010945 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

BE★SEE -------- produced by Heiz Ginza

古代のコトバ

【古代のコトバ(9)】
現代に残存する古代文字のひとつが「カタカナ」。その48文字は自然界の全てを顕すという。。

【ヨ】

1. 数時の4の意味
2. 寄り集まっている状態
3. 「ミ」が寄り集まって、トキを得て現象に出ようとしている状態

ヨの用例は、「ヨミ、ヨロヅ、ヨリ、ヨニ」など

(出典:相似象)

情報提供:森本康彦(もりもと・やすひこ)

-----------------------------------------

“森本解説【古代のコトバ】に寄せて”

第8回は【マ】でした。 現象界に出ていてもまだ目に見えない状態ですか。
深いですね・・・ 
第9回は【ヨ】 四・世・代・夜・与・予・余・・・
    次につながるヨ感のようなものを連想するのですが・・・
さて森本さんの解説は如何でしょう。
    【キ】をつけると 「キヨ」「ヨキ」寄与することは善きこと哉(^-^)
     みなさんは何を予期しますか?


文・岡本朝子

バック・ナンバー



目次に戻る

Heiz銀座広報誌【新価値通信BE☆SEE 第9号】

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.