1861351 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

つなげ“希”動力-袖番号96、伊東勉のページ楽天版(更新停止。書庫ログ)

全て | カテゴライズ未分離 | 雑記ボックス | 社会人野球・総合 | その他スポーツ | 政治について | 雑感・日記 | 私の事、色々と | 対論記事(別名:一人伊東) | 筆者からのお知らせ | マンガ・読み物から学ぶ | 共産党の選挙結果 | 『思いの強要』に向き合って | コメントへのお返事 記事 | プロジェクト-B | 大農・船東野球部+高校野球 | 野球一般 | “変態”を嘲う | ツイッター縫い合わせ。 | 社会人野球2014 | 社会人野球2013 | 社会人野球2012 | 社会人野球2011 | 社会人野球2010 | 社会人野球2009 | 社会人野球2008 | 社会人野球2007 | 社会人野球2006 | 社会人野球1994~2005 | 社会人野球・軟式 | 社会人野球2015 | 社会人野球2016 | 社会人野球2017
2016年12月03日
XML
カテゴリ:雑感・日記
 改めて今晩は。岩手内陸部、未明は雨、しかも寒い中での早朝の仕事だったもので骨身に染みました。今週末は体力温存の予定、今日も昼過ぎまで横になっていました。他人より欠けているものが多いのでその部分気を付けて参ります。お付き合いよろしくお願いします。
 母の入院で家事で母にもしてもらっていた部分も主に私に回り、毎日夜中になってようやく落ち着いて一息つく生活しています。ほんでも兄の負担何ぼか減らしながら社会活動に関わる時間も維持。その中で毎週のように盛岡の書行事・行動に赴いていました。その中で依頼を受ける物事もあり。心身共の最盛期を設定するなら2002~05年でしょうか。そこら辺の時期辺りまでは積極的に、多少無茶利かしても出ていたものですが、体壊すとね、それが用意にできなくなってしまうわけで。いまやデモ行進は辞退というのが私の基本になっています。ああ情けね。
 病人扱いされることにあまり面白くない思いはしていますが、よくよく考えれば心身病んで一般の会社に勤めらんない…という時点で病人なんですよね。ほんでも世話になったり、開拓したりしてですか。もう8年になります。そなもんでどの活動も周りからの気を遣われての参加で、社会活動ではデモ行進基本禁止だべし、野球も一日フル観戦は止められています。そして、各方面でですが、私の信条というのは少数派の部類で存在しています。平たく言えば「保守系思考の多い人の中にいる共産党理解者」。
 気をつけないけないと思っているのが「怒りの扱い方」。怒りは原動力になるし、意思を表すものだから向ける相手さえ間違わなければ発揮してしかるべきものです。しかし、これを「無差別放火」にしてしまうのは如何かと。そういう意味で拙稿では慎重に扱っています。タイムライン上では「相対する人に対する態度」が議論になっています。あまり他人に偉そうなこと言えた義理ではありませんが私の見解を述べます。 
 まず私自身。 
 ツイートでは厳しい態度で喧嘩腰の態度見せることもありますが、実社会では相応の態度をとります(と自分では)。基本「今すぐどうしようもないことを突くようなマネをしない」。#kokkaiの一部使用者に腹立つのはそれすら弁えられない言質があるから。厳しい言葉発するときはありますが、周りも見ながらすることにしています。周りから見てみっともない思われることはしない、と。
 更に言えば。「気づかない、行動しない」やつが悪いという言質ですか。一番やめてくれないかと思うものです。傍観者も罪だいうのも分からんわけではないですが、結局は「蹴り飛ばすやつの言うこと何ざ誰が聞くか」に容易に結ぶものです。ここは譲れません。こんな考え甘いんだ、というのは簡単で、その通りで、私全然否定できません。しかし、「他人の悪行をしつこく追う者が自身も“悪行者”顔になる」のと似た感じで、強権政治とたたかうはずの自身が強権の態度をとってしまう。これは本末転倒違うのか、と思います。
 当初にも述べた通り、他人に威張って言えるほどの身分ではないし、前衛に立たれている皆様の気持ちもあります。だからそこら辺交ぜこぜしてうまくやっていただきたいな、と。最近「仲間の人付き合い」に関してタイムラインで考えさせられることも見たので…以上述べて項を終わります。
 年々痩せ細っていく市井の市民労働者。私は“底”が2005~09年あたりで、医療などの補助を受けているからこの5年間以上の暮らしはできていますが、思い出したくもないですね。あの時期の暮らし様は。
体悪い→まともに働けないからろくな収入ない→医者代もない→食費もない(“残飯”で食いつなぐ)で螺旋的にまっつぁか様(真っ逆さま)に落ちてその止めが心筋梗塞ですよ。いやはやめでたくねえ。私の場合は“周り”いたからどうにかひっかかって生きていましたが、そんでなかったら…ね。ドラマ相棒の「ボーダーライン」ですか。その被害者と私は紙一重ですよ。しかし、紙一重を守るものがバリバリ壊されていましてね。それが壊されて「低水準」で生きることを余儀なくされている。そうさせた原因にキバ向けるのが本来ですが、そうでなく「八つ当たりし易いモノ」に向けさせてるのも。
 殴りあわせ、引きずり下ろさせて圧倒的大多数を低水準化させ、ひとつまみの超特権階層のみに力を集めようとする。収奪行為の獰猛さは、「全体のパイ」が大きくなった分比例しています。いつまでも続けられたら市民労働者階層は干上がる。そのための存在でいましょうや。
 
 最後に。つるの剛士氏の発言が色々語られていましたが、長谷川豐氏のようにあからさまな立場表明をし、実力者と結んでの攻撃はしていなかったので拙稿では触れませんでした。確かに当初の発言には…でしたが、あまり細々と叩きに走るのもどうなのか、と。「向こう側に蹴り出す」ことにも。もう…たたかわなければならない矛先を余分には増やしたくないので、まず根っこ。収奪勢力の象徴安倍政権を折る。これを基本にしていきましょ。繰り返しますが下手なやり方して「対象者と周囲を向こう側に蹴り出す」真似は避けたいものです。今日も拙稿、お付き合いいただきありがとうございました。






最終更新日  2016年12月10日 17時08分49秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.