245549 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ココアののほほん日記

2021年09月15日
XML
テーマ:日記(2087)
カテゴリ:夫婦のこと
顛末とは、デジタル大辞泉によると、「顛」から「末」までの意で、事の最初から最後までの事情。一部始終。だそうな。
ということで、先日来からすったもんだの暴言医師とのその後の顛末ですが、あららというか、ちょっと拍子抜けの結果に落ちついちゃいましたぁ!(苦笑)
暴言医師も某整形クリニック(分院)の院長なのですが、その元締めの別の整形クリニック(本院)の院長が暴言院長の上の立場、いわゆる理事長なのです。
その理事長に事の顛末を伝えたところ、早速に調査し、暴言院長やそこのスタッフさんたちに聞き取りをしたそうです。
結果、暴言も大声も説明不足も威圧的態度も事実と判明、その他にもあれこれあることも判明し、理事長がら平謝りというか、電話とはいえ謝罪も受けました。
その暴言院長、「俺はそんなこと言ってない」とでも開き直るかと思いきや、百人中百人以下と言ったことも、大声も説明不足も威圧的態度もみぃーんな認めてくれちゃったのです!(謎)
まぁ、スタッフさんも聞いていますし、今までの評判もありますし、理事長から問い詰められれば逆らえなかったのでしょうね。
理事長曰く、「彼(暴言院長)も根は悪くない、根は優しい」と言うのですが、すかさずオトタマ曰く、「いや違う、根があんなだからあんな対応なんだよ」と。
「桜の木も枝も花も桜の根から生え育つのであって、根が梅なら梅、松なら松が生え育つんだよ」と…!
そんなオトタマの一言に、はぁーと理事長もその後はしばし沈黙だったみたいです。(笑)
ちなみにその暴言院長は62歳、理事長は60歳、オトタマは65歳でして、オトタマ曰く、若者からすればみぃーんな還暦過ぎのいい歳の爺さんだそうな!(笑)
でもってその後のココアとオトタマの治療はどうすればいいのよなのですが、我が家から近くにも整形はあるし、例のイケメン先生の整形も電車で行かれないこともないしで、さぁてどうしようかとなりました。
「もしも嫌でなければうちで診ますよ、ウェルカムですよ」と理事長も言ってくれましたし、電話で会話しただけですが人柄も良さげで、ならばお世話になっちゃおうかとなりました。
ならばと早速、昨日の午後にオトタマと理事長のクリニックに行き、ココアは椎間板ヘルニア、オトタマは骨密度の診察をしてもらいました。
既存のデータを見つつ、説明もわかりやすくて丁寧で、ココアは薬で、オトタマは注射で当面は対応しましょうとなりました。
理事長の整形クリニックは我が家から歩いて20分ほどですが、曜日や時間によっては駅経由での送迎バスも出ており、上手く活用できればありがたいですね。
そんな折、一難去ってまた一難でして、我が家の暮らしに密接なところで大規模クラスターが発生でして、それらへの対処で今日は朝からてんてこ舞いでしたぁ!
コロナ禍も長引き、感染も他人事ではない日々の暮らしに迫りつつでして、困ったもんだのすったもんだです!(汗)






最終更新日  2021年09月17日 15時59分36秒
コメント(4) | コメントを書く
[夫婦のこと] カテゴリの最新記事


PR

X

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ココア410

お気に入りブログ

11月のあれやこれや New! キディママさん

フリーページ

コメント新着

 ココア410@ Re[3]:同病相憐れむ(12/06) New! やまちゃんさんへ ねー、病気を持つとやた…

カテゴリ

バックナンバー


© Rakuten Group, Inc.