000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

脱・プーな日々

PR

X

全242件 (242件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 25 >

アニメ 0610~0703

2007.04.27
XML
カテゴリ:アニメ 0610~0703
借りてきました。

2月にレンタル開始されてから毎週、半額の日に行くもののずっと負け続け、
先日ようやく手にすることができましたよ。

とりあえず第1話だけ見ましたが、

護くん#1
ワッショイ!メガデレ!!

絢子さんはカワイイね!
そのうえ、核弾頭を搭載しているわけですよね~

羨ましすぎるぞ、護!
これが護のコロスリスト入りの第一歩となったわけか・・・

DAIさんが毎回紹介してくれていた、
汐音の百八式もついにこの目で拝むことができるっ!


そんな「護くん」ですが、とりあえずDVDに焼き焼きしてラヴェル印刷を実行してみました。
とはいえ素材の画像が手元になく、ネットからの拾い物なので小さいサイズのものばかり。

それでも、先日おやびんさんが紹介していた中級編を参考に、
気合と気合をぶつけ合って仕上げてみたのがコチラ。

ラベル印刷護くん

いちおう肝心の顔が見えるように位置とサイズを調節して、作品タイトルを合体。
最後にサブタイを挿入して完成。

ただ、絢子さんの大事な核弾頭が隠れてしまっているのが問題ですね・・・


2巻以降でもっとステキな素材を見つけてラベル作成に成功したら、また紹介します~






Last updated  2007.04.28 01:40:24
コメント(4) | コメントを書く


2007.04.02
カテゴリ:アニメ 0610~0703
今の小十乃ならきっと使える
ユアンからの新しいジャッジメントの授与。

あのぉ・・・本気で面白くなってきてるんですけど。
2クール目突入に向けて、新必殺技を身に付けたり新しい敵が現れたりと、
お約束なほどの展開をしてくれて逆にワクワクしていますよ。

先日、DAIさんからいただいたコメントで気付かされました・・・

発狂メガネ
いつの間にやら、聖十月にハマってるよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ

少なくとも、今後もDVDを揃えていくだけの価値は出てきました。

1巻のDisc2見ましたよ。
あの振り付けがますます脳裏に焼きつきました・・・・・・

第13話 ロリ慟哭!悩んで迷って、超乙女!!
いや、もう、ホント今回の話もお見事でしたよ。

セイントオクトーバー#13_2完全に抜け殻にまでなっちまってる小十乃の姿が実に痛々しかった
なかなか、グロテスクな夢を見ていたし。

しかしながら、
小十乃はエルロックのことは忘れているな

そんな小十乃の心を救済したのがユアン。

セイントオクトーバー#13_3元々はお前が撒いた種だけどな!
というツッコミはしないでおくよ。

自分はこういうベタなお涙頂戴みたいなシーンがたまらなく好きなのです。

こういうドン底から這い上がってくるのは主人公に必要不可欠なイベントですよね~

そうして新しい力も授かって一回り大きくなった・・・・・・

って、一回りってレベルじゃねーぞ!!

ヤバッ!そうだ、本質はツッコミアニメだったんだ!
新ジャッジメントがトンデモネェよ。

巨大化した小十乃が敵を包み込んだと思ったら・・・・・・

セイントオクトーバー#13_4
Why!?

口から貝が出てきて、そこからサザエさんのごとく浄化された敵が出てくる・・・・・・

これで最強だ
このツッコミどころは最凶だ

くそう!さっきまでの俺の感動を返せ!

だがそれがいい。


セイントオクトーバー#13_5とりあえず、その風呂敷をいつどこから調達したのか教えてくれ

とまあ、今回は小十乃復活の回だったわけですが、
冒頭にも書いた新しい敵も登場したわけです。

セイントオクトーバー#13_7エルロックの妹、
エスメラルダ

名前から察するに、
たぶんこれまではデスクイーン島にいたのでしょう。
だから頭の中がプッツンした状態で登場してきたのかと。

そう思ってしまいたいくらい予想を遥かに超えて、
ウザそう・・・・・・

セイントオクトーバー#13_6それと、タロットの力を手に入れた猟兵。

うん、なんかね・・・
いたたまれないな

こんな姿に変身するくらいなら生身で戦いたくなります。
普通の人なら。

後は、リバース社の方針にどこまでついていくのか。
抹殺という言葉に激しく動揺していたし。

そして、

セイントオクトーバー#13_1
清掃員のおぢさんがここにきて妖しい雰囲気を醸し出してきたぞ



今夜は、
「ひまわり」最終回、
新番組「ヒロイックエイジ」「瀬戸の花嫁」をリアルタイム視聴。

でもって、明日開始の視聴予定の新番は「エル・カザド」
個人的に今期の期待No.1作品。

「NOIR」「MADLAX」に続く美少女ガンアクション3部作の3作目ということであれば嫌でも期待してしまいますよ。

お?月曜の新番はこれだけか?






Last updated  2007.04.02 03:04:06
コメント(6) | コメントを書く
2007.04.01
カテゴリ:アニメ 0610~0703
私もあなたに会えてよかった
え?終わり?
ポカーンとなったままEDを迎える・・・・・・そんな最終回。

超展開ってこういうことを言うのだろうか。

V.V.V.#12_2
バーサクスミレもこれで見納め


第12話 シロイ ミライ
前半のルチアとリュシフのやり取りが凄かった。

「貴様を殺すためだ!」
と威勢よくリュシフに斬りかかり、

そのリュシフに
「母親に会いたくないか?」
とそそのかされた途端、

「本当はこの人を求めていたのかもしれない」
と涙を流し、

「真実を見るんだ」という名橋の一言で、
「私は信じない!
あなたの言葉を!あなたの世界を!」

と、再びリュシフと対峙。

コロコロ変わりすぎです

で、後半。
7月だったはずがいつの間にやら雪が降る季節にまでタイムワープしてる・・・・・・
この時点ですでに置いていかれていました。

そして最終決戦。
でも、相手はスミレ。

第1話冒頭のルチアとスミレの対決シーンはこれだったんだ!

スミレを救うと意を決しての、
V.V.V.#12_3
ルチアビーム

ここで、我が目を疑うような超展開が待っていました。

V.V.V.#12_4あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!
『ルチアとスミレが戦っていたと思ったらいつのまにかリュシフがやられていた』
な・・・何を言っているのかわからねーと思うがおれも何が起こったのかわからなかった・・・
頭がどうにかなりそうだった・・・必殺技だとか最終奥義だとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・

リュシフは間違いなく黒幕であってラスボスでした。
圧倒的な力も見せつけてくれました。
そのリュシフの最期は・・・・・・

とばっちりでした

そして、何がどうなったのか不明なまま回想シーンに入って終了。

とりあえずハッキリしているのは、

V.V.V.#12_1
さりげなく活躍したのはローラだったということだ!


ほとんどの謎を回収しないまま終わっちゃったんですけど・・・

でも、ボクは忘れない。
良質のツッコミを提供し続けてくれたこの作品を。






Last updated  2007.04.01 19:42:06
コメント(6) | コメントを書く
2007.03.31
カテゴリ:アニメ 0610~0703
おやすみなさい
そして、

ひだまり#12_6
さようなら

作品の性質上、最終回らしくない最終回。

第12話 12月25日 サヨナラ・・・うめ先生
12話にして初の日付変更線またぎのお話。
つまりは24日からの二日間。

ひだまり#12_5クリスマスの日、
うめ先生はプレゼントを残していなくなってしまいました

あれ?でも1月(第1話)にフツーにいたよ?

年末年始の故郷帰りかっ!?

とりあえず今回のメインはこの娘でしょう~

ひだまり#12_1
智花ちゃん!!

ちくしょう!
ツンデレじゃない釘宮さんなんて!
ツンデレじゃない釘宮さんなんて!
TSUNDEREじゃない釘宮さんなんてぇっ!!

やっぱ、イイっ!
実にいい。
「ときメモ」のもーちゃんもよかったが、智花ちゃんはもっとイイッ!

そっか、つまりさえさんのことを今日から、

ひだまり#12_2
お義姉さんと呼ばないといけないわけですね、俺は
(反論、異論全て却下で!)

それにしても、さすが姉妹。
よく似ていらっしゃる。

最後にこんなウェポンを用意していたとは・・・
やるな!ひだまりスケッチ!

ひだまり#12_3実にシュールな一コマ。

やはり吉野屋先生の胸像も曲がったか

壁の富士山。
これって・・・
もしかして銭湯のシーンの修正分?

ひだまり#12_4「ここにナイフ入れるのはちょっと抵抗が・・・」
の直後にコレ。

噴いた

はぁ、これでお終いかぁ。
実に勿体ない。
まだ、ネタとしてはあと1クールくらいは作れるんじゃね?

第2期を密かに期待しているとしよう。

とりあえず、
ほのぼのと純情エロスをありがとう


さて、日付も変わって4月1日。
エイプリルフールであり、ワタヌキでもある本日。
早速新番ラッシュが始まります。

視聴予定は、

「ハヤテのごとく!」
「天元突破グレンラガン」
「ヒロイック・エイジ」
「瀬戸の花嫁」


の4本。

あと、「ひまわり」が最終回。


新番の感想は改めて。
次は「V.V.V.」「聖十月」のツッコミ感想で会いましょう。






Last updated  2007.04.01 19:03:59
コメント(8) | コメントを書く
カテゴリ:アニメ 0610~0703
さようなら、ユフィ。多分、初恋だった・・・
せめて哀しみとともに。

そんな切ない23話でついに復活!

コードギアス#23_10
「おはようございました」

キタキタキタキタキタ─────!!!!
さぁ、シェルブリットオレンジの活躍が見られる!
と思った矢先のあの悪夢のような告知。

24・25話が放送って・・・・・・

4月中には放送されるものだとばかり思い込んでいました。
2度の総集編でズレこんだだけでなく、更にどれだけ制作が遅れているのかって話ですよ。

MBSの公式ページでは、"各局にて放送するべく調整中です"と記載されていました。
調整中?

その手があったか
しまった!その手(言い訳)があったか!

これでは、いかにも24・25話は完成はしているぞと言っているように聞こえるではないですか!
完成していたら夏まで引っ張ることはしないよなぁ。
続き物の映画作品でもあるまいし。

ということで、今回が一応の最終回。

第23話 せめて哀しみとともに
えーっと、今回もこの男に対してみんな言いたいことがあったのでは?

コードギアス#23_1 「許せない!みんなの気持ちを踏みにじって!」
"みんなの"だと?
"俺の"の間違いじゃねぇのか!?

扇の怒りはヴィレッタ姉さんと平和に暮らせなくなったからのようにしか見えなかったですよ。
そのヴィレッタ姉さんは姉さんでピンチに。
あの場合、大抵その後どうなるかというのは推して知るべし。

で、本編は・・・

コードギアス#23_2
リアル血染めのユフィ

ゼロがユフィにトドメをさしたことで、
スザクがプッツンして、

コードギアス#23_7コーネリア姉さんが茫然自失となって、
メガネがブッ壊れた 主に顔が。

ユフィの虐殺祭りに乗じて行動を開始した黒の騎士団が行政特区を制圧。

コードギアス#23_4ゼロの、
合衆国ニッポン建国宣言

って、ちょっとゼロ!てか、ルルーシュ!!

コードギアス#23_5
ナイスポーズ☆

ここで、ふと不思議に思ったのが・・・・・・

コードギアス#23_3
あれだけの虐殺があった割には、ズイブン生き残ってるじゃねぇか


ともあれ、今回でイタイ・空気読めないの代名詞ともなっていたユフィが退場しました。
そして、その後釜を早くも狙うキャラが一人・・・・・・

コードギアス#23_9
神楽耶!アイタタタ・・・

こんなキャラだったの?
前回の凛々しい姿は何だったのだろうか・・・

徐々に反乱分子を抱え込んで東京へ侵攻する黒の騎士団。
ブリタニア軍とあいまみえたところで終了。

ちょうど第1話と同じようなセリフで終わったわけですが、

コードギアス#23_11
そのセリフ、その仕種・・・
どう見ても悪はこっちです

新キャラも登場しました。

コードギアス#23_8V.V.
ヴァイアラスを退治したり、光の翼を出したりしそうな名前です。

コイツだったのか!
以前に一瞬だけ出てきていたのは。

ただ声がちょっと・・・
スミマセン、聞いた瞬間テンション下がった。

気になるのは、どこまでスザクに話したのか。
それによってルルーシュにかけた電話の意味も大きく違ってくるし。
どちらにしても、ようやくスザクが偽善者の仮面を剥いだ。

一方、似たような名前をお持ちのC.C.はと言うと、

コードギアス#23_6ユフィを殺してしまってうなだれるルルーシュに、

「契約したろ、お前のそばにいると。私だけは」
今回はやけにルルーシュに優しかったなぁ。

会話の相手はマリアンヌですか・・・
それってやっぱルルーシュの母のことか?

マリアンヌ
それともコッチ?






Last updated  2007.03.31 14:45:08
コメント(14) | コメントを書く
2007.03.30
カテゴリ:アニメ 0610~0703
決着をつけよう
ラストバトル。

武装錬金#26_2
ここで「真っ赤な誓い」が流れたら否が応でも熱くなるじゃないですか!

で、ハッピーエンド。

第26話 ピリオド
もう、ハッピーエンドで終わったとしか言いようがないですね~
終わり方としてはキレイだったと思います。

そして、
武装錬金#26_1
宇宙空間で生身で抱き合うカップルというのは初めてかもしれない


「大丈夫。ここにある核鉄はこれからずっと斗貴子さんと一緒だから!」
にゃんとっ!

おい!誰か藍華連れて来い!

残念なことと言えば、斗貴子さんのウェディングドレスがなかったことか。






武装錬金#26_3
毒島キタ!!

でもこれだけ・・・
結局、拝啓、私の王子様ボイスで聞くことは叶わなかったのも残念




「スパロボOG」最終回
いやぁ、こっちもブソレン同様熱かったですね~

告知CMがな!

なるほど!理解したよ!

ゲームの戦闘アニメーションはこれだけ凄いんだぞ
というのを強調させるためのテレビシリーズだったということですね?

まぁ、キョウスケとゼンガーだけは最後まで最高でしたけど。
あと、コスモノヴァ

ところで、

シュウ&グランゾンは?






Last updated  2007.03.30 22:05:47
コメント(10) | コメントを書く
2007.03.28
カテゴリ:アニメ 0610~0703
待っていました。
ついに、とうとう、ようやくこの時が。

今日も友人が泊まりにきているので、今回は簡単な感想で。

てか、その友人、
0時頃になって今から来いというクレームの対応をしていて終電を乗り過ごしたわけですが、

その客も行かせる会社も良識を疑うよ・・・
マヂでありえねぇ。


では、話を戻して。
待ち望んだ「08MS小隊」第7話を見ましたよ~

お風呂っ
混浴ktkr────!!

あれ?なんだろう、目から水が零れてきているぞ。
ただ感動しているだけなのに。

くそう、東京MXの映りの悪さにこれほど苛立ちを覚えたこともないぞ!

シローくんもやってくれましたね。

好きだァッ!
「アイナが好きだぁぁぁぁ!」

えええええええええええええええええっっっ!!!!!!!!

あの生きるか死ぬかの瀬戸際で叫ぶセリフがそれですかっ!

でも、
俺もアイナが好きだぁぁぁ!!


そんなアイナと混浴という非常に羨ましいシチュエーションのシローくんに更なるハプニングが・・・

人形じゃない
ちょっ!

アイナのせなか
全力で代わってください!

しかも、何ですか!
このGP-01ともGP-02ともとれぬ絶妙なボリュームは!

まさか・・・
これが新ジャンルのノイエ・ジール級に相当するものなのか!?






エロスな日記で、ほんっっとーに申し訳ございません。
じゃ、ちょっと斗貴子さんに怒られてくる!






Last updated  2007.03.29 02:51:48
コメント(4) | コメントを書く
カテゴリ:アニメ 0610~0703
拙者の未来は・・・・・・
くそっ!やられたっ!
最後にいぢられるのが夏美でもまき絵でもなく楓だったとは。

ということで大団円。

第26話 「寂しいなんて言いません!だって、きっとまた会えると信じてますから!」 byネギ
「フン、やってられるか」 byエヴァ
「よ~しがんばるぞ~」 byあすな(スカ)

最終回は飛ばしてくれました。
久々のパロのオンパレード。

父を探してドタバタ。

ネギま#26_6
乳は見つかっ・・・
うわ何をすくぁwせdrftgyふじこlp

ハイ、下品でスミマセン。

今回はキャプろうと思ったシーンがたくさんありすぎて困りました。
それくらいツッコミの入れどころが満載だったのですよ。

クラスメイトのステータスなんて狙いすぎっ!
その中からいくつか。

超・・・キ○レツ大百科って、
ああ、だから、

ネギま#26_3 バッグの中に、「~ナリ」と言うやつの姿が見えるわけか

それと、ポケットの中から色んなものを取り出すロボとか。
実際に色々出してたね。
空飛ぶ竹とんぼとか空気を撃ち出すやつとか・・・・・・

のどか・・・ちょ!何読んでんの!?

チアリーダー3人組・・・セーラー服関連のネタなのはいいとして、
ネギま#26_2円の「舞ってセーラー服 騎士」はどうなのよ?
超電磁ヨーヨーなんて強えぢゃねぇか。

そして、
どう見ても風間三姉妹
まぁ、桜子が折鶴じゃなくてビー玉だけど。

ちづ姉・・・やはりネギは最強ですか

風香・・・バーロー

ちうちう・・・MAXぢゃねーか
256が最高値というのがニクイね。
ファミコンだ。

遊んでますね~

ネギま#26_1
「このままお持ち帰りしたい」
って、レナが見えるよぉぉぉぉぉぉぉ!!

これで刹那の絵も、中の人繋がりでバットを持っていたらカンペキでした。

むしろ、

ネギま#26_4
こちらをお持ち帰りしたいのですが?

エヴァのコスプレカードも反則だと思った。

ああ、そういえばまき絵がモツをお父さんと言っていた理由も判明しましたね~
このオチはちょっと弱かったかな。

ネギま#26_5
大きくな~れ♪大きくな~れ♪

ちづ姉の夏美いぢりも見納め。

ネギま#26_7
これだけは残念でならない

完全なアナザーストーリーで展開された「ネギま!?」
全体的に見ると、序盤が一番盛り上がったかなぁ。
中盤はグダグダでキャラもストーリーも迷走していたし。
特にアスナとかアスナとかアスナとか。

やっぱキャラが多すぎるが故の代償なのかもしれませんね~

まぁ、それでも充分楽しんで見てましたけど。

ただ、
これこそ深夜に放送すればよかったのに






Last updated  2007.03.28 23:19:30
コメント(11) | コメントを書く
カテゴリ:アニメ 0610~0703
今度こそ、メアド教えてくれる?
まさか、1話のメアドイベントをここまで引っ張るとは。
なるほど、告白ではないから「伝説の○○」ではないということか。

第25話 ときめきの願い
あれ?
犬飼がメイン?

ときメモ#25_1人知れず、ひっそりと学校を去る陸に対し、

「クッ!あの野郎!」

と怒りをあらわにしてるし。

何よりも、
ときメモ#25_7
最後に一番おいしいとこ持ってってないか?

本気で大穴の犬飼エンドか?と思ってしまったじゃないか。

でも、まぁわかっていたことですよ。
小百合エンドになるというのは。

それにしても、自分の気持ちに正直になった小百合がここまでカワイくなるとは・・・・・・

ときメモ#25_6
「あなたを好きでいていいですか?」


イエス!ユアマジェスティ!

ホント、最初からこのくらい素直に行動していればもっと小百合にときめいたというのに。

そして、小百合エンドを迎えると同時にやってくるのが二人の失恋。

運命なのに・・・ドキドキなのに・・・
ときメモ#25_4
つかさを泣かせ、

陸さん、私に勇気をありがとう
ときメモ#25_5
水奈を泣かせ・・・

しかも、フラれる過程が省略されてるし。

ときメモ#25_2この、あり得ないくらいの急勾配の階段についてスルーしてしまうくらい陸が二人に何と言ったのか気になって仕方ありません

ただ、ハッキリ言えるのが、

コードギアス#22_4
陸さん、死んでいただけないでしょうか?

つかさと水奈の二人はこれで退場だなんて切ないっ!切ないよ!

ひよこっこもこれで見納め。
最後は、

ときメモ#25_3
ひよこ無双

思えば、ひよこくんがいたからこそ「ときメモ」を見るようになったんだよなぁ。
それがいつしか、蝶☆お気に入り作品に・・・・・・

間違いなく、去年の秋番組でのダークホース作品でした。


そういえば、
バレンタインで作ったチョコが卒業式まで日持ちするのか?
という、ごく普通な疑問は、
アニメフェアでの公開オーディオコメンタリーで明かされました。

では、最後に、
陸の転校先の学校は・・・・・・

ときメモ#25_8
きらめき高校ぢゃねーか!!

藤崎さんとか虹野さんとかいるのだろうか?






Last updated  2007.03.28 03:18:56
コメント(4) | コメントを書く
2007.03.27
カテゴリ:アニメ 0610~0703
Do you enjoy your happy life?
楽しんでますよっ!

あっという間の最終回。

まなび#12_2
バイバイ!


と、感想に入る前に・・・・・・
ノォォォォォォォォォッッ!!!!
目が覚めたら「ときメモ」最終回がァァァァァァ
何?何?この展開!?
まぁ録画はしてるけど、やっぱリアルタイムで見たかった・・・・・・

まったく!
悔しいから実写版「しにがみのバラッド」の最終回を見ちゃったぢゃねーか!


第12話 桜色の未来たち
いや、もうね、結論から言っちゃうよ。

最高だった

終わるのが惜しいと本気で思いながら見ていました。
誰が何と言おうが、そのくらい素晴らしい最終話だったと。

第1話を彷彿させる描写で始まり、最後は、

まなび#12_5
こ、この服装は!?

ここでOPを持ってくるとは、ニクイね!

一つ残念なことがあるとしたら、
一晩ですぐ消えるスプレーという設定
どう考えても、あれを意識した後付設定ぢゃん。

たわけた批判をした埼玉県・30代男性の存在が一瞬だけ気分を萎えさせてくれた・・・



そうだったんだ!

まなび#12_3 「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」
は、もものドキュメンタリー作品だったのか!

知ラナカタヨー!!

本編は一気に進んで、ちょうど30年後の2037年3月。

まなび#12_1
卒業式

5人それぞれがそれぞれの道を進んでいくけど、それでもずっと一緒。

単身アメリカに旅立つみかんにはこっちも驚きました。
出発への最後の一歩をなかなか踏み出せないみかんを後押ししたのが、

まなび#12_4
シャッフル同盟拳
4人のまっすぐGO-!

で、ここからの演出が私の中でネ申認定となりました。

卒業してしまった以上、続編の可能性が期待できないのが寂しいね。
でも、1クールで突っ走ったからこそよかったのかもしれませんけど。

当初の感想でも書いていましたが、
ホントに前向きな気分にさせてくれる作品でしたよ。

私の座右の銘も、
まっすぐGO-!でいきたいと思います。
あと、物欲GO-!

次の日記で、物欲が爆発する予定。






Last updated  2007.03.27 03:32:29
コメント(6) | コメントを書く

全242件 (242件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 25 >


© Rakuten Group, Inc.