047514 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

お気楽極楽 ヒロくま!

PR

プロフィール


ヒロくま!

フリーページ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019年09月

コメント新着

ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…

お気に入りブログ

ゴルフ上達の鍵 star5310さん

ランキング市場

ニューストピックス

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

お買いものレビューがまだ書かれていません。

カレンダー

2006年10月21日
XML
カテゴリ:お気楽極楽

<日本シリーズ>中日が初戦制す 日本ハムあと一歩及ばず

 プロ野球の日本シリーズが21日、ナゴヤドームで開幕し、中日が日本ハムに4―2で降して初戦を制した。中日がシリーズ初戦を勝ったのは1974年以来32年ぶり。中日が川上、日本ハムはダルビッシュと両エースが先発。互いに本調子ではなかったが、粘り強い投球をみせて接戦となった。有効打の数と守りの堅さで勝った中日が競り勝ち、1954年以来52年ぶりの日本一に向けて好スタートを切った。川上はシリーズ通算3勝目。第2戦は22日、ナゴヤドームで行われる。
 ○中日4―2日本ハム●
 中日が下位打線の活躍と川上の力投で初戦を制した。二回1死満塁から、谷繁の中前2点適時打で先制点。同点とされた三回には井上の左前適時打で再びリードし、八回1死三塁からアレックスの適時二塁打で追加点を奪った。川上は再三走者を出しつつも、要所を抑えて8回を2失点。日本ハムの先発ダルビッシュは力みが目立ち、制球に安定感を欠いた。
 ▽中日・落合監督 四つ勝つための第一歩。選手たちは、いつも通りの試合をしてくれた。(明日以降も)シーズン通りの野球ができたら、うちはあと三つ勝つ。
 ▽日本ハム・ヒルマン監督 ダルビッシュは一回を抑えた時にはいけると思ったが残念。四球が多すぎた。でもシリーズは7戦あるんだから、立て直していけばいい。
 ◇日本一狙う中日に頼もしい存在
 中日にとって、悪いデータがある。82年の日本シリーズから初戦は4連敗中と苦手にしていた。先発の川上が力んで本来の安定感ある投球が見られず、ベンチの首脳陣や選手たちの頭の中には、この数字がよぎったことだろう。しかし、それを振り払ったのが、谷繁、井上の両ベテランの打撃だった。
 先陣を切ったのは谷繁。二回1死満塁、カウント1―2。打席で谷繁は考えた。「ここまでのダルビッシュは変化球でストライクが取れない。四球が許されない場面でスリーボールにはしたくない」。投手の心理を知り尽くしたプロ18年目の35歳は直球一本に絞り、中前にはじき返して先取点をもたらした。
 選手会長でプロ17年目の井上は技で勝負した。三回2死二、三塁の好機。内角のカーブで大きな空振りをして追い込まれたが、すぐに頭の中をコンパクトな打撃に切り替えた。外角直球に逆らわず、流し打ちで左前適時打とした。
 谷繁は「何とか1点を、という気持ちで打った」、井上は「バットに当てることだけ考えていた」と振り返った。シリーズ前「自然体で臨む」ことに集中していた2人は打席でも冷静さを失わなかった。それが20歳の右腕から貴重な一打を放つ要因になったと言える。
 52年ぶりの日本一を狙うチームにとって、谷繁と井上の存在は頼もしい限り。落合監督は表情にこそ出さないが、胸の内ではニヤリとしていることだろう。【田中義郎】
 ◇重圧に翻ろうされた日本ハム・ダルビッシュ
 過去10年、シリーズ第1戦を落としながら優勝したのは00年の巨人だけ。短期決戦では、それだけ初戦の勝利が意味を持つ。それを踏まえて日本ハム・ヒルマン監督が送り出したのが成長株のダルビッシュ。だが、シリーズ特有の重圧に翻ろうされた。
 シーズンとプレーオフを通じて11連勝と勢いを持続して先発した。この日も腕の振りが良く、一回から内角の速球で荒木、井端のバットをへし折り、福留には外角低めの146キロで3球三振。最高の立ち上がりを見せた。
 20歳の若武者らしく全身から気合があふれていた。だが、自信に満ちた投球に変化が生じたのは二回だった。先頭のウッズに四球を与え、思わずマウンドを蹴り上げた。平静さを装いながらも、気持ちを抑えきれなかったのは明らか。続く森野に146キロを左中間へ運ばれ、1死後、井上を敬遠して満塁とし、谷繁との勝負にかけた。しかし、最も走っていた内角の速球を中前に痛打され、2点を失った。
 同点に追いついた直後の三回も同様だ。1死一塁で森野の目の前に高く跳ね上がったバウンドを捕球しながら、その後が反応できない。一、二塁どちらにも投げられず内野安打とし、結果的に井上の勝ち越し適時打を呼び込む形となった。
 それでも四回以降は落ち着きを取り戻した。1点リードを許したまま、6回被安打5でマウンドを退いたが、若さが際立つほろ苦いシリーズデビューとなった。【和田崇】
 ○…中日・森野が5打番の役割をきっちり果たした。二回無死一塁、甘く入ったダルビッシュの変化球を左中間に運ぶ二塁打で、谷繁の先制打をお膳立て。1死一塁で迎えた三回には、ダルビッシュの前で高くはずむ内野安打を放ち、井上の勝ち越し打を呼び込んだ。今季レギュラーに定着したのはセ・パ交流戦後。試合前「ダルビッシュ? 打席に立ったことがない。思い切っていくだけ」と話していた森野がのびのびと戦った。
 ○…日本ハム・セギノールが三回に技ありの適時打を放った。1死一、二塁で右前打を放ち、森本を本塁に迎え入れた。川上の甘く入った初球のカットボールを逃さない、積極さも光った。ただ、四回以降はリズムを取り戻した川上の前に打線が沈黙。「川上は内外にうまく投げ分けていた。相手のホームゲームなので、1勝1敗なら御の字。チームのムードは悪くない」と巻き返しを誓った。
 ○…第1試合の始球式は、今年野球殿堂入りを果たした元中日監督の高木守道さん(65)が行った。現役時代は名内野手で鳴らした高木さんも「始球式は初めて。勝手が違う」と苦笑いしながら大役を務めた。「4勝1敗で中日が勝つと予想している。頑張ってほしい」と、OBらしく中日にエールを送った。
(毎日新聞)

ということでとりあえず、中日が勝ってよかった。









最終更新日  2006年10月21日 22時52分08秒
コメント(0) | コメントを書く
[お気楽極楽] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.