1234132 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

つなげ“希”動力-袖番号96、伊東勉のページ楽天版(更新停止。書庫ログ)

全て | カテゴライズ未分離 | 雑記ボックス | 社会人野球・総合 | その他スポーツ | 政治について | 雑感・日記 | 私の事、色々と | 対論記事(別名:一人伊東) | 筆者からのお知らせ | マンガ・読み物から学ぶ | 共産党の選挙結果 | 『思いの強要』に向き合って | コメントへのお返事 記事 | プロジェクト-B | 大農・船東野球部+高校野球 | 野球一般 | “変態”を嘲う | ツイッター縫い合わせ。 | 社会人野球2014 | 社会人野球2013 | 社会人野球2012 | 社会人野球2011 | 社会人野球2010 | 社会人野球2009 | 社会人野球2008 | 社会人野球2007 | 社会人野球2006 | 社会人野球1994~2005 | 社会人野球・軟式 | 社会人野球2015 | 社会人野球2016 | 社会人野球2017
2017.07.02
XML
 今日は。日曜日いかがお過ごしでしょうか。私はクラブ野球選手権見に行こうと予定していましたが、陽にあたったのか体がほてってだるくなり、自宅で横になっています。江刺運動公園には行けません。東京都議選に関する記述は夜から。タイムラインお付き合いよろしくお願いします。

◆飛行機搭乗の件といい、安倍政権への「怒りの可視化」といい、あとは生活保護受給者への写真撮影強要。ここら辺に共通するのが『非多数者は多数者に従うことの強要』と『通常の行動で“相手にされない”からと強い行動をとった際の多数者による憎悪のこもった攻撃』。うんざりもしますが対峙し続けないとね…。

―夜8時、東京都議選開票―

 開票が始まりました。出口調査をざっと見ると以下の案配で伝えられています(概算)。

共産 15
民進 10
他立憲2(社民、ネットなど)
都民 45
自民 35
公明 20

 …これでも割合1:4ですからね。しかし、事前予想の大方は

共産 10
民進 1
他立憲0(社民、ネットなど)
都民 50
自民 40
公明 23

 割合1:9。はっきり言えば後者+維新は同一勢力ですからね。こうなった場合の怖さを想像すると…。
 私が見聞きした中で一番最悪の予想(…正確には“願望”)は

共産1
民進1
※0にすると「叩くネタがなくなる」が理由。都民、自民、公明、維新でほぼ独占が望ましい

 …というのも。これを記したY・K氏にだけは「ザマあ見ろ!」を進呈したい。
 この4、5年ずっと政治活動では安倍内閣のいい様にされる事態が続いた。何をしても大丈夫と、毎日のようにトラブルと分断の種が振り撒かれ。盲目的な支持者からは、極論「生きているだけ」で罵声を浴びせ続けられてきた。自分は絶対安全圏にいて。何時ヒューズが飛ぶか…怖かった。

 政治というか、社会活動

 …逆だ。

 社会活動というか、政治。
 政治いうのは「日本に住む人全部に関わる」事業なわけ。だから「嫌いな奴は切り棄てる」というのを正当化させてはわんないものです。しかし、安倍政権支持者は切り棄て対象に憎悪を募らせ、支持者の言動が後を押した。
 意見の別離はしゃあないと思って、一定の立ち位置にいますが、そことは別の「イジメっこ気質」が安倍政権支持者に持ち込まれることが多かったし、正直それに疲れた。簡単に位置しやすいですからね。そんでもって様々な理由から「多数派に従えない者」に忍従を強いる。それがたまらなく辛かった。

 安倍政権支持者にとって己を維持するアイデンティティーは「民族」。だからやたら「日本人」を意識するし、権力者・経済強者を「御主人様」視する傾向が。一方で階級闘争を「日本人内の争い」を嫌悪するため嫌うし、さらに「純粋な日本人」以外をやたら敵視する。また嫌いな属性をそこに置きたがる。
 私自身は両親の四代内は日本人ということ以外は「多数派」からことごとく離れているから…特に去年のやまゆり園と長谷川豊氏「透析患者殺害」発言はかなり堪えた。いまだからいうが後者は母にも半年間で三度4ヵ月入院と多大なショックを与えさせてしまった。

 あまりもの言い様の連続に理性飛びそうにもなるけど、そんでも「人との関わり」「現場主義の傷少ない解決手法の模索」で暴走だの脱落はしなかった。「解決手法はお偉い様にすがる」だけではない(これだけだと全体のための沈黙強いられる場面も)。この「最後の綱」を離すわけにいかなかった。

 共産党、前回都議選は予想が5くらいでしたか。ほぼ同時期の参院選の予想が4月末の時点で2(07、10年は比例のみ3)。これを2ヶ月で覆し都議選17、参院選8に。今回はもっとひどかったばかりか「国政与党による議席独占」の危険性もあった中、それだけははね除けた。

―開票が進み、自民党の風向きがさらに厳しく―

 一部支持者、勝ち馬に乗り続けていたいというだけの人でしょうが、ものすごく見苦しい態度を見せている。
 それにしてもいいご身分だ。一度選挙で負けただけであんなに“うちひしがれる”ことができるなんて。とてもじゃないが俺にはできない。勝とうが負けようが、このあとどうやって頑張んべど考えるので精一杯だ。重いんだよ、一票の委託は。
 立場越えて「ふざけんな」しか言葉がない。

―3日0時過ぎ、議席確定―

 改めて2日に投開票された東京都議選について触れていきます。まずは結果から(勢力名、今回当選、前回当選)。

共産 19←17
民進 5←15
都F 55←-※系列無所属含
自民 23←59
公明 23←23
維新 1←2
都ネ 1←3
社民 0←0
無所属0←1

日本共産党当選者(敬称略)
江東区 あぜ上三和子
世田谷 里吉ゆみ
葛飾区 和泉なおみ
品川区 白石たみお
北区  そねはじめ
板橋区 徳留道信
足立区 斉藤まりこ
大田区 藤田りょうこ
江戸川 河野ゆりえ
豊島区 米倉春奈
練馬区 とや英津子
杉並区 原田あきら
新宿区 大山とも子
目黒区 星見てい子
八王子 清水ひで子
町田市 池川友一
北多1 尾崎あや子
北多3 いび匡利
北多4 原のり子

 先の記述でも触れた通り、今回政治戦前では予想の数字が二桁乗ればいい方で、中には5だの8だの。最悪の極致は「なくなってほしいがネタがなくなるのも嫌だ」という意味での1…それが書かれたウェブ記事見てキレそうになりましたね。
 片方で「今の野党はダメ」とドサドサと叩きつけられ、別な所では「小池都民Fと自民党の対決」。で、記事では豊洲問題ではさすがに完全無視はできなかったけど、視界からは消そうとされていた。これで「立憲野党は端に少し」なったらどうしよう、と。

 都議選の結果はその後の政治傾向を決める―とよく言われていたので「自民系の議員しか存在が認められない状態になったらまずい」と。国政も毎日のように諍い起きては安倍政権側の身勝手が通用する状態。恐怖さえ覚えました。

 それでも踏ん張った。

 安倍自民勢力の増長は私が語るまでもありませんが、もうひとつ考慮に入れるべきは「多様な立ち位置にいる市民有権者が打開に動いた」こと。15年戦争法強行から動き始めた市民・立憲野党共闘の取り組みがこの場でも。6月に強行された弾圧法 共謀罪に対する抗議。そして「目にモノ食らわす」「何時までもなめるな」と行動に立ち上がった方々の取り組みが、野党勢力支持の伸長―グラフが激しく動いた図も―につながりました。その結果が「よくて10」から25位に。

 更に「何してもいい、批判の声は黙らせる」と省みることを忘れた安倍政権与党勢力は寸前まで専横振るいましたが、45ぐらいと言われた予想が蓋開けたら25にも届かない結果に。二次安倍政権発足後これだけの大敗は始めて。総裁会見予定からも逃げる始末でした。

―2日深夜の記述はここまで書いて、力尽きてしまいました。なにぶん色々な方面ですっかり心身が消耗しきってしまいました。

 4日付けの新聞を見て、改めて共産党の伸長の意味を。共産党が当選しなければ、自民党は+15。それこそ「超翼賛」体制を作られてしまいました。
 そして、共産党キャラクターのヨーコさんいわく「“頭数”はいない」。世代交代も進みメンバーも変わりましたが、市井の場からの収奪社会越える社会変革を市民・共闘勢力と為していきたいものです。
 中途半端な記述になりましたが、以上をもって記述を終わります。






最終更新日  2017.07.04 22:47:57
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.