の車と兼用で使う事もあるでしょうから今の車もそれなりに手を入れて行かないと困るんですw。






フロントガラスの撥水剤って苦手なんですけど、昔使ったものが良くはじいたんですが、あの水滴の動きに馴染めずに、2回目は使いませんでしたが、単に感覚が変わったのが、ガラコはあの時のものよりも自然な感じなのか?あまり違和感なく、今回も上塗りしておきました。




まぁ~~~相変わらずミニバンの屋根洗いは面倒くさいw

結局ワックスがけは、ルーフとボンネットで手一杯でした。
ふきとりいらずのワックス使ってますが、それでも他に手が回りませんでしたwww

また次の機会にドア&リアハッチを・・・www


普段園芸作業などで無理すると数日後に筋肉痛が来るんですが、洗車&ワックスは当日から来るんですよね・・・これは筋肉痛ではなく怪我ってことか?wwwwwww

足はつるし・・・腕も重い・・・w






最終更新日  2018.10.08 21:18:45
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.06
カテゴリ:
車選びの方はと言うと・・・


前回から方向性は基本変わっていません。
スバル1本ですね。
一応WRX S4、レヴォーグ以外も目を通しておこうかな?少し待ってアイサイトVer4搭載車種が増えるのを待つのもアリかな?とか、今は周囲の対抗馬も知っておこうかな?的な姿勢ですねw。

以前も書きましたが、選択肢が多すぎるので困ってます。

30年ほど前に車を買う時には、競技がやりたくて、そこに参加するには費用的にも手軽なこのクラスで・・・とか、それにかかる費用や、改造費なども考えているうちに友人の紹介でとあるメーカーの1600ccを購入・・・という流れだったので、当初は当時一般的だったAE86レビン、FFスターレット、カローラFXとか、シビックSiあたりも考えたかな?

しかし、競技とか考えてしまうと、ある程度信頼できるお店が近くにあった方が良いとか、生産台数の少ない車種にすると、中古部品が少ない面もあるので、修理代が高くつくかもしれない・・・などなど、まぁ~低収入の私ではぶつけなくても傷だらけになるであろうラリー競技に参加しようと思ったら、その辺も十分考慮して車を選ばないと、いけなかったんですが、そういった条件も含めてまぁ~悪くない話だ!と車種選びという楽しみは捨てて、車を選んだ感じでしたから、排気量もスタイルもある程度自由に選べる今は最後の一歩がなかなか踏み出せませんねw。



しかし、自由とは言え、仕事にも使えないと困るので、2シーターや2ドアはさすがに選べませんねw。

年齢的にも親を乗せる機会も多いので、低車高や高車高で乗り降りに苦労しますから無理ですねwww。

15年ほど運転していなかった私が、今運転するならマニュアル車一択でしょ!!と、当初MT車にこだわってきましたが、昨今の高齢者事故を見ていると、50代とは言え20代の頃とはきっと・・・たぶん・・・絶対にドライバー自信(私)の運動性能が下がっているんですから、安全装備というところにお金をかけるのは良い事かな?といった思いが強くなって今はスバルアイサイトしか見ていないといったところです。

私がそうだった様に、きっとMT車で育ってきて、久しぶりに・・・という人がいればAT車なんて怖くて怖くて・・・となるのは私も現在進行形で経験していますが、そんな人が、どうしてMT車ではなくCVT車のWRX S4やレヴォーグという選択なのかと言えば・・・



まず、車種選択という意味では・・・

もちろんまだ決意は固まっていないので、突然MTのWRX Stiという選択をするかもしれませんが、先に書いたように、最新の安全装備(アイサイトだかツーリングアシストのVer4)が付くのが3車種だけだそうで、うち1車種はフォレスターでして、細い道が比較的多い町ですし、車高的にも高齢者には乗り降りがどうなんだろう?みたいな思いもありましたが、先日実車を見たところ、WRXもそこそこ幅がありそうに見えましたが、フォレスターについては「無いな・・・」とすぐに思ってしまったので選択肢から外しました。

実際の数値は・・・(全長x全幅x全高)
WRX S4 4595×1795×1475
レヴォーグ  4690×1780X1490
フォレスター 4625×1815X1715

S4というかWRXはどっしりと低く構えた感じもあって、迫力ありましたけど、すぐにレヴォーグを見ても、こちらも意外と車内が広そうで、私自身ツーリングワゴンというのはあまり乗った経験は無いもので、商用車のライトバン的なイメージしかなかったけど、結構大きいんだな・・・という印象でした。

実寸でS4とレヴォーグは15mm差ですから片側7.5mmと思えば誤差だと思えますけど、レヴォーグとフォレスターだと35mm・・・片側17mm程度と思うと見た目ほど差は無いんですねww。

まぁ~他にも今のミニバンに乗っていて、洗車で屋根を洗うのが億劫で億劫でwww
洗車は嫌いな方では無いので、気づいたら短時間でもザブザブっと洗いたいんですが、屋根やフロントガラスの中央上部など脚立など無いと手洗いがしにくいので、「今日はやめとこ」と、断念してしまう事があります。

洗車というと、自分の中ではコーティングって高くて、一部のお金持ちが施す贅沢なメンテナンスと思っていまして、他にも数年経過すると白くなってボロボロと剥がれてくるような事もあったりして、あまり良い印象は無く、今年になって車洗う時には普通にワックス買いましたしねwww。

売り場に色んなケミカル用品あっても、昔自分がやっていた事しかスキルが無いし、信用できないので、とりあえず当時と同じ事をやってましたけど、最近は手軽にコーティングも自分でできて、加工後数年で劣化がひどくなるという事もあまり聞かないし、たぶん今ならコーティングしておいて軽く洗剤付けて洗ううくらいならそれだけで洗車後のワックスもいらないんでしょうね・・・

ああ・・・また脱線しましたw。


まぁ~そういった洗車の苦労というのも、最近のガラスコーティングとかしておけば、柄の長いスポンジブラシみたいなもので水洗いするだけでもきれいになるのかもしれませんが、できれば普通乗用車らしく脚立なしで気軽に洗車できる車が理想だったりします。


そんな背の高い車アレルギーな事も踏まえますと、S4とレヴォーグの2択となる訳です。

あれ?フォレスターってアイサイトVer3だな・・・ん?S4もVer3って書いてある。
どうも、このあたりが良く理解できていないんですが、一部動画などではD型レヴォーグはVer4とか、表現されるんですが、スバル公式の主要装備表を見てもVerの記載が無いものもあったりで、イマイチその差が分かりにくいんですが、ブレーキ系の支援や操舵や巡行の支援など、それぞれに若干進化しているものがあったりで、簡単にVerでくくれるものでも無いように思いますが、私の中ではツーリングアシストが0~120Km/hで使えるのがありがたいと強く思っているので、おそらくそれがVer4になるんだろうと思っているんですが、先日スバルに行った時に一応それについて聞いてみたところ、やはりツーリングアシストのそれは3車種だけになると教えてもらったので、それがVer4なのかと思っていましたが、それをVer4と言うかどうかは確認しませんでしたww。

まぁその機能が付いていれば恐らくブレーキ支援や視界拡張など安全そうな装備はオプションであれ装備する事はできるのだろうという考えで、ディーラーでも聞いてみましたが、実際に見積もってもらった訳でも無いので、ざっくりとした話だけでしたけど、そういった前方の広角カメラや後方ブレーキ支援など、動画で見たD型レヴォーグに付けられる安全装備と同等の安全装備が付けられるのは私の中では現状その2車種のみという事も確認してきました。



では、MT車乗りがCVT車で大丈夫か?
クラッチ無いとおっかねえんじゃなかったっけ?
サイドブレーキは足じゃなく手が良かったんじゃなかったっけ?

そうなんです!そこなんです!!。

未だにそこに不安はあるんですが、安全装備優先だとMTという選択肢はほぼ無いんです。
もしかしたら自動ブレーキというかブレーキアシスト程度ならMT車で搭載しているのはあるかも知れませんけど、支援系で言うと、たぶんオートクルーズ系ならMT車にはあるかと思うんですが、これまでカローラスポーツなどMT車の発売がある!という情報を知ればそのあたりは確認しているつもりなんですが・・・

あら?
カローラスポーツの6MT主要装備にプリクラッシュセーフティの項目に標準装備ってあるぞ?

どこかで見たら、「マニュアルトランスミッション車は除く」的な注意書きがあった記憶しかないんだけど、勘違いだった様ですね。


ホンダシビックについてもハッチバック6MT車はサポートカーSとか書いてあるな・・・

これは完全に勘違いしていたかもしれないww

ただ・・・
衝突防止ブレーキというか、各社様々な表現みたいですが、追突防止とか歩行者などとの事故を予防軽減するという自動ブレーキシステムの性能にはかなり差があるようで、無いよりはあったほうが・・・という程度なのか、通常使用であればほとんどの場合当たらずに止まれるくらいの高精度なものもあったりで、スバル一本でした。

え~~~~これはちょっと他のも見た方がいいかな?となってきましたね。



ですが、ここでもうひとつMT車じゃなくてもいいかもしれないと思える理由を、書き加えておくと、最近の車にはアクセル開度の電子制御化でドライバーがガバっと踏み込みたいと思って、そうしても実際にはじわりじわりとアクセル開度を上げていく様な味付けになっているそうで、そういった制御をモードで切り替えたりするのが最近は普通みたいなんですね。

きっと峠を攻めたりする用途ならば、そういった制御を強制的に変更してしまうのが当たり前なんだと思いますし・・・たぶんノーマルの電子制御のままではドリフトできないだろうし・・・あ!そもそも横滑り防止機能的なのもあるから、そういうのはその都度ON/OFFして使い分けるのかな?

なんだかひとつひとつの機能を理解するのも大変なのに、よく考えたら、スロットルコントローラーだけでなく、ABSやら内側だけ軽くブレーキ当てる制御とか今はいろんな事をやっているらしいから、ある一定のスキル以上を持っていない以上、吊るしの純正ノーマルの方が安全に早く走れるとかありそうで怖いですねww。


まぁ~今回見直していたら、MT車にもブレーキ支援付きがあるみたいだし、一応他のメーカーの車も見直してみるのも良さそうですね。

ただ・・・0Km/hからの運転支援というのは現状国産ではスバルのみみたいだし、実績的にもスバル優勢というのは、MT車にブレーキ支援あり!を知った今でも変わらないんですが、ならばWRX Stiにはついて無いのかな?ブレーキ支援www

動画見ていても完全にアイサイトの有無が画面で分かるので、そういうものだと思っていましたけど、浦島太郎と表現するよりも、ただただ常識を知らなすぎるだけなのかもしれませんね。
実際自分が車購入を考えた時もCDオーディオもいらないし、ナビもいらないしパワーウインドウもいらないし・・・って軽量化方向にしか興味なかったから、それでも性能や機能に興味があったのは30年前ですから、それ以降、車&カー用品業界がどんな進化をしてきたのかも全く興味ありませんでしたからねw。


そんな訳で、今回は日記書きながら重大な発見というか、無知である事を衝撃的に知った感じですw。

安全装備優先で考えてきただけにMT車は諦めてスバル1本で考えてきたので、400万以下は無さそうだっただけに価格的には視野が広がりそうですが、総合的な安全面も考えた時に今の考えが覆るだけの性能を持った低価格の車種があるかどうか調べてみようと思います。
(ただ・・・カローラあたりも決して安くはないんですよね!装備が装備なだけに)


ああああ・・・面白くなったというか、また少し後退しちゃったかな?とか複雑な気持ちです。
でも、少なくとも現実をひとつ知ったのは良い事です。
さぁ~~~これからどう展開するのだろうか???www















最終更新日  2018.10.06 10:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.25
カテゴリ:
スバルのWRX S4 Stiですが、その後これといった動画が見当たらず、発売日(21日でしたっけ?)以降の動きが気になるところです。


正直、時代遅れな年代になってしまうのでしょうけど、50代の感覚からすれば、ほぼ同じ価格でマニュアルのWRX STIが購入できるとなると、安全装備に振るか、MTの気持ち良さに振るか・・・そこが悩みどころなんでしょうけど・・・w。





でも、私同様、MTとは言え、あの当時のソレとは違って、電子制御の介入するMTってどうなんだろう?と思うところはあるのではないでしょうか?


WRX STIにあるのかはよく分かりませんけど、普通に考えて300馬力のエンジンを「女性でも扱える」という表現を使ったり使わなかったりの微妙な部分もあったりしますが、昭和車の300馬力であれば、ある程度アクセル開度の調節や経験値が高く無ければ、安全に走らせる事は出来ないんじゃないの?と思う部分はありますから、恐らくモード次第では免許取り立てでも運転できる車なんだろうと想像しています。

私自身、免許取り立て直後は花屋のプレーリーでもとっ散らかった記憶は消せまんから、教習車以外の車を運転するって事は、敷居の高い行為である事は、みなさんお分かりかと思いますw。




そういう過去の苦い思い出を考えても、今の車はそういった初心者や女性であっても運転できると言われる時代ですから、おっさんとしては、どう考えたらいいのかよくわかりません。ww


私の経験の中では、ハイパワー車というと、友人の買ったR32GTRのクラッチの重さってのは「まぁ~これくらいは当たり前だよね」と思った部分ではありますが、クラッチなしのS4では、AT免許取り立てでも300馬力使える訳ですもんね・・・。



これはモデル違いですが



こういったハイパワー車を、手に入れる事ができて、さほど経験が無いドライバーでも運転できるんですから、恐らく電子制御でマイルドにしてくれている部分はあるんだろうと、想像します。




そう考えると、「WRX STI」よりもKP61やEP71などの方が車としては面白いんじゃないか?と思ったりもしますが、たぶん安くはないですよねw





まぁ~色々と考えていますが、今更KPスターレット買う勇気も無いし、それやるなら自分の車レストアしますwww。




今現在も方向的にはスバルですかね・・・


なんだかレガシーのブレーキでリコールがあったとか・・・

ん~~

まぁ~ぶっちゃけあの指先で操作するスイッチみたいなものがサイドブレーキというのは、なかなか受け入れがたい部分だと思ってはいるんですけど、時代の流れを考えると、アクセルブレーキ関連全てアナログというのは無理なんだろうなw。


便利になった部分、不便とは言えないけど、当たり前だった事がやらなくても良くなったりと時代の流れについていかなければいけない部分は感じています。


結局、20年、30年前の車に乗るのも楽しそうだけど、最近はそういった誰でも300馬力以上の車を転がす事ができる時代になっている事を考えると、電子制御全般を否定していては、それはそれで安全装備も否定する事になりそうな気がするので、イマドキの電子制御が介入して来る新型車(現代車?w)という選択は、今更ドラテク向上を目論んでいる訳でもない私にとっては意外と悪くない選択なのかもしれない・・・とも思えたりするのですw


以前WRX S4 STIについては、かなり微妙な位置づけ!と、価格的にもその印象を書いた記憶がありますが、AT免許所有者が運転できるWRXという意味合いが強く影響するのか?私の様な「電子制御の多いイマドキのMT車買うなら、安全装備付きでMTっぽい運転もできるなら、それも悪くないんじゃない?」というやや落ち着き傾向のドライバーさんからの支持があるのか?、色々な方の需要があるんだと思いますが、価格帯としても手軽に購入できるという物でも無いと自分は思うので、今後の売れ行きは気になるところですね。








と、少し前に書いたまま放置してあったんですが、先日スバル販売店に実車があるかなぁ~と、近くまで行ったついでに15年ぶりくらいだろうか?車のディーラーさんにお邪魔してきました。


私が車を新車購入したのが30年ほど昔になりますが、20代前半でして、友人の紹介で車を買う事になり、ラリー入門用という事で話をしていたので、ディーラーに行き、選択肢も色くらいしか選ぶ事が無かったので、行った当日その場で契約して帰って来たのが1回。

その頃だったかな?ホンダのCRXグラストップも気になっていたけど、買う気はあまりないけどカタログ欲しいなぁ~とホンダベルノ店に行ったので、2回。





そして、そう考えると10年以上最初の車に乗り続け、その車でスバルディーラーにカタログを貰いに行ったのが15年くらい前になるかな?10年以上乗って来た車が毎回車検ごとに2~30万円の費用が掛かる様になってきた事もあって、一旦廃車にしてF型インプレッサを購入しようかな?等と思った事があり、それが3回目ですかね・・・。




あとは・・・ファミレスに入ったら、隣のトヨタでWiLL VSの発表会をたまたまやっていたので、TVCMで気になっていた事もあり、注文した食事が出てくる間にちょっと行ってみた事がある程度ですから、車屋さんって通過する事はもちろんありますけど、中に入るというのはその程度なんですよね。






今回はそんな滅多に行かない場所へ行ったのは、以前からあれこれ思う事はあっても、その真相は良く分からないイマドキの車の真実を知りたいのと、実車の大きさや雰囲気ってのを見たかったからです。

実は家の近所にレヴォーグは駐車してあるのを少し前に発見しましたが、他人の車の周りに立ち止まって眺めているのも怪しいので、遠目で「あれはレヴォーグだなぁ~」程度で、そばまで行ってその車格を体感する事はできませんでした。

また、新型なのかそれっぽいボンネットに穴のない恐らくはインプレッサであろう車が信号待ちで止まっているのを横断歩道を歩きながらチラ見したりと・・・。

まぁ~中古車でもいいから近くで大きさ体感したいなぁ~と思ったのですw。


実際車内に座る事はしませんでしたが、その旨お店の方に聞いてみたら「インプレッサ、レヴォーグ、WRXとどれもあまりサイズ的には変わりません」との事でした。
一部XVについても少し可能性を持って行ったんですが、私の用途としては現在のXVでは最新のアイサイト未搭載という事で、車高の高さからくる乗車のしやすさだけを優先するほどではないかな?との印象でした。

あとは、現状最新のアイサイト搭載(0Km/hからのオートクルーズや車線中央維持機能?)などはレヴォーグ/WRX S4/フォレスターの3車種だけなのか?という事も確認したところ間違いない様でした。

フォレスターは大きいのでどうかな?という印象でしたが、実車見て「うん、これはないな!」と確信w。

実際レヴォーグとS4の2択というイメージはあったんですが、カタログ値(全長X全幅X全高)を見ると・・・

レヴォーグ 4690×1780×1490~1500
WRX S4 4595×1795×1475

と、気になる全幅の差は15mmですからほぼ気にならないかな?という予備知識でしたが、実際はスタイルの印象からWRXの方が一回り大きく感じたかな?、たまたまS4の中古車があったのですが、大型リアスポイラー付きで、これはこれでいいかもしれない・・・と思いましたが、「スポイラー部分だけで洗車時に作業がかなり増えそうだな・・・」とデメリットにも思えた部分もありましたねw。


ただ…羽(リアスポラー)については色にもよるかな???

シルバーだと大型ではない方がいいかな?
白、ブルーだと大型スポイラーの方が・・・と思ってしまったり・・・写真でも感じる部分ですが、実車を見るとそういうイメージもより具体的に感じるものですねw。

あ!S4のStiスポーツは大型スポイラーのオプションはないんですね。
あまり細かいところまで見ていませんでしたが、そう考えるとStiスポーツならブルーは無いかな?やっぱり羽無しならシルバーかダーク系かな?www。


と、まぁ~S4のStiスポーツとWRXのSTiが同等の価格なら・・・

等と価格設定についても謎な部分を感じましたけど、確かに難しい選択ですね。


でも、実際には2車は全く性格が違うし、ユーザー側の志向が決まっていれば、選択は難しいものではないとは思いますが、見た目がほぼ一緒で価格もほぼ同じ・・・となると頭では分かっていても最後の決意はなかなか難しいのかも知れませんね。


まぁ~ここまでに色々な選択肢がありましたが、安全装備方向でここ最近考えて来た私としては、先に書いたように、レヴォーグとS4の二択になっている傾向はかなり強いですね。

ただ・・・同じ2Lエンジンとせず、レヴォーグ1.6Lと2LオンリーのS4の選択ってのもありますけど、価格的にはその性能なりの差額とも感じるだけに、ここまでに安全装備以外に最も気にしているアクセルからのレスポンスを考えると1.6Lよりも2.0Lの方がアドバンテージがありそうにも思えますから、本当に悩みますね。



かれこれ数か月考えてきましたが、こうしている間に運転しずらい今の車で嫌な思いをする事を考えたら、そろそろ具体的に数字とにらめっこする時期が来たのかもしれませんね。

はぁ~~~~~~~っ・・・




価格 3,910,000円 (税込)



楽天で買う!って手も無くはない・・・w
価格 3,845,000円 (税込) 送料別





ん~~~S4にしても、Stiなしという選択もある訳で・・・

このあたりは、実際にナビや安全装備込み込みでの数字で検討するしかないか・・・






最終更新日  2018.09.25 09:00:10
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.05
カテゴリ:
あれれ・・・昨日スバル公式HP見てたら、WRX S4にSti仕様が追加されるようなバナーがあるのを発見した!。

しかし、今日Youtube見てたらS4Stiの広告動画が・・・w



そして公式見直したら既にStiがラインナップに追加されていた。
気づかなかった・・・w

2.0GT-S EyeSight 3,736,800円
STI Sports EyeSight 4,093,200円

パッとみたところ、外装に変更点がいくつかあるのと、やはり期待するところとしてはStiチューニングの足回りですね、シートもレカロで、内装にも変更点ありますね。

これまでのS4にオプションで追加できるパーツもいくつかあるんだとは思いますけど、内容を考えればS4にStiパーツ付けて、Stiエンブレムも貼ってしまえ~!という人もたぶん現存しそうな気がしますが、個人的にはそういう「無いなら作ってしまえ!ww」的な思考は嫌いではありませんがw、そういうのって意外と手間もかかるし、どこか「なんちゃってSti」をシャレとして主張しきれない心の弱さが出たりするもので・・・w。

こうして、メーカーからSti仕様が出るというのは個人的には大歓迎だったりします。

でも、メーカーとしては難しい選択だったのではないかと思ったりもしますが、やはりStiはマニュアルトランスミッションでこそ・・・みたいな部分もありますけど、レヴォーグのStiも恐らく人気があるものだと私は思っているので、その傾向を考えると、アイサイト装備のCVTでスポーティーなモデルが欲しいという人は割合は分かりませんが、間違いなく存在すると思われますww。

そう!私もその一人ですからw。

でも・・・価格的にちょっと中途半端かな?という印象も無くはない・・・。

王道のWRX Stiが4,060,800円ですから、スバルとしてはS4StiとStiの販売台数次第で今後の方向性すら変わりそうな調査的な意味も多く含んだ発売になるのかな?と考えてしまいますね。


私は正直なところWRX S4にStiモデルがあったら面白いかな?とは思っていました。

ですが、見た目はそっくりでもその内容はかなり違うんだろうなぁ~という想像も膨らんでいるので、ほぼ同じ価格でこの2台が存在するってのはどうなんだろう?という・・・w。


安全装備はあまりないけど競技志向でもあるガチムチ車両と、安全装備が充実していて馬力も同等でオートマ免許で乗れるStiという・・・んん~~まぁ~私の様なMT車大好きだけど最新の安全装備にも興味がある・・・となると、これは悩みますわぁ~~w。



今後の売れ行き気になりますね。




自分の車選びは?というと・・・

このStiの話との繋がってきますが、パワーがあるとか無いとかよりも、車が思う様に動いてくれるかどうか?が私の中の基準になりつつあるようです。

これは以前から言っている、走行中にアクセルをガバッと踏み込んでもエンジンは全く反応してくれないという鈍感さが嫌で仕方ないんです。

これがMT車のWRX Stiだと走行中にパカパカとアクセルを踏み込むと車が上下にピッチングするのかどうかは分かりませんけど、たぶん私はこういった当たり前の反応を求めているのではないかと思える様になってきました。

しかし、最近の車はあくまでアクセル開度は忠実に拾っていても、実際にどれだけスロットルが開くのかは分かりませんし、まだ試乗も出来ていないので、ただの妄想ですけど、色んな動画を見ていても、SIモードをS#にするとアクセルのツキも良くなって・・・等と言った話を耳にするので、スバルの車だとたぶんインテリジェントモードという一番大人しい「iモード」とその上の「Sモード」、一番スポーティー?な「S#モード」となっている様ですが、肝心なのはS#モードというのが昭和車の如くまるでワイヤーを介して物理的にスロットルを開閉しているといった感覚で燃料が噴射されるものなのか?、ドライバーの意志を拾って、若干調整した動作をするのか?ここが気になるところです。

これは速く走るとか、燃費が良くなるとかいう合理的な話ではなくて、例え「ガバッと開けたら、ギアの割に回転数低すぎて加速しなかった。(ノд-。)」でもいいんです。
逆にやや高めの回転数をキープしていれば、「お!15m先に道路の継ぎ目が盛り上がってるから手前でアクセル踏んでFショック伸ばして行こう!」とかいう時にリアを沈めてフロントを伸ばすといった荷重移動もできるんですけど、最近はそれができないので、逆に手前でブレーキかけて沈めておいてから、ブレーキ話してストローク確保するといった後続車からしたら「ん?」といった挙動かもしれませんw。
もっとも急ブレーキかける訳でもなく、めちゃめちゃ柔いサスペンションゆえ軽く減速するだけでノーズは沈み込むので、軽い減速からブレーキを抜くだけで加重移動できるという「気の抜ける運転」になっている訳ですw。


まぁ~こういった事よりも普段の加減速で黄色信号になった時に、今なら停止線で止まるにはこのブレーキだときっついなぁ~超カックンブレーキになるだろうな・・・少し加速したら黄色の状態で通過できるだろうというタイミングでアクセルを踏んでも加速してくれないと気持ちは1秒後には交差点内に侵入しているはずなのに、まだ停止線手前だったりするんです。
もちろんここから止まろうと急制動かけても交差点内かその先でしか停車する事ができないというタイミングだったりするんです。

正直これは私のミスなんです。

安全に停車できるか通過できるかの判断が出来ていないのです。
というか、感覚が今の車と同調出来ていないので明らかに運転ミスなんです。

ですが、アクセルは踏めばガソリンが出てエンジンの回転数が上がるという感覚が身に染みついてしまっているので、安全な停車をするには黄色信号では極力停車する様に心がけるしかないという事を最近覚えましたから、久しぶりに運転した頃は本当に怖くて怖くて嫌だったんですが、今は後続車が「行けるだろ!」ってタイミングであろうと止まる感じです。

これは以前の車ならその大半は通過していたと思うくらいです。
ただ・・・黄色信号で加速通過するのが良いかというとそれもまた問題なんですが、大事なのは“安全に止まれるか、安全に通過できるか”という事でしょうから、車の性能が低いか高いかで、この状況は変わってくるはずです。



そんなアクセルの反応といいますか、燃料噴射の塩梅ってのを車が意図的に緩やかなカーブを描く様に調整しているのかどうかというのは状況によっては、先に書いたインテリジェントモードやS#モードを使い分ける事でその時の乗員などによって使い分ける事ができればとても良いと思うのです。

ですが、もしもS#モードでもその反応が遅いとなると、もう旧車を選ぶか、少し前に存在をしったスロットルコントローラーに仲介してもらうしかないのだろうと思う様になりました。


そう!ノーマルのS#モード(他メーカーだと呼称は変わるかと思いますが)が比較的リニアな印象であっても、それに反応できるトルクが無いとオートマチックなミッションではMT車の様な反応ってのは得られないのかも知れない・・・そう考えるとこれまで「車なんか、そう重く無ければ100馬力ちょいあればそこそこ不自由なく走れるだろう?」といった私の考えも通用しない気がするのです。

というのも昭和車であっても、軽のやリッターカーでも速い競技車両はいっぱいありましたし、それにターボ付いていれば1600ccNA車と同じクラスで走ってたくらいですから、軽さを考えたら110馬力もあったらかなり面白い車だったはずなんですが、まぁ~過給機がどうこうって話ではなく、運転しているという感覚を味わおうとしたら、結局のところ最新の車を買ってしまっては、それは無いものだと諦めるしかないのかも知れないと思ったりしてます。

いや、現実にはもしかしたら商用車やトラックなどなら比較的リニアな反応をする車もあるかも知れませんけど、そこまでするなら、寝かしてある車をレストアする方が理に適っているといえます。(昭和の1600CCハッチバックを車検切れを現在所有中)



え~~~そうなんです。

当初中古であっても今、手に入るMT車を探していましたが、MT車は中古車でも高額で、状態の良いものだと新車買ったっていいんじゃないか?そんな価格のものも多いので、新車のシビックタイプRやWRX Stiなども選択肢にあったのですが、最新のアイサイトなど安全装備やオートクルーズ機能などを知りその装備への興味も大きいので、WRX S4やレヴォーグが選択肢に加わりました。

ですがこちらも最新の安全装備となるとここ1年ほどに発売されたものに限定されるため中古車と新車の差額がこれまた微妙になってまして・・・ここ最近気づいた、インプレッサやXVなどにも安全装備が最新なんじゃないのか?という事に気づきましたので、いっその事MT車やエンジンレスポンスってのはある程度諦めて、それはレストアする車に任せた方がいいんじゃないか?と・・・w。

それなら高価なS4やレヴォーグよりもコスパが高すぎるくらいのインプレッサやXVという選択肢もアリなんじゃないか?と・・・


そうなんです、いつもの事ですが、ここに来てまた色々な選択肢が見えて来ました。

逆にシビックやアクセラといった車両には今は気持ちが動いていなくて、スバル車での選択を考えている状況ですね。



ですが、ここに来てS4のStiとか出てくると・・・

おいおい、じゃあ昭和車直してもそれにどれだけ乗るんだ?
いずれは直したいと思ってはいるけど、もしもレヴォーグとかS4買ったら、その車乗り続けるんじゃないのか?!そう囁いて来るもう一人の自分が居るんですwww。



レヴォーグは近所に停まっているのを見かけるんですが、私が興味を持っているレヴォーグStiではないので、それを見てさほど心動きませんけど、もしかしたらそういった直感的な物が無いと前には踏み出せないのかも知れませんね。

WRXとかになれば仮に200万頭金用意しても結構な支払いになりますからね~~、それがインプレッサならかなり気持ちは楽ですし、正直なところ昔ほど車を運転する機会が無いのは分かっているので、辛いところではあります。

しかし、そこに付加価値が見いだせれば、単に安全だから・・・で選んだ車と、欲しいと思える何かがあるのなら多少高い買い物になっても良いんじゃないのかな?という思いももちろんある訳です・・・w。


そんないつもの行ったり来たりの車選びはまだまだ続きそうですけど、S4のSti・・・確かに安全装備などお金かかってるのも分かるんですが、ちょっとWRX Stiと同じってのは両方潰しって感じかな?ww

いっそ安全装備をそぎ落として競技志向を突き詰めるならWRXStiは競技車ベース仕様的な贅沢装備を削って、価格を抑えて、しまうのも悪くないかと・・・思ったり。

S4の方は競技志向は一切抜きで、スポーツ性能濃い目のCVTセダンとか・・・単にミッションや駆動方式が違うってだけならカローラやシビックでも車名を変える事無く同じ枠で色々と変化させてるのに、思うところはわからなくはないけど、ユーザーからすると価格帯ってのも大きなポイントになってくるだけに、「んん~~~~」ってのが正直な印象でしたw。



WRX S4 STI Sport「Feel STI Moment」篇30秒


WRX STI プロモーションムービー


スバルレヴォーグ 2018.1 CM


SUBARU XV:TVCM「好奇心」篇 30秒




この調子だと、まだまだ悩みますねw






最終更新日  2018.09.05 23:07:25
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.19
カテゴリ:
先日見た動画によって、電子制御でアクセル開度が人の意志通りではない反応をしている可能性を知ってから、スバルWRXなどにあるインテリジェントモードとか、Sモードといった機能の表示の意味が「そういう意味だったのか?」と思える様になってきました。



TOM'S電子スロットルコントローラ「L.T.S.II」インプレッション



なんとなくですが・・・

たぶん・・・


アクセルベタ踏みしても、設定してあるアクセル開度というか、開いていく具合は設定されているもの以上には開かないという事なのかな?

私が違和感として常々感じているのは、走行中であれ、発進時であれ、アクセルが鈍感すぎて「気持ち悪い」んです。

私の中でのAT車というか、ギアなし?というと、スクーターのプーリーのイメージだけでして、最新知った、このアクセル開度のカーブというか開き方を意図的にゆっくりと鈍くすることで、省燃費だったり急発進しないような仕様になっているのかな?と思うも、CVTって何さ?というのも根本的な謎だったして、変速の仕組み的にはスクーターのそれと同じようなベルトとプーリーだったような曖昧な知識もあったりしますが・・・

実際はどうなんだろう??

無段変速機(CVT)の仕組み


スクーターの変速の仕組み 説明動画



ん~~ギア比という意味では同じようなものみたいだけど、まぁ~別物っぽいかもww

しかし、私の中では意識的に踏めるクラッチが無い以上、遠心クラッチ的なものを期待して、発進時には一発アクセル煽ってみたりしちゃうんですが、もちろんこの動作は単にアクセルをペタリと踏んでいるだけで、エンジンは全く無反応ですw。

とはいって、意図的にアクセル控えめに踏んでいると信号が青になってもなかなかまともに前進してくれないので、MT車では急発進になりかねないアクセル開度でのスタートを意識しないと迷惑なトロトロ発進になってしまうのです。


走行中もわざとベタ踏みしてみる事も試しましたが、全く加速する反応もないし、エンジン回転数すら上がらないので「これ壊れてるだろ?」ってず~~~っと思ってましたw。

まだ真相はわからないので、実際不調なのかもしれませんが、このところの情報収集内容から考えると、単純にそういったアクセル開度の制御がなされていると考えられるのかもしれませんね。

0-100km/hフル加速性能(S#モード Sモード Iモード)
 スバルWRX STI (VAB-D) タイプS 動力性能 launch


これまでスバルのWRXも候補に入っており、Sモードやiモードといった切り替えに応じてディスプレイにグラフの曲線表示が変わる映像を何度も見てきましたが、なんとなくパワーの出方が急激になるのか穏やかになるのか・・・くらいのイメージでしか考えていなかったので、例えばインテリジェントモードだと最高出力も抑えてしまったりするのかな?とか想像していましたけど、単純にアクセル開度のレスポンスだけを制御してもかなり加速Gや無駄な燃料噴射はコントロールできるものなのかもなぁ~と思い始めました。


もっとも、これも想像にすぎないので、そのうちスバルに限らずどこかのディーラーでそういった事について質問してみる方が良さそうだな・・・と考えてます。


ん~~~

なんだかこういう事も、今となっては当たり前なのかもしれませんが、マルっと15年も運転から離れていましたし、最後の車が昭和車だった自分には不思議というか・・・SFとも言えるレべルですよ!!。www


とは言え、社外品のスロットルコントローラー的なものを付けるのも少々抵抗ありますね。

若い頃は面白がって色々と改造しましたけど、やはりいざ事故となった時に責任問題にならない様に、大事なところには手はつけませんでしたから、50過ぎれば尚更整備不良的要素は排除し、メーカー純正で胸張って運転したい気持ちは結構強いかもしれませんw。

たぶんスバル以外にもこういったモード切替でフィーリングを変更できたり、燃費に貢献できたりといった機能はあるんだと思いますが、↑のWRXの動画を見ていても、あの程度ならほぼアクセルレスポンスには我慢できないほどのラグは無さそうにも見えますから、常時S#モードで違和感なく運転する方がいいのかな?とか思ったりもします。


今はこういった機構が標準でも、あの頃車運転していた人はみなアクセルを50%踏めば・・・100%踏めば、それ相応のアクセル開度で運転してたんですもんね。

言い換えれば、ハイパワー車を雪道で扱いきれずにスタックさせてしまっている車も少なく無かった記憶もありますが・・・w
まぁ~貧乏人のひがみも込みで、色々と思うところもあった若い頃でしたwww。


車探しの方は、そんな状況でして、純正である程度アクセル開度の制御が使い分けられるような車というのが良さそうに思えてきました。

これら私の思い込みは、全て空想なので、現実にはそんな切り替えではない!という回答をディーラーの方があっさり・きっぱりと説明してくれる日が来るかもしれませんので、そういう思い込み程度と思ってくださいw。

何の裏付けもない想像からくる妄想みたいなものですw。


でもね・・・もろもろ安全性能を価格に置き換えたり、昭和の頃には今みたいなインテリアなども想像できませんでしたしね。

価格があの頃とはかなり変わってしまっていますが、それだけお金もかかっていると納得できる部分もありますからね・・・。

ある意味それは面白くないかもしれませんけど・・・

オプションの純正アルミを履くよりも、鉄チンホイールモデルを選んで、自分好みのホイール&タイヤに変更するというのも今は標準アルミホイールだったりして、それは丸ごとガレージの隅に置いておいて・・・という贅沢な買い方?楽しみ方?が今風なんでしょうね。


しかし、アクセル開度の電子制御介入の可能性を知ってからは、多少あの違和感にも理解しようという姿勢で向かい合えるので、少しは違和感を軽減できているかもしれませんが、やはりフニャフニャの足回りと、手前で甘い印象のブレーキには馴染めませんねw。

まぁ~会社の車は、最低もう一回は車検取るそうなので、ブレーキのオーバーホールを車検整備の時についでにやってもらおうかと考えています、メインで乗りたい車ではないのですが、違和感は取り除いておきたいですからね・・・w

JB23ジムニー日記 #08 ブレーキオーバーホール キャリパー分解オーバーホール編  suzuki jimny












ん~~~現状、WRX S4有力かなぁ~~?www






最終更新日  2018.08.19 22:20:22
コメント(0) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.