913397 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

GARDEN★garden★ガーデン

PR

Profile


ひろ★みぃ

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

Rakuten Ranking

2007.06.06
XML
カテゴリ:あれやこれや

こんばんは。

まだメールの返事を送っていない方もいるのに、
ふと思ったことを・・・

 

バラとガーデニングショウ終了後、毎日ご注文や特注のご相談、
どうもありがとうございます。
いつもより納期にお時間をいただいておりますが
ご理解・ご協力いただきありがとうございます。


ベルツモアジャパンのアーチやオベリスクは、
日本製 ということで、
みなさんのコレ欲しい!をカタチにできるわけですが。
アーチやオベリスクになる鉄線。
実は、ただ寸法どおりに切って、溶接してる、それだけではないのです。

そんな目には見えない工程の一部をご紹介。
これが、丈夫な製品、美しい製品になるポイントでしょう。


寸法どおりにカットしたら、1本1本微調整しています

丈夫な材料ですし、短い部品は問題ないのですが、
長いサイズ直棒は必ずチェックしています。
なぜなら・・・しなるからショック
ちょっとのゆがみが、ピサの斜塔オベリスクを生み出してしまいますから雫
真四角の格子のフェンスを作るのなんて特に難しいです。
その設置場所が、キレイに積まれたレンガの壁面に合わせて、だったら・・・。
まっすぐか、曲がってるか、一発でわかりますから。
ごまかしがきかないんです。正確に作製しないと雫雫

逆に・・・

シンプルな幅のなが~いコの字型240センチのアーチ、などの場合は
TOPの部分は地面に対して横になるわけですから、
しなりを考えてわざと少し湾曲させます
重力で、少ししなった時に、いいラインができるように。
これはほんと、技だと思います。


オベリスクやフラワースタンドのリングも、真円(まんまるな円)に修正します

人間が真円を作るってのは極めて難しいのですが、機械でもできないのです。
○なんですから、材料が出始めところに
最後のはじっこがくればいいことなのですが、
ぴったりになんてカットできないし、重力もありどうしても上下ずれて出てきます。
(女性なら、ネックレスなど作るときのつなぎの留め金リングを想像してください。)
それを平にして、キレイに修正します。ひとつずつ。
つたない説明で意味が分からないかもしれませんが
見た目には○でも、鉢を置いたら隙間ができた・・・なんてことがあったら
それはもう真円ではありません。
これも、まっすぐなオベリスクを作るのにも重要です。


カットした断面を面取りします

ベルツモアの持ち運べちゃうオベリスク
it_kazura1.jpg
をお持ちの方はその先端を見てみてください。
キレイに削ってあるはずです。
断面のままでもキレイなカットなのですが、特に使用上触れる部分や
突き出すデザインのものの先端は1本1本処理しています。


1つの商品ができるまで。その工程は想像以上にあるんです。
きっと、どんな商品もそうですよね。
シンプルで、ずっと使える商品を。その為に。

特注で作るときは、強度を優先しますので
言われたとおりの細さで言われたとおりの高さで、
作れと言われたら作れるけど、強度の理由でお断りさせていただくこともございます。
その場合は別の方法をご提案しますのでイメージとあうようでしたら、
その時はぜひ、商品を作らせていただきたいと思います。

実は恥ずかしながらアタシも、こういう工程を理解したのは最近です。
まだまだ、理解した、なんていう域でもないと思います。
こうだから、できなんだよ。
こうだから、こういう形状なんだよ。
こうしたら、こうなるんだよ、と。

カタチにする技術は本当に職人技だと思います。

アタシとお客様のやりとりで、図や画、文字で表された紙から
アタシとつくり手のやりとりで形になります。
一言ひとことがとても重要です。
理想に近い、理想どおりのものをお届けするために。
こんな頼りないアタシですが、頑張りますので宜しくお願いします。

ベルツモアジャパンのホームページはこちら



 







Last updated  2007.06.06 22:42:59
[あれやこれや] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.