000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

下天は夢か

PR

X

全56件 (56件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Panzer フォゥ~!!! WW2

2008.07.07
XML
IMG_1771.JPG 突然、ちはら会に行ってみた。京葉道路が空いていると、1時間半以内なんですね。

着いた所で、手の空いているkawaさんとパットソをする事になりました。お互い初めてプレイなので、ルールを確認しながらやってみました。とりあえず、米軍をやらせてもらいました。
なんやかんやで、9ターンまで行ったのかな??
kawaさんの手堅い防御に、米12軍が勝利都市手前でストップさせられ、米軍辛勝の都市を5つ中3つ位とれそうな所でお開きに。

やはり、対人でやると面白いですね。
展開は、米12軍の方は予定通りの展開。20軍の方で6ゾロ突破がでたのでかなり良い感じで戦線を押し下げる事ができました。いろんな作戦を研究する、と言うゲームではありませんが(史実通りな感じになっていく)、ユニットの戦力が毎回変わる事で、細かな変化を楽しむ事ができそうです。とにかく細かいルールが多めなので、慣れるまではちょっと手間かかりますが、ユニット数自体が少ないのでなんとかサクサク行けますね。慣れれば12ターンのショートシナリオは例会で十分終えられそうです。

このゲームも、読むよりも慣れろ、と言う感じです。ルールの書き方はHJ版よりもCMJ版の方がわかりやすいように感じました。
ちなみに、購入理由はオペタイやキリング・グランドをプレイするのに、これで慣れると導入楽かしら?みたいな理由ですが。

IMG_1776.JPG さて、2戦目は戦国合戦絵巻6人プレイ。コンポーネントでクソゲーだとばかり思ってましたが、簡単明瞭で意外と史実通りになり面白かったです。ただし、自分は北条氏だった為、史実通りソロプレイみたいな感じでしたけど。しかもそれで得点は一番という、なんとも勝利感のない展開デスタ(´・ω・`)
と言うか、合戦も交渉もなくて、プレイから蚊帳の外、みたいな感じぃ~でした。

本当は、暴れ回る武田を後ろから狙う、みたいな感じが良かったのでしょうが、最初のイベントカードの、佐竹氏の攻撃で出遅れた為、長い物に巻かれる作戦になってしまいました。

前回の太帝、今回のパットソ。できるゲームの幅が今年はちょっと広がってます。
今回はできませんでしたが、次回は裁く野狐…ではなく、砂漠の狐当たり、平日オフ会でレジェビギをプレイできたらいいなぁ。






Last updated  2008.07.07 20:56:09
コメント(5) | コメントを書く


2008.06.27
パットン第三軍全景

 まずはやってみよう、と言う事で2ターンまでやってみました。感想など
ユニットの数があまり多くなく手頃にプレイできる。マップ等、個人的にはグラフィックは好き。ルールは簡単で少ないけど、細かいルールがあるのでまとめを作った方が良さそう。どちらの陣営でやっても楽しめそう。戦力チットで戦力にばらつきがあるのと、相手の戦力わからないのでドキドキする。時間的に例会にちょうど良いかも。などなど

 今までちょっと敬遠していたテーマだけど、結構面白いかも。一度プレイして改めて本紙のリプレイと史実を読むとなかなか面白い。次回の例会ではplayキボンヌ






Last updated  2008.06.27 23:46:31
コメント(0) | コメントを書く
2008.06.07
 久々にちはら会に参加
早朝4時からサーフィンに出かけ、鰻ラーメンを食し、ちはら会に参加した。一日中遊んでしまった…
本日の幹事mitsuさん、お疲れ様でした。インストしてくれた補給切れさん、相手をしてくれたOMEGAさん、ありがとうございました!

empire of the sun

さて、本日のプレイは「Empire of The Sun」
ルールブックが分厚くて、正直萎えていた。だいたいにして、陸海空の作戦を扱うゲームは、ややこしいのが多い、と言う先入観が有り。ざっと、目を通して参加してみた。

ところがどっこい、実際にやってみると非常にプレイアブルで、ルールも良くできていて太平洋戦争のいろいろな要素が上手く表現されている…と思った。
ルールで長々と書いてある所も、実際にプレイしながら見ると、全然たいしたこと無い。インスト役に徹して頂いた、補給切れサンに大感謝です。
フツーの戦線をひく陸上戦のゲームと違い、かなり広い範囲を動け、かつ、航空機のZOCに当たるモノの上手く使う必要有り。制空権が大事って事。勝利条件もよく考えられていて、どちらの陣営にも勝てる可能性がある。もちろん、日本の勝利はアメリカと交渉に持っていく、と言う現実的なモノだが。

醤油鰻ラーメンカードの使い方もなかなか面白かった。上手に文章にできないが…。短時間でプレイアブルに太平洋戦争キャンペーンをするには、まさにこれしかない!補給切れサンの言うように、あまりプレイされているのを見た事無いが、これはかなりお勧めなゲームだと思う…と言うか、正直に面白い。

鰻ラーメンとは!!
鰻ラーメンの店は、和食屋さんを営んでいる本店が対面にあり。ラーメンのスープは、鰻の頭でダシを取っており、こくがあって美味い。チャーシューはトロトロモノを炙ってあり、これまた美味い。麺も麺の味がしっかり。






Last updated  2008.06.27 23:39:24
コメント(3) | コメントを書く
2008.04.16
BtoBをやってみた。第一ターンのみ。
ちょっと慣れないけど、やっていけばできそうな気がする。
ただ、東部戦線だけでなく、アフリカや西部戦線などにも注意を払うのが難しい…
補充と戦略移動のタイミングとか、ポイント貯めていくのも、どういうタイミングでやるのか…
そもそも、カードにどんなモノがあるのかわからないから、行き当たりばったりになってしまいそう…
カードを知らないから、新しいカードを見た時の楽しいかな?と思ってたけど、このゲームはきちんとカードを知らないと、ゲームの進め方がわかんない~みたいな感じです。

そういえば、久々の日記&ゲームでした。






Last updated  2008.04.16 22:23:41
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.22
キタ━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━コレ

コブラ~♪    と行きたい所ですが、6A「激闘のルマンディ」
コブラ~ いつもの事ながら、綺麗なマップ。特に今回はボカージュの雰囲気が、SPI版の色のイメージを残しつつ、もっとボカージュっぽい?ので美しい。ユニットはつや消しではなくなったけど、見やすくて良さげな感じ。初期配置表やその他のチャートも、いつもの事ながら丁寧に整理されていて、プレイの補助になりそう。

 嗚呼、いつもながら6Aクオリティ、安心して注文出来ますね。あと、モスクワがでたらしばらくお休みらしいが、未プレイのゲームも多いので、自分にとってはちょうど良いかも。確実な小遣いの出費が減るしね(6Aに関しては、ほぼ確実に購入してしまう傾向があるので)。

 と、言う訳でWW1もやるが、こちらもユニット切って早くプレイしたいアイテム。来月までお預けだけどね。






Last updated  2007.11.22 10:36:18
コメント(0) | コメントを書く
2007.06.24
 好評につき続編。
ここで同士が増えたらいいな~。でも、まずはソロプレイでルールを把握しないと♪
 このマップを見ていると、エポックD-DAYもしたくなっちゃいます。その前にやっておきたい宿題ゲームがあるのですが…。
そうそうフルマップ2枚でエポックD-DAYのマップの範囲を収めている感じです。上陸地点やシェルブールが無い分、下にずれた形になっていますが。多分COBRAもこんな感じなのでしょうか?

今度はサン・ロー付近。ボカージュなどの地形がキレイですね。サンロー付近、ボカージュがすごい

収まりの良いイエサブトレイ
 イエサブのトレイがぴったり!a-gameでまとめ買いして良かった~。綺麗な箱に、綺麗なトレイ!なんだかユニットを切るのが怖くなっちゃいます。

 ちなみに、アメリカでは売り切れていると言うことは、流通在庫しかないというわけで、今日本にあるのが無くなると手に入らなくなる、と言うことかもしれません。NES社はGMTみたいに人数募って再販などしないのでしょうかね?
それにしてもこの次はどんなゲームを出版するのか?とても楽しみな会社です。8月の試験終わるまでプレイはできませんが、ユニットは少しずつ切っておきたい物です。

 この次は、ドレスデンの写真をアップしたいと思います。
それにしても今月は日記をいっぱい書いているなぁ。ゲームできないストレス発散みたいですね…orz






Last updated  2007.06.25 02:59:23
コメント(2) | コメントを書く
2007.06.23
 本日届きました、「The Killing Ground」!
かっこいい箱、美しいマップ、キレイで見やすそうなユニット!しかも指でプチプチ抜けるほど切れやすい!その他チャートとかも見た目キレイにできてます。見た目だけですが、久々に感動できるゲームです。これでNES社のファンとなりました。
こちらはコンポーネント全景 かっこいいすね。
The Killing Groundのコンポーネント


こちらはマップのCaen(カーン)付近 ボカージュとかの地形がキレイですねぇ。
マップCaen付近

 ルールは、英語だと30Pくらい?後はシナリオとか。和訳は40Pくらいで残りはシナリオとか。ざっと見た所、オペタイと同じAとかBとかCのチットが。そのチットあわせてユニットは900個。なので実質的に動かすユニットは許容内。まずはマップ1枚のシナリオ位からできるようになりたいねぇ。ざっと見た感じ、D-DAYのセミビッグ?ゲームと言った感じ。
 これでD-DAY関係もしくはD-DAY以後の物が、エポックD-DAY、Dicision in France、Mighty Endeavor、onslaughtとあわせて5つになってしまいました。この後は、6AのCOBRAは購入確定だし。バルジもたくさんあるけどD-DAYもたくさんに…ある意味うれしいが。

 そうそう、「The Battle for Dresden」もOSGかと見間違うばかりの、綺麗なコンポーネントでした。写真は後日。どちらも、日本語訳、英語ルール共にざっと目を通しましたが、結構丁寧に記述してあるような気がします。文字も大きめだし(笑)

 ちなみに、「The Killing Ground」はアメリカではsold outとなっておりましたが。






Last updated  2007.06.23 22:38:15
コメント(7) | コメントを書く
2007.06.22
TheKillingGroundの箱絵、かっこええ~ 今日は雨で外に出られず勉強の合間に読書などを(読書の合間に勉強が正しいかも)…と言ってもCMJとかだけど。ついでにクロノさんのHP見てたら、新作の予約のところにoverlordの文字が…。こ、これは!!と思いよくよく調べて、かつ関連作品のThe Killing GroundをCMJとかで調べていたら…
 あれれ?いつの間にかオーダーしてました。ついでにThe Battle for Dresdenも。
嗚呼、既に病気だ。(´・ω・`)
            (´・ω:;.:...
            (´:;....::;.:. :::;.. .....


 でもいいんです。きっと綺麗なコンポーネントでかつ、D-DAYのゲームだから楽しめること間違い無し!に違いないと思われます…orz
The Battle for Dresdenはなんと言ってもナポレオン物だからねぇ。おもしろいとかそう言う問題ぢゃないんだよな~。
 それにしても箱絵もかっこええねぇ~。出版社はNew England Simulations。エキスパンションキットのoverlordもいずれは購入しようかと思われ。CMJの記事によると、システム的には、パットソ・第惨軍とかのシステムの流用らしい…が、良くできているとのこと。コンポーネントはHPでも確認できるが、間違いなく美しい!プレイするのがもったいない…あ、いや、プレイはしないとね。他に持っている人いないのだろうか?ちなみに訳はクロノさんにあります。

 さて、ヤフオクでもVGの1809とgamersのマレンゴを落札してしまいそうです。軽い気持ちでポピッとエンターキーを押しただけなのに…。まあ、それにしても、気が付かれなかったのか?一般の落札価格より、ずっと安く落札しちゃいそうです。タイフーン作戦もかなり安く手に入れたし。あ~、あとはGMTのJUNE6とOperationMercuryが欲すぃ~な~。CMJで再販したら二つ買っちゃうけどな。これで8月のゲーム解禁の日がさらに楽しみになりマスタ(゚∀゚)アヒャ






Last updated  2007.06.22 22:26:54
コメント(2) | コメントを書く
2007.05.19
 5月の千葉会に参加しました。まずは、主催の皆さん、お相手をしていただいたサムさん、会場で会った皆さん、ありがとうございました。
 さて、今回はブダペスト45を初めて対人プレイ!お相手はサムさんです。
このゲームは、CMJから昨年だっけ?再販されたばかりで、結構持っている人も多く、対戦相手には事欠かないのではないでしょうかね?ルールも簡単だし、ユニット数も多くなく、目標も明確なので、結構とっかかり易いゲームで個人的には超オススメゲームだと思います。

ブタペスト45第1ターン?和やかにゲーム中?

 とりあえず写真は第1ターン独軍?て感じだと思います。ドナウ川沿いの歩兵師団に連絡つける方向と、ビチュケ方面、あとセイケシェフェーへルバールでしたっけ?そちら方面の3カ所で攻撃を仕掛けます。第1ターンは奇襲として、独軍に有利なサイの目修正が付くので、あちらこちらの装甲師団で、多くの攻撃をするようにしました。

ブダペスト45第5?ターン第8ターンかも?

 こちらの写真は第5、8ターンと続きます。それぞれ、2回目、3回目の奇襲の後のターンです。不慣れな分、奇襲を3回使わせていただきました。写真では左側が北です。
ドナウ川沿い?ブタペストの北西方面と、正面ビチュケの方角つまり西から、あと、南西からビチュケとvalence湖(小さい方の湖)の辺りの3カ所で攻撃を続けます。すぐに、ソ連軍の戦線が厚くなるので、装甲師団を適宜スイングしながら、戦線の薄い所を脅かすようにしてみました。
とは言うものの、攻撃のポイントがそれぞれ、意外と近くてなかなか進まず8ターンまでで数ヘクスしか前線が進みません…orz

もしかして第11ターン?第14ターンゲーム終了

 あまりに前進が遅いのと、北方面がかな~り厚くなってきたので、装甲師団を少しずつ南にスイングし始めると…。
おおっとうとう、湖の北と南近辺の平地が多いあたりで、ソ連軍の戦線が耐えきれなくなってきます。突破!とは行かないまでも、何回か戦線に穴があき、それを埋めるためのソ連軍の戦線の後退が起こり初め、とうとう、ブダ市の隣接ヘクスまで!!超感激~!

ゲーム終了時ブダペスト付近千葉会発?!アフリカソキャソペーソ

 しかし時すでに遅く、ちょうど到着の前ターン当たりで、ブダペスト市の要衝、キャッスルヒルが陥落、ブダペスト守備隊は全て補給切れとなっておりました(゜Д゜)ホゲー
写真はゲーム終了時、ブダペスト付近。

 今回の反省点
・ブダペスト市の守備隊の配置をもっときちんと考える。もうちょっと粘ってもらい、救出軍の動きに呼応できるようにしないといけませんな。まずはカチカチゲームで練習を!!
・ブダペストには最短距離でも、中央と北は森や川などが多くなかなか突破できないので、もっと南からの陽動、もしくは主攻勢をした方が良いかも。
・また、ソ連軍は行動に制約が多いのと、足が遅いので、南にどんどん延翼して、機動によって戦線を押し下げるのも有効かと思われ。
・ただし、いろいろな方面から圧力を加えないと、数に勝るソ連軍に3重戦線とか張られちゃうので注意って事ですかね?
 
 史実では、前半は北からの攻勢でだいぶブダペスト市に近づいたとの事で、ちょっとそちらを狙ってみたんですが…。
 ちなみに、超面白かったッス!買いです!自分は保管用にもう一個欲しい位。余り褒めすぎるのも何ですが、老後に老人ホームに持ち込みたい一品ですな(゚∀゚)アヒャ。ブダペスト救出という明確な目標があるから、なかなか萌える…いや、燃えられます!個人的には、同システムの他ゲームよりもオススメだと思うのだが…ちなみに、その他のゲームはまだ未プレイですがm9(^д^プギャ。

 最後の写真は途中まで感染(観戦)した、アフリカソキャソペーソ!何でも千葉開発(千葉会初)プレイだとか。
 あまりプレイされる事がないのは、簡単すぎるせい?
それとも、細かいディテールがあまり出ていないので、ロンメルとかモントゴメリーとか88mm砲とかハルファヤ峠とか、そう言うのが感じられないせい?対戦していたサムさんとMMさんは意外と楽しそうでした。
 ソロの感想だと、確かに簡単な分ディテールが弱い、でも、結構史実通りになるし、ユニットが少ない分、展開が早いなど、どちらかというとメリットが多いように思いましたが。
ただあれですね、ソロだとアフリカ戦をキャンペーンでやると、ターン数が多くてだんだん飽きるんですよね。きっと対人戦なら、面白さが全然違うように思います。手軽に短時間でできるから、例会向きだと思うのですけどねぇ…

 あ、ブダペストもぐずぐずプレイして、8時間位で終わりました。さくさく行けば、全然6時間以内ですな。






Last updated  2007.05.20 23:15:30
コメント(9) | コメントを書く
2007.05.06
ダンケルクの初期配置 GWずっと仕事ばかりだったので、久々にのんびりとゲームなどをしてみた。くそゲー友の会たぶん第3回目!お題目は「ダンケルク1940」、CMJ52号付録。以前にも一度ソロしてみたゲーム、今回はルールの早見表を作成の上プレイしてみた。
 とりあえず、左の写真のようなプラン、つまり、装甲師団の側にいる、英軍をやっつけた後、その脇の主力部隊を早々に包囲しようかと。あんまり装甲師団を進めると、側面がちょっと不安もあるしね、最初は控えめに。ちなみに、港近辺に散らばっている英軍は、任務部隊と言って、戦闘力1防御力2の弱小部隊。電撃戦(オーバーランの事ッスね)を使いながら、進軍、戦闘フェイズで主力を包囲…の予定だったんですが。
(配置ミスはきちんと直してプレイしました)
ダンケルク1回目3ターン終了時 結果は、この写真
う~ん、何かが違う!オレのイメージと明らかに違う!!ダーッと言ってバーっと包囲ぢゃない!!なんか、こう、うまく撤退されて、カレーからダンケルクまでウマ~ク下がって行っちゃうんだよね。こうなると、撤収超楽勝じゃないかと。あ、そうそう、このゲーム、独軍は相手の部隊に与えた損害が得点に。連合軍は、相手に与えた損害と、海岸とかから撤収したユニットが得点になる。独軍がイニシアティブを握っているし、部隊も協力なので、連合軍の得点源は、ほとんどが撤収になるって訳。つまり、撤収させないで包皮…いや、包囲殲滅をするのが独軍の目標。


ダンケルクこんな感じ ちなみに、5ターンから始まるシナリオの配置図がこの写真(部隊は面倒なので適当に置いちゃいました。でも、包囲の形はこんな感じになるらしい)

 ふむふむ、どこが違うと言えば…一気にカレーまで、つまり海況まで突破しちゃう所だねぇ。CMJを読むと…史実でも、やっぱりそんな感じ…orz。ああ、そうか、港をとられちゃうと撤収できなくなるから、英仏海峡を目指せば必然的に圧力かけられるし、反対側の戦線から部隊を回さなきゃ行けないから、結局は戦線は前進するって訳なんだねぇ。もちろん、装甲師団の側面に反撃させないバランスをとりながら、進むのが前提だけれども。


ダンケルク2回目予定進路 と、言う訳でもう一回
今度は、この写真のイメージのように、一気に海峡を目指します。当時のグデーリ庵の目指したモノを目指して!!もちろん、側面は敵に任せておけ!とはいかず、側面をまったく無防備にはしない程度に。こうすると、連合軍主力を避けながら、敵の弱い部分を突破して一気にカレー前面まで走れるはず。撤収する港が占領されるとやばい連合軍としては、無視する訳にはいかないはず。と言うのも、一度占領されると二度と使えなくなっちゃうから。これはなかなかうまくいきそうだ、ってな訳でもうちょっと引っ張ってみました。

 次の写真が3ターン終了時

ダンケルク2回目3ターン終了時 うんうん、なかなかいい感じだぞ。連合軍がさがり気味なのは、3ターンから海岸撤収してVPを稼ぐためだし、ダンケルクやカレー当たりで結構激しい戦いが起こったりするのもなかなか。無理して小包囲するよりも、機動で相手の大事な拠点を脅かす方が効果的って事みたいだね。ゲームとはいえ、意外ときちんと昨日するモンですなぁ、と感心しました。

 と、この辺で今日の所はこの辺で勘弁してやりましたよ。ちなみに、初期配置を何回かやり直したり、ルールの早見表を校正しながらやって、3時間のうちに2回やり直せたので、プレイの時間は非常にスピーディ!マップも狭いし、かなりお手軽にできるゲームとの感じ。ゲーム自体も意外と楽しめるように思った。勝利条件的には、独軍が勝つのが意外と大変そうかな。面白かったので、またやってみようっと。いずれは対戦もしたな~






Last updated  2007.05.07 09:07:33
コメント(4) | コメントを書く

全56件 (56件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.