024162 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

文芸評論と漫画評論

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

お気に入りブログ

コスプレ犬 かぜにはるるさん

Rosemama気… Rosemamaさん
tamana cafe nanoなのさん
杖連草(つえづれぐ… mondo117さん

コメント新着

 具の多いヤキソバ@ 蒸し暑い かぜにはるるさん、おおきにっ。 関東…
 かぜにはるる@ Re:雨でイライラ(06/20) 関東は 雨が降りません。 あつー
 具の多いヤキソバ@ 妻にバカにされました かぜにはるるさん、おおきにっ。 情報を…
 かぜにはるる@ Re:伊集院静について(06/03) 夏目雅子さんの旦那さんでしたっけ?
 具の多いヤキソバ@ さんきゅう~ かぜにはるるさん、おおきにっ。 今日…

フリーページ

ランキング市場

ニューストピックス

2008年07月21日
XML
カテゴリ:文芸評論
少し幻想的な第三部

荒野というのは、主人公の、思春期の少女の名前だ。
作家の父親を持つ、などの、少しだけ変わった境遇であるが、取り立てて、特異という程ではない家庭。
この家庭と、学校などで、この年代らしい独特な感性で、実際に眼鏡を通して、世の中を眺める。

「ハングリー・アート」という、人を動かす衝動について、考える下りは、面白い。
第一部では、ジャズや作家に対して、第三部では、さらに包括的に、この言葉の意味を問う。

三部構成の、この作品の、第三部のみが、書き下ろしらしい。
第三部では、文学賞授賞式、夏祭りの喧噪、義母の失踪などの下りが、少し幻想的に描かれる。
特に、夏祭りの喧噪の中での、主人公の孤独感の描写が独特で、特筆したい部分だ。

主人公は、眼鏡をコンタクトに変えた。
コンタクトを通して観る世の中は、よりクリアーだ。

この年代の主人公が、人生を、どんな風に眺めるのか?
こんな観点での、見所は多い。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2008年07月22日 03時39分23秒
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.