1654912 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

つなげ“希”動力-袖番号96、伊東勉のページ楽天版(更新停止。書庫ログ)

全143件 (143件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

筆者からのお知らせ

2017年09月13日
XML
今晩は。トップページでお知らせしている通り、今週をもって楽天ブログで運営していた拙稿ブログを運用停止し、はてなブログで「野球・スポーツ」と「一般・社会活動」を分離してブログ運用することになりました。また、ツイッターも同様の処置をとります。

1・経緯

 かねてから「野球」「社会活動」の分離を求められていましたが、管理の手間などもありそれを看過していました。しかし、近年のコンプライアンス強化の中で「野球に他の事象を持ち込まない」という観点でみると拙稿には障るものがあり、相互に不必要なトラブルを起こさないために分離に踏み切りました。近日ツイッターで差別主義者と対峙したときに不適切に激しく相対して、見る人に対する不快感と、対峙者の攻撃性を煽り、「類が及ぶ」危険性も考慮しました。

2・なぜ楽天ブログを運用停止にするか

 はてなブログにもアカウントを持っていましたが、片方だけを移して運用するのに労力がかかるので、はてなブログでは3つブログを運用できる、あるいは過去の日付でアップができる機能を買い、また楽天ブログにはバックアップ機能がないこともあり、「新運用は両方ともはてな」を決断しました。

3・11年半使った楽天ブログについて

 06年の4月に以前のトランクネットブログ(ケログ名称)をパスワード調整ミスから動かせなくなり、数あるフリーブログの中から近隣にあるプロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスの会社が運営しているという安直な理由から楽天ブログを利用開始。元々「あるものでどうにかする」というのを信条にしていた私にとって、楽天ブログはそれに応えていただいた貴重な場でした。
 今回は様々な事情があり、ブログは更新停止にしますが、楽天市場にはお世話になるので会員登録は継続します。

4・付則して何かあれば

 社会人野球も社会活動も私自信が関わる行動であり、その私の目線から物事をこう見ている…というメッセージを記事に込めて「私伊東と関わる人すべて」を対象に発信するというスタイルで記載していましたが、その場、その位置において必要な立ち振舞いの基準が、関わり始めた頃より厳しくなっている。私自身も気を遣ってきたつもりではありますが、現代社会における基準には達していませんでした。
 その部分からの指摘で今回SNSの大幅変更に踏み切りました。これ以上の我を通して場を壊す、居場所をなくすのを回避したということで、「ひよったか」という別方面からの指摘には「どうかご容赦ください」と申し上げるものです。

 楽天ブログでの記述はあと二つ三つで終了します。今年に入って書ききれていない、「エントリだけしていた記事」だけは埋めますが、あとは書庫ログになります(移植の可否問わず)。
 最後に私のSNSなどの経歴を記して終わりにします。

【伊東勉SNSなど経歴図】
94年3月6日 大船渡農高にあるワープロ「一太郎」を利用し、「大農野球部レコードブック」発刊。以降04年版まで製作。

96年1月 ワープロ購入。大農野球部、社会人野球、バスケ市民リーグ(00、01年)の記事を製作。

05年4月 ワープロブリンタの故障を機にブログ製作を決意。トランクネットのケログ(08年に廃止)で記事製作。

06年4月22日 ケログのパスワード喪失で楽天ブログを開始。当時のタイトルは「伊東勉の言いたいこと、伝えたいこと」。

07年5月31日 タイトルを「ちょっと寄ってけらっせん。伊東勉のページ」に変更。

10年1月4日 タイトルを「“希”動力-袖番号96、伊東勉のページ」

11年3月11日 東日本大震災。

11年3月25日 ツイッター開始

13年 Facebook開設。インスタグラムまでは手が届きません。

16年1月 楽天ブログ3000号記念記事に中学の歳祝いの記事を製作(他はそういう記述なし)。

17年9月 伊東保持SNSの再編。

ブログ記事のナンバリング
05年 #―
06年 No―
07年 第―号
08年 その―
09年 CK―
10年 一の巻
11年 ―枚目
12年~14年6月 ―歩目
14年6月30日 ナンバリ






最終更新日  2017年09月14日 06時45分56秒
コメント(0) | コメントを書く


2017年09月12日
改めてお晩でございます。昼に受け取った「チビチリガマの破壊行為」にはショックを受けています。過日は辺野古抗議行動者へのひき逃げと、その後の警察の不可解な行動(前方不注意の事故に止めようと画策)など引っかかることがあちこちに。そんでも歩くしかない。お付き合いお願いします。
 風邪気味に加えて体も痛く、早朝の仕事は何とかしましたが昼過ぎまで睡眠しかできませんでした。日程調整間違えたかね、と土日の試合で一時休養余儀なくされたこともあってげんなり。早朝の仕事では強い雨にもさらされてダメージ乗っています。

 先月末の小池都知事による“朝鮮人虐殺慰霊メッセージ拒否”からこっち、北朝鮮のミサイル発射実験も重なり「朝鮮人には何を言ってもいい」という市井の場からの空気の醸成、匿名の差別者が“イキイキ”とするのに対して、抗おうとする中で突き当たった限界。支えながら少し語ります。

1・蔓延る“空気”、対処の仕方を過っての結果「馬鹿なのは伊東だけ」。

 先月来、匿名をいいことに“本人の意思ではどうしようもない属性”をつついて図に乗る者に対して、強硬的な態度で対峙しましたが、その全員が「実際でできないことだからネットでしている、邪魔するな」と耳を貸さないばかりか、逆に私の方の態度に厳しいクレームが来ました。自分自身がキズだらけになるのは覚悟して対峙しましたが「本人だけで済まなくなる」ということで、いまその対応の一部をしたところです。

 後に書きますが「変えられない属性に対するヘイト」を見過ごせず、周りに一罰百戒示すために最強硬に対峙をしましたが、そのやり方は他者にも不快感を催すものでした。私自身としてはどんなに嫌われようと構わないつもりでいましたが、ある程度の素性明かしてSNSしている以上、本人だけでない所にまで影響を及ぼすということで、考え直さざるを得なくなりました。それを保身だというなら、どうとでも罵ってください。

 このような落ち着いた形で語るのも、激しい感情露にし「ど詰め」気味に語るのも私自身です。生来は短気な人間、社会の関わりを持つなかで後者の面を出さなくなりましたが、あのような「バカ」相手にしたときは「何してでも止める」ということを優先しました。私の行った行為は批判されて当然ですが、指弾した差別者の皆様方は一切の無傷。何言われても逃げ場はあり、最悪アカウント消して無関係にやり直せばいい、と。あからさまに「ネットは自由なんだよ」とヘイト吹きさらしを正当化。それに相対しようと思えば手段縛られキズ負うのはこっち、ツイッター社の態度は甘い…。

2・「バカは放っとけ」で済まない現状。

 このふっ散らかるヘイトに対して、多くの方から「馬鹿は放っとけ」と助言がありました。助言、本当にありがとうございます。
 しかし…現実を述べると放っとくと益々図に乗って発言を続ける。その結果“矢先”を向けられるのは「対象属性」。放っておくと、今度は自分の関わる属性に降りかかる。抵抗しようと思えば「周り」にも累が行く…今回“対応”せざる得なかったのはそこで、色々苦渋の選択をしました。

 社会全般がある種の人に圧迫を求めるものになり「バカ」の行動が攻撃のハードルを押し下げている現状もあります。フェイスブックでは対応も始まっていますが、ツイッターの方は逆行もあるのが実際です。この事実のご認識もお願いします。
 また、ヘイト行為の直接の擁護者とは別に「言論・表現の自由」をたてに「発言はさせろ」という趣旨の発言をしている方もいますが、それは言わば「一度殴られてから正否を問え」述べているようなもので、それで得するのは「殴る側」だけ。ヘイトから被害者を守れないことも指摘します。

 以上の観点で、特に危機感を覚えた先月末からの行動でしたが、結果から言えば「バカ見たのは私だけでした」。言葉づかい、態度は指弾されて当然ですが、跳ね返ったのが自分だけで相手は全員が無傷だったのはショックを受けています。世の中の空気を変えるのは集団・集束的な行動しかないんだな、と思わされました。

3・愚行が生じさせたSNSの対応

 この度の様々も影響しまして、かねてから検討をしていた「Webの分離・整頓」を本格的に実施する必要に迫られました。管理が大変なこともあり、Webの分離をしないできましたが、今回の一件でそれが限界に達したので、以下の要項で対応検討します。

1)ブログは2つに分離。セカンドは「カテゴリに特化型」したものに。今の楽天ブログは一度終了。

2)ツイッターもカテゴリ特化型の「セカンド」を製作。

3)FBは不都合ないのでそのまま。

 この他に「不快で攻撃的なツイートの排除」をいま行っていますが、何をするにしても時間必要とします。変更点がありましたら都度お知らせします。

4・無能の言い訳と願い。

 最後に。

 最近、ある野党支持者に罵倒されたことがありました。かいつまんで言えば「無知・無能・気違いは消えろ」。先にも述べた通り、生来は短気ですから分かりやすくキレましたよ。でも「無知・無能・気違い」という分析は当たっているのでその部分では一切の反論をしませんでした。
 最近はPC開けて、検索すればある程度の知識を得ることができる。だから「賢くなる」ように見せるのは簡単。でも、私はそんなやり方できないから、普段本読んで、新聞見て…でしか知識は得られない(=知識を得るスピードが違う)。ノートパソコンはありますが作業用でしか使わない。日常の庶務あるし、体休めないと動けもしない。で、元々の能力も低けりゃ相応の評価しか得られないですよ。

 他人が思う以上に私自身がどう見られているかは存じ上げています。この場借りて書きますが、「そういう目線」食らったことなぞ何度でもありますよ。
 でもね、無能だからと縮こまって何もしないというのは嫌で、そして加わるからには無能なりについていけるような取り組みもしてきた。その枠組みの中でしっかり物事為すようにしていく、というのを大前提に、「無能低能は相応に大人しくしていろ」という空気には従わない。その事は改めて表明するものであります。

 今回の一件では私が社会につながるひとつの特徴(人間性)を投げ棄てる行為もしました。先の野党支持者氏曰く「お前みたいな低能のツイート何ざ誰も読まねえよ」とも言ってくれましたが、それは全くその通り。いまはTwitter、データ出ますね。それ見ればわかりますよ。リツイートにしたってされてないからそれがどういう意味かは分かります。元々読みづらいものの書き方はしてきましたから(直接的な言い方をしない、など)瞬間的にとらえられる文章の方が好かれるツイッター向きではないにしても、対ヘイトの対応は明らかに行き過ぎでした。失望された方も多く居られます。その部分は申し訳なく思います。

 但し言い分と願い事もさせてください。

 ひとつ。した行為のお詫びと反省は真剣に行いますが、したことの撤回はしません(不快感与えたから文章は消しましたが)。撤回したところで実際やった行為は消えず、挽回は行動でしかできない。起こしたた負の影響はそのまま受けることで“罰”を受けます。
 もう1つ「不条理に対してものわかり良くしないで」という依頼。不条理な行為があってもなあなあで済ますのは「次の不条理」産む。少しずれますが、私は今回の件「更なる影響の拡大を防いだ」ということで苦情・提案受け入れています。傷の拡大防ぐためにも、不条理には「それは不条理だ」というサイン出して、気づかせてください。でないとしわ寄せ行きます。

5・終わりに~~

 ここまで長く、文章書いてきました。コンプライアンスというものがカチ、カチと組み立てられるように。長年ある部門していると「ここまで変わったかー」と思うことも多々ありまして。今回は苦情・提案を出した人、仲介した人がそこをしっかり説明しながら当たってくれました。お手数をおかけしてしまいました。
 同時に、私が今回キレた理由-ヘイト問題-については、お読みになられた皆様にご考慮をいただきたいのです。明白に暴言圧力かける面々は言うまでもなく、普段の生活で思わず口に、態度に現れてしまう行為。いま鈍感でもいいから、気づいたら“感度”磨いでほしいと願います。

 今までも色んなことがあったが故に自分がどう見られているかは承知していますが、それでもまだ拙稿ご覧いただく皆様には厚く御礼申し上げるものです。長文お付き合いいただきましてありがとうございました。






最終更新日  2017年09月14日 06時51分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月16日
今晩は、今日まで何とか調整し続けていたので明日からの忙しい4日間にはどうにか対応できそうです。
 業務連絡兼ねて。携帯電話の注文ミス!連絡先のメール宛先を壊れた携帯にしていたので注文・手続きが進行するわけなく一旦キャンセルになりました。
 今週も公衆電話からか…地域(成人以上)で一番公衆電話使っているの俺なんだろうな(推測)。
 ネットショッピング不慣れなところ見せて今日の記述終わります。






最終更新日  2017年01月25日 03時15分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月14日
 今晩は。大寒の日までは少しあるはずですが、すっかり寒さが厳しくなった岩手県内陸部、風邪気味でせっかくの仕事休みの日を布団の上で過ごしています。

 さて、FBですが今日多くの方に「申請」回っています。何分故郷大船渡からは離れて過ごし、現居住地には知人多くはいません。そういう意味で友人知人、先輩後輩の糸をつなげておこうと思いましてこういう行動に出ています。今日明日明後日で結構回りますのでどうか塩まかずにご対応よろしくお願いします。
    ◆    ◆
 そして、今回「申請」をメッセージとともに送っていますが、ここしばらくの人付き合いで気づかされたこととして
 「意外と本名では覚えられていない」
 というのがありました。本名はこの通り伊東勉で間違いありませんが、「大船渡方面」「野球方面」では同級生・後輩には「ベン(さん)」、先輩は「つっと」と呼ばれることが多く、「内陸方面」「社会活動方面」と併せて苗字でだけ呼ばれることはあまりありません(後者2つは「つとむ」が多い。こっちは「ベン君(さん)」呼称は2人だけ)。なので伊東勉…はてな?と思われることがたびたびありましたので『「ベン」こと~』という言い方であいさつに周っています。
    ◆    ◆
 で、「申請」&「メッセージ」ですが、これは社会活動の先輩が「SNSでつながる申請の時は一言『自己紹介』していただけるとありがたいです(要約)」という方針をお願いしたことで「その方がわかりやすいものな」と認識して、以降行っているものです。ツイッター(@benitoh96)はそうしていませんが、FBでは本人⇔SNSの距離の近さがより出るのでお手間とらせしますがよろしくお願いします。
    ◆    ◆
 昨日は早朝勤の時に月夜と銀世界といい取り合わせの風景見ましたがそういう時にカメラを持たず、現在は写真の通り部屋のベランダにも積雪。明日は-10~12?15年前にその状況を半袖で過ごした時がありましたがさすがに今はそれはできません。空気の乾燥と併せて、皆さんお気をつけてお過ごしください。






最終更新日  2017年01月16日 02時05分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月09日
 今日は。いかがお過ごしですか。
 年末の忙しさで体力を消耗したところに体調の変動を起こし、FB上でも新年から風邪&インフルでダウンという記述を多く目にしました。私も8、9日に大船渡行ったはいいのですが気管支やられ、目も花粉症の時みたいにしょぼしょぼし、体が反応してしまったので予定していた行動を全部取り止めて基本実家で寝ていました。何のために大船渡行ったのだろう(苦笑)
 壊れた携帯電話ですが、とりあえずの代替えを手配しましたがその機体が来るのは一週間後。何分プリカ携帯で一般の電話でついているカバーサービスついていませんからね。自宅の電話も不調なので当面は公衆電話から何かに連絡いれます。
 PCは健在なのでこうして何ぼでもSNSでの記述はしていきます。みなさんもお体ばんお気をつけてお過ごしください。






最終更新日  2017年02月06日 16時11分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月22日
ここではSNSに関するお知らせいくつか記します。

◇ツイッターで夕方6時から貼っている「命の冒涜許すな」アピール。字で埋まっているのがどうにも…ということで字の配列を組み立てなおしてみました。準備出来次第、定例分もこちらに切り替えます。

◇ここ数日、定例のPR記事でだけでタイムラインを埋めてきました。何がベストかようわからず、20時からの「緊急事態」ストームをヒントにして、TPPと「命の尊厳」を定時化してきました。他に2005年のブログ記事の再構築もして、セカンドブログでいくつか書いています。

◇セカンドブログ(http://d.hatena.ne.jp/b-itoh1975/)では今のところ『1997年杉並編』『2005年社会人野球編』の2つを記述し終わったところです。日付をリアルなものにできるのがはてなブログのいい所で、地道に作業進めてます。

◇公選法も浸透し始めたものと思いますが、23日投開票の各選挙についての個人投票呼び掛けは23時59分59秒99までで終了。SNS等のアップは少し時間余裕見た方がいいでしょう。(タイムスタンプが越える危険性あり)私も昔はギリギリにアップしていましたがさすがに心身キツいので今はやめています。酷いのなんか6秒前というのもありましたから。難癖クレームで嫌な思いするのも難でしょうからそこは僭越ながらご考慮お願いします。






最終更新日  2016年11月29日 09時35分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月26日
『「安倍マリオ晋三を絶賛するその口が、ソチ五輪での平昌五輪引継ぎ式典でパックネが同じような登場をしたらなんと吠えるか?」の単勝オッズはおそらく1.0倍。』という意見がありましたが、私はその上行って不成立の「特払い」(0.7倍)…までは言い過ぎですね。

 今晩は。今日は記事製作時間作れませんでした。
 社会人野球。日本選手権東北予選の決勝は雨天中止になりました。明日に延期しての開催となります。
 同クラブカップ岩手予選は明日江刺、胆沢両球場で行われます。記事は明朝に。
 以上、社会人野球の短報でした。






最終更新日  2016年10月22日 16時47分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年06月27日
 今晩は。ここ数日間悩まされていた歯の痛み。一時は安定していたのですが、昨晩から劇的に悪化したので日曜も開いている歯医者に行き、抗生剤も追加されました。まだ鈍痛は走りっぱなしで、こんな大事な時に、と思いますがなったものは仕方がありません。何とか回復を図っていきます。
 みなさんは気をつけてくださいね。






最終更新日  2016年07月05日 23時59分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年03月30日
 今日は、伊東です。
 仕事量、自分の中では「3」と思ってかかったのですが、なんと「5」に。水曜日はいつもですが、疲弊してしまいました。なので、昨日の部分の記事も書いていきます。

 昨日は昼間に心臓の病院に行ってきました。ここ数ヵ月はガタガタいってましたが今月はいくぶんか回復。ただ、いくつかある不安要素は相談し、薬の改編も行いました。体重が
 15年12月28日→136キロ
 16年3月28日→120キロ
…これからも頑張ります。

 さて、「宿題」終えまして。昨日行われた東北一斉「戦争法廃止」盛岡行動、参加者は300人を越えました。本格的なサウンドデモを行い、強い熱意と熱気で街行く人にアピール。結構「おおっ」と着目する方も多く見られました。関わられた皆様には「お疲れ様です」と申すものです。
 また、終わったあと何人かで食事をし、様々経験を交流しあってきました。かんなり実のある話になり、まとめないとうまく話せないですね。毎週定例の忙しい曜日に入りますので、今週中には何か記せればと考えています。

◆「選挙に勝ったんだから、勝った勢力のいうことを聞くのが当たり前」
 という言説がありますが、それは違います。選挙で勝って多数派になり、そこから内閣を形成しますが、それが=で全権委任となるわけではありません。「そんやり方おかしいだろ」思ったら今日のようなリアクション起こすことこそ当たり前です。

◆必要上、今日はゴーグル外して仕事していましたが(撮影の邪魔)、これ、間違いなく明日に反ってきます。戦争できる国にされるのも震えますが、自身のアレルギー癖にも震えが来ます。今日もタイムライン、お付き合いありがとうございました。おやすみなさい。






最終更新日  2016年04月02日 13時15分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年03月09日
 今日は。岩手内陸部、空は明るくもなっていますが、ここ数日暖かかった空気は寒の戻りに。今日も日程はいつものパタンで過ごすことになります。

 「3.11」が近くなりますね。各方面と調整して沿岸行きの日程が固まりましたので以下に紹介します。
3月11日⇒大船渡・実家管理と赤崎地区徒歩行綾里、赤崎一部地域歩き。
3月12日⇒岩手県民復興会議主催「5年のつどい」@宮古
※体調などの都合によって変更もあります。

…まず、11日。
 これまでは12年に今出山登山(車で)、13年は「希望の灯り」中心に気仙各所周り、14年も大船渡歩き、そして去年は10日に大船渡、11日に高田松原を歩いてきました(関連の記事はツイログで紹介。10日分は→http://twilog.org/benitoh96/date-150310 、11日分は→http://twilog.org/benitoh96/date-150311)。
 今年はどうしようか、考えた時に、そういえば赤崎、末崎地域周る頻度薄かったなと思いまして、時間を大幅にとって蛸ノ浦から中赤崎まで歩いてみるか、と。金曜日なので人と会うには不都合だし、ならば現地を歩いて…というふうに考えてみました(ルートは蛸ノ浦中心街~三陸鉄道陸中赤崎駅前まで)。ただ、大船渡もう花粉が舞っているという話なので、様子を見ながら行動の強弱をつける予定です。

 12日は県民復興会議主催のつどいに参加予定。
 45号線を北上しての移動になりますが、大槌・吉里吉里と山田町は震災後初めて通ることになります。
 阪神大震災も時間が経ってから顕在化された問題がたくさんあります。先日も仮設住宅で親がなくなり、その子どもも衰弱した状態で見つかった事態もありました。大きな歪みは時間がたてば自然に回復するものではない―それを旨に刻むために学んで来ます。

 この2日間の行動の時間をとるために協力を得ました。ありがとうございます。体調との兼ね合いはもはや一生ものなので、それと付き合いながら実を詰めた2日間にしてきます。

大船渡夢商店街

10日0時追記。
 天気予報で花粉の量がかなり多く出るという情報を入手しました。
 花粉のショック起こす可能性があるので、11日の赤崎徒歩は中止、短縮日程で動きます。






最終更新日  2016年03月10日 00時53分41秒
コメント(0) | コメントを書く

全143件 (143件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.