2289461 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

R-BEAR 非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


R-BEAR0206

カレンダー

お気に入りブログ

本日は貨物色 New! maito3377さん

計器盤 改造過程さん

ざわざわ日記 野沢菜々子さん
プラモデルの戦士た… REALISTさん
プラモ作成・塗装・… プラモおいさまさん
ねこきちぷらきち日記 みーかむーかさん

ランキング市場

コメント新着

ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
R-BEAR0206@ Re:洗面所のタオル掛けを倍の長さに(04/30) 考えてみたら平成最後の仕事でした。(笑)
R-BEAR0206@ Re[1]:タリカロにて(03/31) てんちょさんへ 少しばかり充電して、なん…
てんちょ@ Re:タリカロにて(03/31) 長い間お疲れ様でした。 これからが楽しみ…
R-BEAR0206@ Re[1]:穴子の煮つけと蛸飯(08/28) KKぴさんへ ありがとうございます。 最近…

フリーページ

ニューストピックス

日記/記事の投稿

2019.08.22
XML
テーマ:本のある暮らし
カテゴリ:愛する本


この本はちょっと前に話題になった本である。

今回この本を読んでみようと思ったのは、映画「否定と肯定」というのを知ったからだ。

書籍としても「否定と肯定」があるが。


否定と肯定【Blu-ray】 [ レイチェル・ワイズ ]


否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる闘い【電子書籍】[ デボラ・E・リップシュタット ]

この「ヒトラーの戦争」はアーヴィングによるホロコースト否定を描いた本である・・・と簡単に言っても何だが、ヒトラー自身によるホロコースト命令の書類や証明できるものがなく、強制収容所には戦時中死体を燃やすための煙突もなかったこと。

毒ガスを投下する窓も戦後に作られたこと・・・などなど

現在では歴史修正主義者の論拠となる本。

史実としてはリプシュタットと裁判になり、アーヴィングが敗訴。破産。服役。(ホロコーストを否定することは法律で禁止されているオーストリアで逮捕される) この辺りが映画「否定と肯定」

実は私もホロコーストには一部誇張されている部分があると昔から思っている(収容所での死体の大量廃棄はあったとは思っているが)。

それは史実としている600万という数字。四年間365日という事て単純計算しても一日5000人の処分なる。

しかも、それのための石油はどれくらい必要か。もともと石油がないのでエル・アラメインの戦いは石油確保の(このあたり日本のパレンバン攻略に似ている)ためのはずだが・・・

南京大虐殺も30万人といわれるが、そうだとしたら、松井石根の破壊力は原爆以上となるが・・・

現在、歴史の中で言われるホロコーストとは少し違うかもしれないが、それはその意見も読んでみる必要があるよね。何でも読める世界が大切だ。






最終更新日  2019.08.23 16:09:05
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.