1247937 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

つなげ“希”動力-袖番号96、伊東勉のページ楽天版(更新停止。書庫ログ)

全215件 (215件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >

全て | カテゴライズ未分離 | 雑感・日記 | 政治について | 雑記ボックス | 私の事、色々と | 『思いの強要』に向き合って | 筆者からのお知らせ | 大農・船東野球部+高校野球 | その他スポーツ | 対論記事(別名:一人伊東) | マンガ・読み物から学ぶ | プロジェクト-B | コメントへのお返事 記事 | “変態”を嘲う | 共産党の選挙結果 | ツイッター縫い合わせ。 | 社会人野球・総合 | 野球一般 | 社会人野球2017 | 社会人野球2016 | 社会人野球2015 | 社会人野球2014 | 社会人野球2013 | 社会人野球2012 | 社会人野球2011 | 社会人野球2010 | 社会人野球2009 | 社会人野球2008 | 社会人野球2007 | 社会人野球2006 | 社会人野球1994~2005 | 社会人野球・軟式

『思いの強要』に向き合って

2017.08.28
XML
【茨城県知事選挙】敬称略
49万7361票 大井川かずひこ(自公)
42万7743票 橋本まさる(現職)
​12万2013票 鶴田まこみ(市民共同)​

 27日投開票の茨城県知事選挙。結果はこの通りで、最推薦に推していた鶴田まこみさんは当選に至りませんでした。
 今回の政治戦では後味悪い思いを。
・反原発候補が“割れた”
・“割れた”先が共産党
・合わされば勝てた、自民補完勢力
 …脱原発の位置にいる人が一気にこの構図で噴き上がっていることに。

 この間2年の市民・野党共闘路線で、ある程度広い層に対して呼びかけがあり、少なからずの成果も出してきました。保守系の人が立憲主義的な行動に立ち、割れ鍋に綴じ蓋のような様子を見せることもありました(米山新潟県知事が代表)。

 が、今回のは何ですか?

 俺が嫌いな「強要論」。少しでも多く勝ちたいのはわかるとして、何をやるかハッキリもしない、ただ単に「勝ちゃいい」それだけでない。当方は様々代償払ったのに、それを払わない人が「もっと払え」と。脱原発だけじゃない様々な問題は全部知らん顔。
 で、さっきの“構図”で叩く連中は、その一方で選挙結果に対して“不正選挙”だ“某機械メーカーが悪い”“選管は操られている”等といい騒ぎ立てる。4点ワンセット+市井の人を信頼しない言動で5点ワンセット、こんなフラッシュ焚き付ける人は信頼できない。

 近年の野党共闘は、そんな行為が入って来ず、気分いい共闘できていたと思いますよ。それに甘えすぎないよう気を付けなきゃな、とも思った。それみんな台無しにしてくれたわ。思い出したくもねえトラウマ暴かれた気分だ。

 民進サポーター集会でも共闘路線について議論荒れた話も聞こえました。ま、それはいいです。別な党ですからね。しかし共闘作る過程・現場で下らない邪魔を入れないで。特に反共入った、脱原発の急進派。

 今日書かなければならないことはこれだけでないので一度引きます。あまりこんなこと書かせないで。

-4時間後-

 今日はもう…強力なフラッシュバック起こりまして、周りに人いない所に避難しました。あれだけ丁寧に、綿密に、気を遣い遣われながら進められてきた物事も、ひと蹴りでぶっ壊すことができるんだね、と。明日も家事仕事休んで真っ白なります。大一番(クラブカップ)前に壊れていられない。
 罵声浴びせてきた@kauta1111氏と違い座間宮氏について融和的になったのは、新聞の「鶴田候補は共産党推薦」=「共産党の独自候補」=「反自民を分散させた補完勢力」という、強要派の流れで話を持って行った人は多かった中で「実際(市民派主体の選挙だったことを説明)」を話したから。もっともそれ以外は納得しませんがね…。

 繰り返すけど「降りろ、逆らうな、しかし力はよこせ」-そんな“共闘”を強要するならそんなものぶっ壊す。ここウン年で作り上げたものの全否定はごめんだしうんざりだ。
 選挙戦中に“情勢”みえた、T氏棄ててH氏に変える…ね。じゃ橋本氏が「自分達の希望叶えてくれる」のか?その逆やられたら「T氏を旗頭に戦った人」が納得するか?以降の様々な闘い行えるか?合理的なものだけで割りきれるものじゃないよ、人間は。

 まず、今回「強要論」…「共産党独自擁立で負けた」というデマ、「票を割った」という言いがかり、「売名行為・党勢拡大に利用」という意味不明の批判書きなぐった人とは信頼関係置くことをしません。状況鑑みて共闘の行動には参加続けますが、こんなの頻発するなら考えますよ。

 今日1日家事仕事しないで避難します。タイムライン、お気を悪くされた方が圧倒的と思います。申し訳ありません。お付き合いいただきありがとうございました。失礼します。​






最終更新日  2017.09.05 04:10:17
コメント(0) | コメントを書く

2017.05.15
社会活動の方、端的にひとつ。
 1年前、神奈川県議会の共産党質疑封じが図られたとき、短期間に多くの人が異議有りと意思を突きつけ、質疑封じを食い止めることができました。

 今度は「集会封じ」が図られようとしています。狙いは「現政権に逆らう内容」の集会。ここしばらくだけで入手した話として

▼佐久市→原発に関する学習会の市後援取消+「全生徒児童告知」による事実上のネガキャン

▼仙台市→「学校貸出の基準見直し」で、行事のの開催に支障

▼神奈川→ピースフェア開催を後援取消→道路使用関連法の悪用で妨害。

※『神奈川』の部分。市後援行事の場合は道路使用をやり易くする、という中身の法がありますが、それは「後援なくなったら貸出するな」いう中身ではない。尚、この行事が実際に行われたかどうかの確認はとれていません。

 よくもまず…と思わずにはいられません。「左翼嫌い」から「法に則っている。正当だ」という上品なご意見も被せられていますが「お前嫌い殴る」で殴りかかる人はいません。理由をつけての正当化は図りに来るものです。

 で、このような阿る人に「自分が同じ立場に立ったら?」と思うこともありますが…

▽政権批判の位置にいる人は、それを形に表すために行動する必要がある
▽その政権批判の行動を批判する人は政権のやることに従っていればいいから行動する必要はない

 …という違いが。
 非行動者に対する愚民視は慎まなければなりませんが、行動に対し余りに虚仮にされるような言動は面白くないのもたしかです。「黙らせる」行為には従わず歩く。それを表明してとりあえず寝ます。また別に。






最終更新日  2017.06.18 10:44:09
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.13
今晩は。午前は都市対抗野球岩手予選、午後は給食学習会に出ていました。野球の方は赤崎野球クは宮古倶楽部に9-5で勝ち、19日の二回戦に進出。学習会の方は目先の幾分かのお金を節約しようとするあまりに仕事の中身が蔑ろになる危険性を学びました。野球は別エントリでお送りします。
 Twitterタイムラインを眺めていたら「学習会の『自治体後援』取り消し」―安倍政権による牽強政治が産み出す一現象…だけで見てはわんない。悪質性を増していると感じています。

 藤岡長野県議のツイートには仰天しましたね。原発問題を考える集いの後援を取り消し、更にそれを「徹底的に告知する」と。これを『事実経過のお知らせ』という善意だけではとらえられません。後援取り消しは、大方が『時の政権に好ましからざるテーマ』の入ったイベントに適用されるケースが多いです。
 で、それを受けての反応は以下の2つ。「後援なくても集会はできる」と「権威主義」批判と「後援取消になるほどの“札付き”」批判。どっちもネガキャンに違いなし。特に後援取消による「札付き」視感は一定浸透させてしまい、反収奪主義・反政権の意見表明を竦ませる作用を。その結果が更なる悪化の形態「会場使用も認めない」につながっています。

 ひとつは兵庫県の自治体管理の広場で団体主催の祭りが行われていたのを「政治テーマが入っていたから」で中止させた件。これは後に謝罪が入りましたが結果として祭りとそこにある発意は封じられたわけだから、見逃していい案件ではありません。
 もうひとつは神奈川の基地のある自治体での平和祈念イベント。これも「道路利用の促進」に関わる法律を悪用して会場を貸さないという始末。そのあとバタバタしてしまい経過をつかんでいませんが、「世の中の窒息加減」が進んでいると思わせるには十二分でした。

 そのあと北陸地方で会場使用不許可やら宣伝の中止要請やらの事態が相次いでいます。私が恐れているのが「後援取消によるネガキャン→会場使用もままならなくなる」。もう既にその兆候は現れ、一方で「時流に乗っている」方々は発意の場が与えられる。何とも…しか言葉ありません。
 「公選法」もそうですが、ここは言論の自由と「行動の理由」を解していかないとわんないかな、と思います。なぜ行事に後援つけるか、なぜ公的な会場を使うのか等々。政治やら社会活動と離れている人が多い状況では「解きほぐし」も必要と考えます。

 このような報道が流れると、なぜか知りませんが「ざまあみろ」的な言葉も浴びます。「自分が非多数派に変わっても~」とも思いますが「落ちなきゃいいだろ」と考えている節もありますから、ま「時が来るまで待つしかない」思うことにしますか(苦顔しながら)。社会は、劇的に悪く見えるようになったら反撃の手段はない…と言われています。共謀罪、言ってしまえば「痛いと言わせない」法律。テロ言われる行為の対処法はあるのに重ねて作ろうとしている点で「おかしいぞ」と思わせるものがあるわけです。

 この手の記事を作るときに「潰される異議申し立て」というタイトルをつけます。いわば社会の痛覚神経がビリビリいって歪み直すところを歪みを放置する愚行しようとしているのが安倍内閣。歪み放っとかれたら殺されていた者としては徹底的に抗うことを申し上げ項を終わります。






最終更新日  2017.06.18 10:44:33
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.28
 外患誘致罪で万能感に冒されるのはその人の勝手ですが、治安法を「気にくわないやつの駆除のための道具」にするな。反対側の立場に立たされてハイそうですかと納得できます?他に誰も注意しないのは「そんなこと言うまでもないレベル」だから。俺も恥ずかしい。
 今日は気圧の変化か何か…分かりませんが気持ち悪くて吐き気するので記事制作は休みます。冬も本格化します。お気をつけください。タイムライン失礼します。

―ということで28日には記述ありませんでした。以下は後日ツイッターで書いた記事。28日分としてお送りします。―

 今晩は。昨日は気圧の変動(天気図見て「俺ついていけんわ」と納得)ありまして、実生活の所用こなすので精一杯。 今日は普通の天気に戻ったので体調も月並みです。タイムライン、お付き合いよろしくお願いします。
 さて。Twitter記述では「外患誘致法」タグつけて書いている以上誰を対象に記事を書いているかは明らか。この記事見ていて「治安法制は嫌いなやつをぶん殴る道具じゃない」と、毎日深夜に警告文を出しています。深夜にしているのは「当たり前のことを言う気恥ずかしさ」。
この筆者とかいう方の一文も読んでいますが、世の中に起きている物事に己の妄想をリンクさせているだけの話。私も多少、自閉的な性格と併せてその気がありもしますが、現実と妄想を分けるくらいの分別は持っています。

 「嫌いなやつは消えてしまえ」と。まあその感情にとらわれることはあるでしょう。俺だってねえとは言わない。ただね、それを現実にしたいなんて考えは「持てなくなる」の。「持たなくなる」とは言わない。そんな身勝手言えば消される対象になりもします。文明時代以前の人類ならともかくとして、いまの時代にそれが通用しますかね。「人殺し」…規模を大きくすれば「戦争」ですか。それらやるにしても野性的にはやんない。大義名分用意して“「理性外す」スイッチ”押させるわな。
外患誘致罪が「“敵”に通ずる行為」が適用要件で「有罪は死刑のみ」というものだから、「お国のために“非国民”を消すんだ」と。こういう“満足感”というか“充実感”。これが気持ちいいからハマった方々は対象者を拡げに拡げる。俺も対象ですかね。
 しかし、こんな治安法の使い方、もっと言や権力の使い方。時代劇の悪党でもしませんよ。類似法含めても日本での適用は見たことありませんが。ゾルゲ事件で不適用。様々下駄履かせて「いまの日本と●●、●●は戦争状態」言っても「顔洗って出直せ」しか言わない。
幾度も言う通り、こんな身勝手な法律適用許されませんでね。誰も注意しません。どんな右翼的、権力よりの法曹関係者でも「法と立憲主義」の下で任に就く限りはできない。クーデター起こす気なら別ですが。こんなんしつこく書く俺がバカですよ。
ただ、二つほど不安があるんです。 
 ひとつはこれまでの右派の伸長のように「無警戒で放置していたら“定着”されてしまう」事態。 
 もうひとつは“利用”含め権力者がこの図式に乗ること(いまの政権が代々の歴史の中で一番危ない)。
最近の選挙の動向を見ていると「あり得ない」とは思えない空気を感ずるのですね。その一方で「手軽に嫌なやつを殴れる道具」としてこの妄想物語に乗る人もいますから「ダメだそんなもの」とも言っていかないと…検索したら私以外“推進派”だけです。
 何でもかんでも「強行」の連続、「分水嶺」事案が沢山あってこんなものに手回らないよ状態ですが、ここまで述べたことを理由に「反対の意見はしっかりある。治安法制で遊ぶな!」というのを記し、「酔った」方の気付きの一歩目になればと願い項を終わります。






最終更新日  2016.12.24 16:43:14
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.24
今晩は。今日(24日)の記述はここからになります。お付き合いよろしくお願いします。
 東京近郊は雪大変でしたね。箱根の画像見ましたが、岩手に住んでて備えがあっても楽ではない雪模様でした。余波はまだ続くと思いますが、皆様お気をつけてお過ごしください。

 Twitter、FacebookはじめSNSのヘイト・虚偽情報に対して手が打たれはじめました。今までがむしろ無秩序すぎたかな、と思う場面もありましたが動き始めたのは結構な話です。ただ、こんな経験はありませんでしょうか。
 あまりにひどい記述のツイートがあって、報告しようと思ったらそのマークが押ささらない。報告画面に行かないのですよ。当該者は「俺のツイートは~によって守られている」等と言うし。
 私も何のかの角突き合わせる経験もあり、一度は60万のフォロワーを持つ方に「benitoh96を凍結させろ」等ともやられたときもありますが、一週間の謹慎以外はこうしてアカウントを継続させてもいます。実名でやってるのもありますがあまりバカできない。
 一方でキリキリまで追い詰められて“発作”起こしても来ましたからね。ほんに、自分の中の制動(ブレーキ)ですか。これ持たないと危ない。いくら対抗側が「知ったことじゃねえよ以下略」てな感じで●●撒き散らす行為に出ていても。

 最近ツイートで引っ掛かったのが「どんな人間でも手を変え品を変え四六時中挑発かましていれば“引っかかる”。その引っかかった言葉を膨大にして『こいつはこんなんやつでえす』とやれば評判落とすことができる(破滅に追いやれる)」との言。お話もさせていただいた方がまさにその“攻撃”食らって憤りのあまりに行きすぎた言葉を発し、立場を完全に失いました。一方で追いやった方は「してやったり」とばかりにさっさとアカウントを消して“逃亡”。こんなん続けられると真面目にやるだけアホ見る思いです。

 それでも、近隣の取り組みがひとつの抑制効果を産みまして。最近野党議員が入院・手術し報じられました。多少でも世に付き合いがあればアホなこと語らないくらいの慎みはあるでしょうがお構いなしの連中は暴れるだろうな、と。しかし奇妙なことが。報じられてから一定時間後にビダっとその件に対する記述が止まりました。何人かちらほらと過激なこと言い出した矢先にです。いろんな推測は思いつきますが、いくらなんでもこれを無法図に放したら不味いとでも思ったのでしょう。形どうあれ「下衆発言」が止まったのは何よりです。

 SNS時代になって表現の幅は大きく広がりましたが、一方で拡散力の割にチエックが行き届かないのも事実。ヘイトスピーチ・ライト(write)は刃にもなります。文が引き起こす影響力は軽く見ないであたりたいものです。お付き合いありがとうございました。






最終更新日  2016.11.29 09:04:32
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.21
今晩は。予て述べていた通り体調調整のために今日は休ませてもらっていました。ボロ体これだからしんどし。明日も調整にあてるので休養が主になります。タイムラインお付き合いよろしくお願いします。

 さて…昨日はひとつ、大いにまずい事態が起きました。東京吉祥寺で行われたデモに対して実力行使に出て物品破損・窃盗の実害が出てしまったあげく、それが警察の目の前で起きて検挙されない事態が。
 見過ごせないのは実力行使という形で一線越えたこと。被害を受けた勢力の主張は「天皇制の廃止」ということで、角突き合わせてしまうもの。デモに反対の右派勢力も圧力をかけに来ていた中で、右派勢力が宣伝カーや宣伝器具の破壊及び窃盗、更にメガネを壊す加害行為に及びました。

 私は天皇制関して言えば「人の上に人を作るような制度はいつまでもあっていいものではない」という考えはありますが、同時に反天連については「そこへの向かい方は同じではない」と、存在は否定しませんが賛同もしないスタンスをとります。ただ、今回起きた暴行は意見の差異とは別の「異常事態」と警鐘鳴らします。右派勢力は「“愛国”デモ(私らから言わせればヘイトデモ)にカウンター来る奴らと同じことしているだけだ」てな気分なのでしょうが、少なくとも実力行使用いての破壊行為はしていません。また、ちょっとした何かあればすぐに“引っ張り”にかかる。非加害行動さえ何のかの言われているのですよ。

 ところが今回、反天連反対の右派勢力は実力行使に出て加害与え、警察は目の前で行われても逮捕どころか制止もしなかった。
 この対称性、どう見ます。

 「多数の支持がある天皇制に文句言うやつが悪い」等として正当化に努める方もいますが、主張云々以前の話なのですよ。今回右派がした行為はただの器物破損・窃盗以外の何者でもない。しかも治安維持に努めるべき警察が見逃したのは重大。アメリカで大統領選の影響で尻馬に乗っての攻撃が見受けられますが、日本では既に2012年の安倍政権再登場から「尻馬」図式が暴れまわっています。それでもデモ発生者とそのカウンターの実力行使伴った直接激突はありませんでしたが今回ついに…。

 一旦了と認められ、それを―一般的には犯罪のそれを鼻高々に「成果だ!」なんて誇っていると、そのお返しは来るものですよ。しかも「形式踏んで」の形ではなく「目には目を」できたら?決して認められるべきではありませんが「私的制裁」起きても驚きません。しかも警察が無対処で逃したというのも。最近警察内部で読まれている雑誌の中身が紹介されて、その内容が右翼・国粋的なものだったことが明らかに。これが根底にあって、手ごころが加わってしまった―そうとられても仕方ないですよ。何百人も警察居てて逃したのでは。

 一線を越え、更に対処もなされない。安倍政権成立以降幾度も見せつけられた「一線破り」。ですが今回は「いくらなんでも」の度合いがひどいものになりました。「右翼の暴行と警察の不対処」の面からお考えいただくことを願いまして項を終わります。

◆岩手県のサッカー。J3グルージャの松田賢太選手、引退ですか…。そして驚いたのが日本選手権(一般的にいう「天皇杯」)岩手県予選が27日から始まると!開催時期の変更によるものですが驚きました。更に…ガンジュ岩手、盛岡ゼブラのエントリがないのも驚きです。自分の関わる物事だけで頭一杯だったから、両出来事とも頭に入ってきませんでした。ガンジュ岩手も今シーズンはかなり苦労されていた様子見えましたが見に行ってやれませんでした…。すみません。

 今日の記述お付き合いいただきありがとうございました。






最終更新日  2016.11.29 09:05:00
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.02
さて、今晩は。夜になると気温著しく下がりますね。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 TPP戦線も激しく対峙で…味をしめた人間は、更に刺激的な手を打ってくる、ですか。ほんに抗い続けていかないとな、と思う今日この頃です。お付き合いよろしくお願いします。

 自民党の補完勢力が維新や「日本のこころ」など。それら勢力が「与党でさえできない」ことを先鋭的に行い、現状を突き破る役割を果たしていますが、その維新や日心でさえできないことをしようとしているのが「極右」勢力です。彼らが最近玩具にしているのが「外患誘致罪」。
 去年の7月9日を覚えていますか。入国管理の手法が変わったことをもって「~は不法入国者だ、入管に通報しろ、5万円もらえるぞ」、と言いつのった面々が。この行為が何を生ませたか考えてみましたが…「鬱積をある対象者を叩き晴らす」+「該当行為に加わらせる」。誰がどう考えても、、かの勢力のような理屈で「外患~」適用できるわけありませんから。「自分の国の利益にならない」の基準も「それはたくさんある考え方の内のひとつなだけですね」。「外患~を玩具にするな」の言葉はそこから出しています。

 本来だば、扱うのも馬鹿馬鹿しい部類ですが、これを無視するとスルッと「通って」しまうのですよ。これまでの右派的言質がそうやって通用させてしまったように。キーワードサーチかけてみれば「玩具」として扱う連中の言質が圧倒的です。これに釣られかねない。本まで出版して、今に飽きたらないものをそこで晴らそうとして…ですか。「有罪は死刑のみ」とか、さぞかし「幼児的な魅力」で釣っているようですが、何ぼやったってかの勢力の思う通りにはならない。加えれば「なったら恐怖社会だ」と述べておきます。

 相手するまでもないというご意見はその通りなのでしょうが、反対意見何もなしと思われるのは嫌なので、1日1回「外患誘致罪を玩具にするな」バナーを貼ることにします。目をつけられる?どーせ私は“対象者”でしょうから。
 ただ、最近一線平気で越えてくるのもいますからね。気を付けねばわんないとは心しています。素直に私だけ殺されてくれりゃいいのでしょうが、巻き添えで別な方が犠牲になるのは嫌ですからね。バナーはもうしばらくお待ちください。この項はここで終わります。

―時間置きまして―

 先ほどまで外患誘致罪で遊ぶ者たちに関する記述をしていましたが、自身は外(科の)患(者として病院に)誘致(されるようなケガを負った)者でございます。ああ参った。それも含めて暴力の連鎖が止まらない。「底が抜けた」という言い方もしますが…特に権力に寄った側のそれが。最近では従軍慰安婦展示の関連でそういうのが出ましたね。(他にもありますが思い出したらね)

 気味が悪いことに、今の政権、こういう「ヘイト」的事象に「NO」を突きつけなければ、それに対応した対応も薄い。極論語れば「起きてほしいのですか」と訝りたくなりますよ。安倍政権に強く批判的な私の言だというのを差っ引いてもその感じをぬぐえません。

 こんな記述をしていますが、自身は外(科の)患(者として病院に)誘致(されるようなケガを負った)者でございます。ああ参った…てなつまらないジョークはさておき。
 どこが握ろうが権力というのは諸刃の剣なのですよ。諸刃。
 身近な所で「地方政府」なら経験はありますが人口約3万人の街でだって気を遣いますよ。それ暴力的になれば歯向かいもします。安倍政権は「表明された意思の多数」で成立したか知りませんが、そうでないのも存在はするわけです。

 多様な民族が集まる国家では、運用の仕方次第で亀裂入るような法律案はひとつの議会でひとつ成立すればいい、数年がかりの審議がされることも多いと聞きます。「決められる政治」が流行り言葉になって久しくなりますが、その実際がこのような市民生活破壊では「何なんだ」言いたくなります。
 来年の議会「満場一致」はかなり減るでしょうね。極右にも「安倍政権にも不満(満場一致なるような物)半分程度あるのが気にくわない」と述べているのもいます。さすがにそれはどうよと思いますが…声のでかさでのみ世の中がずらされないように当方気張ります。お付き合いありがとうございました。






最終更新日  2016.11.29 09:15:08
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.24
【23日衆院補選】敬称略
▼東京10区
当若狭 勝(自 7万5755票
 鈴木庸介(民 4万7141票
 吉井利光(幸   2824票

▼福岡6区
当鳩山 二郎(自 10万6531票
 新井ふみ子(民 4万  20票
 蔵内  謙(自 2万2253票
 西原 忠弘(幸   2359票


 今晩は。皆様いかがお過ごしでしたか。私は…体調調整に四苦八苦、てなところですか。何とか「回る」ようにはなっていますが、かなり気を遣わないとすぐ元に戻りそうで、慎重に行っています。そんなこんなで、皆様タイムラインお付き合いよろしくお願いします。
 ここ2週間の政治戦・選挙。新潟ではひとつの成果を出しましたが、日曜日の国政、県政の選挙では悔しい結果でした。特に300近くのの小選挙区をどう一丸のたたかいに持っていくか。そういう意味で“整理整頓”しておかなければわんないものも沢山あります。
 色々様相見て、最大野党幹事長や労働組合の動きに「~」てなものはあります。ほんでも、いまは世の中に打って出る、後続のための足がためですか。それで走る方がいいのかと。一々に障るものもありますが、世の様子浮き上がらせて「わからず屋」に突き付ける、でやりましょ。

 心身に問題ある(誤植禁止)私がいま一番努めているのが体調の不安をなるだけなくしておく、この一点。ちょこっと狂うだけで一ヶ月寝込むような人間ですからね。ましてたたかいの場は冬の時期。ここ数回この時期に選挙やるのは「必要以上に痛めつけ」る一環じゃないでしょうか(←半分本気)。何とか一週間ですか、調整進めてきた結果“循環”回るようになりました。タイミング合わないと病院の行きそびれ起こしてしまって、そんで度々やらかすもので「君は来れるときに来ときなさい!薬切れて一週間後とかはもうやめろ」言われました。同病の親父それで死んでてからな…。

◇南スーダンね…独立した時に不安しか覚えなかった。南ティモールはまだ割り切れる何かがあったからいいども。で、権力者二分しての内戦、ですか。この権力者どもには軽蔑しか覚えませんが、そこにいる人のためには早うどーにかしないと。派兵で内戦に手を突っ込むor加わる以外の方法で。

◇ある問題を一人の意見“だけ”で見、更にその周りがかき回す―冷静な解決図れないし最悪こじらす。わからんもののかき回し勘弁して。

◇共闘をしなきゃわんない―の原点は「9・19」違憲立法の戦争法強行。それに連なる安倍政権の横政打破。力を持ち過ぎた彼の勢力を削るために市民と野党が総力あげましょう―野党共闘言われるものの原点はここにあるはずでしょう。この面で勘違いされるのだけはごめんです。“相手”もそれが嫌んたから何とか離したいとネチネチやってくるわけでしょう。

 労組に対しても「要求実現なら交流は野党だけじゃなくてもいい」とかね。いまの与党はどこの勢力の“後援”で成り立ってるんでしたっけ。で、最近は労政審すら虚仮にされてますよね。そーする勢力にまとわりますか?

 民進党・連合の態度に批判集まっていますが、これら勢力の方々も黙っちゃいませんね。議論ならどうぞ。但し「誰のおかげで」云々言い出すなら、それにはがっつらと対処します。私たち「非民進野党及びその支持者」は民進党&連合の付属品とか玩具と違うわ。一部の反共産、反自由(小沢氏)支持者は更に「だったら3党で勝ってみろ」など盟主面隠さない意見語る方もいます。細い糸手繰りながら共闘を模索しなければ、という状況なのに、頭痛いです。併せて言うと彼らには「市民」が見えていないです。

◇「omega_motoaki」「norinakama_papa」「torasen1」「geso0602」…この方々でしょうか、非民進勢力や市民運動勢力に高みから迫る方は。

【他野党侮る民進支持者発言】「市民連合を支持している人たちは敵か味方かそれしかない」
「選挙で勝てば、市民連合のおかげ。補選で負ければ、民進党のせい。節操がない」
「共産社民の党首も小選挙区一本で勝負(事情も知らない無責任発言)」
「民進党なんかなくなれって言ってる野党3党支持者への伝言『共産党や自由党の支持者になると思ってるなら大間違い…少なくとも私は、自民支持者になり穏健政治家を応援します』」
「共産党+少数派市民連合+オザシンたちの連合批判って、多数派市民からすると「なんなのそれ、町内会の揉め事か?」ってレベル」
「(補選で)共産党様票の票は何処へ行っちゃったのか分析して下さい。眠っていたのですか」
「野党結集の効果は僅か。何処かの党の偉い人は、都合の悪い情報を見ないようにしています」
「民進党に力与えたいが◯◯党の影がチラついているので『来られない』」
「民進党は、中道レフト/ライトなどの幅広い層をターゲットにしてるので色々大変なのよ!理解してくれよなぁ~」
「野党3党の政策協定は小局的な思惑からきているに過ぎない」
「まるで共産党のいうことを聞かなかったら市民じゃないような言い方」
「口は出すけど票は持ってないので邪魔」
「民進以外が主導してきた野党候補がこれまで惨敗してきた理由考えろ」
「逆に新潟では過剰に盛り上がってなあ。個々の選挙の特質を見ないで勝っても負けても蓮舫野田disの材料に使うだけ。あほくさくて聞いてられない」
「野党共闘さえしてれば勝たなくてもいい、安倍政権が続いていいって輩が、ネット上には多すぎてうんざり」
「民主党でさえたどり着けた政権の座に遠く及ばないのか考えろ」「敵を作ることしか知らない他党支持者」

 以上【他野党侮る民進支持者発言】紹介して参りました。私が対処すると十中十ケンカになるので私自身は紹介にとどめます。
 意見交換ならお好きになさればいいのでしょうが、付属品のように見下されると「昔のこと」と関係のない新たなイラつきしか覚えません。SNSで筒抜けですよ。もっともSNSで筒抜けなるの覚悟で言い放つのでしょうから、ぜひ非民進勢力や 市民連合の皆様とも野党共闘についてお話しいただければと思います。

 今日も拙稿お付き合いいただきありがとうございました。

 久しぶりに1時なる前に眠気来た。体の保全に全力尽くさせてください。






最終更新日  2016.11.29 09:40:36
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.06
今晩は。家事も仕事も目一杯でようやく一息、というところです。今日のツイート、以下の予定で進めます。

1)「~だから殺せ」認めるな!#長谷川豊 氏は一角にすぎない。倒す相手は?

2)社会人野球。10月3大会「東北連盟会長大会」。(※…と予定をたてていましたが不可能になりました)

 お付き合いよろしくお願いします。

◇長谷川豊氏「透析患者は殺せ」記述。ブログで新たな記事書いていますが…まだやりますか?氏の発言を棚にあげて、批判者のせいで仕事を失った、と。

 そうやって刃先向けてくるなら、私はまだやりますよ。
 本人あの通りですが、それだけにしない。加えて「“役立たず”浄化社会」を許さない、その一貫として。倒すのは長谷川氏だけではない。

―詳細な記述は落ち着いてからに―

 まず。氏の発言などから。今日のブログでも尚挑発的な姿勢を変えませんでしたね。私は虐殺につながりかねない「透析患者は殺せ」に対しては厳しく対峙しましたが、本人の態度については「無理矢理までは謝らせる気は無し」としていました。ただ世にNO言うのみ。氏がブログで批判者に対しての「恨み節」を述べていました。自分の発言がなんの種を撒いたかまだ気づかないのには閉口。都度都度「引き返す」機会はあったはずですが、それを全部投げ棄てた。行き着くところまで行った以上、場を奪われるのは仕方ありません。

 ここまで来ても「殺せ」発言を変えない以上、そういう意思のようですから、徹底的にやればいい。後援勢力は憲法25条生存権すら敵視している所ですからね。ただし、突き進むならそんな動きは「叩き潰す」。医療費だ何だの話は「殺せ」抜きにしてから。
 ただし、「批判者側」にも望みたいことはあります。「外道に外道で立ち向かうな」。今日のタイムラインに個人情報の類いが載っていました。氏の挑発があったからとはいえ…一線を越えるのは止まっていただきたい。でないと、「殺せ」の正当化、利敵行為に使われます。

◇新たな問題が国政の舞台で持ち上がりました。白紙領収書問題。しかし例によって…擁護者の発言から示しますか。

擁護1「だったら民進党のは調査しないのか」
→それで自民の行為を免罪できません

擁護2「パーティーの時に袋開けて中身見るのは無粋だから」
→領収書の意味わかってます?

擁護3「共産党の言うことの逆なら~」
→それ通用させていいの?

 更に「自民党を追求して弱らせることは亡国の道、共産党は中国のスパイだ」

 …度々言いますが

 日本共産党と中国共産党を同一視する発想はどこから来るのでしょう。

 ある程度の交流はありますが、仲がいいわけではないのですね。まして「秘密資金が流れ込んでいる」は噴飯。

 別な「共産党」名乗る勢力が受け取ったか知らんが私の知ってる所は聞いたことね。

 で、こんなんこと語ると

 「洗脳されているんだ」

 とか

 「俺の見た~では」

 とか言い出す方が出てくる。

 はいはいしか言葉出ませんよ。

 真にとって脱落した人もいますが、必要なことだけしておくとします。。

◇もうひとつ。部落差別問題がタイムラインで賑わっていますが

1)一般施策での個別対策
2)「逆差別的対応」許さない
3)温度差あるのをわざわざ持ち出した安倍政権と乗った勢力に疑問
4)これが基での「共闘破壊」は×

5)態度の強要迫るな。
 特に5は意識してください。部落差別問題、野党市民共闘に関わる方々引き裂くには「もってこい」の課題で、その意味がわかる方は各々の立場持っていても慎重に対応しています。少なくともこれで「安倍政権打倒の共闘止めだ」までには持ってかせてダメです。知らない方も多くいるし、性急な動きにはしんどいものがあります。

 私は「人権連」の立場に立ちます。加えると岩手には解同の「利欲」的行動を多く見かけないので肌感覚を存じません。特に70年代辺りにとった「逆抑圧」には不信感を持ちます。

 ただ、それを論ずるには今の私ではついていけない。議論中に破綻するイメージしかない。そういう意味で「強要はやめろ」と述べさせていただきました。解同側に立つ方も、人権連に立つ方も、それ以外でこの問題に立つ方も。

 「都合いい」言われるか知りませんが、リンチかまして賛同得ようなんて行為には反発しか覚えない。それだけです。






最終更新日  2016.10.22 09:22:59
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.01
今日は。今日から函館で行われる「北海道・東北クラブ交流大会」。最低限試合予定くらいは書いておきたかったところですが、様々な事情でそっちにだけ頭が行き、「ああやべえ今日だった」と気づいたのはついさっきの話でした。お付き合いよろしくお願いします。
 北海道・東北交流大会ですか…そりゃ行きたかったの山々ですが、予選一回戦で負けてしまったからどうしようもないのですよ(泣)てなわけで着目はしていきますが、記事はひとまとめで行います。

◇で、揺るがせにできないことに対抗するのを優先しまして。長谷川氏「透析は殺せ」発言。
 長谷川氏の態度が見苦しく、加えてブラックマヨネースの吉田氏などの擁護者も出まして、その吉田氏が長谷川氏以上に強硬的な発言を繰り返し、もはや何らかの手打ちを考えないと血みどろの泥仕合に発展し収集つかなくなるでしょう。私は「議論にしたければ「殺せ思考の撤回」が最低限の条件と考えます。「真意を~」「本意を~」「全文よく読め」等と言い、長谷川、吉田両氏に煽られて「殺してしまえ」とママ述べる方も。そんなことを述べている時点で対象者貶めているから議論のしようがないのです。自分の、あるいは自分関連の者を「殺してしまえ」と言われてハイハイ言うわけないでしょう。

 医療費云々言うならば…「診療・検診機会の間口を広くする」はひとつの手法。「それじゃ金がかかる」ではなくて、軽傷の内にかかっておくことで重症化によるより大きな支出を生むことを防ぐ。健康の維持と併せたらこれは欠かせないものでは。ちなみに非自民型知事時代の長野県で実績があります。薬価については入り口の勉強すらあまり…ですが、「再生産保障」を理由にした過剰な“収奪行為”には目を光らせておく必要が。“当たり外れ”ある業界とも聞きますが、影響力の大きさにあった責任は意識していただきたい―と、一般的な記述に止めておきます。

 医療費はじめ税収の不安があるなら、一番必要なのは「超富裕層が塩漬けにしている金の解放」と考えます。これ語ると「またか」「バカの何とか」述べる方もいますが、1年に10兆も20兆もブカブカ増える方が気味悪いです。この意見は資本主義形体を第一に考える人からは評判よろしくありませんが、いくら「20年前の傷跡」あるか知りませんが、金を溜め込みすぎて動かさないことに対するマイナスもさることながら、その溜め込みは誰の犠牲によってなされてきたのか。給料は値切る、協力企業への支払いはケチるでは…。

 労働者の体壊さないためには、労働者の主在場言える職場での消耗防ぐことが必要です。特にこの数十年、労働組合の弱体化でそういう方面が疎かになり、社会全般に広がって漸く「解決の一歩目」。気を抜くと、一旦解決合意しても実行をサボる(障害者基本法、ハンセン病)ことも。
 我々市井の者が要求を出すと「金」で詰められ、要求を公費で対応させることの拒否反応を示され、あら探しされてバッシングされたり、変わった状況を弁えられない者に詰られます。ほんだども今の権力者と財界・超富裕層はそこらへんベダベダで「反論なんだそれ」と。幼児的な感情も時々露にしますね。

 今週国会が始まりましたが、始まってから一週間5日間だけでいくつトラブル起こしましたか。

「拍手の要求」
「壇上から“黙れ”」
「審議前から強行採決」
「高圧かつ挑発的な答弁」

 政策の対立以前にこんな状態になるのは社会活動歴20うん年、ないですわ。

 いまの政治の対立軸をどこに置くか。

 私は市井の市民生活から物事を積み上げていく思考で考えていますが、それをじゃまするのは「国体から出発し国民はその駒のひとつ」という回路の安倍政権と収奪勢力のぶつかり合いです。長谷川豊氏が発言し、「ブラマヨ」吉田氏が執拗に擁護する「透析は殺せ」発言も、両氏の思いは一先ず置いて、このやり方の根本に「お国の役に立てるかどうか」という全体主義(よく「共産主義」言われますが何か混合されているようで困ります)があることは見ておきたいです。その機会を提供できるように努めます。

◆新聞読んでいたら「鈴木貴子議員結婚」なる報道。ハッキリ言って、この間あった様々な行動…殊に共産党嫌いが高じての「破防法確認質問」には軽蔑を覚えたので祝う義理はありません。それでも一組のパートナーが良く生きたいと選択した行動は尊重します。

◆憲法議論で滑稽なものひとつ。「自民党は草案出した。野党は対案出せ」…までならともかく「共産党も(約70年あまり前に出した)案を出せ」とは…。
 当時の共産党が新たな憲法案として出したものだが、いまは憲法の遵守を方針としています。それにしても「改憲」以外は認めないんかい。

◇解同・部落問題。
 問題があっても黙っていろなんて言わない。個々別に一般的な場での人権対応すればいいでしょう。それを「特別法でやる」で負の実績もあんべしやり方も不可解。ましてや「昔のこと何ざどうでもいい」は気に障りますよ。なお、この間の取り組みを教訓にして動かれている様子はそれなりに見ていきます。

 私が嫌なのは「ねじ伏せ、押し付け」です。失礼しました。

―寝る直前に…長谷川、吉田両氏の発言再考―

 引くに引けなくなって、かなりの無理筋な「殺せ」擁護をされている芸能人がいますが、翻意する気がなければ発言者同様徹底的に叩きのめすだけでいいのと違いますか。「真意」「本意」「全文読め」などは「全ては“殺せ”撤回してからの話だ!」という話です。ましてや「賛成」は問題外で。

 それにしても「壊れたゼンマイ」…。

 長谷川氏以上にケンカ売っていますね。確かに吉田氏は芸能界という生き残りきびしい場にいて、一定切り開くスタイルとらなければ…でああいう思考回路になっているのでしょうが、社会全体はそれだけではない。そして「優生思想」許したら止めどもなくなる。故に抵抗する。

 これは著名人だろうが一般人だろうが…で言わせていただきますが、「自堕落な奴は死んでも構わない」でモノを語る方。一旦そんな感じで「殺す」こと認めてみなさい。また別な場所で「~なやつは~」と“発展”しますよ。発展する中で己も対象になる。「T4」基準なら対象者の私が恐れるのはそれです。

 最後念押しの記述になりましたがいかがでしたか。お読みいただきありがとうございました。






最終更新日  2016.10.22 09:40:00
コメント(0) | コメントを書く

全215件 (215件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.