165012 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

別府温泉"地獄"温太郎ブログ

全4件 (4件中 1-4件目)

1

■別府観光

2009.04.12
XML
カテゴリ:■別府観光
■ 別府の南、国立公園・高崎山・自然動物園・・・・・

当初の頃、どこにもある農作物への「猿被害」に苦しめられ、その対策としての「サル寄せ」(餌付け)が、その始まりとか・・・・・。


■ その見事な集団、管理の様が世界の注目となる。

観光客もうなぎ登り、1日見ていても飽きない面白さ・・・・・。


■ その「猿集団」に異変!

1、000匹を越える集団、3集団が長年に渡る勢力争い。


■ 近年、その1集団が消滅したというのです。

その過程をたどると、正に弱肉強食、過去にさかのぼる人間社会の縮図を見るようだと・・・


■ 敗れた逃亡サルが、宮城県や鹿児島で見つかるという。


■ 今、この地球上で紛争に明け暮れる、我々人類のそれと・・・

この猿社会と、どこがどう違うものなのか・・?・・・・。






最終更新日  2009.04.14 07:22:14
2009.04.08
カテゴリ:■別府観光
■ 九州自然動物園、アフリカン・サファリは、広大なスケール・・・・・

日本でも屈指の規模ではないだろうか。


■ キリンやライオン、虎や象など70種類・・・・・・

1、300頭の動物なちの野生の生態が、つぶさに観察出来る。


■ キリンのエリアに入った時にはびっくり、エサを欲しがり車の鉄格子内に30センチメートルも、長い舌が入ってくる!。


■ とにかく、街の動物園で見る動物と、一匹一匹がまるで違う動物に見えるのが不思議だ。


■ 写真は、ライオンのオス、ド迫力に圧倒されてしまった。






最終更新日  2009.04.08 09:05:37
2009.04.07
カテゴリ:■別府観光
■ 広くほぼ正方形の「別府公園」はとても静かな空間だ。


■ 街の真ん中に位置し、別府市特有の山の手から、別府湾へのなだらかな傾斜。


■ 公園もやはり僅かな傾斜が続く・・・・・

終戦後の占領軍の拠点としてアメリカ軍が一時駐留。
その痕跡の一部は今でも残る。


■ その一角に、見事な「竹林」のスペース。

別府市の産業の一角、「竹加工産品」の奥深さも覗かせていただいた。


■ そのことを象徴するに余りある、立派に整備された「竹林」広場は、別府市民の意気込みを感ずる。


■ 別府市民の憩い場は、きれいにに整備されていた。






最終更新日  2009.04.07 09:08:57
2009.04.06
カテゴリ:■別府観光
■ 2月別府を訪れた折りに、バイクで伺った「九州自然動物園、アフリカン・サファリ」が、懐かしく思い出される。


■ 広大な広さの公園は、まさにアフリカの砂漠。

檻(おり)に入っている猛獣より見たことがない小生が・・・・・

檻に入れられ猛獣社会に放り出される。


■ 生きた心地のしない、3時間ほどのスリルであった。


■ 写真の「エサ」は、与える動物別に区分され、その動物のエリア内に入ると、案内される。


■ エリアに近づき車停めに到着、車の八方からライオンが我々を取り囲む・・・・・


■ 腹を空かしているのだろう、うなり声を上げながらバスの格子戸に、牙を絡めてくる。


■ 車内案内で、素手でエサを与えると、手を噛み切られますから!・・・どきッ・・・


■ ピンセットの親分のようなハサミで、格子戸から一個づつ・・・・・

ライオンの吐く息、口臭をかぎながらの、身の毛のよだつ恐怖心。

生涯の思い出となった。






最終更新日  2009.04.06 09:39:28

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR

サイド自由欄

カテゴリ

バックナンバー

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

カレンダー

プロフィール


別府温太郎


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.