736189 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

新型ハリアーとlucilyの気ままなブログ♪

PR

Rakuten Profile


lucilyさん

人生一度きり

フォローする

Free Space

Category

Favorite Blog

スカクロ ドアストラ… hidenori1483さん

yamayama ウイリーyamaさん

Wishlist

Recent Posts

Comments

lucily@ Re:新型ハリアー カーテシランプ交換♪(04/23) あきひろ さん カーテシランプ交換作業お…
あきひろ@ Re:新型ハリアー カーテシランプ交換♪(04/23) カーテシランプをLEDに交換できました。 …
hidenori1483@ Re:新型ハリアー(60系) 内装パーツをDIYラッピング。(06/10) 分かりにくいですが、自己満でするモディ…
2017年10月08日
XML
ニフレル その1

さまざまな生き物ニフレル(に触れる)ことができちゃう | NIFREL(ニフレル)


「生きているミュージアム ニフレル」へ行ってきました。

ニフレルは万博公園内にあるミュージアムで、様々な魚、鳥、動物などなど...ニフレル(に触れる)ことができます。

全て屋内なので、雨の日でも大丈夫。


入館前に、「GUNDAM SQUARE」前のガンダムを撮影。

ガンダム世代のお父様方は楽しめること間違いなし(笑)

こどもにガンダムのアニメを見せて興味が出たら、ココも楽しめそうです。


ガンダムカフェ

って、本日はNIFREL(汗)

ガンダム撮影もほどほどに、ニフレル(NIFREL)に入館。

さまざまなテーマに分けられていて、それぞれのテーマに合った生き物たちを見ることができます。








テーマ別に生き物ニフレル(に触れる)


「いろ」にふれる

ここでは、カラフルな生き物たちが見られます。


ニフレル その2

インスタ映えしそうな生き物たちがいっぱい。

みんな真剣な眼差しでカメラ(スマホ)を構えていました(笑)


ニフレル その3



「わざ」にふれる

お次のテーマは、「わざ」です。


ニフレル その4

擬態して身を隠したり、水中から水を飛ばして木の上の虫を落として食べたり。

姿は地味ですが、生きていくために必要な「わざ」を持った生き物に出会えます。


ニフレル その5



「すがた」にふれる

さまざまな「すがた」をした生き物たちです。


ニフレル その6

人気者のチンアナゴは頭からしっぽ?まで見えるように透明な土壌にしてあります。


ニフレル その7

キラキラ光り輝いているヤツ。金色に煌くカラダを持つヤツ。いつも頭を下に向けたまま泳いでいるヤツ。様々なすがたの生き物がいるものですね。




「みずべ」にふれる

ここでは、魚だけでなく「みずべ」にいる生物たちに会えます。


ニフレル その8

ワニとホワイトタイガーは間近で見ることができ、どちらも迫力があります!

とくに、ホワイトタイガーは飼育員さんとの遊びの時間になると、ボールを追いかけて水の中へダイブ。

ダイブした濡れたカラダのままで、観客の頭上にある網目になったゲージを通るので、水が滴り落ちます。

直ぐ頭上を歩くホワイトタイガーなんて他では見れません!それはもう大迫力です!!


ニフレル その9






ピクニックカフェ(イート イート イート)

ここで、ちょっと一息。コーヒータイムです。

モノレールと太陽の塔が見える窓際に座って休憩です。


小腹が空いたので、チュロスとから揚げ、食べる水とドリンクを注文。

おしゃれな容器に入っていたり、カラフルなドリンクもあります。

こちらもインスタ映えしそうな設定です。


ニフレル その10

見た目だけでなく、チュロスもから揚げも揚げたてで美味しかったです。

特に、隠し味のきいたから揚げにケチャップをつけて食べるのがイケました。

物珍しさで買った「食べる水」は、昔食べたアイスボンボンみたい。

ゼリー状の水がゴム?で包まれており、爪楊枝でそれを破って食べるというもの。


みなさま、アイスボンボンはご存知ですか?(笑)

ゴムに包まれた甘いアイスが美味しかったんですが...

たま~に、食べてるときに破裂したりして...懐かしいなぁ~(笑)




「うごき」にふれる

お腹も満たされたので動きます。


ニフレル その11

こちらのゾーンは開放的。

フクロウが頭上を飛んでいたり、お猿さんはゲージなしで飛び回っていたり、鳥のお散歩があったりと手に届きそうな距離で触れ合えます。


ニフレル その12






NIFREL(ニフレル)はどうだった?


ニフレルで一番ハマっていたのは、「ドクターフィッシュ」。

人間の古い角質を食べることで有名なドクターフィッシュ。

指(えさ)を入れるといっせいに集まってくるので、はじめは怖くて指を入れられなかったみたいです(汗)

しかし、帰り際にはもう一度見に行きたいというほどハマっていました(笑)


ニフレル その13

はじめて行ったニフレル。

今まで行ったことのある水族館や動物園とはちょっと違いました。


小さな魚や生き物を間近で感じることができます。

視界をさえぎる障害物はなるべくなくしてあり、ホワイトタイガーもガラス越しで見やすかったです。

また、魚の水槽なんかも360度どこからでも見渡せるので、隠れた生き物がいても見やすいところへ移動すれば、隠れた生き物も観察できてしまいます。

生き物たちを見に来たのに、全然見えなかったらガッカリですよね?

でも、ニフレルなら身近ニフレルこともできちゃいます(笑)

こどもも大人も大満足で楽しめました♪


ニフレル その14






あなたにおすすめの記事


こどもとお出かけ♪link画像

王冠新型ハリアーとlucilyの気ままなブログ♪王冠
右矢印http://plaza.rakuten.co.jp/benrygoods/

ブログランキング参加しています。
応援よろしくお願いします♪


人気ブログランキングへ






Last updated  2017年10月08日 11時48分41秒
コメント(0) | コメントを書く
[こどもとお出かけ♪] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.