610720 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

スピリチュアル・メモリー 女神の物語

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

女神の物語@ Re[1]:瀬織津姫を祀る武蔵国一宮 小野神社(02/16) 寒川 氏子さん >一宮制度が確立したのは…
寒川 氏子@ Re:瀬織津姫を祀る武蔵国一宮 小野神社(02/16) 一宮制度が確立したのは中世だから、本当…
女神の物語@ Re:すいません、途中で切れました。(02/24) 世良 あきほさん はじめまして。 コ…
世良 あきほ@ すいません、途中で切れました。 すいません、途中で切れました。 ちな…
世良あきほ@ はじめまして はじめまして。 女神の物語さまのブログ…
June 11, 2008
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
出雲大神宮に行ってきました。

「出雲」と言っても、島根県の出雲大社のことではありません。


京都市のすぐ隣の亀岡市に、「元出雲」と呼ばれている出雲大神宮はあります。



P1040531.JPG



御祭神


・大国主命(おおくにぬしのみこと)

・三穂津姫命(みほつひめのみこと) (大国主命の后神)




異説としての御祭神


・天津彦根命(あまつひこねのみこと)

・天夷鳥命(あまのひなとりのみこと)

・三穂津姫命(みほつひめのみこと)




本殿の後に、美しくそびえる御影山そのものが「出雲大神」として、太古より崇められていた御神体山であるそうです。

この御影山は、国常立尊(くにとこたちのかみ)の身体そのものです。


国常立尊は、出雲毘女(いずもひめ)によって祀られていましたが、毘女が薨じるとこの御神体山に葬られ、三穂津毘女、出雲大神と呼ばれるようになったと伝えられています。




「元出雲」と言われている様に、島根県の出雲大社よりも古い歴史があるそうです。


丹波国風土記には、大八洲国国祖神社(おおやしまのくにのみおやのじんじゃ)と記され、また「元明天皇和銅年中、大国主命御一柱のみを島根の杵築の地に遷す。」とあります。


江戸時代までは、現在の出雲大社は杵築大社(きづきたいしゃ)だったので、「出雲神社」と言えば、こちらの出雲大神宮をさしていたそうです。




P1040524.JPG


御影山は禁足地ですが、この磐座までは登ることが許されています。



P1040526.JPG


御神殿の奥にも磐座が祀られています。


磐座には、神が宿られるそうです。

きっと古代の人々は、巨石から神聖さや、太古の記憶を感じていたのでしょう。




P1040527.JPG



御神殿の奥の磐座の、さらに奥には、古墳の石室が残されていました。


その場所から考えると、出雲毘女を葬ったところなのかもしれませんが、神社の案内図の説明によると、5~6世紀の横穴式古墳と書いてあります。



私は、古墳の前で霊視を試みてみました。


すると、古代の御霊神が現れて、「良いクニだろう!」と呼びかけてきました。

私が、「そうですね!」と返事をすると、

「しっかり見ていってくれ。」と言ってくれました。


白い古代人の服を着た、かっぷくの良い男神でした。




出雲大神宮は、とても波動の良い素敵なところです。


とても清々しく、木漏れ日も綺麗で、妖精さんたちの楽しそうな姿も見られました。

水も清らかで、近隣の方たちが御神水を汲みにたくさん集まっていました。



古代というよりも、太古からと言った方が相応しいこの神社の歴史は、私たちの想像をはるかに超えるものかもしれません。






続く






Last updated  June 12, 2008 02:49:42 AM


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.