June 7, 2012

家電業界が住宅業界に殴り込み!?

(2)
カテゴリ:カテゴリ未分類
素晴らしき地場ビルダーランドナビゲーターが見たシリーズ

昨日東京でR25を読んでいる明らかにオーバー30の女性がいた。


++++++++++++++++++++++
あ、いや、別にいいんですが、ちょっと違和感を覚え
何で読んでるのかな~と思ったもので^_^;

読んでると言えば時代。
ご存じの通り今、経済界は大激動期で各ギョーカイ必死の戦いを続けています。

ニッポンの凋落と韓国・中国の台頭。
色んなニュースを読むとかなりこの傾向が色強く出てきています。

特に、わかりやすいのが家電業界で、テレビ!
かつてのドル箱が今やこのお陰で相当業績の足を引っ張っているそうです。
あれだけ世界的なブランドだったSONYやパナソニック等々は
可哀想な位に落ちてしまいました。

同じニッポン人としては寂しい気持ちで一杯なのですが
市場競争というものはこういうものなんですね。

家電の価格競争は一消費者としては安くなるので嬉しいことなのですが
当事者としてはたまったもんじゃないんです。

そこで、考えた家電業界は、もっと儲かるビジネスを模索したところ
白羽の矢があたったのがこの住宅業界なんです。

彼らからすればほぼ未開の地でしかもまだまだ市場成長が見込め
価格競争の泥沼にも陥っていないので、ここだっ!って感じで一気に攻めてきています。

分かりやすい所で言うと、ヤマダ電気が「エスバイエル」というハウスメーカーを買収
え~んど、日立ハウステックという住設メーカーを買収。

ヤマダはこれで家が建てられるようになりました。
家電流に言えば、家がヤマダで買えるようになりました。
更に、言えば太陽光パネル搭載のスマートハウスが買えるようになりました。

パナソニックは「100本の矢戦略」ということでこの住宅業界に
何本も矢を射ってくるでしょう。

それと家づくりとどう関係があるの??
と言えば、オオアリクイなんですよね。

パナソニック1社で家電から構造から建材から太陽光まで
ぜ~んぶつくっているからまるごと1棟つくれてしまうンです。

それはそれで構わないのですが、やはり餅屋は餅屋。
テレビや冷蔵庫洗濯機みたいなのは消費電力が少ないものであれば
是非是非ニッポン製を買ってあげて欲しいのですが

その他の、例えば骨組みや建材は国産材の杉やツーバイフォーの方が
良いと思いますし、子供が転んで怪我しそうなカチンコチンに固めた
フローリングなんてのは止めた方がいいですし

何度も何度も言っている家の性能を無視して太陽光パネルを載ってけても
意味がないことナドナド。。。

皆様のまわりには宣伝がわんさか届くと思いますが
どうぞ、家電を買う止まりにしてつかーさい。

家は地域の材と地域の職人で建てるものです。
昔ならった“フン族の移動”からゲルマン民族の大移動に繋がったように
家電業界の大移動が住宅業界に悪影響をもたらさないことを
切に願うばかりです。

これもひとえに消費者であるみなさんの賢い判断で決まります。
どうか、是非その点、賢く考えて家づくりをしていただきたいと思います。

【このお話しの登場人物は・・・】


AKBみたく盛り上がるのかな~選挙。






TWITTER

Last updated  June 8, 2012 05:16:51 AM
コメント(2) | コメントを書く