1946560 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

つなげ“希”動力-袖番号96、伊東勉のページ楽天版(更新停止。書庫ログ)

全て | カテゴライズ未分離 | 雑記ボックス | 社会人野球・総合 | その他スポーツ | 政治について | 雑感・日記 | 私の事、色々と | 対論記事(別名:一人伊東) | 筆者からのお知らせ | マンガ・読み物から学ぶ | 共産党の選挙結果 | 『思いの強要』に向き合って | コメントへのお返事 記事 | プロジェクト-B | 大農・船東野球部+高校野球 | 野球一般 | “変態”を嘲う | ツイッター縫い合わせ。 | 社会人野球2014 | 社会人野球2013 | 社会人野球2012 | 社会人野球2011 | 社会人野球2010 | 社会人野球2009 | 社会人野球2008 | 社会人野球2007 | 社会人野球2006 | 社会人野球1994~2005 | 社会人野球・軟式 | 社会人野球2015 | 社会人野球2016 | 社会人野球2017
2008年08月25日
XML
カテゴリ:“変態”を嘲う
 こんにちは。伊東です。
 本当はまだ頭痛激しくてめまい激しくて、記事なんか書いていられないけども、あんまりにもバカな発言が続いているから復帰しますよ。
 黙って聞いてりゃ相手は反撃できないと思ってむちゃくちゃぬかす連中が多くて。
 反撃しない連中には意気高に出られるんですね。

 まずは野球代表。
 残念ながらキューバ、韓国代表に敗れ、マイナーリーガー中心のアメリカ代表にも敗退。メダル獲得すらなりませんでした。ま、巷で色々言われているでしょう。仲良し内閣がダメだとか、リリーフ専門投手が少なすぎたとか、準備期間が足りなかったとか、故障者が多かったとか。そういう反省材料はきっちり議題に出して、これからに生かすことが必要なんでしょうが、単なる『叩き』に出ている人の意見は、その中身が傾聴に値するものでも聞く気になりません。

 例えば…土曜日の朝のラジオ番組で「仲良し内閣」について触れられていたが、それを語っていた人はわざわざ「負けたからいうのではないですけど」と断っていた場面があった。
 こういう人たちは、勝っていた場面でも同じ発現をしたかといえば絶対にしないだろう。結果論というか、敗戦という結果が出た事で何か材料を見つけては絡むだけの人物でしかない。

 あるいは、それまで「星野JAPAN頑張れ」と大きく売り出し、おだてて盛り上げておいて、しかもその蜜(何かしらの利益)を得ておいてから、こういう結果が出ると手の平を返すかのようにぶっ叩きに走る。おだてて儲け、ぶっ叩いては儲けで二度おいしいってか。みっともないというか、情けないというか、くだらないというか。言葉見つかんね。
 続いて。陸上や水泳での選手選考でよく言われる言葉。
 「少数精鋭で臨む」とか「決勝進出できる種目しか代表に選ばない」。
 はいはい。しばらく前に「0-66で負けるようなチームは試合に出てくるな」という類のご意見を見させていただきましたが、それと同類の意見を一定の見識を持つと思った人が語るとは思いませんでした。

 二つばかりこの論には疑問感じるよ。
 一つは選手の可能性を摘むって事。
 試合に参加させて見なきゃわかんないでしょ。何が起きるかは。

 もう一つは高いレベルの競技を実感する事ができないという事。
 自分が応援している野球チームが甲子園出場者は2人(1人は控え投手)、大学選手権出場者は0人という中、ある程度の成績を残しているのは何回も何回も壁に挑み続けて、それを乗り越えて更に高いレベルの舞台に立つ。その舞台で学び、更にそのレベルでその壁に挑み付ける、というのを繰り返してきた結果だ。

 大会に参加するな、というのはその壁に挑むのをやめろ、というのと同義。
 予算だの選手枠だのあるのかもしれないけど可能な限りは挑ませていただけませんでしょうか。その上でないと見つからないのもあるでしょう。
 勝てそうな人だけやればいいというのであれば…陸上では男子400リレーメンバーに為末、室伏、棒高跳び(すみません、失念!)の各選手。女子では池田、野口、土佐各選手だけで挑めばいい。

 スポーツなんて、今勝つというのも大事だけど、それが及ばないとなれば一つずつ壁を壊していって勝利に一歩ずつ近づくというのが必要ではないのかな?
 日本の選手団長を名乗る人も語ってくれますね。

日本選手団長、野球・サッカー男子・マラソンに「苦言」
2008年8月24日19時9分配信 読売新聞
(以下引用)
 日本選手団の総括記者会見が24日、北京市内で行われ、福田富昭団長が、4位に終わった野球と、グループリーグで敗退したサッカー男子、故障欠場者が2人出て惨敗したマラソンについて、「特別扱いがよくなかった」などと厳しい言葉を投げかけた。

 福田団長は、独自調整の結果、成績が振るわなかった野球とサッカー男子などについて、「強い選手を各球団から五輪直前に集めてチョチョッと練習すれば勝てるという甘いものじゃない」と指摘。「普段から五輪チームを組織し、一年以上前からトップ選手を集めて合宿や海外遠征をするなど連帯感を高めないと勝てない」と今後の編成、強化方法に注文を出した。


 で。
 ま、五輪村に滞在して、いろいろな人との交流を広める。
 それ自体は間違っちゃいねぇ。
 むしろそうしてほしいとは思いますよ。

 だけどもこの福田氏の記者会見にはそれ以外の思惑もありますな。
 要は『期待していたのにこの結果か』。

 でも、そこまではまだ許す。
 カチンときたのはこの発言にみられるような指摘を大会前にしていたのか、ということだ。大会の結果を踏まえての都合いい意見何ざ聞きたくもねぇ。

 よーく考えてみな。
 日本選手団が獲得したメダルの数は少なくなっています。
 つまり、現時点での「スポーツ競技レベル」は下降線に入っている(メダルだけでその価値を図るのも難ですが一つの指標として)という事です。

 今上位にいる選手の大体の傾向として
 (1)若いときから稀有な才能を持ちトップを走ってきた
     (柔道の谷亮子さん、ハンマーの室伏さん) 
 (2)一定以上の競技レベルを持ち、それを向上し続けられる環境があった
     (今回上位に入った大半の選手)
 というのがあげられます。

 だけども(1)にしても(2)にしても、一定の時期での現役引退は避けられません。そのときに彼ら、彼女らの後継者が多くいるという競技はどれほどあるのでしょうか。
 この団長氏が褒め称えているソフトボールにしても、上野さんの驚異的な連投で金メダルに持ってきたけど、正直これは危ない。

 2000年のシドニーでは高山、増渕、石川、藤井各投手が満遍なく投げ分けて決勝まで勝ちあがってきましたが、2004年大会では上野(坂井)投手が先発し高山投手につなぐ形を取り…これでもまだ消費するエネルギーは分散されていますが、この大会は緒戦から
「上野完投→坂井2試合連続完投→アメリカ戦で江本・染谷7失点→上野6回坂井1回→坂井完投→上野6回、染谷1回→1日21回上野完投→7回上野完投」
 …上野投手47回、坂井投手22回、染谷投手6回、江本投手はワンアウトもとれず…。

 上野投手の凄さは認めるとして、それに続く投手が出たかといえば?マークしか付けられません。坂井投手はよくフォローしましたが、染谷、江本両投手は特長覚えるヒマすらありませんでした。

 別な所では自転車のマウンテンバイク競技。
 この競技に参加した山本幸平選手は8周の内3周残して、片山梨絵選手も1周残して競技を中断させられました。自転車競技が盛んな欧州では人気あるスポーツですが、日本では残念ながらメジャーといえるスポーツではありません。

 彼ら彼女らに「情けない」とか「出るな」言うのも簡単ですが、さっきも言いましたが「出てみなきゃトップレベルとの差は見つけられない」のですから、そんな事簡単に言うんじゃねぇ。大会参加選手で何十何位だけど、一定の実力は持った人だというのも忘れてはいけないなと、そう思いますよ。

 これが何言いたいかっていうと、今の日本スポーツ界というのはスポーツをする人の裾野を広げる事をバカにしていないかって事。広げた裾野からじゃあ俺ソフト、俺はバレー、私はフェィシング、私は競歩、僕は自転車ってな具合に出て行く人は増えるもの。
 そこの所を見もせずに「目の前の試合勝ちたいから」とトップレベルの選手にばかり目が行っていませんかって事ですよ。

 そーいう努力をしているかどうか怪しいのに、ただ単に勝てませんでした何やってんだ、ではたまったものじゃない。あえて言えばこんな意見が跋扈している状況ではスポーツ大国なんてまたのまた夢です。
 こんな状況じゃ、トップ選手が倒れたら簡単にダメになってしまう。
 試合に勝てないだけではなくね。
 方々歩いてみれば、もっとひどい意見もありますが、こんなものは紹介する気にもならない。勝手に---------していればいい。
 生活に必須とは必ず言い切れないけども、それが人間としての生活に『潤い』『充実感』を与えてくれるのも、スポーツの魅力といえるものです。
 そのスポーツのトップレベルの選手は自分らが伸びるため、そしてその延びた「余地」に後続の人を続かせるために頑張っているわけです。

 試合なんてやってみなければはじまらないわけで。
 その結果結果一つ一つでギャーギャー言うのはちょこっとね。
 しかもその結果を基にして八つ当たりかますのも寂しくないですか?

 自分もこの結果に星野監督ではありませんが「日本の野球はこんなもんじゃねぇ!」と思う一人ですが、その一方で野球界の各セクションがばらばらになっているのも気になる事です。その部分は建設的に考えながら、現場にいる人を励ましていく。そういう記事を作り続けていこうと思います。それを妨害する奴にはそれ相応の反撃をすると同時に、ね。

 今日はあんまりにも…だったので、一つ記事を書かせていただきました。
 本格復帰まではしばらく時間をいただきます。
 拙稿をお読みいただきありがとうございました。 


にほんブログ村 野球ブログ 社会人野球へ 
にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 ニュースブログへ
人気ブログランキングへ
→八つ当たりばっかしている連中には…ですね。
  応援クリックお願いします。  

PS 「日本はすぐにたたきにかかる。そんなことをしたら若い人が夢を語れなくなる。たたくのは時間が止まってる人間だろう」は星野監督の会見から。
 適度な批判と叩きは分けて考えなきゃね。
 足、止まりますよ。ホントに。

PSその2 前回大会のソフト代表・坂本直子選手ですが、選手生命に直結する負傷を負ったために引退を余儀なくされた、との事。今は服をつくる店で働いているそうです。
 代表レベルでも投手も野手もやるとはおもしろいと思ってみていた選手でしたが、こういう深い事情抱えてグラウンドから去ったのですね…今の道での成功願っています。さすがに自分は着ることは出来ないけど(ウェディングドレス制作とか)。

PSその3 記念すべき1000個目の記事がこれか!
 もっと前向きな事書きたかったよ…。






最終更新日  2008年08月25日 12時20分52秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.