2554626 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

R-BEAR 非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


R-BEAR0206

カレンダー

お気に入りブログ

下面塗装 New! 改造過程さん

5つに切ったロール… New! maito3377さん

サフ吹き みーかむーかさん

ざわざわ日記 野沢菜々子さん
プラモデルの戦士た… REALISTさん
プラモ作成・塗装・… プラモおいさまさん

コメント新着

ドメスティックだんご@ Re:プロクソン サーキュラソーミニテーブル 改造後(03/29) こんにちは。 はじめまして、ドメスティッ…
R-BEAR0206@ Re[1]:ノートPCのSSD化(12/27) イーザスさんへ この度は書き込みありが…
イーザス@ Re:ノートPCのSSD化(12/27) R-BEAR 非時香菓(ときじくのかぐのこのみ…
R-BEAR0206@ Re:洗面所のタオル掛けを倍の長さに(04/30) 考えてみたら平成最後の仕事でした。(笑)

フリーページ

ニューストピックス

日記/記事の投稿

2018.01.15
XML
カテゴリ:模型


X-Base製作プロジェクトを開始しました。
と言っても私が中心ではなくて、わが組織の若手三名です。

今日はX-Base本体とLEDを持ってとある実験室へ。
実験用の低周波発振器のある部屋です。

なんとはかったようにゴミ箱には山のようなエナメル線が捨ててあるではありませんか。
そいつをちょっと拝借して適当な大きさにコイルを作りました。
そしての中にX-Base用のLEDをぶち込んで、各周波数を発振して光具合を確かめました。
共鳴振動数を測るためです。

なんと、一か所LEDが見事に光りました。
これで周波数が特定できました。
しかしながら、発光としてはまだまだ実験段階。
電流と巻き数の実験が残っています・・・・

面白いことにiPhoneの無線充電器の上に置くと発光します。
しかし、なんとLEDは点滅しながらなんです。
その時間幅は0.5秒くらい。
場所はかなり特定され、模型に組み込むには難があります。

さてさて、実験の具合はどうなるでしょう。
実験用低周波発振器では埒が明かないので、発振器を作ります。

秋月電子通商の「XR2206使用ファンクションジェネレーターキット」なら共振周波数が出せそうです。
後はコイルの巻き方を考えて自作X-Baseを作ってみよう。
頑張れ若手諸君。









最終更新日  2018.01.16 20:19:54
コメント(0) | コメントを書く
[模型] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.