000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

しろねこのさんぽ

PR

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

2020.09.25
XML
カテゴリ:
レッスン休みの時は、
テーブルクロスを外してベンチ状態にしてる、
なぜならミキが好んで乗るからだー

キノ カンショクガ、ホドヨイ ココチヨサ…

だよね、わかるよ。
このすのこベンチ、座り心地が良いよねぇ。


桧ベンチベッド「プラッツ」シングルサイズ ベット ベッド シングル シンプル ベンチベッド 分割 シェルフ 国産 日本製 木製ベッド 一人暮らし 敷き布団対応 スノコベッド すのこベッド ヘッドレス ひのき ヒノキ 桧 檜 誕生日 贈り物 新生活 引っ越し祝い 新築祝い

ベッドとしても使える、テーブルとベンチ(そもそもはベッド)。
安売りの時に買いました*~(´・ω・`)~*♪

そんなこんなで今日は一日、
家事をしつつ進撃の巨人を読み返す。

持っているのは30巻までしかなので、残り4冊、
寝る前に読み返そう。
31巻以降はまた、まとめて買おう。
とうとうマガポケに手を出し、最新話はそれで読んだ、読んでしばらく具合が悪くなった、悲しすぎて。
でも素晴らしい作品です、なんだろうなぁ、
こんなに凄い漫画があったんだなぁ…







Last updated  2020.09.25 22:05:43
コメント(2) | コメントを書く


2020.06.22
カテゴリ:
今日は休日だったので、病院へ頭痛予防薬を貰いに行った後は読みかけ本に費やした。

私は横溝先生とか、松本清張ばかりを好んで読んできたから新しい作家さんのをあまり知らなくて、
最近は殆どネット上の「おすすめミステリー」なんかを参考にして読んでる、
…なんだけど、
先ほど読み終わった↑この本も、
昨日読んだ本も、
なんかあんまし好きじゃない、ですたい。

あまり好みではない方向の「今風」だな、
という感想。
でも感心はします、たい。

追記:作り話、だからヒトに関しての描写はどんな風に書いてあっても構わない(あまりに気持ち悪いのは読み飛ばす)けど、
作り話であっても、動物が傷めつけられるのだけは一瞬でも読みたくないなと…内容の紹介欄などに書いてあれば避けるのに、なんて勝手な事を思う次第です、たい。






Last updated  2020.06.22 22:03:36
コメント(2) | コメントを書く
2020.06.21
カテゴリ:
そろそろ寝ようと思ったら、今日の日記書いてないこと思い出した。
今日読んだ本、

おすすめミステリーのサイトで見た本を最近読んでいる。
昨日読んだのは、


ロートレック荘事件 (新潮文庫) [ 筒井 康隆 ]

その前は、


【中古】 黒猫/モルグ街の殺人事件 改版 / ポオ, 中野 好夫 / 岩波書店 [文庫]【宅配便出荷】

黒猫は随分前に読んだのに、モルグ街を読んでいないことに気づいたのは、
あなたの番です(ドラマ)を観ていた頃。
やっぱこれは読んどかないとだ*~(´・ω・)~*







Last updated  2020.06.21 23:33:23
コメント(0) | コメントを書く
2020.03.14
カテゴリ:
今日のお仕事、終わって本を読む。
昨日BOOKOFFで5冊買ってきた、
今更ながらアンフェア?とも思ったけど、ドラマとはちいと展開が異なるようで。
とりあえず1冊、
「推理小説」を読み終わる、ドラマより好きかも。

野沢尚さんも、久しぶりに読みたくなった。
この人のドラマは好きだったなぁ。

読んでいてふと右下を見るとミキ

寄り添うふたり、フフ。
あったかい。






Last updated  2020.03.14 20:13:53
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.08
カテゴリ:
「満願」を、ようやっと読み終えました。


満願 新潮文庫 / 米澤穂信 ヨネザワホノブ 【文庫】

以前、同じ作者の「インシテミル」という作品を読んでいたので、満願を読んだついでに
何年かぶりに読み返してみるかと本棚を探したら無かった、
とっくにブックオフに持って行ってたのね、
うん、まさか読み返してみようかなんて思うとは
思わなかったから。

「インシテミル」よりもこちらの方が好き。
よく出来てる感じがした。
好き、というか…うーん。でもずっと手元に置いておきたいほど気に入ったわけではないからなぁ…。

この間、東野圭吾作品の映画を観てきたから
とりあえず東野圭吾作品を基準に考えたら、
米澤穂信さんの作品と私の相性は、ちょい微妙かなと思いました。
とはいえ東野作品も、最後に読んだのは多分「聖女の救済」か「真夏の方程式」だったと思う。
最近映画化されているものは全く読んでない。
というか最近あんまし本を読んでいない気がする。






Last updated  2018.02.08 22:04:14
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.13
テーマ:徒然日記(18497)
カテゴリ:
初盆のお呼ばれに行って機嫌良くホロ酔いで帰宅したピィは、
私にお土産を買ってきてくれました。

でも、よりによってなんでこれ?

D坂の殺人事件

しかも新品で。
しかもなんでこんな軽い表紙なの_| ̄|○
ってか、何でお土産にD坂の殺人事件なの?
私がD坂を読んでないって、何故思ったのでしょう。

私は悩ましいのだ〜、
これ系統についてはピィの200倍くらいは詳しいと言っても過言ではないだけに。
しかし恐らく私が喜ぶと思って買ってくるだけに。
ニコニコして買ってくるだけに。

去年の9月14日、忘れもしない藤堂比奈子のONEに似た悲劇が再び_| ̄|○

ホロ酔いのピィにお願いです、
2度あることは3度で、
後生ですから今度は松本清張とか、横溝正史とか、
ぜーったい買ってこないでおくれ、ね。

私へのお土産は白くまアイスとか…がよいかな♪






Last updated  2017.08.13 21:47:39
コメント(2) | コメントを書く
2017.07.04
カテゴリ:
今日は台風が来ると聞いていたけれど、
雨はそこそこ降ったという感じ。
足早に過ぎ去ってしまっていたようで、
昨日と変わらない蒸し暑い一日でした。

私は、やっとZEROの半分まできました。


ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫) [ 内藤了 ]

ZEROを読まないことには、ピィがお土産にくれたONEが読めないから。

私は推理小説とかホラー小説とかはかなり好きな方です、
好きなんだけどね…
でも動物の虐待などの描写は好かん。ほんと嫌。
刑事ものとか探偵小説は殺人事件が起こってなんぼ、みたいなところがありますよ、
それはしょうがない、というかそんなものというか、完全にフィクションですから。
でも、フィクションなんだけど、動物が痛い目に遭うのは読みたくないんだなー。
じゃあ、人は良くて動物はダメなのか?っていうと、そういう問題でもないんだなー。
私の好みとしては、
殺人事件には動物が出てこない方が、よいのです。






Last updated  2017.07.04 22:29:03
コメント(3) | コメントを書く
2017.06.21
カテゴリ:
以前、波瑠さんの『ON』というドラマを見て「原作読みたいなぁ〜」と呟いていたのをピィが覚えてくれており、
ある日ほろ酔いのお土産に『ONE』を買って来てくれて、くぅ〜、惜しいっ!
…という日記を書いた記憶があります。


ONE 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫) [ 内藤了 ]

いやぁ、実に惜しかった。
これ6作目かなんかで、しかも前作『ZERO』からの続編という悲劇。


ZERO/内藤了【1000円以上送料無料】

ですから、とりあえずONEは寝かせておいて、
まずONを買いまして、読みまして、
次にZEROを買いまして、読み始めたけど進まない。面白くないわけではないんでしょうけど一向に進みませんよぅ〜。

1作目のONを試しに読んでみたかっただけで、一応読んだので満足しちゃったんだなぁ。


ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 角川ホラー文庫 / 内藤了 【文庫】

寝かせておくのはもったいないので、
この夏中に2冊、読み終えたいです。










Last updated  2017.06.21 20:04:37
コメント(2) | コメントを書く
2017.01.23
カテゴリ:
アドラー心理学っていうのが流行ってるらしい、
っていうか、だいぶ前から流行ってたらしい、
情報に疎い私は、なーんも知らんかったです。
知り合いが何冊も本を持っていたので1冊、おススメっていうのを借りたのです。

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉【電子書籍】[ 小倉広 ]
この赤い表紙の本を借りてます。
見開きで完結してゆくので読みやすい、けど読んでいく内に
もうちょっと、元になってるやつを先に読みたくなって先日買ったよ。

一緒に写っている中居くんの本の方がメインみたいに見えるけれども、
どっちがメインでもいいんだけれども。

青い表紙の本。
これがドラマの原作になってるんだね、これは面白いな~。
読み進めるうちに、
そういえば以前こんなことがあった時にこんな行動とったな、でも別な行動をとっていても良かったなとか、思い当たることも出てきた。

この青い本(と「幸せになる勇気」も?)を読んでから、見開きで読める「100の言葉の本」を読んだ方が私はわかりやすいなぁと思った。

しかしこれ、この考え方、一体いつから流行っているのかしら。
時代に合っているから売れているのだろうとは思うけれど、
これって、理解の仕方を間違えたらエライことになりそうな。

ともあれ興味深いです。



ひよここちらはフルート教室のページ、生徒さん募集中です♪






Last updated  2017.01.23 19:09:45
コメント(4) | コメントを書く
2016.09.14
カテゴリ:
つい先日まで、
「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」というドラマを見ていました。

原作があるらしいので、
「ON読んでみたいなー」と、私は言いました、確かに。

近所のBOOK OFFでそのうち探してみようと思ってました。

ある日、飲み会で遅く帰宅したピィが、
「はい、おみやげ~」

と機嫌よく差し出してくれたのは新品の文庫本。

おおお~!ありがとう~♪
と喜んで見たら


角川ホラー文庫 Hな3-6 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子ONE/内藤了【2500円以上送料無料】

ONE…

ねぇ、あのね、ワンて書いてあるよ、ワンて。

ん?これ、オンやないとね?

いやー、ちがうやろ、どー見てもワンやろー。

調べてみたら、
このシリーズって、
ON、CUT、AID、LEAK、ZERO、ONEの順で6冊出てて、
1冊目から読んでった方がわかりやすくなってるらしい、

開いてみると確かに
「ZEROを先にお読みいただくことで、よりお楽しみいただけます。」と書かれてある。

それでも読み始めてみると確かに、前の本の事件の続きで書かれてあるようだ、
主人公いきなり行方不明から始まっとるし。

これはまた、なんと悩ましいことよ。







Last updated  2016.09.14 20:25:56
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.