ベテスダ・柏

私は神に問いかける夢を見た


私は神に問いかける夢を見た。
“あなたは私に聞きたいことがあるのか?”と神が言われた。
“もしお時間があれば”、と私が言った。
神は笑った。“私の時は永遠だよ。”
“どんな質問があるんだね?”
“人間について、いちばん驚かれることは何ですか?”
神はお答えになった。
“子どもであることにすぐ飽きてしまうことだ。
急いで大人になり、
大人になると再び子どもに戻りたがる。
また、金儲けのために体を壊し、
体を壊しては健康回復のためにお金を使う
将来のことを心配して考えるが
現実のことは忘れる。
それは現実にも未来にも生きていないということだ。
また、彼らは決して死なないかのように生き
決して生きないかのように死ぬ。“
神は私の手を取り
私たちはしばらく沈黙した。
それから私は尋ねた
“親として、子供たちどんな人生のレッスンを学んで欲しいですか?”
神は微笑みながらお答えになった。
“誰かに自分を愛させようとすることはできない。
できることは、愛される人になることだ。
豊かな人とは、たくさん持っている人ではなく
少ないものて足りる人であること。
愛する人の深い傷口を開くのには数秒でよいが
癒すのには何年もかかること。
実践的な赦しによって赦すこと。
愛情深いが、その思いを単に表現する術を知らない
人々がいること。
ふたりの人が同じものを見ていても、違った見方をするということ。
人に赦されるだけではなく十分でなく、自分自身を赦さ
ねばならない時があること。
そして、私がいつも共にいることを覚えておきなさい。“
     echmrch.topanより(2002年)


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.