000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

GARDEN★garden★ガーデン

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

Rakuten Ranking

2010.01.19
XML
カテゴリ:▲商品選びのPOINT

「あ~思ったより小さかったなぁ」
「あれ、大きくてはいらないや・・・」

大切なのは採寸えんぴつ

そうね、大丈夫!わかってますうっしっし
とか
ごく自然に頭の中で処理できている、
という当たり前かもしれないお話です。


みなさんのガーデニングは、お庭ですか?ベランダですか??
お庭でも、鉢で管理している方も増えています。

オベリスクを例に・・・

オベリスクやトレリス(以下、オベリスク)には、差込部分というものがあります。
土の中にさすところ。実際は、みえなくなっちゃうところ。
ここを十分にとらないと、お花のタワーになる以前に、倒れてしまいます。

差込んだら、思ったより小さかった!とか。

鉢で使うか、地上で使うか。


obe.JPG

同じオベリスクでも、こんな風に違います。
サイズとしては、
地上部(土から上の高さ)+差込分
150センチの地上部希望なら、+30センチ程度の差込分で180センチ。

鉢上の場合は、鉢の土表面から上が地上部
鉢の場合は、鉢サイズによって、もとのサイズより背が高くなりますね。


鉢で使う場合、マンションなど、天井高が決まっている場合は、
「持ち上げて鉢に入れる」ということを忘れてしまうと、
鉢に入れられない時があります・・・。

理想の高さが、「セットした時、高さが天井に近い」ほど注意!
セットする時は、鉢の高さの分、上に上げますから、注意しないと天井にゴツンとなります。
横に寝かせればいいですが、鉢が重いほど大変。
ましてや、うっかり土を入れた後に気が付いたら・・・雫

鉢と、お庭と、要相談ウィンク


以上、高さの選び方でした。


鉢サイズからの、資材の選び方はこちら

ベルツモアジャパン
三洋発條株式会社






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2010.01.19 12:40:51
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.