028601 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

法華宗 圓常院 日蓮宗

PR

Profile


medama6887

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

2012.02.07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
120206_122755-1.jpg

この赤球石は、円常院創建350年を記念して 丹波の国 宇津峡 黄徳寺から遷座した神聖な石。
宇津峡は、河川が四方から流れて寄ってくる京都では唯一のパワースポットで、昔々、安倍貞任が処刑される際に
陰陽師が
「生き返ると怖がられた安倍貞任をバラバラに処刑して埋めることを進言」
今も宇津峡の周辺の山々には、首塚や切り畑など地名が残っており、供養塔が建っています。
霊能者は、ここに古い強い霊がいる、古墳のようなものが見える、すごい霊気が漂っていると証言しています。
ここに産する赤い霜降りの牛肉のような石は、生き返りを防ぐパワーがあると信じられてきました。
それが転じて、こぶ、塊、ふきでもの、できものが再発しない、沈静化する、こぶ取りに効果があると言われるようになりました。
最近ではガン封じの口コミがあります。
患部をさすって赤珠石を撫でて行かれる方があります。
これでガンが消えたり、病状が良くなったりするとは断言できませんが、民間信仰の奥には、なにか得体の知れないパワーが秘められていることが多いのです。
〒602-8418
京都市上京区寺之内通大宮東入 大本山 妙蓮寺 内 塔頭 円常院
入ってすぐ左側に鎮座
祠がないので雨ざらしで安置されています。
ゆくゆくは祠を建てて、手厚く安置する予定です。
「赤球石霊験大明神」お札1000円もあります。

お参り、お札ご希望の方は連絡ください

お問い合わせメール

携帯メールアドレスはこちら

120206_200448-1.jpg



お参り、お札ご希望の方は連絡ください

お問い合わせメール

携帯メールアドレスはこちら






Last updated  2012.02.08 00:51:34
コメント(1) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.