2016年08月25日

JR盛岡敗退で日程調整/相対的貧困叩きに。そして「マジョリティによる同調圧力」を考える。

カテゴリ:雑感・日記
 今日は。
 JR盛岡-日本製紙石巻の試合は0-3で日本製紙石巻が勝ちました。
 よって明日の秋田行きはなし、日本選手権東北予選の記述は明日夜までに7試合一括しての形で行います。石巻の佐山君、覚醒始まってますね。石巻さん、原石研きよろしくですよ。当方も…毎週のように遠征ありますし、去年の失敗は繰り返したくないですからね。1ヶ月も寝てらんねえ。

▽『警察官が市民に「ばか」「気持ち悪い」
沖縄・名護署前の抗議で 沖縄タイムス+プラス』
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/59026
 権力者と、持たざる者との力関係を無視して「平等」に語りたがる人が多いですね。端的言えば「権力に甘い」。

◆8月も後半になり、季節の移ろい感じる空模様になってきました。週末はまた荒天になるとかで。今日は仕事3つあり、それを終えて一息ついています。
 当初に述べたように、JR盛岡が勝っていれば明日は秋田でしたがそれはならず。それでも日本製紙石巻に食らいついてくれました。まずはお疲れさまでした、と申し上げます。私が関わる社会人野球の日程は以下の通り。
 今週末→クラブカップ岩手予選
 9月第一週→クラブ選手権本大会(出場はオール江刺)
 9月第二週→クラブカップ東北大会
 9月第三か四週→毎日旗秋季県大会
 10月1、2→北海道・東北交流大会
 毎日大会の参加確認をとっていませんが、今回は開催地も近くなったので(国体でいつもの久慈・県北地域は使えない)参加して…となると、ここから6週間、野球で埋まりますね。綿密に対応していくとしますか。

▽ここ数日来。「貧困問題」から、広くとらえれば権力者・マジョリティとそうでないものとの関係について考えてきました。
 貧困の問題について。元々報道、あるいは報道のもとになった会議などでは「赤貧的なものだけでない貧困」…「見えづらい貧困」について触れられてきたはず。
それがいつのまにかテレビに映り込んだ数々の事象に引っかけて叩かれ、ちょっと考えれば「違う方法とったの分かるだろ」で叩き、あげくの果てには本人でどうしようもないことで叩き、あげくにはその私的領域まで侵しながら「悪いのは放送局と出演者だ」と悪態をエスカレートさせる。
 例えば漫画本。85巻まで出ている作品、まともな価格で買っても約3万5千円。いまは古本屋行けば110円で売ってもいますよね?しかも一気に買ったわけでもあるまいし考えれば贅沢言い難い。ちなみに私も古本屋では基本110円(マップル地図は500円以下)でしか買い物しません。「グッズ」も同意見なので略。ペンも「72色約2万円」言いますが一本300円で買えますよね。以下は漫画本と同パターン。ランチに関しても一定友人関係だのなんだのあればそさ行くこともあるでしょうよ。日々の節約で近い所はどーにかできても、大金要るものへの対処が利かないのが大変。

 少し考えれば「バッシング?」というのを、執拗に執拗にぶっ叩いた。理由何ざ色々あるでしょうが、それはうっちゃります。結果から見れば「貧困問題に対し、特に意義を申し立てるような意見は言いずらくなった」。それでも怯まずに言おう思ったら覚悟が要ります。そんな空気を作りやがった。
 そして、追い討ちかけるようなことが。オリンピック閉会式の一件。小池都知事に関しては何も感じることなかったし、和服も日本の特色出すならありでもいい。安倍首相の行動には疑問もありましたが「いちいち構っていられない」ので、無視することにしようと。それが「批判者への批判」とは。このケント氏の発言に付和雷同し「批判者叩き」する方もいますが、物事やれば賛否の声があることくらい分かるでしょう。やったことを誇りたければ独自に誇ればいい。しかし、違ういう人は非国民という空気を作りかねないケント氏らのやり方に強い苛立ちと怒りを感じました。よって黙るのはやめ、と。

 権力者が威張り、周りが付和雷同して貶めに入れば、それで勘違いした人らがまた威張り、暴走する。沖縄で警察官が反軍拡の立場にいる人人間扱いしていない記事を見ましたが、そういう所に現れるのかな、と。まつろわ(え)ぬ者には何しても構わないという空気にどうにも…という思い、持ちます。
 実際の民意と離れた部分で力を持ちすぎてしまい、力ずくの振り回しでかき回し、自らに優位な状況を作ってはそれを基にまたかき回す。要は「悪夢の螺旋階段」ってやつですか。いつまでこれに付き合わなければならないの…なんてなげーてるヒマありませんか。てめーが動いて変えていくしかありません。





TWITTER

最終更新日  2016年10月13日 15時09分48秒
コメント(0) | コメントを書く