1567423 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

つなげ“希”動力-袖番号96、伊東勉のページ楽天版(更新停止。書庫ログ)

全8件 (8件中 1-8件目)

1

全て | カテゴライズ未分離 | 雑感・日記 | 政治について | 雑記ボックス | 私の事、色々と | 『思いの強要』に向き合って | 筆者からのお知らせ | 大農・船東野球部+高校野球 | その他スポーツ | 対論記事(別名:一人伊東) | マンガ・読み物から学ぶ | プロジェクト-B | コメントへのお返事 記事 | “変態”を嘲う | 共産党の選挙結果 | ツイッター縫い合わせ。 | 社会人野球・総合 | 野球一般 | 社会人野球2017 | 社会人野球2016 | 社会人野球2015 | 社会人野球2014 | 社会人野球2013 | 社会人野球2012 | 社会人野球2011 | 社会人野球2010 | 社会人野球2009 | 社会人野球2008 | 社会人野球2007 | 社会人野球2006 | 社会人野球1994~2005 | 社会人野球・軟式

コメントへのお返事 記事

2007年11月06日
XML
 こんばんは。伊東です。
 今日は…仕事でミスやらかしてしまいましたよ。
 ええ、取り返しの付かないミスを、ね。

 今日は休みの日なのに出勤してしまいました。

 …ということで、時間に余裕ができたので、夜勤までの休息に予定していた時間までは記事を製作していく事とします。まずは、コメントをいただいていた方へのお返事から書いていくこととします。


◎大津留公彦さんへ。
 第364号へのコメントありがとうございました。
 自分もその後、自分なりに記事にしようと思っていましたが、仕事が思ったよりも忙しく、はかどりません。ただ、今の苛政の重要な原因の一つなので、この件に関しては厳しく見ていきます。


◎嶋ともうみさんへ。
 第367号へのコメントありがとうございました。
 得体の知れない輩からのコメントに、代わって突っ込みいれていただきましてありがとうございます。批判するにしても、もう少しマシな形にしていただきたいものです。


◎goldberg2006さんへ。
 第367号へのコメントありがとうございました。
 なんか、考え方がな…と思う部分、一緒ですね。
 共産党が嫌いだから、やる事なす事…では、やってられません。
 足立区に関しては、詳しいルールを教えていただきましてありがとうございました。そういえば、ハードルが下がるんでしたね。


◎momi051さんへ。
 第355号へのコメントありがとうございました。
 そして、momi051さんの記事中に名前を紹介していただきましてありがとうございます。
 地元の熱意と、チームの中の体制が一致していないな、とは思っていましたが、ここまでとは驚かされました。
 まだ「クラブ選手権」の記事も終わっていないので…岩手の記事も含めて追々書いていこうと考えています。


◎小沢さん!!さんへ。
 コメントいただきましてありがとうございます。
 うーん、私の中のベストナインですか。
 いろいろ名前出して書くのも、障りあるもので…すみません。
 ただ、赤崎では4番を打った外野手のT君やセカンドを守った若武者のM君、コンスタントに活躍したショートのT君あたりが絡んできそうな気配しますね。(結局語っていますね…)チームランキングはチョコチョコと作っていきます。


 皆さん、ありがとうございました。
 では、記事本編に入ります。






最終更新日  2007年11月06日 18時44分31秒
コメント(464) | コメントを書く
2007年09月12日
 この記事は、コメント欄に書くことができれば消す予定でしたが、コメントが入っていましたので、このまま残します。






最終更新日  2007年09月13日 16時18分39秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年06月13日
 お晩でございます。伊東です。
 今日も一日終わりましたね。午前中に…と言っていたのが、午後になってしまいましたが、コメントへのお返事をここで記載していく事にします。後で、コメントにも記載できるパソコン借りる事ができたら、そちらにも反映させますのでご了承お願いします。
 最大4日待たせてしまった事にお詫び申しあげます。

◎東つよしさんへ。
 コメントありがとうございます。
 ニーメラー氏の言葉を一部分しか覚えていなかったので、この言葉全文を紹介していただきましてありがとうございます。
 北朝鮮に関してですが、建国してすぐのこの国の憲法を見ると「は、普通の国じゃん」という感想しか出ませんでした。(参考資料・1965年頃の前衛)日本国憲法とどう違うのや、と。しかし、実際は一部の権力者が、多様な意見を認めず自分の反対派を粛清→独裁主義に入っていったという事で、この憲法に書かれていた事は実行不可能となりました。

 日本国憲法の中で「憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果」(97条)という言葉があります。それを総崩しにかかっている今の政権の危険性を世に広めて行かなきゃ、ですね。

 211号で、埼玉県草加市議の斉藤さんの記事も紹介しています。斉藤さんの方がよりはっきり書いていますのでご覧いただければ、と思います。
 頑張って行きますべ。ありがとうございました。

◎グランドスラムさんへ。
 コメントありがとうございます。
 初戦の相手は由利本荘とですね。秋田のチームにはユーランドといい、秋田王冠といい苦しめられてきました。
 都市対抗の決勝戦は、悔しい思いをした事と思います。
 その分をバネとして、ぜひ勝って、西武ドームに行きましょう。

◎hiryu4398さんへ。
 コメントありがとうございます。
 写真が使えるのがうらやましいですね。私はそういう上等なものは…パソコン自体が借り物なので、文章力のみで勝負です。
 お気に入り登録させていただきましたので、これからもよろしくお願いします。

◎mew-run7さんへ。
 コメントありがとうございます。
 いやー、5票も投票していただきましてありがとうございます。こうして「反・現政権」のブロガーさんを紹介する事で
 1)色々な行動を目の当たりにする
 2)連帯してこれらメンバーを“より読んでもらえる位置”に押し上げる(無論、その意見への賛同者を増やす、という趣旨の基でね)
 という効果を狙ってみました。

 「どう生かすか」云々に関しては、これは現状無理に統合しようとすると、泥沼化してしまうので、それぞれの立場でああするべ、という今一致している部分を焦点化させたのでした。

 mewさんや、ぶいっちゃん、お玉さんらトップランナーには及びませんが、自分も自分なりにトットコと歩いていきますので時々アホな記事を見てやってください。

◎myonさんへ。
 コメントいただきましてありがとうございました。
 小田さんが岩手にいたときに、何回か会う事もありましたので…。今北海道でがんばっているという話を聞いて「俺もがんばらなアカンな」と思うしだいです。
 4年後こそ風穴あけて、小田さんを議会に送り出せるように…そして、現在出されている政治課題を乗り越えるように頑張りましょう。
 こんなアホなブログですが、よろしくお願いします。

◎藤穂さんへ。
 コメントいただきましてありがとうございます。
 あれだけしっかりした記事を書けるなら「まだまだ」なんてものじゃないですよ。
 これからもよろしくお願いします。

◎まほさん、あやさん、みひろだぉ☆さん、あいかさん、ぱるぱるぱるぱるさん、のん・クロさん、ヤスです2005さんへ。。
 コメントいただきましてありがとうございます。
 これからも見に来てくださいね。

―――――――――――――――――――――――――

 今日ですが、結局変な病状が悪化したので、何も出来ずじまい。
 実は、しばらくサボっていた診療科は“精神科”です。
 普段世に出るときは普通に何とかしていますが、実は細々と言えばおかしい状況がありまして…。こうして文を書くのは大丈夫ですが、対人となると、不安な部分がある、というのも事実です。

 今日は、自宅にも帰っていません。
 じゃあ、どこで休んでいたか、というと山奥です。
 大船渡駅から地名で言うと“山馬越”といいますか。大船渡駅から西に4キロの山奥に車止めて、森林浴をしていました。

 自宅で休んでいても、家は暗くて、どうにも気がめいってしまうんですね。
 なので、現地動物植物には悪いのですが、朝10時から6時までボーっとしていました。
 政治戦の、これから追い込みという時期にこんな行動とるのも難でしたが、今の精神状態のままで何かやってもうまくいくためしはない、と思いこういう行動をしていたのでした。幸い、熊さんにも会うことはなく、気がついてみたら時計は6時を越えていたのでふもとに下りて、今この記事を製作している次第です。

 生きていく事は、悩みを抱えながら生きていくもの。
 それとうまく付き合いながらどうにかしていきます。
 今日はもう一編、エントリを変えて記事を記載していきます。
 この一文はここでいったんおしまい。

俺たちは生きていたい。
生かされて納得のいかない人生歩むよりは…。
考えてみませんか、今何が起きようとしているか。
Let’s Check 今の政治!

確かな立場で反撃できる日本共産党の活動に
ぜひ視点を当ててください。

↑一言標語…どうだべ?感想よろしくお願いします。


↑ぶいっちゃん制作のバナーです。

人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑暮らしを政治の中心に。ぜひ応援をお願いします。






最終更新日  2007年06月13日 19時43分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月21日
 …引き続き伊東です。
 正直、笑い話ではすまない事が起きてしまいました。22日分のエントリーの事です。1人で何とかしようと思って、袋小路に追い詰められてしまう…周りに人がいたから何とか生きてこられた自分としては、逆にこうして一人で追い詰められてしまう状態を放っておく事はできませんでした。
 もしも、該当の方が力を貸して欲しいと依頼されたら、力になっていただけませんでしょうか。そして、該当ブロガーさんにも。こういうときは人頼っていいんですよ。

 変な自己責任論がここでも幅を利かしてしまっている。
 それに追い詰められる人達。
 しかし、そうして苦しむ圧倒的多数の人間の上で、左団扇かます人達。

 そろそろ取り戻しませんか。
 「人の力」というか「人間の力」を。
 その心持って、反撃始めましょうや。


 12月15日。こんな私のような馬鹿にも、お祝いのコメントを書いていただいた方が沢山いました。本当にありがとうございます。正直、あの文章は、誕生日の文なのか、悪法次々通過に対する怒りと、更なるたたかいの決意の文章か…ゴッチャになってしまいましたが、それでも、あの一文に感想を寄せ、納得いかない政治にはこれからも異議申し立てをし続けよう、そして、その先の政治を作っていこうという決意を示していただいた事は、何よりの私の誕生日プレゼントでした。

 制作時間が後20分…今回は、No394にコメントいただいたぶいっちゃん、村野瀬玲奈さん、アキさん、ココロさん、さくちゃんのママさん、うさあさん、mew-run7さん、東さん、seimei1128さんに、誕生日という事を書いてコメントしてくれた大船渡のキリンさん、猫だぬきさんにお返事を書く事にします。

ちょきぶいっちゃんへ。
 節目節目の時にコメントいただいてありがとうございます。知り合ってまだ一年も経っていないのに、何年もの付き合いになった「仲間」のような感じがします。電子空間の上とはいえ、密度の濃い付き合いになれた事に感謝します。
 「若いという字は苦しい字に似てるわ~」の部分ですが、今年の私は、まさに漢字一文字で表すとしたら「苦悩」…しまった、これじゃどこかのお偉いさんだ!やり直して…「苦」でした。でも、この苦難に関しては、悲観はしていません。壁はあったら乗り越えるもの。その意気でこれからも頑張る事にします。
 これからもよろしくお願いします。

ひらめきmew-run7さんへ。
 mewさんと、ぶいっちゃんとの付き合いは、私が本格的なブログを始めるきっかけにもなりました。本当に一年未満の付き合いなのに、それ以上の密度で付き合えたことに感謝します。
 実際は、落ち込んだりめげたりもしますが、元々が「一度はあきらめた人生」。そこからどうにか生きてこられるし、実際そうしてきた経験がそう見えるだけのことです。自分の生き様は「人の踏み台になって生きる」事。この生き方はある意味で窮屈なものですが、いまさら違う生き方もできませんし…。強い信念と「ケセラ・セラ」の生き方を融合してこれからも頑張ります。
 これからもよろしくお願いします。

ウィンク ぶいっちゃん、mewさんへ。
 ブログランキング、あえて難関に飛び込んだようですね。
 ブログ村でも上位にお二方が並び、後は2つ3つを除いては、私の考えとは180度違う人が並んで、やっと私と土佐高知さんが来る、というあんばいにされている状況…私も、及ばずながら「人気ランキング」へ挑戦…と言うか、あえて言えば殴り込みをかける事にしました。何人かだけにはまかせっきりにするのも嫌なので、たった今、登録を終えてきました。ともにやったろうじゃないですか。

ノート村野瀬玲奈さんへ。
 コメントありがとうございました。
 こういうたたかいのときに、自分の発言をする事も大事ですが、その最中では「たたかいの役に立つデータ」を整理する、というのも重要な仕事だ、というのは、私も野球チームでスコアラーなどチームスタッフとして活動(活躍、ではありません。活躍だったら…赤いユニフォームのチームに…エグエグ号泣)していたので分かります。本当にありがとうございました。
 今回の政治戦はこんな結果になりましたが、それぞれの役割生かして、今度の国会では目にモノ言わせてやりましょう。これからもよろしくお願いします。

グッドアキさんへ。
 初めてのコメントありがとうございます。
 >「悩め、苦しめ、そして伊藤さんよ大きくなれ!」それが人生の弁証法です。
 死ぬまで成長はできる、と思っている私にとって、非常にありがたい言葉です。体型だけは大きくなっては困りますが(現体重109キロ)人間性等を磨いて、これからも次々起こる難事に相対していきます。

緑ハートココロさんへ。
 いつもどうもありがとうございます。
 ブログランキングの件に関して書かれていたようですが、実は私も「殴りこみ」かける事にしました。一文で書かれていましたよね。
>「たぶん右寄りの方々はあの膨大な数をみて、ほくそ笑んでいるでしょう。それがたとえ組織票だとしても「結果がすべて」なんですよね。たとえ工作している人がいても、そこにある結果で判断されてしまうのかもしれませんから。」と。
 その打破のために動き出した他の皆さんが頑張っているというのに、自分ばりボーっとはできません。頭はクールに、心はバーニング!で頑張る事にします。応援に応えられるような人間になれるよう頑張ります。

さくらさくちゃんのママさんへ。
 コメントありがとうございます。しばらく、私のほうからは何もできていなかったのに…日々の活動、本当にお疲れ様です。
 いつもママさんの記事を見るたび思うのは、左団扇あおいでのうのうとしている奴は、この人達の犠牲の上に、自分達の「勝ち組生活」がなりたっている事を忘れているんでしょう。その一方で少しでも苦しい状況にある人達には冷たい政治…。
 自分の身の回りにも「お前(=伊東)のいる共産党の価値はわかる…けどなぁ」というような形で「本当は今の社会に疑問を持っているけど、疑問を持つ立場になると生活が(あるいは居場所が)…」という形で「仕方ない」と思わされている状況があるのだと思います。そう思ってもいい、と思えるような状況を作っていかなきゃ、と思って、色々試行錯誤しています。

 私と違い、家族を持ちながらの活動はより色々な所に気を砕かなければならないとは思いますが、お体大事に、これからも頑張ってください。

カクテルうさあさんへ。
 私と同じ誕生日ですか…。だいぶ日が過ぎましたが、誕生日おめでとうございます。
 しかし、その誕生日がああいう結果になったのが残念です。今日は「改悪」教基法が施行されて2日目。この「改悪」教基法で、私のような人間がしっかり育つ事はできるんでしょうか。不安です。
 こんなブログですが、これからも来ていただければ、と思います。コメントありがとうございました。

テニス東つよしさんへ。
 いつもコメントありがとうございます。東さんと、おっはーこと小原さんには、時々コメントでアドバイス、または貴重な情報をいただいてます。ありがとうございます。
 今回の政治戦では、議席数は少なくても自分達の運動が、自民党のやり方、石原知事の無謀さにストップをかけた…このことに自信持って、さらに「ほんじゃ一緒にたたかうべ」という仲間を、手をつなげる人を増やしていきたいです。
 気仙地区では、来年の二大選挙に「党派を超えた、市民による陸前高田市づくり」という合言葉で頑張る中里さんがたたかう陸前高田市長選挙もあります。やること沢山でテンテコ舞いですが、頑張っていきます。

晴れseimei1128さんへ。
 コメントありがとうございます。
 野球の問題でネットサーフィンしていた途中でよらせていただいたと思いますが、わざわざこうした形でコメントいただいて本当にすみません。同年代で野球好きという共通したものがあるということですが…最近、その方面が書けずじまいとなって申し訳ない思いをさせていますが、クリスマスあけた後の年末にかけて、2本ほど記事をアップする予定でいます。
 これからもよければ立ち寄っていただければ、と思います。ありがとうございました。

お化け大船渡のキリンさんへ。
 コメントどーもありがとうございます。後でキリンのビールでも持って行くから…稼げるようになったら、だけどね。

くま猫だぬきさんへ。
 コメントありがとうございます。多く立ち寄るコメンターの中でも、猫だぬきさんの言葉からひらめきひらめいて記事を作ったというのも何個かありましたよね。今回書いた記事も、まさにそうでした。
 チャックにしても、手前から合う部分をスライダーであわせていかなければ閉じる事はできない。それと同じように、色々ある議論も、まず合うところから「合わせていけばいいいんでないかい」と思っただけでした。おまけとして、新しいブロガーの記事を見ることができたのは嬉しい計算外でしたが。

 猫だぬきさんの言っていたエントリですが、これに関しては思い当たることもあるけども、書くとしたら相当ぼかしてしか書けません。何しろ実名出してこの通り書いてしまっているもので、影響がある可能性が1パーセントでもあれば、その書き方の記事は書かないことにしています。感想も…しばらくかかります。
 今年は後は宿題片付けて…元日には年賀状トラバ送りますね。
 「真剣に生きる大人同盟」で頑張りましょ。
 では失礼しま-す。

 …とまで書いたところに、誕生日の日のコメント欄に更に1人の方が書いていただきました。

ウィンク松本哲さんへ。
 コメントありがとうございます。
 南米の人達が、どういう経過を経て「自律的な国づくり」をしよう、頑張ろうとしてきたか。その経過を見るだけでも面白いものがあります。ほんとうの「民主主義」とはなんぞや。これからも学び、動いて頑張っていきます。

 以上12名の皆さん、本当にありがとうございました。


 まず、コメント書いてみましたが、失礼がなかったでしょうか…不安です。
 松本さん、うさあさん、アキさんへ。よかったらですが、ブログお持ちでしたら、ぜひトラックバックいただけませんでしょうか。(見ていて、自分が気づいていないだけだったらすみません)皆さんの記事も見てみたいので…この点、楽天は不便な所もあるんですよ。楽天ブロガー以外は、コメント欄から各ブロガーに飛ぶことができないもので…。頼みますよ~開発チーム様方。

 No398も、やっと中盤まで終わりました。後半は、明日までに残り延べ8名の方(23日午前11時現在)にお返事を書く予定でいます。繰り返しますが、22日付の記事へのご協力もお願いします。

 人気ブログランキングにも「殴りこみ」しましたので、皆さん、クリック応援をお願いします。一定の方向ばかりが「世論」でない、てことは知らしめなきゃな、と思っていますのでそういう意味でのクリックもお願いします。
 今日は夜に体力が余っていたら記事を書き、そうでなければ家で大の字になって寝ます。皆さん、いい一日をお過ごしください。


※…バックアップのため、一度アップします。

 ランキング応援お願いします。ブログランキング・にほんブログ村へ
 負けてるヒマぁねぇんだよ。オレにはな。なんちて。人気blogランキングへ






最終更新日  2006年12月23日 11時44分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月20日
 こんにちは。伊東です。
 只今、午後のバイトの待機中です。このバイトがあれば、途中で一度終了していきますし、そうでなければ、できるだけの部分書いていく予定にしています。大変長らくお返事をお待たせしました。

ヘッドホンドゥ・タイシさんへ。
 No378、No379、No385、12月10日の記事の4つにコメントありがとうございました。
 No378に関して⇒どうにも、古典の学習はサボっているする機会は多くない私伊東ですが、過去の悲劇を繰り返さないためには、その過去の行為が何で起きたかを学ぶとともに、阻止するために動くというのは重要な事です。残念ながら、教基法、防衛“省”は通されてしまいましたが、リベンジはここからです。
 No379に関して⇒記事で追記した部分で書いた事が、まず一つ。
 もう一つは自分地震、そうして動こうとは思っていても、何がどうしたか自業自縛に陥ってしまうという状態から簡単に抜け出る事ができていません。そこの部分悩みです。後で展開できたら記事にします。
 No385に関して⇒行動の紹介ありがとうございました。記事でも紹介しました。
 12月10日の記事について⇒知ってしまった後、どういう行動を起こすか…この一文を見て思い出したのは、漫画「ヒカルの碁」でした。驚異的な速さで成長を見せるヒカルでしたが、強い相手と打っていく内に「相手の強さ」を知り、強い一手を打てなくなってしまう。「相手の切っ先が見えてしまうんだろう。だけども、そこをどう見極めるかが大事だ」という趣旨のアドバイスを佐為があたえ、乗り越えていった…という話を思い出しました。
 この後行動するには、踏ん切りも必要にはなるけども、「前向いたまま息絶えろ」という言葉は私の信条の一つ。実行するには悩みもありますが、頑張りたいです。

―――――――――――――――――――――――

ベルやや右寄り?のベルさんへ。
 ベルさんにはNo380、No386、No392でコメントいただきました。ありがとうございます。ただ、No380に関しては、その記事内で追記を書いた事と、その直後さまざまな事情で辞めざるを得なかった事は書いておきます。
 No386に関して⇒NHKでの放送後に、フジテレビで放送されていたのは、あれは狙ったとしか言いようのないものでしたね。そのタイミングのよさに笑ってしまったのは、直後の記事でも触れましたが…。ただ、今は雇う方の側が正規の社員を雇わなくなっているんです。その中で「正社員になって安定した生活を」といっても、かなえられないというのが今の社会になってしまっているんです。会社側は、これから労働条件を引き下げる事しか頭にないし…。
 今までは「一生懸命働いていれば食いっぱぐれはなかった」。でも、今は「一生懸命働いても…」地盤沈下が起きて生活できるかどうかという悲しい事態になっています。短期で見れば、そうやって労働コストを引き下げることで会計を黒字で書けるのでしょうが、収益の再配分もしないでいることは、将来的に歪が来るのかな、何て考えたりもします。
 この記事の主題は「抗議する、という人に対する抗議」でしたので、その部分同意していただけた事に力強さを覚えます。
 No392について⇒>まず一致点を挙げてから議論を展開する所に伊東さんの上手さを感じました。
…うまいというか何と言うか。ま、実際「相手の批判から始まる」のが嫌だったので、ただ単に「まず同意できるべ」という部分から書いていっただけでした。
 子供たちの部分ではなく、教師達の部分から書き始めるのは、単純に言ってしまえば、「現場にいる人間で責任持つ人達ががんばらなアカンだろう」という趣旨ですね。残り2日になってしまった現行基本法は「ひとしく、その能力に応ずる教育を受ける機会を与えられなければならない」(第三章)立場から、それを教える教師は「自己の使命を自覚し、その職責の遂行に努めなければならない。」(第六章)…条項まで持ち出した割には、ろくな事がかけそうにありませんが、要は「現場にいる人が一番状況分かっているだろう。だったら、その現場にいる人、あるいは人達が創意工夫して何とかしようぜ」という事で現行基本法を生かしてほしかったのですが…。ただ、基本法は変わったとしても、こうして「無関心ではいられない」と頑張る人は多くいるので、それを足がかりに「一人間への成長」勝ち取らせていきたいな、と考えています。
 mutouha80sさんの記事に関しては…まだ全部を見ることができていませんが、こういう意見をうまく合わせられればな、とも考えています。

―――――――――――――――――――――――

コーヒーぶっさん@高知さんへ。
 12月6日、10日、No390の記事に訪問いただいてありがとうございました。
 ともに何のかのあった頃で、記事を書く事ができない状態になっていました。足跡残していただきましてありがとうございます。
 No390ではブログ・記事の紹介ありがとうございました。実になる記事が読めただけではなく、リンクブロガーが一人増えました。
 色々な意味でありがとうございます。またきてください。

―――――――――――――――――――――――

パソコンニッパチさんへ。
 No386で基本法、ワーキングプアのトラバと合わせてコメントいただきましてありがとうございます。最近では、民主党の国会での態度が問題になっています。PPFVさんとニッパチさん、紋邪刃さんが書いてきた事は無駄ではありませんでしたね。「本当に日本を変える力は何ぞや」というのを主題にしてがんばって行きましょう。

―――――――――――――――――――――――

自転車KUMA0504さんへ。
 コメントでのお知らせありがとうございました。「ワーキングプア2」を見て、状態はここまで来たか、と腕を組みながら考えていた時にこんな事があったということで、記事制作予定を変え、ついでに人格まで変えてああいう記事を書かせていただきました。(No390 NHK・ワーキングプアへの「バッシング」をする人達への手紙。 )多くの人が、この行為に怒りを感じ、行動をとっていただいた事にほっとする思いです。
 KUMAさんからの緊急連絡は2回目ですね。1度目は地元での「演劇上演中止に対する抗議」。また何か「変だぞ」と思う事態があったらお知らせいただければ、と思います。これからもよろしくお願いします。

―――――――――――――――――――――――

赤ハートココロさんへ。
 No390の記事でコメントありがとうございました。
 正直、書いた後は「次の日にブログ見るときは、覚悟してみる事にしよう」と覚悟を決めてパソコンの前に立ちましたが、結果、過剰反応はなかったのでよかったです。
 それでも「これ以上どうにもならない人」に対して無茶苦茶言う人達にはどうにも勘弁できなくて、ああいう形で書かせていただきました。最近読んだマンガで、ああいう態度を取る人達に最適なセリフを見つけましたので、近日紹介します。

 私達に関してもご評価いただきましてありがとうございます。どうにも名前だけで何のかの言われるのは…慣れたとは言っても辛いものはありますね。だけども、こういう風に「共産党」という名前だけで無茶言う人にはこう言ってやる事にしています。
 「俺の名前は伊東勉というけども、“つとむ”といえば昔、何人も幼女を亡き者にしてくれた奴がいたよね。“つとむ”という名前は皆犯罪者かい?」
 大体こういえば後は黙ってくれます。ま、自分達も信頼預けられるようになるためにやる事はやらないかんな、とは思って行動していますので、共産党名乗ってブログしている中では馬鹿の類に入りますがよろしくお願いします。

―――――――――――――――――――――――

 No399は、実はもう一つ、後編を用意しています。後編は12月15日から20日午前中まで届いたコメントに対してお返事を書いていきますので、よろしくお願いします。この後はNo未確定で「新しくつないだブロガーの皆さん紹介」。その後でNo400「臨時国会をたたかい終えて-日本共産党と有権者のたたかいが生み出したものとは(仮題)」をお送りします。

 それでは一旦?失礼します。

 ブログランキング…応援お願いします。ブログランキング・にほんブログ村へ






最終更新日  2006年12月20日 14時29分14秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年12月04日
 お晩でございます。伊東です。
 まず最初に報告一つ。とりあえずのバイト先は決まりました。時間帯が夜になりますが、仕方ないです。とにかく、これで何ぼかでも暮らしどうにかしていきたいです。

 そして、悩みの一つが解消され、少しは気が楽になったので、今までお待たせさせてしまっていたコメントへのお返事をここでさせていただきます。コメント欄には、後ほど反映させる様にしますのでよろしくお願いします。

――――――――――――――――――――
おにぎり猫だぬきさんへ。

No368、371分 コメントありがとうございます。あのように反応があったので、ついついあんな形で文章を書いてしまいました。反応があるとついつい…。
びー:「まるで彼女のように」ですか…実はこの男、俺にはあんなひどいことするのに彼女に対しては…あまー
 ドゴッ!(どこかに蹴り倒す音)えー、暴露話はここまでにして、セレッソに関しては残念でしたね。一年であそこまで急降下した事に驚きです。前に見た雑誌では「どうもグラウンド外での生活態度に問題がある」という指摘もされました。後一歩での優勝逃しで3度、J2落ちで2度サポーター泣かしているので、6度目の正直で「うれし涙」流させてくれ、というのがセレッソサポーターの願いでしょう。名波選手は状況しだいで残るといいます。来年が勝負ですね。横浜FCも、一年で落ちないように頑張って応援します。
 スポンサーの記事については、うまいところ突いている、と思いました。広告出すだけでなく、どのぐらい活動に協力するか(現場へ口出し、ではなく。)も大事になってきますね。一番最後の「ボランティア参加」でしめられているのがグッドです。
 ついでになりますが、南海ホークス。私の住む大船渡では当時の12球団中唯一つ帽子が売っていませんでした。

No369分について
 あの一文がコメントに書かれてから一ヶ月が過ぎ、幸い被害もなく日々の生活過ごせています。平常心を保つ事…今年一番苦労している事ですが、かえってあの一文が腹を据えて物事見ていこう、という思いを抱けた部分もありました。異論反論のスタイルに関しては、猫だぬきさんには見ていただいていますが、しっかり向き合う人に対してはその思いに答えられるように物事書いていきたいな、と思っています。

No376に関しては、やや右寄り?のベルさんと、東つよしさんのコメントと3人まとめてお返しします。でないとうまく話がつながらないので。ではいったん失礼します。
――――――――――――――――――――
ベルやや右寄り?のベルさんへ。

No371分について。
 コメントいただいてありがとうございました。
 93年に始まった頃から見させてはいただいてましたが、その頃から何か一抹の不安が…今から思い返してみればミーハー的に盛り上がっていて、足元大丈夫かよ、という思いがしていたものでした。97年あたりから、経営危機に見舞われたこと(代表がフリューゲルスの消滅)がきっかけで、危機意識を持って物事に取り組んだのが、かえって良かったかもしれません。
>サッカーブームだけでこのまま乗り切れると思うなよ(中略)サッカー界の見通しの甘さにあきれたのでした。
 のご指摘はまさにその通りだと思います。また、そういう苦難を味わってきたからこそ、今のように「成果」をあげられるようになったのだと私は思います。
 カズ、ゴン両選手は、栄光と挫折味わいながらも泥臭く生きているというその姿勢に一人間としても尊敬させるものがあります。機会があれば、またカズ・ゴン2トップ見てみたいです。

 No376に関しては、猫だぬきさんと、東つよしさんのコメントと3人まとめてお返しします。
―――――――――――――――――――――
ビデオドゥ・タイシさんへ。

 ここまで3つですか。コメントありがとうございます。
 共産党員のクセに、古典読むのをサボっていたせいか、どうも物事考えるのに深さが足りないなという部分が出てしまいます。ここまでコメントいただいた3つを見て、そういう事を感じさせられました。
 生きるだけでもゆるくないこの社会、自分ばり良くてもわんない(⇒自分だけ良くてもいけない)みんないい思いできるように頑張るべ、そのためには、すでにいい思いをしている人に協力してもらう…というのがこれまで作り上げてきた社会でしたが、それが崩されようとしています。幸い「異論吐く奴は××」という社会ではまだないので、それぞれの離し方で物事語って「国の動かし方かえるべ」と呼びかけて行きましょう。

 No379のコメントについては、また改めてお返事します。
―――――――――――――――――――――
自転車No374 この種さんへ。

 コメントいただきまして、ありがとうございます。
 そして、ブログ~とはいっても、一部だけですが~拝見させていただきました。古典に関しては、学習をサボってきた私ですが、色んなモノの見方から「格差社会に疑問申す」という意見が出されている事には力強さを覚えます。
 文中、マルクスに触れられていた部分もありましたが、やはり彼にしても、約二世紀前の人間、という限界があります。その発見を元に、どう現代社会に生かしていくかは、今に生きる私達の課題です。
 またきてください。
―――――――――――――――――――――
港No376 Rolling Beanさんへ。

 お返事とトラックバックありがとうございました。
 日経新聞の記事ですか…。その記事を見た後の、教育再生会議(何を再生したいかが分からないが)の一文を見たら…吐き気しか催せませんね。なに言いたいんだあの人達はって。
 すっかりマスコミが「復党問題」と「各県の不祥事」が政治の全てと思い込んで記事を発信している「無神経」が頭に来ます。せめて、気づいている自分達は、腑に落ちるように情報発信していかないけませんね。そういう意味でもよろしくお願いします。
―――――――――――――――――――――
赤ハートNo376 ココロさんへ。

 コメントありがとうございます。
 ただし、お返事コメントは猫だぬきさん、やや右寄り?のベルさん、東つよしさんと4人まとめてお話したいと考えています。ちなみに、私の言う事全てが必ず「共産党の政策」というわけではないので、その部分ご留意いただければ、と思います。
―――――――――――――――――――――
DVDNo370 東つよしさんへ。

 コメントと、伊藤さんへの支援、お疲れ様でした。
 結果見た時は、選挙区がとんでもなく広がって、乱戦で大変だった事でしょう。その中で、現有2議席から3議席にした事ができてホッとしています。水津さん、蓮佛さんの結果ばかりが残念でしたが、その地域の共産党挙げて、地域のためにも頑張ってくれるものと思います。
 約4年前の議席空白にはびっくりしたもので…。錦織さん、市谷さんで何とか風穴あけてほしいですね。もちろん、東さんのいる所の赤坂さんも引き続き県政に出られる様に頑張ってください。
―――――――――――――――――――――
FAXNo376に書かれた猫だぬきさん、やや右寄り?のベルさん、東つよしさん、ココロさんのコメントについては、新たにエントリを起こし、その中でお返事代わりの記事を書こうと考えていますのでよろしくお願いします。(ただし、次いつ書けるかの保証ができないのが…。)とても「コメントのお返事」で済まされるようなモノではないので。
―――――――――――――――――――――
 ようやくコメントは返す事ができました。しかし、明日から夜8時から3時までお仕事が入ります。まず、面接もあわただしければ(職安に16時に⇒16時半には面接日程決定⇒大慌てで履歴書準備⇒18時15分面接⇒3分後には「ま、明日から来いや」で採用決定)一日をどう過ごすかについて日程組み立てるのにも少し難儀しますが、まず生きていくしかねえ。ただし、このブログ上でも、実生活上でも「今の苦しい状況に関してこういう道もある」という「案内標識」になっていかなきゃな、とついさっき届いたドゥ・タイシさんのコメントを見て思ったのでした。

 畑もまずはネギ移して、雑草の駆除はして、来年に備えなければいけません。これに高田市長選挙、高田市議選、一斉地方選挙…やる事たくさんモー大変(喜々鬼気)!自分の体壊さないように、でもその中でベストを出せるように頑張るとします。今日も拙い一文…というか、拙いお返事しか書けませんでしたが、これからもよろしくお願いします。

 応援クリックお願いします。ブログランキング・にほんブログ村へ

追記・やや右寄り?のベルさんへ。
 私の働く所、女性は0です。ベルさんの書いたような光景は…。
 お客さんでも多くはないでしょう。
 ま、運転気をつけてがんばる事とします。
 何かあったらレポート入れますね。失礼します。






最終更新日  2006年12月05日 17時14分26秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年11月26日
※午後に時間を作る事ができたら、完成させようと思っていましたが、詰まってしまいました。
 このままではろくなものはかけないので、いったんここに書いていた下書きを削除します。改めてエントリを起こして記載しますのでよろしくお願いします。
 ただ、ド・タイシさんのコメントが入っていますので、エントリ自体を消す事はできません。よって、タイトルをああいう風にして、このエントリを残しておく事にします。

 ド・タイシさんの質問に関してここで答えます。
 私は学校そういうネットマナーというのを学んでいないので、手探りで実生活とあわせてどういう態度すればいいのかを考えて、どうすれば失礼にならないか-意見の違いは別として-というのを探ってきました。ド・タイシさんの考え方も一つの考えだとは思います。自分を守る、という意味ではそれも有でしょう。
 よそのブログで、その人が記事を書く毎にその意見にいちゃもんをつけ、とうとう相手にしてもらえなくなった人がいます。人にきついこと言う位なら、自分の意見はどうなんだか教えていただければ、という意味でそういう趣旨の話をさせていただきました。自分も言葉はきついのですが。
 楽天のブログには、コメントを書くときにアドレスを書くところがありません。機能上の事は仕方ないので、基本的に自分の所に来たのは全部読みますが、今までも粘着質な「質問」やら、周りの人間襲うぞ、という事まで書かれた時もあります。そういう時は議論を打ち切らせていただく事もありました。


 






最終更新日  2006年11月27日 10時21分32秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年11月17日
 今日は。伊東です。
 今日の記事は、ブログ界で「伊東しかやらねぇよ」という荒技を実行します。題して「記事としてのコメントへのお返事」。古くからの常連さんはご承知とは思いますが、私はこのブログを書くのにパソコンを借りて行っています。いつも使っているのが5ヵ所+ネットカフェ主に3ヵ所ですが、ネットカフェが使えないときは、セキュリティーの厳しいPCを借りているので、コメント欄を使っての返事がままならない、という現状があります。(記事やトラバが送れるのは、コメントとは別の理由があるようです)
 なので、コメント欄での返事がままならない状況の中、返事をどうしたらいいか考えた結果「コメントの返事をひとつの記事でやったらいい。」という結論に至りました。われながら「馬鹿か」とも思いましたが、返事が返せないよりマシ、という事で記事本題に入っていく事とします。
―――――――――――――――――――――――――
No347にコメントいただいた「ゲゲゲのイチロー」さんへ。

 コメント・トラバいただきましてありがとうございます。
 熱い志とクールな行動というのを心がけてはいるのですが、どうにも今年は精神の制御が難しく、つまらない事でカチンと来て自分を崩す、というのが何度となくありました。そんな中でイチローさんが書かれた記事が、自分を見つめ直すきっかけになる貴重なものでした。
 今では精神面は普通の状態に戻っています。これからも拙文ではありますが見に来ていただければ、と思っています。
―――――――――――――――――――――――――
No348にコメントいただいた「眠り猫」さんへ。

 コメント・トラバいただきましてありがとうございます。
 記事の文章の内容で「カド」が取れた感じがしてきましたね。それに、昔民青との間であったことの文章も見ました。お気持ちは何ぼか理解はしますが、それを持ち込んでしまった事はマイナスに作用してしまいましたね。「絶縁」したブロガーも、普段はあんなしゃべり方をする人ではないし、私自身にしても、文章を見た最初の行動が「車のドアをへこました」事は、前にも書いたと思います。約3週間前と違って、今では冷静なものの見方をする人も増えました。まずはここからですね。
 自分のスタンスは、No329で書いた事を一つのまとめにして行動しています。
―――――――――――――――――――――――――
No348にコメントいただいた「mew-run7」さんへ。

 コメントありがとうございました。実は、16日夜にコメント入れに行ったのですが、どうも不調に終わりました。何かFC2かエキサイトブログが不調という話を聞きましたがそのせいなんでしょうか。
 岩手競馬も経営がゆるくなく、ここ何年かはずっと「来年もやれるのか」という方向に話が行っています。競馬ファンとしては、オーロパークもまだできたばかりなのでぜひ続けてほしいところだとは思うのですが、赤字改善が見込めない状況の中、県や関係自治体(盛岡・奥州両市)の財政支出、それによる政策のしわ寄せとあわせると私自身も疑問符持っていることもあって。競馬意外にもあの施設使って何かやれることあればいいのですが。

 選挙制度に関しては「二者択一の人気投票みたいになってますしね」という言葉がまさに実感させられています。記事中にも書きましたが、ああいう指摘があった後で惰性的な候補者の活動というのは少なくなって、05年の総選挙では「供託金が返ってきた候補」すら70人近くにとどまりましたが、500万近くの票を得ることはできました。20年ぐらい前の中選挙区制度では、各県一つは必勝区を立てて活動していても、500万超えるのがやっとこさだった事を比べると、票を託していただけることにうれしさを覚える反面、それで力にならない事に悔しさを覚えるんです。この小選挙制度で利を得ている連中が、自分からそれを変える、という事はしないと思うので、何かこの面でもリアクションを起こせれば、と思っています。
 コメントの返事か、自分の記事かごっちゃになってしまいましたが、またその内お邪魔しに行きます。ありがとうございました。
―――――――――――――――――――――――――
No349にコメントいただいた「KUMA0504」さんへ。

 コメントありがとうございます。
 正直あの「やらせTM」を取り上げた石井議員の質問があそこまでのダメージになるとは、質問聞いていた時には思いませんでした(やっていることは重大な問題だ、という認識の上で)。実は、同じ石井議員の質問で「すでに改悪法とそれに伴うスケジュール」が組み立てられていた、というのも出されていたので、そっちのほうがよりダメージ与えられるかな、と思っていました。各地の地方議員団・支部と連動で動けるのが、私たちの強みで、今回もそれが生きたのでほっとしています。
 こういう国会での質問と、世の中でたたかい、声を上げる人たちとの共同作業で「今月最初には」というのを跳ね返し、通しても「誰もが納得して」という形にさせなかったので、これからの一ヶ月、教育基本法を守るたたかいは「ゆるくはない」けど前途は見えるものとなりそうです。これからもがんばりましょう。よろしくお願いします。
―――――――――――――――――――――――――
No351にコメントいただいた「ぶいっちゃん」へ。

 コメントありがとうございます。入れ違いのコメントになったようで…。ま、自分としては文中に書いたスタンスでTBPに臨みますが、自分が紹介した記事が、この「今の政治に納得しない」仲間の助けに少しでもなれば、と思っています。中々自分たちの活動というのは目立たないもので。
 また適当な(←本来の意味で使っています。いい加減なときは「テキトー」と書くので)記事ができたらTBPに送ります。よろしくお願いします。
―――――――――――――――――――――――――
No347、No349にコメントいただいた「やや右寄り?のベル」さんへ。

 コメントありがとうございます。この記事を作るヒントになったのは、いつか裏技でベルさんのコメントにお返しした(No325)あの記事です。何しろ、借り物だし、壊したんじゃそれを返せる弁償はできないし、で本文に入ります。
 No347分について→体を動かして余計な煩悩を取り払うのには成功しました。後は「苗」としては売れそうにないので、玉ねぎそのものとして育てて来年に売ろうと考えています。ブログのデザインは、新しいイメージもいくつか出ていたのでそこからも考えてみましたが、今回は「さぱっと系統」で行こうと考えて、このデザインにしました。この時期は星空見ても寒いし。

 No349分について→「意見の一致しない部分については、スルー」の部分は、ありがたく思っています。この配慮は、私もしています(リンク先のブロガーのご意見は様々ですので)。意見が違う、というのを書いて、結果そのブログを荒らしてしまうのは、私の本意でないので…。議論ができる人ならともかく、そうでない人が結構いますからね…。
 松坂投手と比較したのは…ただ単に今話題だったので、それに引っ掛けてみただけですが、考えてみれば「昨日今日はじめた農業」と「10うん年の修行の成果は日本代表のエース」と比べたのが間違いでした…。でも、いずれは「松坂投手の半日の給料」ぐらいは年収で稼ぎたいな、と(私の場合、月に11万は稼げれば生活設計ができます)いう目標を持って、働いていく事にします。
 民主主義というのが、「最悪よりは一番ましな制度だ」と誰かが言った記憶がありますが、それをしっかりした形で実行されているかどうか、自分たち有権者が真摯な目で見つめていかなきゃならないですね。「民主主義」にあぐらを書いていてはどうしようもないですから。そういう点では「しっかりした民主主義を」という共通点で動いていきたい所です。

 これからも拙ブログをよろしくお願いします。
―――――――――――――――――――――――――
 自分でPC持てば一番いいのでしょうが、今年の年収10万以下の人間にそれは無理です。当面PC借りての情報発信が続きますが、借りられるPCの状況によっては、コメントの返事もこういう形でしていきますので、よろしくお願いします。
 






最終更新日  2006年11月17日 12時34分47秒
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.