453344 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

新・さすらいのもの書きブログ

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

セミナー

2010年01月08日
XML
カテゴリ:セミナー
セルフ出版といっても、現在の「白夜書房」ではないですが…

現在では「著者」と「出版社」は完全に分業化されています。さらに出版のなかでも、編集と販売まで分業が進んでいます。前者は「出版プロデューサー」もしくは「編集プロダクション」と呼ばれています。
しかし、はるか昔には、自分で書いたものを自分で編集・製本して自分で売るというやり方も多くありました。

単なる出版不況ではなく、これだけ出版界が機能不全に陥った今、昔にかえって「自分でつくって自分で売る」出版を見直すのも手ではないでしょうか。
すでに、それを実践して成功している漫画家やビジネス作家などが増えてきています。

そうした出版方法「Do It Yourselfな出版」の基礎を学ぶセミナーのゲスト講師として、このたびお招きいただきました。お客さんが満員になっても私の収入は増えないのですが、せっかくの機会なので、この主催者を男にしてあげて欲しい、と思います。

詳細・お申し込みはこちらへ:
http://abc.saloon.jp/seminar/1kai.htm






最終更新日  2010年01月08日 17時17分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年07月16日
カテゴリ:セミナー
あの九州ベンチャー大学の栢野さんが、世界一周ツアー後久しぶりの大阪公演だそうです。
しかも、わざわざ大阪の夏祭りである、天神祭の船渡御・花火の時間にちょうどかぶせて実施するという念の入れよう。

弱者は天神祭見物に行ってる場合じゃない、という栢野さんからの無言のメッセージなのでしょうね、きっと。

当日話す内容見ていたら、ちょっとぐらっときます。


◆日時:7/25(土)18時~21時(出入り自由)※あとで懇親会も

◆参加費:5250円(☆質疑応答・相談もOK)先着40名

◆会場・大阪産業創造館・堺筋本町5分 会場地図
http://www.sansokan.jp/map/

◆主催・九州ベンチャー大学

◆相談・質疑・コンサルの時間も!

【当日話す予定】
◆ジャンル日本一の経営事務所がやってる驚異のFAX◆粗利750万が10年で3億になった社員10人の不動産会社の軌跡◆ジャパネットとベルーナ成功の秘密◆売上2000万+借金3000万のインテリア内装会社がネットで2億の軌跡◆ダメうどん屋起死回生のチラシ◆繁盛飲食店がやっているリピートファンづくり方法◆転業失敗10回繰り返して年商6000万だった「やずや」が400億になった一枚の経営計画書◆住宅リフォーム業界の年商1億ニッチビジネス◆余命宣告受けた飲食オーナーが劇的に変わったある習慣◆下請だったデザイン会社が2年で元請け2倍の軌跡◆古着で年商3億の驚くべき営業方法◆ド田舎で年商2億(粗利)の大繁盛パソコンスクールの成功ノウハウ◆その他


◆参加お申し込みは
http://yumesenkan.jp/modules/ccenter/?form=2


遠方の方・用事や天神祭(笑)で行けない方は、この本をまず買ってみましょう。
今なら楽天ブックス、1500円以下でも送料無料です。


弱者の戦略






最終更新日  2009年07月16日 15時59分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年02月08日
カテゴリ:セミナー
以前は頻繁に東京まで受講しに行ってた、出版関係のセミナー。

最近受講しなくなった理由は、親父の介護で家を空けられないというのが非常に大きいが、それ以上に、

「出版を勉強する前にやるべきことに気がついた」

からです。

ライターとして他人の経験を取材して執筆するという手はあるものの、自ら著者として出版するには、当然だが「本1冊書けるだけのコンテンツ」(一説には、5冊書けるだけの知識量と幅)が必要。

今、それを構築中です。
でないと、出版セミナーを受講して勉強しても、すぐにその知識が使えず、高い受講料と時間が無駄ということになりかねません。

で、それだけのコンテンツがある方は、おすすめです。
私も、条件を満たしていたら受講したいセミナーです。

-----------------------------------------------------------------

出版による、パブリッシングやブランディングに興味のある方へ

なぜ、あの本はアマゾンで上位にランクされしかも売れ続けているのか?

そのメカニズムに迫る!

いま、明かされる秘伝の極意とは!?


   出版戦略会議in東京

日時 :平成21年2月21日(土)
    10:00 受付開始
    10:30 セミナー開始
    17:00 セミナー終了

場所 :渋谷 フォーラムエイト

講師 :アマゾンランキングを動かす男 カカトコリ

定員 :先着限定24名

参加資格 :著者または著者を目指す方
       <編プロ、出版関係者お断り>
      ※著者本人でないと使えません

さらに詳しく知りたい方のみ
こちら







最終更新日  2009年02月08日 18時51分05秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年11月10日
カテゴリ:セミナー
文芸でも、絵でも、実用書でも、作品(商品)が売れるかどうかは、やってみないと分からないという部分はある。

それでも、現在の出版社では新たな企画を通すときに「やってみないと分からない」は通用しなくなりつつある。サイトのアクセス数、メルマガの読者数、顧客リスト、類書の売り上げ、パブラインのデータなど、数値化されたデータで企画を通すかどうかを判断するようになっている。従って、著者としての実績がないと、新人作家さんや、あまり本になっていない新しい分野の本はいつまでたっても出版されないことに。

「やってみないと分からない」が通用するのは、自費出版だけかもしれない。200万からのお金を工面できる人は、普通の自費出版に挑戦してみるのもいいだろう。

そうでない人は、こちらのセミナーで勉強して、早くて安くてうまい出版にチャレンジしてみてはいかがだろうか。

●こんな方におすすめ
・自費出版や協力出版をお考えの方
・本を出したくて、出版社に企画書を送り続けている方
・何かの専門家で、みんなからよく同じことを聞かれる方


 関西異業種交流会KICK OFF KANSAI  定例交流会


テーマ:「誰でも本を出版できるDIY出版のススメ」
  ~自費出版より早い・安い・旨い!お話です~


お申し込みはこちらから



  ○告知に協力してくださったお仲間たち○


とどろき伝説さん

小谷会計事務所さん

「心豊かな日本」創造プロデューサーyonepの「温故知新.jp」さん

地元密着なび・シンタニさん

「本から峠の向こうの日本をみよう!」発行人のたけみつさん

「いつかは起業!だったらこのくらい知っておかなくては!」発行人のhamanoさん

「智慧輪」の今井智恵子さん

「「書く」マーケティング」発行人の堀内さん

「宮浦アトリエのもの作り日記」のみらくる☆さん

ネットショップ美容工房の妹尾さん

「自分を知る~100%思いどおりになる魔法」発行人のMarvinさん

「You still there?」の福嶋さん

本当にありがとうございます!






最終更新日  2008年11月16日 00時59分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年11月07日
カテゴリ:セミナー
かつて、この日記を始めた頃に、今でいう情報起業のはしりのようなことをさせていただいたことがあります。
1万円くらいの冊子を販売していたのですが、今から思えばずいぶん失敗というか、これをやっておけばよかった、という後悔とか失敗談などがあります。

今回、それらの失敗談をたっぷり語る機会を得ました。
情報商材はもとより、電子出版、小冊子、普通の出版などをお考えの近畿近辺の方、よかったらぜひお越し下さい。

当日お席に余裕があっても、申し込み無しで飛び入り参加はダメなので、興味ある方は必ず前日までにお申し込みを。


●関西異業種交流会KICK OFF KANSAI
11月15日 定例交流会のご案内

テーマ:「誰でも本を出版できるDIY出版のススメ」
  ~自費出版より早い・安い・旨い!お話です~






最終更新日  2008年11月07日 22時21分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年08月08日
カテゴリ:セミナー
タイトル見て「また百世さんのセミナー情報か」と思われたみなさん、

その前にまあちょっと、聞いてください。


実は以前、今回セミナーを主宰される百世さんをはじめ数名の方に、出版するコツについてインタビューさせていただいたことがあります。

残念ながら、この企画は諸般の事情により「出版無期限延期」となりましたが、その中で記憶に残る1つのノウハウをここで特別に開陳します。
(注:百世さんの回答ではありません)

Q:「出版できる人の条件は何でしょうか?」







A:「一つの専門分野において、本を5冊書けるだけのコンテンツがあること」


少なくとも、切り口をかえて5冊書けるだけの深い専門知識があって初めて、本が書けるということだと思います。うまくいって1冊目が好評なら、すぐに続編が出せますしね。
私はまず、出版ノウハウ以前に、ここの段階で修行が必要だといえます。

さて、それだけ深い専門能力を有しながら、地方在住というだけで出版できないでいる方には朗報です。
大阪で、このようなセミナーが行われます。


         ■ 本を出したい地方在住者の方へ ■

このセミナーでは、こんなあなたの悩みにお答えします。

・1冊目の本を決める出版社へのアプローチ方法

・出版社と出会うキッカケ作り

・増刷を呼び込む書店攻略法とは?

・2冊目、3冊目へとつなげるために、必要なモノは?

・地方だから難しい?・・むしろ地方著者ならではのメリット

お2人の「売れる秘訣」を、この日だけ、ここでだけ公開します。


地方に特化した出版セミナーが、これまで他にあったでしょうか?

昨日のあなたと同じような悩みを持っていた著者さんが、
リアルな体験を語ってくれる機会が、どれだけあるでしょう?

どうぞこの1度きりのチャンスを逃さないでください。(^_^)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

          出版アカデミーin大阪セミナー

「地方で本が出せるねん!売れるねん!」

      ~1冊目からクリーン☆ヒット~

■日時 2008年8月10日(日)19~21時

■講師:吉井春樹さん、河本ぼあらさん

■参加費:(当日会場にて)
     一般 6,000円 
     ペア割 4,000円(一般で2人参加の場合、お1人分料金)
     アカデミー会員 4,000円
     新規ご入会者(ご入会プレゼントにて無料)

■二次会:実費 3,000~4,000円程度

■会場:大阪市中央公会堂 大会議室
(地下鉄御堂筋線・京阪電鉄「淀屋橋」駅徒歩5分)
http://www.bridal21.com/koukaidou/

★セミナーのお申し込みは↓こちらから↓
http://don.jp/ezform104/11646/form.cgi

       ★参加者だけの特典★
部数アップ魔法のツール(POP、注文書などの実物コピー)を
会場でお渡しします。






最終更新日  2008年08月08日 22時30分28秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年04月22日
カテゴリ:セミナー
先日この日記でお知らせしました、26日のキックオフ関西の講演会、諸事情により秋頃へと延期になりました、と主催者から連絡がありました。

参加申し込みいただきました皆様にはご迷惑をおかけしますが、なにとぞご了承いただきますようよろしくお願いします。






最終更新日  2008年04月22日 09時19分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年04月18日
カテゴリ:セミナー
ブログ時代の文章術とは、というテーマで、大阪のとある異業種交流会からオファーをうけ、セミナーをさせていただくことになりました。


たとえば、内容の一部で、こんなことをお話する予定です。
(当日、忘れていたら質問してください)


・ブログは日記ではなく、_____と思った方がいい。

・当ブログでもやってしまった、最大の失敗とは、_____。

・ブログの炎上を防ぎつつ、多くのアクセス数を稼ぐには、_______をする。

・魅力的なプロフィールの書き方は、_______と______を_______する

・ブログネタに困ったら、_______を____する。


4月26日。
くわしくは、こちら






最終更新日  2008年04月18日 22時02分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年09月10日
カテゴリ:セミナー
以下のような内容の予定で、こんどひさしぶりに大阪へ両国の隠居さまが来られてセミナーをされるらしい。

両国の隠居さまといえば、少し前に出版された『38万円で本ができた』、南米大河系書店で12000円の値段が付いたことでも知られる、出版界のドンである。
この本↓。
『38万円で本ができた』


12000円分の話が聞けるかも知れません。

ちなみに、こんな内容です↓。
===================================================

【セミナー、レジュメ案】
商業出版の世界から見た個人出版(自費出版)
(売れる本、売りたい本の作り方)

《売れる本を追及すると》
企画と装丁と著者の知名度
読者の期待するもの
著者に必要な、もてなしの心
読者の目的意識を捉える

《企画と装丁》
読者対象を如何に絞り込むか
書名とサブタイトル、キャッチコピー
タイトルを補完するのがカバーデザイン
読みやすさを突き詰めると
書店が売りやすい装丁
個人出版で、文庫本・新書本・大きな判型の本がなぜ売れないか

《商業印刷と出版印刷(頁物)》
DTPと出版印刷
出版印刷はギリギリの原価を追及してきた
手戻りが経費増を生む
規格の一元化と大量生産(機械の大型化)
小部数出版だからこそ求められる最適ページ数

《製作部数と制作費(リスクヘッジと原価率)》
実売見込みをどのように読むか
読者の数は決まっている
初版部数と原価率
最低印刷部数を考える
再版と原価率
改訂新版という奥の手

《販売ルート(出版流通ルート)》
新刊配本と見計らい注文、補充、客注
書店営業、平積み・POP
本は背中で売れる
エリアマーケティング
クラスメディア
著者の知名度、宣伝と広報

===========================

詳細は、こちら

申込は、こちら






最終更新日  2007年09月10日 18時12分18秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年05月21日
カテゴリ:セミナー
私のマイミク仲間のひとり「わらし仙人」さんが速読の本を出されました。


それを記念して、大阪で講演会をします。


《燃える!奇跡の速読術講演会・大阪6月9日(土)》

わらし仙人の速読術の完成が、アナタの目の前で実証されます。東京で熱狂的な参加者に囲まれて熱演した、奇跡の速読術を、もう一段、上の段階で、60倍速読術の総まとめで、お目にかけることができます。わらし仙人が全力で講演いたします。ご期待ください。あと、19名で締め切らせていただきます。
(ご予約は、先着順でございます。)ヨロシク!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日時:6月9日 13~17時
場所:福島区民センター 301号室(電話06-6468-1771)
〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
 http://osakacommunity.jp/fukusima/index.html
〈35名限定)参加費5000円(銀行振り込み)
参加希望の方は、とりあえずお申し込みください!
 pggpq409@yahoo.co.jp 番町書店まで!
★1時ー3時(基礎編)3時ー5時(50回読み、上下2
点読み、ブロック読み、3Dサーフイン読みの徹底練習)
速読虎の穴にようこそ!(笑)いまこそ、奇跡をを起こし
ましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






最終更新日  2007年05月21日 11時47分30秒
コメント(0) | コメントを書く

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR

お気に入りブログ

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

不思議な夢 New! maslowさん

NISA・iDeCoで推奨「… New! 山田真哉さん

ツインフレームの証… 矢尾こと葉♪さん

中国人が日本の坦々… シャルドネ。さん

ホオズキ メイユールベビーさん

番組構成師 [ izumat… izumatsuさん
藤沢あゆみのやれる… 藤沢あゆみさん
特許屋 の    … 特許屋さん
夏夢の杜 evikunさん

コメント新着

さすらいのもの書き@ Re[1]:蘇る金狼さんのブログが削除(08/29) シャルドネ。さん ごぶさたしてます。 コ…
さすらいのもの書き@ Re[1]:蘇る金狼さんのブログが削除(08/29) 特許屋さん > ビックリしました。楽天の…
シャルドネ。@ Re:蘇る金狼さんのブログが削除(08/29) 蘇る金狼氏のブログは、異論反論ありつつ…
特許屋@ Re:蘇る金狼さんのブログが削除(08/29)  ビックリしました。楽天の「突然削除」…
さすらいのもの書き@ Re[3]:足跡終了(01/12) 特許屋さん >「お気に入りブログ」の下…

プロフィール


さすらいのもの書き

カテゴリ

フリーページ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.