001276 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ベランダから

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Headline News

全10件 (10件中 1-10件目)

1

カテゴリ未分類

2013.09.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
クレジットカードを利用していて、紛失したりカードに傷がつくなどの理由でカードが使えなくなった場合には、カード会社に連絡をしてカードを再発行してもらうことができます。

クレジットカード自体を紛失してしまった時には、基本的に再発行のための手数料がいくらかかかりますが、傷が原因の場合には、それまで使っていたカードを返却して新しいカードを無料で発行してもらうことができます。

なお、第三者が不正利用した時にもカードを再度発行してもらうことになりますが、この場合にはカードの番号も変わってしまいますので、毎月の水道光熱費などの定期的な支払いでそのカードを利用していた時には、全て取引先に新しいカード番号の連絡をしなければなりません。

ただし、分割払いで支払いをしているケースでは、番号が変わっても引き落としが続けられますので問題ありません。また、インターネットの通信販売など、カード情報を登録しているところも、従前のカードが使えなくなりますので、新たな番号や有効期限を登録しなおしておく必要があります。

再発行ではなく、有効期限切れによる更新の場合にも、有効期限を登録しているところにはきちんと変更届をしておきましょう。

http://xn--u9jtglasw0e9aj4rse0hl403bggcs35pfr7d.net/






Last updated  2015.06.04 20:45:28
コメント(0) | コメントを書く

カテゴリ:カテゴリ未分類
海外旅行や国内旅行に行く人にとって、クレジットカードはもはやマストアイテム。
スマートな会計は、貴重な時間の節約につながります。
そんなクレジットカードですが、旅行者にとってはスマートな会計以外にもメリットが。
それは、空港ラウンジが使えるというものです。

空港ラウンジには、大きく2種類あります。
まずは、クレジットカード会社が提供しているラウンジです。
ソフトドリンクが飲み放題で、新聞雑誌が読めます。
手荷物検査、出国審査のエリアの前にありますので、本人だけでなく見送りにきた人も利用できます。

一方、航空会社が設置しているラウンジというのもあります。
そのゴージャスさは、カード会社が設置しているラウンジを凌駕します。
しかし、こちらのラウンジは出国審査や手荷物審査を受けたあとの、制限エリア内にありますので、乗客以外は利用できません。
航空会社が設置しているラウンジは、通常は当該航空会社の提供しているマイレージプログラムの上級会員か、ビジネス、ファーストクラスの乗客しか利用できません。
しかしなかには、クレジットカードの中でもステータスの高い種類のカード保有者が利用できる、そんなラウンジもありますので確認しましょう。






Last updated  2013.09.27 15:08:07
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
クレジットカードは
信販系や流通系、銀行系など、
いろいろなクレジット会社から発行されていますが、
お手持ちのキャッシュカードと一体型にできるのが銀行のクレジットカードです。
銀行に口座を持っている場合は、その銀行でクレジットカードを作成すると、
カードの枚数が増えずにスマートに持ち歩けることが多いです。
クレジットカードの機能だけでよいという方は、
キャッシュカード機能なしのクレジットカードを選べます。
銀行系場合はATMの時間外手数料や、
提携コンビニATMの引き出し手数料などを優遇してくれる場合があります。
少額のご利用のときは手数料だけでも結構痛いことがあるので、このメリットを重視したい方に向いています。
年会費無料のカードを探すと良いですね。

キャッシング機能が備わっていればお金を借りることができます。
お近くのATMからカードと暗証番号を使って簡単に現金を引き出すことができます。
買い物資金のときはショッピング枠を使えばいいので、
キャッシング機能はちょっとした生活資金や旅費などの目的に使うと良いでしょう。
また、海外でもキャッシングできるカードもあります。
海外旅行や海外出張によく行かれる方は
お持ちのカードで海外キャッシングが利用できるか確かめておいてはいかがでしょう。






Last updated  2013.09.27 15:07:31
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
ネットショッピングは圧倒的にクレジトカード決済が便利です。

頻繁に利用するネットショップでは、クレジットカードの個人情報を登録しておけばワンクリックで買い物ができるようになりました。大手のウェブショッピングのサイトではセキュリティがしっかりしているので、安心してクレジットカードで買い物をすることができます。

ただ、最近はインターネット上の個人情報を狙った犯罪が多発しているので、状況に応じて支払い方法を変えるという自己防衛も必要です。より安全な方法として電子マネーを使用する方法があります。電子マネーは使用する分だけクレジットカードで購入することができます。

ネットゲームなどでは電子マネーでの決済が主流となっているので、使用する分だけ購入するという方法が安全対策に繋がります。個人情報が漏れたり、ハッキングを防ぐために、パソコンにはアンチウィルスソフトを導入してパソコンのウィルス感染を防ぐ必要があります。

通常の店舗でもカード決済可能な店が増えており、少額の支払いであればサインを必要とせずに簡単に支払いを済ませることができます。カードシャカイになりつつあるので、カードと別の支払方法を使い分けることが安全対策になります。






Last updated  2013.09.27 15:08:49
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.03
カテゴリ:カテゴリ未分類
クレジットカードには、カード番号・カタカナ氏名・カード使用期限の情報が入っていますが、これらの情報だけでなく、3種類の情報があれば信用調査機関にアクセスし信用度が調査可能となります。

従って、加盟店といえどもクレジットカードの使用時には、かなりの注意が必要となります。

各種カードの加盟店では、ビザ・マスター・JTB・アメリカンエクスプレスの4種類が必須のクレジットカード会社になっています。

加盟店で利用した場合、これらのカード会社ではなく、例えばビザカードマークの楽天カードであれば、楽天に使用金額の請求が行く仕組になっています。

これらカードの使用時に心得ておかなければならないのは、かなりの情報量で個人情報が出されてしまうことです。

その点を十分認識している店舗では、必要のない個人情報を利用することはないと思われますが、そうでない店舗やサイトでは、不正使用がないとは言えません。

ただしカード会社では、そうした予想できない事故に対して保険がかけられている可能性が高く、何かトラブルがあった場合はカード発行会社に素速く連絡するのが賢明な対応かと思います。

こうして書いてきますと、たまにしか起きない事態のように思われますが、実際には多くの事例があると予想しています。






Last updated  2013.09.27 15:04:50
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
クレジットカードでの支払いには決済手数料が必要となります。
商品を購入したときに本人が払う手数料と、お店が商品を売った場合に払う手数料があり、どちらもカード会社に支払うことになります。
お店はクレジットカードでの決済事に、カード会社に手数料を支払うことになっていて、これは一回払いであろうと、分割払いであろうと関係なく、カードが利用された場合は支払わなければなりません。
そのときの利率は取引額によって違いがありますが、およそ通常代金の5%前後になります。

購入者の手数料は、通常一回払いは手数料は不要ですが、ボーナス一括払いのときは、それぞれのカード会社により、かかる場合とそうでない場合があります。
自動的にリボ払いになるクレジットカードを使った場合は、たとえ一回払いでも手数料が必要です。
お店で一回払いを指定しても、カード会社の処理ではリボ扱いとなっているからですが、リボ払いの指定が無いカードの場合は、一括払いのときの手数料は不要となります。

クレジットカードの分割払いや、ボーナス2回払いの時ときは決済手数料がかかるので、余分なお金を支払いたくない方は、出来るだけ一括払いにするか、少ない回数で支払うようにしましょう。






Last updated  2013.09.27 15:09:26
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
デパートやショッピングセンター、家電量販店などで大きな金額の買い物をするときはクレジットカードが便利です。
ポイントが貯まると嬉しい特典がたくさんありますし、財布にたくさんの現金を入れて持ち歩く必要がないので、もし落としたり、ひったくりに遭ったりした場合に最小限の被害に抑えることが出来ます。
とはいえこれから新しくクレジットカードを作ろうと考えている方は、どこの会社に申し込むのが一番お得かわからないので悩んでしまいますよね。
良く使うお店のカードを持つというのが一番ですが、各社それぞれキャンペーンを行っているので、それを狙って入会するのが賢い方法です。
各社のホームページで調べると、現在行われているキャンペーンの詳細が書かれていますから、これはお得だと感じたら、その期間が過ぎるまでに急いで申し込むようにしたいですね。
特典にはどのようなものがあるかと言いますと、ギフトカードや商品券等が貰えることがありますし、数千円分のキャッシュバックがあったりもします。
初年度年会費無料カードを作ればその年はお得になりますし、年会費無料クレジットカードを作れば、毎年余分なお金を払う必要がなくなります。
入会金が無料のところも多いので、じっくり比較してから申し込むようにしましょう。






Last updated  2013.09.27 15:06:53
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
クレジットカードを使用する際には、本人の確認が行なわれるのが普通です。
スーパーマーケットなどでは、少額の買い物であればそういった本人確認手続きを行わないのが一般的です。
クレジットカードを利用する場合、本人確認方法としては2種類あります。
サインをするのと、暗証番号を入力するというものです。

暗証番号を入力する場合というのは、まずはインターネットショッピングをする場合が挙げられます。
インターネット上では、なかなかサインをしろと行っても無理な話ですので。
インターネットではないリアルな店舗であっても、ICチップが搭載されているカードでしたら、暗証番号というところも多いです。
その場合、お店には端末があり、その端末にカードのICチップを読み込ませるのです。

それ以外の方法では、まだ署名をするというのが一般的です。
特にこの際に注意をしたいのが、海外で使用するとき。
海外でクレジットカードを使用する際、場合によってはパスポートの提示を求められる場合もあります。
このとき、パスポートとカードのサインが異なると面倒なことになります。
ですので、パスポートとクレジットカードで書く署名というのは、同じにして、書きやすいものを選びましょう。






Last updated  2013.09.27 15:10:00
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.14
カテゴリ:カテゴリ未分類
クレジットカードには「枠」があるのをご存知でしょうか。
その枠のことを利用枠といったりもするのですが、カードにおいては大きく分けて2種類の枠があります。
それは、ショッピング枠とキャッシング枠。
ショッピング枠というのは、文字通りショッピングができる限度額のことです。
キャッシング枠というのは、カードを使ってお金を借りることができる限度額のことです。
概ね、キャッシング枠のほうがショッピング枠よりは低めに設定されております。
キャッシング枠というのは、消費者金融でお金を借りるのに似ております。
ですので、あっという間にキャッシング枠がなくなってしまう人もいるのです。

そんな人たちが利用するのが、ショッピング枠の現金化というもの。
これはどういうことかというと、指定の品物をショッピングした上で、それを換金してくれる業者に持ち込みます。
すると業者は、そこから手数料などを差し引いた残りをクレジットカード保有者に渡すというもの。

ただし、これには問題があります。
当然ですが、クレジットカードの支払いはしなければなりません。
また、カード会社によっては、換金目的での利用を禁止しているところも。
最悪利用停止、没収という事態になりますので、やめておきましょう。






Last updated  2013.09.27 15:05:29
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
"新しく持つクレジットカードを検討する場面では、どれが最も得で使いやすいのか、あらゆる情報を見比べるのが基本です。
クレジット業界も、顧客を得るためにさまざまな戦略を立て、新規申し込みを呼びかけます。高還元率を誇るカードや年会費が掛からないカードなど、世代や使い方に合わせ幅広くラインナップを揃えているのです。
クレジットカードを持っていない人にも積極的に申し込んでもらうため、デザインで勝負するカードも出現しました。
まず興味を持ってもらうため、費用や使い勝手のほかに、見た目を重視したものです。
特に若い女性を意識したかわいいデザインのカードが多数登場しました。キャラクターをあしらったカードが人気を集めています。
固定ファンがいるキャラクターはもちろん、コアなキャラもカードに起用され話題を呼んでいます。コレクションとして申し込む人もいるため、各会社が次々と発行しています。
どうせ持つなら、お気に入りのキャラや癒しのデザインのカードを持ちたいものです。大手会社が発行しているものなので、利用の際も安心です。
ポイント還元率などが複雑になった昨今、どれが本当にお得なのか分からない時は、思い切ってデザインで選ぶのも良いでしょう。
"






Last updated  2013.09.27 15:04:05
コメント(0) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.