181855 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Beadsholic

2011最近の撮影方法

イメージフォトを撮る時は、2003年に買ったEOS Kissで、マクロ100mmのレンズを使って撮っています。シャッタースピードが1/60以上でないと、手ぶれしてしまうので、三脚とレリースが必要になります。手ぶれ防止機能が優れた機種なら、もっと遅くても手持ちで大丈夫かもしれません。

ビーズの透明感を出すために逆光気味にします。
つまり、一番強い光源の前に作品を置いて撮ります。
そうすると、作品の前に影ができます。
撮っている時は、構図とかピントが気になって、影まで気を配れないのですが、
あとで撮った画像をみると、影の方向がわかります。
いつも同じ場所で写真を撮ると、影が前にできる逆光セッテッィングが自ずから決まります。

ビーズの透明感は、高級感を出すだけでなく、
ビーズでできた5角形や6角形の間の隙間を目立たなくし、作品を、
ガイコツでなく、なだらかな曲線で覆われたモチーフとして認識するのに役立っていると思います。

パール製の作品は不透明なので、別の撮り方が必要な筈ですが、この領域は未研究です。。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.