567344 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

スピリチュアル・メモリー 女神の物語

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

女神の物語@ Re[1]:瀬織津姫を祀る武蔵国一宮 小野神社(02/16) 寒川 氏子さん >一宮制度が確立したのは…
寒川 氏子@ Re:瀬織津姫を祀る武蔵国一宮 小野神社(02/16) 一宮制度が確立したのは中世だから、本当…
女神の物語@ Re:すいません、途中で切れました。(02/24) 世良 あきほさん はじめまして。 コ…
世良 あきほ@ すいません、途中で切れました。 すいません、途中で切れました。 ちな…
世良あきほ@ はじめまして はじめまして。 女神の物語さまのブログ…
May 2, 2008
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
朱雀大道りといえば、平安京を南北に走っていた当時のメインストリートですが、現在では決して広いとは言えない千本道りと、JR山陰本線がほぼその跡地を通っています。

そして山陰本線が二条駅を出ると向きを西に変えますが、そのあたりから北側がかつて内裏(皇居)だったところです。



平安京の南側の入り口には羅生門があり、さらに左右に東寺と西寺がありました。

五重塔と弘法大師空海で有名な東寺は、唯一平安京造営当時から存続し、さらにその場所が変わっていない貴重な寺院です。



南の羅生門址から朱雀大道りの跡を北に辿って行くと、新幹線や東海道本線を横切り、梅小路機関区(蒸気機関車館)を越えて、七条通りから五条道りの間には、京都市民の台所とも言える中央卸売市場があります。


このあたり一帯は、戦国時代の頃には朱雀野と呼ばれ、幕末に新撰組の屯所が置かれた壬生と共に、京の中心地から外れた農村地帯になっていました。



五条通りに面した山陰本線丹波口駅から、千本道りを南に向かって歩いてみました。


コンクリートの高架線となった山陰本線が上を走り、その隣はずっと中央卸売市場の巨大な倉庫の様な建物が続いています。

あまりにも無機質で、潤いなど微塵も感じられない景色です。


ここばかりは、京都であることなど忘れてしまいそうでした。



しばらく歩いていると、小さな神社があることに気が付きました。


島原住吉神社と書かれています。

縁結びのご利益があるそうです。



P1040059.JPG




神社の入り口には、この周辺の由来が詳しく書かれた石碑が幾つか建てられていました。


P1040058.JPG


この周辺は島原と呼ばれた花街だったそうです。


豊臣秀吉によって柳馬二条に開かれた柳町が、寛永18年(1641年)この地に移されました。

それがあまりにも慌しかったために、「まるで島原の乱の様だ。」ということから島原と呼ばれることになったといいます。



その島原の中に、角屋(すみや)という町内に現存する唯一の揚屋(料亭)の遺構として重要文化財に指定されている建物が残されていました。



P1040064.JPG


江戸時代中期には、俳諧が盛んになり与謝蕪村を師として招いたこともあったそうです。


幕末には、西郷隆盛などの勤皇の志士たちが密議を交わしたり、豪商からの資金調達のための接待に使われました。


また、新撰組も壬生の屯所から近く、ここで酒宴を開いたりしました。

芹沢鴨が付けた刀傷が、今でも残っているそうです。




平安京のメインストリートであった朱雀大道りの痕跡は、もはやどこにもありませんでしたが、さすがに京都は歴史が違います。


島原という花街を行き交った、勤皇の志士たちと新撰組。


彼らの息づかいが聞こえてきそうなところでした。






続く







Last updated  May 3, 2008 02:43:14 AM
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.