1836336 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

つなげ“希”動力-袖番号96、伊東勉のページ楽天版(更新停止。書庫ログ)

全230件 (230件中 171-180件目)

< 1 ... 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 >

カテゴライズ未分離

2012年03月31日
XML
 2日前に取り上げた日航労働者解雇に抗しての裁判。結果から語れば清々しいまでに経営者側の思惑に乗った判決が出てしまいました。
 「解雇しなくてもやっていけた」の稲盛発言に対しては「個人の感想」。解雇の必要性に対する疑問に関しては「稼働ベース」というワケわからんルール作られ、年齢と病歴を基準にした解雇も「合理的」有効(アメリカでさえ年齢を基準にした解雇は禁止)。営業利益が伸びた点に関しても「“要らん奴等”のクビ切ったから」。
 さらに念が入っていることに、これだけ会社側の言い分ばかり聞いた判決の割に、たった一つ「原告2人の減額されていた給与の支払い」だけ認めた、と。
 朝日新聞は、この項をもって「原告の請求をほぼ棄却」と書いたが、私に言わせればこれにしたって『多少の利益は与えるが、それをもって原告団の団結を壊そうとする仕掛け』にしか思えない(こんなんで簡単に壊れるモノでないのも知っていますが、この手の闘争に「分断工作」はつきもの)。そういう意味では、この裁判は「経営者側の圧勝」にされていました。

 でもね、こんなん許したらどーなるんでしょうね。
 「“うるさかった”り、“金食い虫”の労働者」のクビ切るのに「経営不振」を錦の御旗に立てりゃ、労働者簡単に追い出せる。経営の状態を悪く見せることは容易いと言いますからね。この裁判確定させてしまえば「大量解雇の武器」与えてしまうだけです。

 その大量解雇が何生むか。まず第一次的にあげられるのが労働者の生活難です。収入が計算できなきゃ暮らし成り立ちませんわな。
 次に「仕事の質」。事あるごとに経営者側の立場に立つ人は「労働者側も雇用の流動化を望んでいる」と言いますが正直意味不明。「職を離れた人が次の職に就きやすくして」なら意味が分かりますが、自分達でクビを切りやすくするための理由付けに使うのであれば、それは「おためごかし」といいます。
 おっと、横道それた。元に戻しますね。
 どんな仕事においても、その仕事に必要なスキルなり経験、さらに“コツ(※)”というのがあります。それは、多くの経験値を踏むことでも養われていくもの。「長年勤めさせると多くの金払わなきゃなんない」というのも、経営者側が「“取り替えの効く部分”は非正規雇用の形態に」の路線を進めるのも、要は「出す金もったいねぇ」から来ているものですが、同時にそれは仕事の質においては重大な空白を生むことになりました。

 さらに話を広げれば、企業の利益収入にも関わる消費に関して。
 簡単に話すりゃ「ない袖は振れない」ってやつで、職がなくなったりして減収になれば、買い物の幅縮小せざるを得ません。まさか「3食を2食にしてでもわが社の商品買え」てわけにもいきませんしね(皮肉)。

 経営に困ったらクビを切れ、という思考は、一時的には利益をもたらすものでしょうが、その実今まで書いてきた部分のようにマイナスの影響も多くあります。まだ二審、三審と裁判が残っていますが、これ以上の労働者への侮蔑を許さないための行動を広げ大きくしなければわんないな、という事を強く思わされた裁判でした。

※この言葉は、得てして「枝葉的なテクニック」という意味で使われがちですが、実際は「根幹的な~」という意味で使われる言葉です。






最終更新日  2012年03月31日 19時07分46秒
コメント(0) | コメントを書く


2012年03月29日
 日航の労働者の解雇が行われて2回年を越した。当時の稲盛会長はじめとした経営陣は様々な理由をくっつけて多くの労働者の解雇を強行したが、後の裁判で稲森氏自ら「する必要はなかった」と語っている。
 労働者関連でもう一つ。
 昨日の国会で通された「改正労働者派遣法」。数年前の派遣村発生の教訓を酌まず、労働者の保護を取っ払った中身を『民自公』の枠組みで押し通してしまいました。「これでもなまぬるい」のみんなの党を除けば、反対したのは共産党、社民党しかありません。

 日航の件に関しても、派遣法の件に関しても。最近の一部経営者は労働者をちり紙か何かと間違えてちゃいないかい?
 “必要”な時にこきつかい、それがなくなりゃポポイのポイってか。
 あんなぁ、俺たちゃ労働者もなぁ、仕事場の都合だけで生きているわけじゃなくて、家族がいて養わなきゃなんないべし、地域社会の中にも生きているから、その関わりだって無下にできない。そんな中で飯食うために仕事場に雇われて、一日の内の少なくない時間を経営者の意の基に動くわけだ。
 経営者ったって、一人じゃできることは限られているわけで、どーしても手となり足となり…て人は必要でしょう。そこ考えりゃ責任の重軽こそあれ本来は同じ目的にむかう仲間でもあるわけなんですが。

 こういう構図を見ていると、思うのは経営者の視点が仕事と利益、どっちに重きをおいているか、考えさせられます。
 「仕事するには人が必要だ」と、雇用の維持にも真摯に取り組む人もある一方で、へそくり(内部留保)ためこんでいてからに、単年度赤字が出ると株価に影響するからと、草を刈るようにクビを切る経営者も存在したりします。後者の方が覚えめでたく思う風潮もあり「経営“苦しい”」→「クビ切りゃいいや」→パトロン(株主)に「うむうむよくやったぞ」というコンボが成立させられています。

 そうやって甘やかせてきた結果、労働者守るルールがシッチャかメッチャかにされてしまい、今や「より安上がりでないとやんた」とばかりに、労働者の雇われ方に対するダンピングが起きているわけです。それを象徴している一場面が文頭に紹介した記述です。

 今朝(29日)の赤旗には、ソニー仙台期間社員の雇い止め撤回のニュースが一面大見出しに載っていました。このたたかいの勝利の原動力は労働組合に結集して団結してたたかい抜いた、それにつきます。裏返せば、利益を追求する側からみれば、邪魔なのは「たたかう労働組合」の存在。日航労働者の件でもその様相あります(JRがやったような労働組合の中心人物の排除)し、派遣労働者を多くしていたいという底には、組合の組織率が低く、条件面などで言うことを聞かせやすい目論みがあるものと思われます。
 既に(“前衛”的な部分では)少数勢力化させられ、同じ労働者の立場なはずなのに、労働組合の活動に悪罵を投げつける人も多くいたりもしていますが(行動原理に関しては後述)労働者の生活、さらに広く見れば「もうけ第一主義が歪める社会」をこれ以上ひどくしないためにも、この“戦線”大きくしていかなあかんな、と思います。






最終更新日  2012年03月29日 09時28分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月28日
 私はテレビとラジオどっちよく聞くか言えば、断然ラジオの人間で、IBC岩手放送、FM岩手、ニッポン放送と時間時間ごとに聞き分けています。4月から岩手など3県でもテレビの地デジ移行になり、大船渡の実家のテレビはつかなくなってしまいますが、そんなわけで私にとってはノープロブレムってわけで。
 
 東日本大震災後、Radikoで全国に配信していた岩手、宮城、福島3県の放送も、今月で途切れてしまいます。元々が県単位限定での免許だったのでやむを得ない部分もありましたが、IBCの看板番組『朝からRADIO』『ワイドステーション』では、全国配信が止まる事を惜しむ声が沢山来ていました。

 時々車で遠距離走らせる私にとってラジオは必需品ですが、番組の相性が合わないと…の部分もありまして。まず聞いててリラックスできる部分がなければな、というのを基準に番組を聞いています。だから、IBCやニッポン放送の番組であっても「リラックスできない」ものは聞けない(最近ではオードリーのオールナイトニッポン-若林さんの“毒舌”が障るようになってしまいまして)ものもあり、中々ね…という所もあったりします。

 それでも昨日(27日)起きた震度5の地震のときにも、何がどうなっていたかを知るのに大きな役割を果たしていました。手軽に、身近に接することができるラジオというメディア。これからもいい付き合い方ができれば、と思っています。






最終更新日  2012年03月28日 09時32分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月27日
 ただいま北上市・さくらホールにいたところでしたが、緊急地震速報が鳴ってすぐ地震がきました。
 さくらホールは何もない様子でした皆様もお気をつけてください。






最終更新日  2012年03月27日 20時14分49秒
コメント(0) | コメントを書く
 まず最初に。様々精神ダークになっていたと言うか、根詰めていたというか。そんな状態だったもので最近の記事の書き方に影響が出てしまっていました。ちと説教調と言うか、詰問調というか。あまり気分よくは読めなかった事と思います。その部分最初にお詫びします。

 ほんでも、やっていることが相手にされないってのがあんまり気分いいとも言えず、で。本当はそんなクサクサしていたんじゃわんないのでしょうが、どーでもいい事がさも大きなニュースとして扱われ、一方で「アタリマエ」に対する問題提起は無視される。たまにごまかしきれずニュースに取り上げれば「大したことはない」扱い。イラつく事も多いが、まだでたらめ理由つけられて取っ捕まったり、殺される事がないだけマシ、という事にしますか。

 ただ、これは何回でもいい続けますが、言葉は声に出してしまったら“力”になってしまうもの。最近はブログ、ツイッター、フェイスブック、ミクシィ…個人で編集して発言する場も多くなっていますが、言葉の持つ意味と重さを軽く見て平気でくそ汚ない言葉吐くのも見受けられます。
 「何そんなの気にするこたぁない」
 そうだね。でもね、今や誰かをぶっ叩いてウサ晴らすことで人気集めている、て人増えているでしょ。それにあやかりたいと思う人もいたりする。それがつい出てしまって、気にくわない議員に対して「地獄に落ちろ」とか「放射能浴びた方がいい(※1)」なんて言う“お偉いさん”も増えてきているわけ。

 という事踏まえて、今年の目標追加。
 『生き残る』。
 ま、これは俺自身もそうだし、共産党の活動もそうです。マスコミの持つ問題点は、先日志位委員長が話しましたが、それがすぐには解決に向かわない状況下では、その実態が世の中に分かり広がる時まで、その存在を潰されないことが肝心になってきます。
 今は大阪維新の会がもてはやされていて『既成政党』と対立、みたいに書かれていますが、正直うちらと社民党除けば彼らと政策の親和性大有りでしょ。ま、そこら辺含めて、他人踏みつけにして恥じない勢力、そういうのに媚びへつらう輩に対しては、キッつーいお仕置き与えるために歩き続けるとしますか。

 てなわけで、“祝勝”モードは一日で終了。北上市政に向き合いながら、故郷大船渡の政治戦のためにも頑張らせていただきます。

※1 ラドン温泉に入ったり、医学治療上使用せざるを得ない場合、というわけではないようです。






最終更新日  2012年03月27日 09時20分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月25日
鈴木健二郎さん、安徳すみ子さんともに当選となりました。詳細は明日お送りします。






最終更新日  2012年03月26日 00時42分25秒
コメント(0) | コメントを書く
 今晩行われる北上市議選挙の開票に関して、結果が出次第、速報の記事をお届けします。






最終更新日  2012年03月25日 20時49分29秒
コメント(0) | コメントを書く
 大阪維新の会の「維新塾」が開講した。論壇の中には『ただの資金集め』という声もあるが、これは(恐れはしないが)重大な動きと見る。

 理由として、政治は議員・立候補者だけがするものではなく、実務取り仕切る人、有権者の中に入り意見を広める人…様々な役割を担う人が必要になる。その人材集めに本気になった表れ、と見る。
 今回参加した約2000人がどこまで残るか分からないが、多くの運動員を作り出すことは間違いない。中国で起きた文化大革命における“紅衛兵”づくり。
 橋下氏は次の政治戦を一大決戦と位置づけているらしく、鼻息が荒いが、彼らが訴えている制作や行動を見れば、どこに政治の方向を持っていこうとしているのか見えるのではないか。そして、見えた光景からは、維新の会とそれに連なる勢力が、決して“改革者”ではなく、ただの“収奪者”であることは明白ではないか、と思う。

 橋下氏や維新の会が積極的に進めてきたのは何だったか。その大方は最低限の生活・存在を保証していたものを「既得権益」となじり、強権的圧力を持って奪った事ではないか。
 そして、彼らが進めようとしている政策はなにか。要は“力のない奴は隷属化しろ”と。競争で人を煽り立て、ついていけない人は“オエライサマノイウコトニシタガッテドレイトシテイキロ”というもの。「上に上り詰めたい」行動力、「下に落ちたくない」行動力が世の中活発化させるのか知らんが、その様子がムチで奴隷をひっぱたいて遮二無二働かせているようにしか見えないのは気のせいか。

 彼は自分の意見に従わないものに「なら選挙に勝てば」と言い放つが、盗人にさえ三分の理があるのだから、一般に過ごす人たちにはもっと多くの“理”があるはずだ。選挙で勝てば好き勝手していいわけじゃない。現実にある現象にどう向き合い、合意形成図っていくか、というのが政治の役割なはずだ。

 ところが、この行為は実に面倒くさい。手間隙かかるし、それぞれの利害調整だって簡単ではない。だからスパッと竹割ったようにいかない様子に苛立つ人が多いのもわかんなくはない。
 ほんでも、多くの人の利害付き合わせて物事ルール決めるというのが議会の場だ、というのをわかれば、それなりの見方というのがあるはず。
 あんまし「昔に比べれば」的な言い方はしたくはないが、議会で合意形成を図る、という努力をしなくなってきたな(今の「民自公」だけというのでなく)というのを感じる。誰それに勝てばいい、というここ数年で政界に身に付いてしまった思考回路が、異なる意見に対しての許容力を失わせ、意見の先鋭化を生んでいる、といったら言い過ぎか(※1)。

 橋下・維新の会だけでなく、最近“力”を持っている人が、その力を発揮する方法・手段として「構成員に対して居丈高に出、ビシバシとムチで叩くように言うことをきかせる」…ま、様々な恐怖感を利用して物事進めようとする様子は、多少賢いのかしれないけれど、人の持つ力を信頼できず、かつ力の引き出し方を知らないという意味において“無知”と言わざるを得ない。
 そう言っているそばから、今度は『メタボ検診受診率の悪い所にはペナルティ』というニュースが流れてきた。ああ、あほくさ。悪循環じゃないか。ここでも内情見ない“ムチ”が、現実を殺していく…。

※1 茨城県取手市長による共産党議員に対しての「地獄に落ちろ」発言もありましたねぇ(怒)。






最終更新日  2012年03月25日 20時45分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月24日
 気がつけば、明日には一つの“結果”が突きつけられる。ここ数日で問題提起し、盛り上げはしたけれどそれが結果に結びつくかは未知数。いい結果出してぇと思う人ばかりの中を出し抜くのも簡単じゃない。

 思えば、自分の願い叶えるためには勝ち抜かねばわんない、という世界に身をおいて10と8年経ちますか。あんまりギチギチに物事突き詰めることが苦手な私にとって、それでもこの道だけはずっと歩き続けてきたのはなぜか。理由探せば『貧困』と『踏みつけ』が嫌だったから。貧困の辛さは幼少期から味わってきたし、踏みつけにされる辛さも味わってきた。だから能力様々及ばなくても、貧困や抑圧に対しては厳しい態度をとってきた。

 とは言っても、人間は成功に憧れる生物でもある。強くあることを望む生物でもある。それが形に表れるのは欲だったり夢だったりするが、それらの行動の反作用として人傷つけることは往々にしてある。全ての不条理は消し去ることはできないかもしれないが、その不条理をカバーすることぐらいはできるはずだ。
 それを今自分がたたかっている舞台で例示すれば『大金持ちにはなれなくても貧困には陥らない』って事じゃないかと思う。しかしそれが『“力”のある者』あるいは『“力”を持ちたいと願う者』は、より自分に“富”を持ってきたいから、他人が持つ富を収奪したがる習性をもってしまう。だからそれを『違うじゃ、それは』と正す人が必要になるわけだ。

 『わっせでわんない(忘れていけない)』貧困と抑圧に対する怒り。そして、わずかながらも『積み上げてきた』経験値。これを元に歩いてがねばな、と思いながらあと一日歩くことにします。






最終更新日  2012年03月24日 13時00分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月21日
 こんにちは。すっかり 社会人野球の記事がお留守になっていましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
 社会人野球の春一番を告げる大会『東京スポニチ大会』もいつの間にか終わっていまして、JFE東日本が優勝していました。東北からはJR東日本東北が出場していましたが、残念ながら予選リーグ敗退に終わっています。

 2005年に茨城ゴールデンゴールズからはじまったチーム創設ラッシュも一段落しはしましたが、それでも毎年いくつかのチームが旗揚げされています。以下にそのチームを紹介。

・新規結成チーム(マスコミ報道された結成予定含む)

弘前アレッズ(青森)
関東自動車工業(岩手※1)
東京法律専門学校仙台校(宮城)
福島維新男塾(福島)
永和商事ウイング(三重)
履正社ベースボールクラブ(大阪)
KC西宮(兵庫)
県警桃太郎(兵庫)
西部ガス(福岡)
九州工科自動車専門学校(熊本)

※1 関東自動車工業は元々静岡で活動していたチーム。今回岩手工場のある岩手県で活動再開。会社そのものが新体制になるので活動開始時期は未定のようです。

 興味深いのは企業・官公署が4チーム結成されたこと。ここ10数年企業チームの撤退がクローズアップされていましたが、今までの企業チームとは違った活動スタイル(※2)で取り組みを始めよう、というチームも、ここ数年増えているのも実態です。

※2 今までの企業チームは「野球する事が仕事」という形も多かったが、熊本ゴールデンラークスの選手が鮮ど市場で実業に立ちながら全国大会進出を果たすなど、企業チームでも「仕事しながら野球も」という取り組みも模索しています。

 一方で、活動休止、解散をするチームも。去年以降苦渋の選択を選ばざるを得なかったチームも以下に紹介します。

・活動休止チーム(今年再開を表明したチームはここに書いていません)
大槌倶楽部(岩手)
石巻日和倶楽部、S・Aクラブ、登米クラブ(宮城)

・解散チーム
ブルースヨシフォレスト(青森)
盛工クラブ、太平洋セメント、宮城建設(岩手)

 岩手の仲間の大槌や、東北のクラブチームの草分け的存在の石巻日和、北上大会に幾度か出場していた登米、多くの大会に出場していたS・A…先の震災の影響を受けたチームが活動休止を余儀なくされています。一日も早い復帰を、と願うところです。

 そして、解散チームには岩手のチームが3つ並びました。2003年に活動を休止していた太平洋セメント、宮城建設両チームが解散に。宮城建設からは元近鉄バファローズの栗田、独立リーグで投げていた小山内大和両投手と職業野球選手を2人出していましたが、とうとう「全久慈」から続いた久慈の野球を支えたチーム(※3)の足跡が途絶えました。

 太平洋セメントも、野球どころと言われる大船渡地域の野球を支えてきました。長年「盛鉄」「釜鉄」など県内強豪の前に涙をのみ、これらのチームが活動を休止した後は岩手の屋台骨を支えてきましたが、こちらも歩みを止める事に。

 盛工クラブは2006年に盛岡工業高校出身者で結成。登録選手の平均年齢が20歳越えるか越えないかというぐらい若いチームでしたが、試合をした3つ全てに大敗。仕事との兼ね合いにも苦しんだようで、2008年からは休部状態に。この度解散を決めたようです。私が社会人に関わって以来岩手県連盟に所属した36チーム中、ただ一つこの目で見ることができなかったチームとなりました。

 青森のブルースヨシフォレストは吉幾三さんの呼びかけで結成。2009年には全国大会で1勝をあげましたが、震災で活動の拠点を失い、選手の結集が難しくなった事が各種媒体で伝えられていました。そこから程なくの解散は残念な話です。

 私が応援する赤崎野球クラブはじめ、震災の影響を受けて休部していた岩手の5チームが復帰。先にも書いた関東自工の動向もあり、楽しみな1年になります。日程変更の影響で都市対抗予選が5月スタートになりますが、この時期にベストでグラウンドで会えるように頑張りましょう。無論、私も頑張らせていただきます。






最終更新日  2012年03月21日 09時26分05秒
コメント(0) | コメントを書く

全230件 (230件中 171-180件目)

< 1 ... 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 >


© Rakuten Group, Inc.