2554219 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

R-BEAR 非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)

PR

全1316件 (1316件中 101-110件目)

< 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >

模型

2019.06.15
XML
カテゴリ:模型


朝から模型を作っています。

昨日のうちにデカールを貼り上げて、エナメルで墨入れをしました。

やたら汚くなったと失意のうちに就寝したのですが、起きてみてみると色が落ち着いてまずまずの感じになっています。



ランディングギアを装着しました。

今日は天候が悪いので、最後のコーティングは出来そうにないから、完成は明日かな。

朝から模型をいじれる幸せ。






最終更新日  2019.06.15 06:07:11
コメント(0) | コメントを書く


2019.06.14
カテゴリ:模型


タミヤイタレリのJAGUAR GR-1は現在生産休止になっている。

Amazonなんかでは12000円を超えるぼったくり価格になっているものです。

ネットなんかでもイタレリのキットは評判が良くなくて、ぼろくそに叩かれていることもあって、生産休止なのかなぁとも思っていました。

出来が悪くても可愛いものなので、一生懸命作ってやるのですが、このキットに関してはかなり問題があると思います。

箱の完成写真とインストの説明がまずあっていません。

インストでは空対空ミサイル(サイドワインダー AIM-9 翼の上に付く奴です)はXF-19のスカイグレーになっていますが、完成写真はどう見ても「白」です。

そうじゃないかなぁと思って色々見たのですが、どうも「白」ですかね。(笑)

でも、スカイグレーにしましたわ。(笑)

もっと闇なのが、デカール Aタイプを選んで英国空軍デザートキャップ、バーレーン 1991を選んだのですが・・・

指定のデカールが印刷されておらず・・・すぐ横にA5番のデカールがあったので貼っちゃいました・・・

という事で「RESCUE」の文字のデカールが一つ足りません・・・・

なんてこったい。

画像ではキャノピーのすぐ下にあるデカールです。

本来ならもう少し前方の下に付くものです・・・

そして箱の画像見たら空白になってデカールが貼ってない・・・

​気が付いていたのかよ。​

それならそれで訂正入れるべきでしょ。​

イタレリのデカールそのまま使っているにしても・・・

ここにきてテンションダダ下がり・・・

最後の最後でこのテンションのダダ下がりは辛いです。

タミヤさん、それに気づいて、生産休止にしたんじゃない。と言いたくなります。

タミヤは好きなメーカーだけに辛い。

ネットに全然出てないから(検索するとわしのブログばっかりや)(笑)ここで一応上げておきます。

備忘録として。






最終更新日  2019.06.14 19:04:26
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:模型


毎日、模型三昧。

いつまで続くかなぁ。

久しぶりのタミヤアクリル塗料を使用。

インスト通りにバフとピンクの4体1のミックス。

エアブレーキは全体と馴染ませるために、両面テープで固定して全体と一緒に塗装しています。

内部塗装のマスキングを兼ねていましたが、内部の色が赤みが強かったので結局塗り直しましたが。



シャドー吹きをしているので、一色でもなんとなくメリハリがついていますね。(笑)



そして、尾部のエンジンと耐熱版の塗装、ガンメタルが指定されていますが、もっと薄青い色が良かったかな。今回はこれで良し。



ガンメタルはタミヤアクリルを使用。

かなり古いもので、新製品になってから小さな瓶に移行しているので、その差は歴然。(笑)



ガンメタル濃いよねぇ。(笑)

そして、もう一度マスキングして、今度はランディングギアの内部塗装。

前に塗った色がちょっと赤みが勝っていたぞ。



複雑なランディングギアの構造はかなりオミットされている。

1/72の宿命か・・・それともイタレリの解釈か。

触ると厄介だったのでブレーキパイプを作ってここは誤魔化してしまいましょう。(笑)

0.3ミリの手芸用銅線を使っています。100円ショップは神ですね。(笑)



塗装をしたらそれなりになりました。

後はデカールを貼りながら、小物の塗装、組み立てに入ります。






最終更新日  2019.06.14 09:14:32
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:模型


延々とマスキングをやってきたから、ちょっと目先を変えて、ブレーキパイプを作ってみた。

タミヤ・イタレリのジァギュアGR-1のランディングギアは、実機とはかなり形が違っている。

しかし、これを全面的に手を入れるのは辛いのでそのまま。

兎に角実機のランディングギアの構造は複雑なのである。

まあ、仕方ないので03の銅線でブレーキパイプを作ってみた。

実機では3本のパイプがあるがそれは無理。

一本だけね。

塗装するとそれなりに見えるかな。






最終更新日  2019.06.14 00:33:31
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.13
カテゴリ:模型


メタルカラーを探して、塗料の在庫を調べてみた。

ラッカー系はガチガチになっても真媒液を使えば再生できるのですね。

出てきたのはこの四種。

懐かしいですね。

何年前の塗料なのだろう。

真媒液を入れて拡散してみれば、十分に使用できそう。

後ろに少し写っているがメッキシルバーと言う塗料もあった。

専用の薄め液も入っている。(笑)



タミヤのアクリル系のメタリック系塗料も出てきた。

こちらはほとんど問題なく使用できそう。

それにしても大分大きさが小さくなったなぁ。(笑)






最終更新日  2019.06.13 09:56:12
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.12
カテゴリ:模型


タミヤ・イタレリのJAGUER GR-1の塗装に入ります。

昨日、一つ完成させているので続いての塗装に入ります。

これはB.V.141よりも前から手を付けていたもので、塗装の直前まで行っていました。

今回はMr.Hobbyの塗料ではなく、指定通りタミヤ製のアクリル塗料を使っています。

これはMr.Hobbyの黄土色に近い感覚なんでしょうか・・・

とりあえず、微妙な色指定だったので逆らわずに行きました。

久しぶりのアクリルだなぁ。

色調はFX-57とX-17の4:1の調色です。

英国軍のバーレーン、1991年仕様です。

XF-57は「バフ」、X-17は「ピンク」になります。

シャドー吹きをしているので生きてきているでしょうか。



裏面も同じ色合いになります。

この機種を選択したのは英国機に多い翼上部にミサイルが付くというタイプです。

そりゃあんた、ライトニングに至っては翼の上面に燃料のサブタンクを付けちゃう国ですから。

性能上は問題ないのかも知れないけれど、何と言ってもスタイルが微妙。(笑)

イギリスらしいセンスですね。

第二次大戦時もダメダメのデザインと性能の駄作機量産国ですから。

まぁ、そこがよくてバラクーダとかの模型も買っているんだけれど。(笑)






最終更新日  2019.06.12 14:12:51
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.11
カテゴリ:模型


20年ほど前に袋に入ったジャンクとして頂いたもの。

エアフィックスのB.V.141。1/72

箱もなく、インストもなく、もちろんデカールもない状態でした。

今回、これを何とか形にしてみようと作ってみました。

パーツが揃っているかすら、インストがないので分かりませんでした。

今は、ネットでインストを公開してくれている人が世界には必ずいるもので・・・助かりました。

一目瞭然に胴体部分のパーツが多いです。この時点でかなり不安でしたが・・・

無くなっているパーツは一切なくて、胴パーツが多いだけと言う、意外な展開。

デカールがないので、どこかからコンバートも考えましたが、ジャンクキットにそれはそれはないわな。

一番簡単な日本機仕様としてみました。

実機は1941年に初飛行ですから、アメリカと開戦した年ですね。



いろいろ考えましたが明灰色一色の九九艦爆仕様にしてみました。

正確には九九艦爆でもないのですが、気持ちね。



こんな感じで出来ました。

ピトー管はあまりにダメダメだったので金属に卑怯ですが置き換えています。

だって60年代テイストを大事にして作るのを基本にしていたから。



さてさてどんなものでしょう。

意外と日本機塗装は会っている感じがしませんか。(笑)



という事で、捨てられていたB級キットを作ってみよう。(笑)

でした。まる。






最終更新日  2019.06.11 19:57:28
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.06
カテゴリ:模型


今日はここまで。

何とかここまでたどり着きました。

いゃー、我ながらよくやると思います。(笑)

明日にはマスキングが完了するかな。






最終更新日  2019.06.06 14:42:51
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.03
カテゴリ:模型


Fw.189A-1が一応片付いたので、次のジャンクはB.V141エアフィックス。

これは手に入れたときから組みかけ状態。

20年以上も前の入手。

沢山手に入れたジャンクの一つ、袋に入っていてインストはなし、デカールなし。

放ったらかしになっていていたので、これも作っちゃいましょう。

模型リハビリには良い感じです。

しかし、どのようにするかは今後の出来次第だな。

箱の切れ端からキット自体も初版かその再販か。

パーツは揃ってそうですが何分インストがないので。(笑)

絶対におかしいのが胴体の左パーツ。

この時点で余っています。(笑)

クリアパーツはアオシマのものより透明感は強いが、窓枠がほぼほぼない。

まぁ、やってみるか。



サクッと内部塗装。

ドイツ機内部色にしました。

細部はエナメルで塗装していきます。






最終更新日  2019.06.03 15:20:58
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:模型


マガジンキットの隼、二機(なんと二機分が発送されてきました)を頂いたのですが、インストがないと困るでしょう。ということで本誌も送ってくださった。

別にデーターでいいですよ。jpgでもPDFでもと言っていたのですが・・・

申し訳ないです。

しかし、本誌もじっくり読むと面白い。

期もせず本誌を含めて複数のマガジンキットを手に入れるなんて、模型仲間に感謝です。



この中に二機分が入っています。






最終更新日  2019.06.03 09:19:39
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1316件 (1316件中 101-110件目)

< 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.