1851255 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

つなげ“希”動力-袖番号96、伊東勉のページ楽天版(更新停止。書庫ログ)

全57件 (57件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

社会人野球2013

2013年11月07日
XML
カテゴリ:社会人野球2013
 おはようございます…というにはちと早すぎますが、まあ用事がありましてね。何かって?サンタクロースの予行演習だよ!(1秒でバレる嘘はやめろ)
 そんなわけで今朝は早くからツイートを開始します。今日もよろしくお願いします。

 ほんでツイートは何書くか言えば…10日前に行われていた岩手アマ王座決定戦。しばらく何も書けていなかったので、まずはこれを紹介する事にします。今回はトヨタ東日本、JR盛岡、水沢駒形、オール江刺、盛岡大の5チームの参加で行われました。

◆一回戦 JR盛岡 5-2 オール江刺
 雨で開始が遅れた中始まった試合、2回に1点、3回に2点取りペースをつかんだのはJR。終盤にもダメを押した後は前所属が江刺という及川が完投しまず1勝をあげた。
 江刺は4投手の継投、菊地恵の本塁打などで反撃したが、後手に回ったのが響いた。

◆準決勝 水沢駒形 16-1 盛岡大学
 2回までは0-0も3回以降にビッグイニングを3度作った駒形が、投げては高橋徳→千葉隼→松本とつなぎ危なげなく「全国大会ベスト4」の力を見せつけた。盛岡大は4投手継投もことごとく打ちこまれ防戦に。5回に1点は返したが流れを変えられなかった。


 なお、初日は一回戦と準決勝2試合が予定されていましたが、天候の悪化で試合開始が遅れたため、もうひとつの準決勝は順延になりました。
 続いて大会2日目の様子をツイートしていきます。

◆準決勝 トヨタ東 6-1 JR盛岡
 トヨタは序盤にJRのエース寺田を急襲。2回までに3-0とペースを握ると、沼田→山本から吉橋につなぎ優位な展開を維持。終盤にも3点奪い試合の流れを決した。JRは寺田が中盤踏ん張っていた間に援護したかったが日向端悠の本塁打以外に点を奪えなかった。

◆3位決定戦 JR盛岡 11-1 盛岡大学
 連戦となったJRだが、前試合を引きずらず臨んだJRが盛岡大を圧倒。いい形で1年を締めくくった。右下手投げの千葉と中屋敷が奮闘。及川が最後を締めた。盛岡大は前年トヨタに奮闘した伊藤などが登板。3回に1点を返したがその後持ちこたえられなかった。

◆決勝戦 トヨタ東 9-2 水沢駒形
 9月の対戦では駒形に敗れたトヨタだが正しく“倍返し”以上のリベンジを果たし、2年連続の優勝を成し遂げた。トヨタは5、8回の3点が効いた。阿世知は中盤の2失点のみで完投。駒形は5回に1点差まで詰めたが、右4投手の継投実らず悔しい敗退となった。


 では、表彰選手です。
◆最高殊勲選手賞 阿世知暢投手(トヨタ)
◆敢闘賞 千葉秀幸選手(駒形)
◆首位打者賞 羽藤嵩晃選手(駒形)
◆特別賞 北見昴之選手(トヨタ)

 さて、今年の岩手県内の公式戦は…10日前に終わっていました。そして、社会人野球の日程も、今日の日本選手権終了で年間表彰を残すのみとなりました。この1年、グラウンドで戦った皆様、社会人野球を応援していただいた皆様、本当にありがとうございました。
 ここ2年製作をサボっていた「年度末まとめランキング」をまとめにかかります(地域リーグサッカーも)。県連盟の方でも近日中にベストナイン他表彰選手が決まります。来シーズンの伸長を誓いながら一年を振り返る時期ですね。とりあえずここまで書いてこの項を終わります






最終更新日  2014年04月21日 22時51分33秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年10月25日
カテゴリ:社会人野球2013
 今年のドラフト会議、終わってみれば岩手球界から3人、東北の社会人野球から4人プロからの指名を受けました。花巻東高校の岸里選手、富士大学の山川選手、トヨタ自動車東日本の山口嵩之投手、TDKの豊田投手、七十七銀行の相原投手、日本製紙石巻の相澤投手、ドラフト指名おめでとうございます。
 では、以下に6選手への一言いれていきます。

◆ファイターズに指名された岸里選手は野手としての印象が強い選手です。走攻守三拍子揃った選手で、甲子園ではセンターオーバーの本塁打を叩く等力量を見せました。プロでは野手という公算が強いようですが、まずは頼れる9分の1を目指していただきたく思います。大谷君との花東コンビ実現を!
IMGP3935.JPG
 ⇒ものすごいピンボケですが岸里君です。いや、この日は混んでいてセンターから試合を見ていたのでどうかご勘弁を。センターの千葉君の写真もありますよ(同じくピンボケですが)。

◆ライオンズに指名された山川選手はその打棒で早くから富士大のレギュラー、大学→アマチュア日本代表に入り活躍を見せてきました。守備も「決して打撃だけ」の選手でないことを証明。ライオンズには中村、浅村、坂田各選手とならんで攻撃の軸に成長して埼玉のファンを沸かしてください。

◆同じくライオンズに指名された山口投手。5月には大変お世話になりました(←トヨタと対戦して敗退)。ケガで一度野球の舞台を絶たれたものの岩手の地で復活、主要ローテ投手として東北の強豪と相対し実力を見せ、今回の指名に至りました。一歩一歩自分の持ち場を築いてほしい。


 130512県営
⇒すみません。球場ついて写真撮ろうとしたらこの直後に投手交代してしまいました。なので名前記載のスコアボードでご勘弁を。

◆もう一人、ライオンズに指名された選手としてはTDKの豊田投手がいます。2009年にTDK入社したその年に投球を見ましたが、143キロの速球を武器に「これは柱の一人になれる」と可能性を見た選手です。5年鍛えてつかんだ証明、横浜の大原投手とのTDK対決を熱望します。

◆日本製紙石巻の相沢晋投手は地元ゴールデンイーグルスの指名を受けました。6月の都市対抗野球・代表決定戦で見せた一分のスキのない投球は見事の一言。本大会でもJRの吉田一将投手を向こうに回して好投を見せました。石巻を沸かせた投球、今度は東北を沸かせてください。
IMGP5814.JPG
⇒文中の代表決定戦で奮闘する相沢投手。

◆イーグルスには七十七銀行の相原投手も指名されました。入社当初からエース格としてマウンドを守り、去年の都市対抗、今秋の選手権出場に貢献しました。プロでさらに鍛えられての伸び代に期待。印象に残る投手として、東北のファンを喜ばしてください。

IMGP4197.JPG
⇒今年の日本選手権予選のトヨタ戦の写真あればよかったのですが、ピンボケどころか顔すら写っていなかったので、12年都市対抗予選の写真を入れました。


 ドラフトが終わりました。岩手の社会人野球からは2003年の栗田雄介投手(宮城建設)以来のNPBドラフト指名となりました。それ以降は独立リーグに進出(水沢駒形・大谷龍太→高知→トヨタ東と江刺・高橋祥→徳島)したり、逆にプロ組織経験者が岩手に来たり(元ライオンズなどの前田投手、赤べこ野球軍団の高倉、南、関連太郎各選手など多数)していましたが、岩手のチームからNPB球団の指名・入団は先述の栗田君、88年の高島覚さん(新日鐵釜石・ドラフト外)以来となります。

 ちと重なりましたね。

 岩手の野球人が、大きな舞台に挑む。これほど嬉しいものもないわけで。今までも先述のパターンで“上”を目指し戦った選手もいるし、大きな才能で目立った選手(菊池雄星&大谷翔平)もいます。では、そのもとは何か。

 それはバカみたいに単純ですが「野球への熱意」そのものです。

 熱意はあるけども、それが結果となって結んでいなかった。だから必要以上に軽く見られていた。それが悔しいのは言うまでもありません。しかし、それも多くの人の取り組みで突破が図られようとしています。
 今年は大谷君が二刀流で見せ場を作り、雄星君はローテの軸に成長。銀次君はその存在でチームを日本シリーズに運び、畠山君、中村君も一年一軍で戦いました。一方ではホークスの三浦君はケガに苦しみ、下沖君、伊東君、太田君には戦力外が告げられるなど厳しさも。

 岩手で、社会人で。自分がこの目で見てきた選手がプロの舞台で戦うことに何とも言えないドキドキ感を感じます。野球の厳しさを分かった上で、それでも選手たちには頑張っていただきたい。良く(いぐ)生きていただきたく願い、この一文を閉じさせていただきます。






最終更新日  2014年04月21日 22時50分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年10月14日
カテゴリ:社会人野球2013
 こんにちは。日曜日に行われた東北会長旗大会の2日目6試合の結果をお知らせします。なお直には見ていないので毎日新聞の15日付岩手版の記事を基に記載していきます。

◇クラブ準決勝 東北マークス 12-5 鶴岡クラブ
⇒序盤は点の取り合いから始まった試合だったが、3回にマークスが奪った7点が試合の流れを大きく傾けるモノとなった。投げては柳原が後半復調。鶴岡は序盤競っていただけに3回の失点が大きく響いた。7回の反撃は一歩届かず。

◇ゴールデンリバース 5-4 水沢駒形
⇒共に近隣の大会で結果を出した両チームのぶつかり合いは全くの互角。先手は駒形も、リバースが4回に逆転。6回に駒形が追い付いたが、リバースは9回にサヨナラの1点を奪い決勝に進出した。打撃で存在感見せていた佐藤雄の投手には驚いた。

◇クラブ決勝 東北マークス 6-2 ゴールデンリバース
⇒5回までは1-1と競っていた展開だったがマークスは6回に1点を勝ち越すと7回に3点を奪いペースを一気に引き寄せた。投げては成長見せている若松が9回を2失点完投。リバースは6回の失点以降若松の投球に食らいつけなかった。

◇企業準決勝 JR東北 3-2 トヨタ東日本
⇒1か月前に対戦したカードの再戦はJRが常に先手を取り続けたJRが、左右の成長株ともいえる市川、西村の継投で逃げ切った。トヨタは初回に先制。投げては山本、沼田の高卒コンビが試合を作ったが反撃が一歩遅かった。

◇きらやか銀行 8-2 JR秋田
⇒こちらは都市対抗の再戦となったが、きら銀が2本塁打など地力の差を見せ中盤以降はJR秋田を圧倒。リベンジを返り討ちにした。JR秋田は3回に追い付いたが中盤に突き放されると終盤に5失点。食らいつく粘りをどう作るかという課題を持った。

◇企業決勝 JR東北 7-2 きらやか銀行
⇒今年は苦しい戦いを強いられたJR東北が終始きら銀から加点し、6投手継投で逃げ切って大会優勝を成し遂げた。この試合勝って来年への弾みをつけたかったきら銀だったが、今大会好調のJR打線を止められず準優勝に終わった。


 これで、社会人野球日本選手権に出場する七十七銀行を除いては大きな公式戦を終えることとなりました。この大会振り返って…まずクラブの部。東北を制したのはマークスでしたが、クラブ選手権は県で敗退も、その後のクラブカップで見せ場を作ったゴールデンリバースが盛り返しを見せたのも一つのトピックでした。水沢駒形も千葉隼、千葉康司といった右投手が今大会登板。「あと2歩」の克服の一歩を記しはじめました。

 一方で企業。JR東北はやっと大きな成果を出せましたが、それでも今年負った“傷”は大きいものがあります。今冬鍛えなおして、東北王座復活を狙います。きらやか銀行、トヨタ東日本、JR秋田は東北地区でトップレベルに居続けることの厳しさを味わった大会といえます。七十七、TDK、日本製紙石巻が来る本番でどう戦うか。一冬越えての成長に期待です。

 色々生意気も書きましたがもう少しでそれも終わりです。
 残ったシーズン実のあるものにしてください。






最終更新日  2014年04月21日 22時51分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年10月13日
カテゴリ:社会人野球2013
 こんばんは。斑睡眠に陥っている間に、12日に行われた東北会長大会についての記述を行うことにします。前日からの悪天候もあり、開催がどうなるか不安もありましたが、どうにか開催にこぎつけ、途中で雨もちらほら降る中で、4試合が行われました。

◆JR秋田8-5JR盛岡
 3時間近い熱戦はタイブレークの末秋田が盛岡を破り“JR対決”を制した。先制は秋田。盛岡がそれを追いつくという流れで試合は進み9回では決着つかずタイブレークに。10回に一気に突き放した秋田が盛岡の気力をもぎ取った。盛岡は2点返すも及ばず。

◆JR東北23-1自衛隊青森
 初回に12点を奪ったJR東北が自衛隊青森を一蹴。次戦進出を決めた。自衛隊は中鉢が先発に立ったが小笠原に先制本塁打を浴びてリズムを狂わした。3回にも8失点で苦戦強いられた自衛隊は、3回に中美の適時打で1点。7回も反撃したが遅かった。

◆鶴岡2-1弘前アレッズ
 鶴岡が効果的な先制パンチで機先を制し、全国大会出場の弘前を破った。2、4回に1点加えた鶴岡は、投げても佐藤紘→木俣のリレーが決まった。弘前は継投の3投手が踏ん張り、5回に1点を返したものの反撃ならず初戦敗退。

◆ゴールデンリバース11-4富士通
 接戦が期待され、実際そうもなっていただけに8回に一気に6点を奪いコールドに持って行ったリバースの破壊力にはただ驚くしかなかった。佐藤雄は好調そのままにこの日も本塁打。富士通も小手森の強打も光ったが8回はただ悪夢だった。


 ということで4試合の結果を、毎度のJABAHPからご覧いただきました(JR東北と自衛隊は直に見ましたが)。では、明日の準決勝のカードをフラッシュ的に紹介していきます。

◇きらやか銀行-JR秋田 夏のお返しなるか秋田、返り討ちにするかきら銀。
◇JR東北-トヨタ東日本 選手権準決勝の再現。若手選手の成長どちらが先行くか!
◇東北マークス-鶴岡ク 東北クラブ界の大きな壁に鶴岡はどうぶつかるか。
◇水沢駒形-ゴールデンリバース 全国ベスト4とCC準優勝の対決。来年の東北王者争う前哨戦!


 気温もだんだん低くなり、野球するには寒いかな、という季節にもなってきました。大方のチームが今年最後の戦い。いい形を持って終わることができれば、と思います。企業の部は金ヶ崎森山、クラブの部は北上江釣子へぜひお越しください。






最終更新日  2014年04月21日 22時52分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年10月12日
カテゴリ:社会人野球2013
 さて、生健会のことに関してはまた後刻書くことにして、今からは12、13日に行われる「東北連盟会長旗大会」に関しての記述を始めることにします。

 東北連盟会長旗大会は各県から企業、クラブがひとつずつ(福島は企業チームが出ない事もあるので、場合によっては開催県が複数代表)出場。2日間のトーナメントで優勝を争う大会です。日本選手権にクラブチームが出られない今は貴重な秋の実践の場となります。今回は岩手県が開催地となりました。金ヶ崎町森山運動公園野球場で企業の部、北上市の江釣子野球場でクラブの部が行われます。では、ここからチーム紹介を兼ねて2日分の試合紹介をしていくことにします。

▼12日森山8:50 JR盛岡―JR秋田
 都市対抗では東北4位に入り、若手投手陣の成長が見える秋田と、ベテラン若手融合し、田上の成長と前川の復調で一定の力持つ投手陣の盛岡の対決。後半調子上げている盛岡が地元でいい所を見せたい。

▼12日森山11:20 JR東北―自衛隊青森
 JRにとっては屈辱のシーズン。都市対抗で県予選敗退、日本選手権でもトヨタ東の先行を許した。自衛隊も都市対抗青森王座は取り戻したが、東北予選では1勝も屈辱を味わった。どちらが払拭する戦いをしていくか。

▼13日8:20 きらやか銀行―(JR秋田-JR盛岡の勝者)
 都市対抗では全国に後一歩まで迫ったものの後一歩届かず、日本選手権でも都市対抗代表2連戦はきつかったきら銀。この場で再び自信を作って来年のドーム行きの礎とするたたかいを。

▼13日10:50 トヨタ自動車東日本-(JR東北-自衛隊の勝者)
 伸長著しい若人軍団は、日本選手権では大阪ドームまで後一歩と迫る戦いを見せた。しかし直後の戦いでは水沢駒形に不覚を取る場面も。阿世知など試され済の選手以外の台頭を見せてほしい。


 13日の2試合の勝者同士で決勝戦が14時から森山球場で行われます。では、引き続いてクラブの部に移ります。

▽12日江釣子8:50 鶴岡野球クラブ-弘前アレッズ
 結成2年目でクラブ選手権本大会出場。いい経験をしてきた弘前はこの戦いでその上積みを図ることができるか。一方鶴岡は山形の壁を壊す経験も東北では厳しい結果を突きつけられた。跳ね返す一歩目としたい。
 
▽12日11:20 ゴールデンリバース-富士通アイソテック
 過日のクラブカップ準優勝のリバースは、9月の激戦続きのダメージをどこまでいい具合に持っていくか。富士通は8月のクラブ選手権で後一歩届かなかった相手に対してのリベンジを目指す。

▽13日江釣子8:20 東北マークス-(鶴岡-弘前Aの勝者)
 全国大会で若松、佐藤といった力のある若手が磨かれてきたマークスが、今年度の総仕上げと行くか。ただ、江井、門奈、只野など20年以上経験者を驚かす存在も。(名前敬称略しています)

▽13日10:50 水沢駒形-(リバース-富士通の勝者)
 クラブ選手権で全国ベスト4、その勢いを駆って毎日旗でもトヨタ東日本をも破った。後半戦に入り存在感を見せ始めた選手が、その力を定着させることができるか、が課題になりそう。


 こちらの方も13日の2試合の勝者同士で決勝戦が14時予定で江釣子球場で行われます。
 色々興味あるチームも多い今大会ですが、しばらく大船渡行ってなかったので、そちらの方を優先します。よって、確実に見る試合は「JR東北-自衛隊」のみ。江釣子の方の鶴岡、アレッズ、富士通といったこの目では未見(鶴岡とは対戦しましたがそのとき私は移動中でした)のチームも気になりましたが、どうにも申し訳ありません。
 東北規模の大会ではこの大会が今年最後となります。
 参加される皆様の健闘願い、文を閉じます。






最終更新日  2014年04月21日 22時54分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年10月07日
カテゴリ:社会人野球2013
 北上市長杯は、今日北上市・江釣子球場で準決勝と決勝戦が行われました。3試合の様子をJABAのホームページに書かれている試合結果を元に記載していきます。

◆準決勝
▽富士大7-2一戸桜陵
 ようやくトンネルを抜けた一戸だったが、終始富士大のコンスタントな攻勢にペースを握られてしまった。2回に追いついたが4、5回の其々2失点が響いた格好に。富士大は4投手の継投で一戸の反撃を2失点に抑え、決勝に進出した。

▽盛友ク3-1矢巾ク
 盛友・中屋謙と矢巾の大道という(右の)エース対決は終盤まで競った展開に。しかし土壇場9回に盛友が2点を挙げると、その裏の反撃を抑え、前日の武田に続いて完投勝利を挙げた。矢巾は2回に先制したがその後を押さえられ、大道を援護できなかった。

◆決勝戦
▽富士大学5-1盛友ク
 最近2回の準優勝チーム同士の対決は盛友が先手を取ってはじまった。その後はこう着状態が続いたが富士大は6回に一挙4点を奪い逆転。8回にもダメ押しの1点を加えた富士大は盛友の反撃を許さず、4年(以上)ぶりの優勝を成し遂げた。盛友はWエース奮投及ばず。

◆表彰選手
▽最高殊勲選手賞 小野泰己選手(富士大)
▽敢闘賞 中屋謙太郎投手(盛友)
▽首位打者賞 横山幸司捕手(盛友)9打数7安打 打率.778

 横山さんは10数年のキャリアの中で初の打撃タイトルとなります。受賞された皆様おめでとうございます。

 序盤で江刺と富士大が潰しあう展開となりましたが、その一方での一戸の伸長、矢巾の躍進、そして盛友のリベンジが…部分的、と思いますがなった大会でした。序盤敗退チームでも黒陵のように手ごたえをつかんで今年を終える姿も見えました。
 今シーズンの残りの公式戦は来週に行われる「東北会長旗」大会、そして今月末の「岩手アマ王座決定戦」の2つのみとなりました。両大会は参加チームが限られるために企業3チームと駒形、江刺以外の公式戦は終了、という形となりました。今年も一年ありがとうございました。そして、この大会にかかわり協力いただいた皆様に「お疲れ様でした、来週もよろしくお願いします」と申し上げます。
 来週の東北会長旗大会は、企業の部が金ヶ崎森山、クラブの部が北上江釣子の野球場で行われます。こちらの方もご注目よろしくお願いしまして、この項を閉じます。






最終更新日  2014年04月21日 22時54分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年10月06日
カテゴリ:社会人野球2013
 今晩は、伊東です。
 今日行われた北上市長杯内陸クラブ大会(以下北上大会)の今日行われた6試合の結果を紹介します。直接は見ていないのでJABAのHPで書かれている試合結果を基としています。

◆一回戦
▽富士大3-2黒陵クラブ
 敗れはしたが、今期一番のゲームを見せた黒陵が地元の大会を盛り上げた。5回までに2-2の同点。もう一息踏ん張れば、という所で8回に富士大の勝ち越しを許した。富士大は夏井が僅差の試合を踏ん張り、完投勝利を挙げた。

▽盛岡球友7-0北上REDS
 北上は吉崎、盛球は鈴木治と両エースが登板。4回までは競った試合を見せていたが、盛球は5回に一挙6点を上げコールド圏内に入ると、そのまま北上の反撃を許さず7回コールドに持ち込んだ。北上は鈴木治の前に零封を喫し今期の戦いを終えた。

◆二回戦
▽富士大8-0オール江刺
 クラブ選手権後初の試合となった江刺だったが、神宮行きをかけた試合を控えている富士大はその腕ためしとばかり積極的に攻め、右のエースを争う河内山、左のエース菅原を急襲。8-0のコールドで江刺を破った。

▽一戸桜陵7-6青葉クラブ
 「このままで終われない」同士の対決は、最後の最後に1点をもぎ取った一戸が、そのまま3投手の継投で1勝をもぎ取った。青葉は終盤に攻勢を見せ、8回にとうとう同点に追いついたが、その裏に決勝点を許したのが惜しまれる。

▽矢巾ク16-12福高ク
 試合は3回と8回に猛烈な点の取り合いとなったが、その間に点を奪っていた矢巾が一歩先んじて勝利を掴み取った。3回の一イニングだけで福7-5矢。福高は8回に逆転したが、矢巾はその裏に一気5点奪い逃げ切った。福高は野手投手陣が踏ん張るも一歩届かず。

▽盛友ク8-4盛岡球友
 “盛岡市一番のクラブチーム”を争う両チームの戦いは9回で勝負つかずタイブレークに。10回は両チーム無得点も、11回に盛友は一挙6点を奪い試合の流れを傾けた。盛球もその裏に2点返したものの、盛友エース武田がそこで止め熱戦を制した。


 では、明日、江釣子球場で行われる3試合の紹介です。
▽8:20 準決勝 富士大学-一戸桜陵
▽10:50 準決勝 矢巾硬式ク-盛友クラブ
▽13:40 決勝戦 両試合の勝者。
 この大会、少なくとも3度の優勝暦のある富士大学が、この後の試合もあり高い意識を持ち続けているが、今シーズンの集大成をかける3チーム-“トンネル”抜けた一戸、後半戦いいムードの矢巾、来期の再上昇目指す盛友-が、社会人の意地を見せることが出来るかが見所です。
 私は見に行けませんが、明日の試合に望まれる皆様の健闘を願い、項を閉じさせて戴きます。






最終更新日  2014年04月21日 22時55分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年10月05日
カテゴリ:社会人野球2013
 こんばんは。早速ですが北上市長旗大会に関して触れてまいります。
 1997年に始まったこの大会も、気がつけば17回を数えました。かつては春先の大会として行われていましたが、今では秋口の内陸部クラブ大会として定着しました。
 では、簡単ではありますが、5日に行われる試合の組み合わせを紹介します。

▼江釣子8:50 黒陵クラブ-富士大学
 黒陵はクラブカップ、秋季大会とつかみつつある復活の手ごたえを実の物にするため今期最後の戦いに挑む。富士大学はこの大会上位常連チーム。参加メンバーが不詳だが今大会も実力見せるか。

▼江釣子11:20 一戸桜陵ク-宮城・青葉クラブ
 成長が期待された今シーズン。しかし結果に結べていない一戸は、参加最後の大会で意地を見せることができるか。青葉はこの大会の派遣が多いチーム。岩手の地で存在感を見せたい。

▼江釣子13:45 オール江刺-第一試合勝者
 西武ドームでは悔しい結果となった江刺は秋季大会は休んでこの大会に標準をあわせてきた。来年のリベンジの一歩目としてこの大会を戦う。

▽錦秋湖8:50 北上REDS -盛岡球友倶
 若手や新加入の選手が増えて楽しみな試合展開を見せる北上が、ベテラン選手も多く、前半戦では存在感を見せている盛岡球友と対戦する。特色を出し切ることができるか。

▽錦秋湖11:20 矢巾硬式ク-福高クラブ
 4年ぶりの東北進出も、その壁に跳ね返されてきた福高と、同じ年の大会で2度代表決定戦で敗れた経験を持つ矢巾の対戦。矢巾は秋季大会で存在感見せているだけに「次への渇望」の強さが勝負を分けそう。

▽錦秋湖13:40 盛友クラブ-第一試合勝者
 不完全燃焼の戦いを続けてしまった盛友は、今大会でそれを払拭する戦いを見せることができるか。その地力には安定した評価。結果を狙いにいく。

 秋口になって、天候の変化も厳しい季節です。先日のクラブカップでは夕暮れの試合で両チームの先発投手が負傷退場に追い込まれた試合もありました。参加される皆様にはお体ばかりお気をつけて試合に臨んでください。ここまで書いてこの項を終わります。






最終更新日  2014年04月21日 22時56分27秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年09月28日
カテゴリ:社会人野球2013
 こんばんは。青森出発直前の伊東です。
 ただいま応援に使う曲の調整も終わりまして、後は無事青森に着いて明日を迎えるだけ、という状況に持ってきました。明日は4試合フル観戦は難しそうですが、目いっぱい頑張るつもりです(←それしか言うことないか38歳)。
 それでは大会初日に行われる4試合の紹介をもって東日本クラブカップチーム紹介も兼ねる事とします。北海道から2チーム、東北から4チーム(開催地青森含む)、北関東(茨城、栃木、群馬)から2チームの計8チームが登場します。

▽青森市営8:20 函館太洋倶楽部-能代松陵クラブ
 前年度のこの大会優勝、長年の歴史を持つ函館太洋だが、今年は都市対抗、クラブ選手権とも序盤敗退。クラブカップ予選に全てをかけ、今シーズン好調の北広島を破り今大会に進出してきた。上り調子でV2狙う。
 能代松陵は都市対抗こそ初戦敗退も、クラブ選手権では県2位、クラブカップでは県予選で由利本荘、東北大会で赤崎といった全国経験を持つチームを破って本大会を決めた。ゴールデンリバースとは今年少なくとも4度対戦。今大会での雪辱狙う。

▽10:50 オール日立ドリームス-三菱八戸クラブ
 オール日立は前年に続いての出場。クラブ選手権では鹿島レインボーズ、、オール高崎を破って決定戦に進んだが、全足利に苦杯を喫した。一関大会ではベスト4。総合力の高さで今年こそは…の頂点を目指す。
 三菱八戸は都市対抗では自衛隊に、クラブ選手権では弘前アレッズに県王座を奪われたが、この大会の青森代表決定戦を勝ち抜き本大会に。層の厚い投手陣と、振りの強い打線の底力を持つ。ここ数年青森を支えているチーム。地元でいい所を見せることができるか。

▽13:00 トランシス-赤崎野球クラブ
 トランシスは都市対抗で前年日本選手権出場の自衛隊千歳を破るも二次予選では苦杯、クラブ選手権でもWEEDに苦杯したがこの大会予選でホーネッツを破り本大会に。07年大会では優勝も成している。2度目V目指す。
 赤崎は都市対抗、クラブ選手権と大敗を喫したが、クラブカップ予選では本領を発揮し県大会優勝。東北大会では郡山にサヨナラ勝ち後、能代に敗退、福島硬友の棄権でこの大会出場の場を得た。相手を考えずに、自分の野球を貫くことで結果がついてくる、という野球をみせていく。 

▽15:30 コットンウェイ倶楽部-ゴールデンリバース
 コットンウェイは真岡市を本拠に置き近年成長を見せているチーム。都市対抗では全足利を破る番狂わせを演じ、クラブ選手権でも伊勢崎硬建を破るも、ゴールデンゴールズに本大会進出は阻まれた。この大会を次のステップに。
 ゴールデンリバースは前年選手権の方に出場したが、今年は敗者復活に回った東北マークスに阻まれた。都市対抗でもJR秋田に屈したが、クラブカップでは県予選、東北予選ともに優勝を果たしてこの場に来た。来年の選手権、今年敗退している日立…様々なリベンジを狙う。


 では、30時間前までは開催球場を間違えていた身分で言うのも難ですが(すみません、死ねば治ります)、青森駅から国道4号線・青森東バイパス通って大体3キロ程度でしょうか。道路沿いに体育館だの公園のある所がその位置だそうです。
 グーグルの地図を貼っておきます。

 私はこの後一仕事をしてから青森に向かいます。
 天候は朝間は冷え冷え…ですが、昼間は野球するにはちょうどいい感じになりそうです。ただ、どういう天候にも対応できるような準備はしてきたほうがいいかと思います。
 参加される皆様の健闘を願い、この項を終わります。

追記⇒中日本クラブカップも今日からの開幕です。
 組み合わせだけで難ですが記載をしておきます。

・開催球場⇒ハードオフ・エコスタジアム新潟
◇8:50 ファイティング・スピリット(新潟)-相模原クラブ(神奈川)
◇11:20 富山BBC(富山)-浜松ケイ・スポーツ(静岡)
◇13:40 ロキテクノ(富山)-所沢グリーン(埼玉)
◇16:00 五泉クラブ(新潟)-三重高虎ク(三重)


追記2⇒小山さん、野球バカさんコメントありがとうございます。
 返事少し待ってください。






最終更新日  2014年04月21日 22時56分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年09月27日
カテゴリ:社会人野球2013
 皆さんこんにちは。
 私は現在十和田市にいます。「まだ青森着かないの」言われるかもしれませんが、事故って未着よりマシということにしてもらえると助かります。もちろん赤崎の試合には間に合わせます。今日も1日よろしくお願いします。

 ここからは私が行う予定の応援に関して述べさせていただきます。
 いままで使っていたテープが都市対抗前にオシャカになってしまったので、音源を作り直し都市対抗、クラブカップ東北予選で応援を行ってきました。
 曲目は以下の通りです。

1回⇒花の都(戦国無双)
2回⇒FF9バトル1[New!]
3~6回⇒情熱大陸、夏祭り、ペルセウス、シーオフ。
7回⇒Feel my Heart(ELT)
8回以降⇒FF9、ペルセウス。

 この他にもバリエーションチェンジ用に「ランナー」「旅人よ」「アンサー(ノースリーブス)」を用意。幾度か話しているように「あまちゃん」は緊張感削ぐので封印しています。
 楽曲の補強としては3曲用意。
 まずは初回要員としてガールズネクストドアの「インフィニティ」を復帰。同じガールズ~の「運命のしずく」は予備要員として待機。そしてかねて話していたももいろクローバーの「怪盗少女」ようやくコール固まったので実戦投入します!

 青森市近郊にお住まいの大船渡出身、関係者の皆様、市営野球場で1時半頃から大船渡市の社会人野球チーム赤崎野球クラブが試合をします。もし時間が空いていましたら応援にお越しいただければありがたく思います。(※この記事完成時の今は終了しています)

 ドジャースと契約した選手の除名問題。不安が的中しましたね。「若者の夢を奪うな」という意見。一般的に語る分にはいいです。が、選手の異動要件の緩和は引き抜き合戦にもつながって共存共栄の礎を崩す事にも。村社会だの何だの罵る前に新聞の上っ面の記事だけじゃない部分も見ていただきたい。
 MLBと社会人野球ですか。スケールも回る金も色々とかなり差はあるんでしょうね。
 だけどな、だからいって「たかが社会人野球が~」てな感じでモノ言うな。
 その「たかが」に血眼んなってやっている人が何万人もいるんだよ。
 ただ一方で入部したときに全部員が社会人野球のルールを教えられているか、に関しては「ノー」言わざるを得ませんね。
 該当者の除名に対して今一つ納得いかない理由の1つはここにあるわけでして。この部分の改善は絶対必要です。今後の議論発展に期待します。






最終更新日  2014年05月03日 13時27分44秒
コメント(0) | コメントを書く

全57件 (57件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.