2508668 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

R-BEAR 非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)

PR

全1316件 (1316件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

模型

2019.11.27
XML
カテゴリ:模型


本日、購入。

久々のF-14特集。

前回はタミヤの1/48の新作が出た時だったかな。

2年前の2017年1月号だったかな。

いやいや、もう3年前になるのか。

今回のものが2020年1月だからね。






最終更新日  2019.11.27 14:17:47
コメント(0) | コメントを書く


2019.11.26
カテゴリ:模型


やりすぎだとは思うのですが、いつもここまで分解清掃です。(笑)

分解!

清掃!

組み立て!

完了。

よし次。






最終更新日  2019.11.26 19:28:22
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:模型


1/72 ハセガワ F-4EJの制作。

グレーFS16440を塗装。

ファントムの場合、結構地味な塗装のものがあります。

このC帯のキットは第2航空団第303-2飛行隊 千歳基地と、第6航空団303飛行隊 小松基地が選択できるようになっています。

箱絵は千歳基地の機体が描かれていますが、全体的に地味です。

これはこれで良いのかもしれませんが、私が選んだのは小松基地所属の機体。



主翼上面の両端がオレンジ色に塗装されています。



塗ってみて思ったのですが、ちょっとオレンジが機体色に比べて鮮明すぎるかな。

画像では20%くっきりさせる効果をかけていますので余計に差が歴然です(実際はもう少し暗い)

後で、どれくらいリカバーできるか分かりませんがとりあえず続けて塗っていきます。






最終更新日  2019.11.26 19:01:41
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.25
カテゴリ:模型


FS17875のホワイトを塗装。

シャドー吹きをしているのでそれを生かしながらの塗装です。

久しぶりの塗装なんで(笑)






最終更新日  2019.11.25 19:57:46
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:模型


エアブラシのハンドピースは使うたびに分解して相当奇麗にしないと後日使おうとすると固着して使えない場合がある。

しっかり、ツールクリーナーを使ってやっているつもりなんだが。

今回、Mr.Hobbyの一番新しいハンドピースPS-264Aが塗料の逆流で内部が塗料まみれになっていることに気が付いた。

ニードルパッキンがヘタってしまったのか・・・交換するとなるとテフロン加工のニードルパッキンだから高くつくなぁ。

そういえば、ニードルが結構スカスカと入ってしまう・・・・

台湾製の真ん中のハンドピースは詰まっているのかとにかく塗料の吹き加減が一定しない。

出ないかと思えば、ドバっと出るし・・・使えねぇ。

掃除をもう一度やり直しました。

最後に一番古い(エアブラシを導入したときにコンプレッサーと一緒に付いていたものです、造形村のものです)0.5ミリのハンドピースは時々エアが止まらなくなります。(笑)

こいつはピストンの汚れである場合が多いのでこれも掃除。

古いやつなのでニードルストッパーが付いていません。

当時、そんなの付いたのあったかな。

Mr.Hobbyのものと径が一緒なのでその部分を部品請求するのもありかな。

よく使っていますが頑張っています。






最終更新日  2019.11.25 00:18:03
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.23
カテゴリ:模型


ハセガワの1/48サイズの三菱T-2CCVです。

ハセガワのT-2CCVは1/72サイズも出ているのですが、こちらはキットが古いので凸モールドなんですね。

1/48のCCVは金型が新しく凹モールド。

このサイズでは決定版じゃないでしょうか。



1/72はプラッツのこれが決定版でしょう。






最終更新日  2019.11.23 19:54:33
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.22
カテゴリ:模型


プラッツから発売されている1/72のFS-T2Kaiです。

練習機のT-2を改修して2機作られた実験機です。

以前、書いたT-2CCV研究機という事だったのですが、こちらは支援戦闘機F-1の性能を把握するための機体です。



こちらが以前書き込んだT-2CCVになりますね。

FS-T2Kaiの場合は後部座席のシートを外して、そのスペースに攻撃/航法システムにかかわる電子装備、J/ASN-1慣性航空装置、J/ASQ-1管制計算機、レーダー警戒装置などのアビオニクスを搭載しました。

機首にはFCS(火器管制システム)を搭載、レーダーにも高精度爆撃モードや空対艦攻撃モードなどを追加しています。

キットとしては見た目は大きく変わりませんが、一番の特徴が後部座席のキャノピーです。

通常のキャノピーに金属カバーを装着する形になっています。キットでも別パーツとして再現されています。

箱絵の画像では再現されていませんが、キットでは実験の際に追加された各種パイロンやラックが含まれており、増加タンク、CBLS-200ディスペンサー、AIM-9L空対空ミサイル、カメラポッド、RL-4ロケット弾ランチャーが選んで付けられるようになっています。

この辺りは嬉しいサービスですね。

ハセガワから1/48のサイズで発売をされた機体なのですが、武装はキットの中に含まれておらず、装着する場合はF-1のキットからコンバートが必要になります。



このキットもデカールはカルトデカールが付属。

コーションがとても多くてワクワクです(笑)

キワモノ機体の好きな私としては外せないキットですね。(笑)

二つ買えば、FS-T2Kaiの機体はコンプリート出来ますよ。






最終更新日  2019.11.22 14:08:07
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.21
カテゴリ:模型


プラッツから発売されている航空自衛隊第6飛行隊のF-1支援戦闘機。

定価2800円、実勢価格2200円程度のもの。

値段的には飛行機モデルとしてはメチャクチャコスパがいいキットですね。

金型は新しいし、再現力が半端ないです。



驚くべきはこのコーションデカールの凄さ。

カルトデカール製ですよ。

はっきり言って苦行そのものなんですが、出来上がったらその超絶さに震えるだろうな。

プラッツからはエッチングも発売されています。



外装用のエッチング。チェコのエデュアルド製です。

エアブレーキもこれで組むのか・・・



コクピットと足回りのエッチング。

これはデュアルド製とプラッツ製。



ガルパンのチラシも入っていました。(笑)

機体は「剣」「天誅」「必沈」「維新」「奇兵」の5種から。

うーん、やっぱ211号機(80-8211)の「天誅」かな(笑)

215号機の「剣」も捨てがたい。






最終更新日  2019.11.21 13:11:55
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:模型


5月にサフを振ってから、いろいろあって現在まで塗装を封印していました。

久々の再開です。

ハセガワC帯のF-4EJ




すべてパネルラインは実機と同じくらいには彫りなおしました。

あまりに違うのでびっくりですね。当時はこんなものだったのですね。

タミヤ・イタレリのF-4G



こちらも低価格の設定なので金型は古めの凸。

こちらも彫りなおしました。

筋彫りの練習としてはコストパフォーマンスが良いですね。






最終更新日  2019.11.21 11:52:13
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:模型


ヴィネット切り詰め術

表紙を見て、植物の同定やフィールドのプロット調査で飯食っている息子が

「植相まで考えて作るんかな」とそこに突っ込みを入れていた。

もちろん、アフリカ戦線はアフリカの、東部戦線は東部戦線の、ベトナムはベトナムの。

夏は夏、秋は秋として再現しているね・・・プロは凄いと。

プロから見るとどーなのか分からないモデリングしている私には頭痛いですが・・・

まぁ、好きな道楽としてやっているだけなので・・・とでも言いわけしておこう。(笑)






最終更新日  2019.11.21 10:38:14
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1316件 (1316件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.