1959389 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

つなげ“希”動力-袖番号96、伊東勉のページ楽天版(更新停止。書庫ログ)

全て | カテゴライズ未分離 | 雑記ボックス | 社会人野球・総合 | その他スポーツ | 政治について | 雑感・日記 | 私の事、色々と | 対論記事(別名:一人伊東) | 筆者からのお知らせ | マンガ・読み物から学ぶ | 共産党の選挙結果 | 『思いの強要』に向き合って | コメントへのお返事 記事 | プロジェクト-B | 大農・船東野球部+高校野球 | 野球一般 | “変態”を嘲う | ツイッター縫い合わせ。 | 社会人野球2014 | 社会人野球2013 | 社会人野球2012 | 社会人野球2011 | 社会人野球2010 | 社会人野球2009 | 社会人野球2008 | 社会人野球2007 | 社会人野球2006 | 社会人野球1994~2005 | 社会人野球・軟式 | 社会人野球2015 | 社会人野球2016 | 社会人野球2017
2014年06月12日
XML
カテゴリ:“変態”を嘲う
 今晩は。
 今日は午前洗濯─しかも雨に降られてゲンナリ─、午後は所用で各地を駆け回っていまバテている所です。ここまで2つ、ブラックジョーク混ぜてツイートしてきましたが、少し時間が経ったらある種の書き物をします。今日も残り数時間よろしくお願いします。

◆書き物に関して。
 自分はいままでこのブログで多様多種の書き物をしてきました。その中で際どい…言い替えれば問題作ですか。それを2つばかり書いてきました。
 
 ひとつは“レイプ合法化”を描いたもの。その時期に「女性は子どもを生む機械」という発言があり、それを受けた皮肉として。話の筋としては「少子化対策に頭を痛めている面々」→「『そうだレイプを合法化しよう』」→「子どもは増えたがレイプによるストレスが子どもの虐待につながり5歳までの生存率が世界最低レベルに」という感じでしたか。
 
 自分も月並みに“オス”の部分持ったりしてますが、相手の意向を無視しての無理矢理ってのはヘドが出るほど嫌でして。それにこの議論すると当事者抜きに「子ども生め」となり、更にこじらせてこの議論に持っていくカス野郎もいまして。「だったらどうなるか教えてやるよ」という気持ちで書きました。ここでも繰り返し書いておきますが、「ヤっちまえばあとは俺様にしなだれかかってくれるさ」等と思っているバカには「人間には個人個人別々な意思があります」という、社会生活送る上で初歩的なアドバイスを送っておきます。
 そしてもうひとつは「安楽死の強制」をテーマに書きました。書いたのはこっちの方が後だったのですが、話をどう持っていったかを忘れてしまいました。いやあ嫌ですね。脳みその劣化は。ここで図られていた「悪政」は、『国が一定の基準を満たした者に対して死ぬことを命ずる』事。中身を忘れてしまったのでm(__)m<ゴメンナサイ
 基になったのはドイツの「T4作戦」。心身の障害者から始まって、かいつまんで言えば「戦争に協力できないような輩は死ね」が「貫かれた」モノでした。ドイツの戦争犯罪言えばアウシュビッツですが、こちらも相当酷い。自分の小説でも「家族を『殺してしまった』悔いから自殺」「やがてショーアップ化」「対象も更に広範化」「浮いた税金の無駄遣い」など、とにかく「生産性の無い奴は死んで俺たちに道明け渡せ」をこれでもか、と書いた記憶があります。
 この2つも充分問題作ですが、ここまで書いた2作が生温く見える話も頭の中にはありました。
 
 先日行われた「AKB48グループ総選挙」。あれはかのグループの人気を図るイベントだったわけですが、それを全1億3千万人対象にやったらどうだろうか、というのを想像しました。ただし「AKB48グループ総選挙」と決定的に違うのは「上位6000万位に入らなければ死ななきゃならない」…つまり「『間引き』対象者選定」の総選挙です。
 当時はその発送の突飛さに話の続き書く気にもなれず放っておきました。それが大体5年前の話ですね。
 この話が頭に浮かんだのは2つの話が基になっています。ひとつは赤川次郎さんの「幽霊列車シリーズ」にあった「普段は“善人の村”だが、一年に一度の祭りでは残虐性極まりない状態になる」話です。ここでは人間の持つ群衆心理からくる残虐性を。もうひとつは15年前くらいに正月映画で見た「命をかけたバラエティー番組」…分かりやすく言えば木曜日のVS嵐を勝てば天国負けたら死亡(結果は『勝っても死亡』)てな感じの映画。あれは“残る”作品でしたね。他にも月刊ジャンプ作品にも残るのありましたが割愛します。
 そこら辺参考にグダグダ考えた「生存総選挙」。しかしいまの世の中は、それを考え始めた4年前より「近づいて来てしまった」わけで。安倍政権の苛政の速度の早さには驚いていますが、この「接近」にも驚いています。半減はともかく「施策の結果死んでも構わない」対象は広がっているな、と。いずれ、落ち着いたり餅突いたりしたらメモ書き程度は書いてみんべと思いますが、とりゃえずは「黙らない」を信条に。声はでかいが生産性を見出だせない収奪勢力に負けんと歩いていきますかばり語りましてこの項を終わります。

◆「尊厳死法案」の報道などを聞いているとこういうフレーズが出てくる。
 「採決にあたっては個人の死生感もあるから党議拘束をしない」
 …笑わすな、と言いたい。
 ひとつの党で拘束できないものを、全国民に対して拘束かけようとするな。矛盾してないか、話が。

◇小話◆「残業代ゼロ」法案が可決、労働者に残業代を払わせなくていい事が合法化。すかさず経営者側は「残業代ゼロ応じなきゃクビにする」と雇用形体の変更を強要。「過労死防止法がある、そこまでは…」同法を利用して「過労死した者には罰を科す」と会社に賠償、更に行政罰(罰金)を執行させられた。

◆「安倍批判連中が『儲けのためだ』言ってるが嫌になる。社会全体を豊かにしないと弱者も救えんでしょうに」
⇒該当者に関しては周辺も見て一応の納得はしましたが、何か批判を単純化されているようで。政権支持はしないが“アンチ左翼”の立場にいる。スタンスは勝手だが気に障る部分も。
 去年でしたか。特高警察人脈の件に触れたとき「誰其の息子というだけで批判するのは差別的だ」と名指しされてフォローぶった切られた時ありましたが、当方から言わせれば「“血筋”だけなら批判しない。同じことやっているから批判し指摘している」わけで。重ねれば「きれい事抜かすな」も。
 ただ、ここで勘違いしないでいただきたいのが「聞くべき意見はキチンと聞こう」ってこと。自分がいくつかのそういうアカウントを「よく読むページ」においているのは上記の理由からです。

◆最近は大体のキーワードに「反日」「在日」とつけると、盲目且つ狭量的な“アイコクシャ”のご高説が拝めます。この「子育て支援は3人目から」はどう語るんですかね。
 多子を育てる大変さを認めた上で語れば「一人一人の子ども支援が大事でしょう」と述べておきます。
 そーやって愛国気取り語る面々の子育て支援策は抑圧的、権威主義的なモノが多い。「優れたDNAを注入しろ」も大概ですが「“反日認定”した奴には日本の税金使わすな」に至っては空いた口ふさがりません。
 なるへそシンパシーでも感じるんですかね。選民主義的な何かが。

◆とある場所のとある部屋。堅いツイートもするが下らないツイートもするという天下一品にくだらない伊東勉のツイートの更にくだらない対論記事のコーナーにようこそー(^o^)/パラパラパン
びーいとう(特徴・剛のツッコミ)「始まったはいいがさ、この始め方、まさかとは思うが某国民的アイドルグループの日曜日夜にやっている番組の真似をしている、とかじゃないよな」
伊東(特徴・悪あがき)「はははびー君何言ってンのそんなわけあるよアハハハハ」
ベンジャミン(特徴・住のツッコミ)「語るに落ちるの早いです」
伊東「ほんで、今日みんなに集まってもらったのは…」
伊藤びー子(特徴・おぼけさん)「分かったー!今度は沖縄大東鉄道跡地探索ー!」
伊東「何で行きなりそっち行くの!金ねえわ!那覇空港で立ち往生だよ!」
びー子「やっぱりね」
ベン「宝くじ当たったら行こうね」
伊東「南大東島行く前に4月の旅記終わらしてしまおうぜ」
ベン「途中で未完にお昼3日分」
びー子「思いきり縮めて書くに3日分」
びー「夫婦揃って甘いな。途中でくたばって人生終了に1週間!」
伊東「ほお。だれがくたばるって?」
びー「ぎくーん」
 
〓しばらくお待ちください。

ベン「びー君どうした?」
伊東「奴なら『頭痛い』って横になってるよ」
びー子「まあそれは大変ね」
B太郎(特徴・童)「まー」
伊東「そんなわけで眠いし、記事製作は陽が明けてからにします」
びー「キーワードは『勉、ジャージでかいんじゃね?』です」
伊東「違う!また明日」






最終更新日  2014年06月19日 22時03分44秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.