1580515 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

つなげ“希”動力-袖番号96、伊東勉のページ楽天版(更新停止。書庫ログ)

全て | カテゴライズ未分離 | 雑記ボックス | 社会人野球・総合 | その他スポーツ | 政治について | 雑感・日記 | 私の事、色々と | 対論記事(別名:一人伊東) | 筆者からのお知らせ | マンガ・読み物から学ぶ | 共産党の選挙結果 | 『思いの強要』に向き合って | コメントへのお返事 記事 | プロジェクト-B | 大農・船東野球部+高校野球 | 野球一般 | “変態”を嘲う | ツイッター縫い合わせ。 | 社会人野球2014 | 社会人野球2013 | 社会人野球2012 | 社会人野球2011 | 社会人野球2010 | 社会人野球2009 | 社会人野球2008 | 社会人野球2007 | 社会人野球2006 | 社会人野球1994~2005 | 社会人野球・軟式 | 社会人野球2015 | 社会人野球2016 | 社会人野球2017
2014年09月23日
XML
カテゴリ:社会人野球2014
 今晩は。今日のツイートは9月第三週の連休に行われた毎日旗秋季岩手県大会と東日本クラブカップ大会の模様をお伝えします。秋の時期の行事と重なり、エントリはしたものの選手の召集に苦労したチームも見かけましたが、勝負の行方は如何に。大会初日の8試合を追いかけます。

《20日・企業の部、クラブの部一回戦》
◆JR盛岡11-8フェズント岩手
 9回終わって5-5の同点でタイブレークに持ち込まれた一戦は、JRが大量6点を奪い、フェズント岩手の反撃をかわし決勝戦に進出した。初回に3点ずつ取り合い、JRが一度逆転。フェズント岩手は9回に得意の粘りを見せた追いついたが、6失点に泣いた。

◆福高ク8-1釜石
 中盤から確実に好機をつかみ続けた福高が、釜石に8回コールド勝ち。投げては高橋ら野手投手陣が釜石を初回の1点に封じた。釜石は後藤、阿部椋の若手投手もマウンドに立ったが福高打線に攻略を許し、打線も先制はしたが2回以降は封じられた。

◆矢巾ク8-1黒陵ク
 黒陵小山、矢巾大道と投手戦も期待されたが、矢巾打線が3、5回に大量点をあげ、小山を攻略した。大道は4回に1点を許したのみ。8回に1点加えサヨナラコールドに持ち込んだ。黒陵は4回に反撃するも、5回の3失点が響いた格好になった。

◆一関ク13-3雫石ク
 雫石は1年前の借りを返したかった処だったが、一関打線が3回までに12点の大猛攻。若手3人+長岡含めた雫石投手陣を粉砕した。投げては今年の2本柱菅原と小野寺が3失点に抑えた。雫石は初回に先制、3回にも2点返したが2度目の5失点が響いた。

◆ピックアップゲーム
盛岡倶楽部 2=001000100
赤崎野球ク 0=000000000
(盛岡)畠山善-笈川
(赤崎)山本淳-磯谷
▽二塁打 大槻、笈川、佐々木、畠山善(盛岡)

 一ヶ月半ぶりの試合となった赤崎は先発に山本淳一を。山本は9回を完投し2失点に抑えたが、盛岡は畠山が別大会の合間を縫って登板、赤崎打線を完封。打っても自ら二塁打。チームでも4二塁打を放ち、赤崎から金星を奪った。赤崎は畠山を攻略できず。

◆花巻倶7-6盛友ク
 序盤に攻勢をかけたのは盛友クだったが、諦めず食い下がった花巻が終盤に逆転、サヨナラ勝ちをおさめた。森橋、北山は投打にわたっての活躍。盛友は5回までに6-4と先手をとっていたが、終盤にかけて花巻の攻略を許し、惜しい星を落とした。

◆江刺8-2久慈
 共に近隣に上位大会で戦っていたが、江刺が3回までに5点を奪取。藤野、村岡のアベック二塁打も飛び出し、投げては菅原、河内山が久慈打線を2点に封じた。久慈は現時点でのベスト2投手を投入したが江刺打線に攻略を許した。が秋の戦いはいい経験になったはず。

◆宮古倶9-4一戸桜陵
 宮古倶は序盤から一戸主戦穴久保を攻略。4回までに6-1とリード。一戸は5回に2点返したが後が続かず、宮古は終盤更に3点追加。普段は野手の藤岡から畠山とつなぎ逃げ切った。一戸は序盤に攻勢をくらい受け身に。反撃はしたが逆転には至らなかった。


 大会初日はこの通りの結果で終え、企業の部ではトヨタの対戦相手が決まりました。赤崎の敗退は言うまでもなく残念。畠山投手は実力は認識も、別大会が次週に控えているので来れないべど思い、ノーマークにしましたが、まさか登板するとは…。

 21日はクラブの部準々決勝と準優勝が行われました。
《クラブの部準々決勝》
◆花巻倶9-0盛岡倶
 この試合は盛岡倶楽部が人数揃わず、花巻硬友倶の不戦勝と相成りました。今年新人が結構入りましたが、それでもロースターは多いと言えない盛岡倶が残念な敗退です。次の進路向かう選手もいますがまた来年グラウンドで。

◆宮古倶7-2江刺
 地力は蓄えつつあった宮古だったが、全国進出チームの江刺に大勝。2日連続で番狂わせが起きた。宮古は2回に3点先制。江刺は3、4回に1点ずつ詰めるが、宮古は5回に1点をあげると、7回に再び3点奪い、投げては齋藤が踏ん張り逃げ切った。

◆水沢駒形4-1福高ク
 県内古豪同士の対決は、序盤の攻勢が効き水沢駒形が勝利をおさめたが、福高は別大会(全日本軟式)で全国を経験した東山が奮闘。駒形高橋との左腕対決は見応えあるものとなった。しかし福高打線が9回の1点のみと東山を援護しきれなかった。

◆一関ク8-1矢巾ク
 前日に主戦級が登板した両チーム、他投手の経験値は矢巾が上かとも見たが、一関は3回に一挙5点を奪い、流れを持ってきた。矢巾は南幅→在家とつなぐが、一関は手を緩めず8回コールド勝ち。菅原峻がこれまでのうっ積を晴らす投球を見せた


《クラブの部・準決勝》
◆宮古14-3花巻
 第一試合がよもやの結果となり、江刺戦に続いての連戦となる宮古がどう戦うか注目されたが、宮古は3回に逆転すると、4回に6点、6回に5点の大量点を奪い、投げては奥が復活ののろしをあげる完投勝利。花巻はベスト4の戦いに臨んだが、2点先制後は苦戦した。

◆水沢駒形14-5一関ク
 試合は序盤から波乱含み。駒形は2点を先制したが、一関はその裏に一挙5点あげ逆転!しかし駒形は3回に再逆転すると、4、5回に7点をあげる攻勢で力の差を一関主戦投手陣に見せつけた。最後は千葉秀幸がサイクル安打を決める本塁打で決着。


 以上6試合─実質5試合─を経まして、クラブの部も決勝進出チームが決まりました。いよいよ22日に行われた東北会長旗大会出場決定戦(各部決勝)と毎日旗争奪戦の結果をお伝えします。

《クラブの部決勝戦》
◆水沢駒形9-0宮古倶
 今大会、オール江刺を破ってきた宮古倶だったが、駒形は番狂わせは御免とばかり2回までに6-0の大差をつけ、以降も小刻みに加点。投げては馬場が宮古打線を完封し、貫禄の差を見せつけた。宮古は齋藤、中村と左右両柱を投入も駒形打線を抑え切れなかった。

《企業の部・決勝戦》
トヨタ東11-2JR盛岡
 前々日に競り合いを制し、県内王者奪回に前川、寺田を投入したJRだったが、トヨタは2回に4点先制。5、6回にも合わせて6点を奪い、7回コールドに持っていった。JRはトヨタの左腕菅原から6回に2点を返したが、失点が多すぎた。

《毎日旗争奪戦》
◆トヨタ東11-1水沢駒形
 前年は不覚をとったトヨタ東だが、今回は一切のスキを見せず、4回に5点奪うと、6、7回にも5点取り、コールドに持ち込んだ。投げても新人中里→吉橋とつなぎ2回の1点に抑えた。駒形は3回まで競っていたが4回の5失点が基で崩された。


 さて、以上17試合すべての紹介を終えました。今大会の表彰選手は以下の通りです。

◆企業の部
▽最高殊勲選手賞
 菅原倭投手(トヨタ東)
▽敢闘賞
 関口和磨選手(JR盛岡)
▽首位打者賞
 小野勝司捕手(トヨタ東・10割)

◆クラブの部
▽最高殊勲選手賞
 馬場敏次投手(水沢駒形倶)
▽敢闘賞
 北村元樹選手(宮古倶楽部)
▽首位打者賞
 千葉秀幸選手(水沢駒形・.667)


 以上、駆け足で毎日旗秋季岩手県大会を追いかけて来ました。予想外の事態が次々と起き─殊に赤崎、江刺の序盤敗退や盛岡の棄権─、宮古、一関、花巻が上位の戦いを経験。クラブカップ予選の遠野、久慈、盛岡桜窓と合わせて「撹拌の予感」を感じたものに。一方で変わらぬ強さを見せたのはトヨタ東日本と水沢駒形。各々の戦線を考えると、伸ばしてはいる力をこの両チームを基準にして、互して戦っていくことが、いわゆる底上げに必要なのかな、と思ったりします。その意味でもクラブカップ大会がなくなるのは惜しまれる所です。

 公式戦も残すは北上大会と岩手王座(駒形とトヨタは東北会長大会)。バット納めも近くなりますが、まだ試合残している方はそれに傾注を、シーズン終えたチームは色々な意味で語り合いながら、次の戦いに向けて歩きたいものです。以上長文お付き合いありがとうございました。






最終更新日  2014年09月24日 18時15分40秒
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.