153469 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

香港経由、旅たびアジアにおじゃましてスンマセン

PR

Category

Profile


Betty82

Freepage List

Recent Posts

Archives

Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019
May , 2019
Apr , 2019
Mar , 2019
Feb , 2019
Jan , 2019
Dec , 2018

Calendar

Comments

S本@ Re:うさぎ肉ソーセージをめぐる戦い(10/25) 京都市南区の小学校に1988年まで出て…
Betty82@ Re:HPできました >snowshoe-hareさん、 お久しぶりです…
Betty82@ Re:お久しぶりです(^-^)♪(01/07) >ほしのきらりさん、 お久しぶりですね…
Betty82@ Re:HPできました minnieさん、 めっちゃお久しぶりです~…
snowshoe-hare@ Re:HPできました(01/07) おお!お久しぶりです。アジアが好きなの…
ほしのきらり。@ お久しぶりです(^-^)♪ いまビックリ・・・日記の更新があったの…
minnie755039@ Re:HPできました(01/07) ちょーーーお久しぶりです!!! お元気…
Betty82@ Re:ごめんなさい!訂正!(05/08) 10maxさん、 おぉっと、懐かしいです~!…
10max(旧てんまん)@ ごめんなさい!訂正! URLが間違ってました! 正しい新URLはこ…
10max(旧てんまん)@ 大変ご無沙汰です^^; bettyさん、おひさしぶりっす。 スリラン…

全2件 (2件中 1-2件目)

1

トルコ編

Mar 18, 2007
XML
カテゴリ:トルコ編
セマー

たった1週間しかないトルコ旅行の中で、パムッカレ(石灰棚の温泉で有名)に行く予定
を変更し、イスタンブールへ向かう日を1日早めて私が見てきたもの…。

それは、セマーという旋舞のパフォーマンスなのだった。


…セマーとは?(゚Д゚)b

メヴレヴィー教団(て何?)の修行の1つらしいが、グルグル回って神と一体化する
らしい。そして、グルグル舞う人のことをセマーゼンという。宗教的な意味合いを
無視して誰が見に来てもいいらしい。私が行ってもいいらしい。

あぁ、見たい、旋舞を見たい!(゚∀゚)

と言うわけで、オリエント急行の終着駅、スィルケジ駅へセマーを見に行ってきた。


セマーは、生演奏をバックに舞われるらしい。楽団が登場だ。とても厳かな雰囲気。

しかし…。

厳かすぎて退屈だ。まるで、お経のようだ。10分…20分…30分…(-_-)zzz
おっと危ない、うっかり寝るところだった。


セマーの伴奏       セマーゼンの入場
セマーの伴奏をする人たち         セマーゼンの入場


30分ほど経った頃、厳かに入場してくるセマーゼン達。静かにまわりに礼をした後、
黒い上着を脱ぎ、おもむろに4人のセマーゼン達は、いきなりグルグルまわり始めた。


え!?( ̄ロ ̄lll)
ただグルグルまわってるダケ!?振り付けは何もないの??


そうなのだ。一言のセリフも無く、振り付けも無く、ただ両手を天に向かって
差し伸べ、ただひたすらコマのようにグルグル回っているだけなのだった。


とても機械的&規則的に左回りに自転をくり返すセマーゼン達。
人間とは思えない。まるで人形のようだ。背中に電池が入ってるんじゃないか? 

と思って、セマーゼン達の背中を凝視してみたが、電池の入れ口は無かった。


そして自転のスピードは、信じられないことに、1秒間に1回転ほどの高速回転
それを、5分間ほどぶっ続けで回るセマーゼン達。とても人間技とは思えない。

※1秒に1回転 x 5分、さて全部で何回転?


よく見ていると、セマーゼン達は自転しながら公転しているようだった。
少しずつなので気づかないが、さっきと4人の位置が左回りにずれている。

左回りがポイントなのだろうか?


自転しながら公転する様は、オルゴールの上で舞うバレリーナ人形のようだ。

そして、セマーゼン達の表情は、魂が抜けた人間のような恍惚状態で、
目は半開き、しかし目の玉は動いていないので、どこも見ていないようだ。


5分ほど舞うと一斉に止まり、正気の人間(?)に戻って礼をしている。

えぇ~っ、いきなり止まって、よくヨロけないなぁ。直立不動だ。すごい!


1分ほど礼をした後、またおもむろに回り始めるセマーゼン達。
再び5分間ほど自転&公転をくり返す。そして止まって1分ほど礼をする。

それの繰り返しで、セマーゼン達は30分間、グルグル回り続けたのだった。

※1秒間に1回転 x 30分、さて全部で何回転?


セマーとは、ただひたすら、それだけなのだった。


しかし、とても人間技とは思えないすごさ。舞い終えたセマーゼン達は、
礼をした後、黒い上着をつけ、何のセリフも無く、静かに退場していった。

とても厳かな雰囲気なので、会場はしーんと静まり返っていたが、私は
心の中で、「ブラボー!」 と叫びまくり、拍手喝采していた。


一体セマーゼン達はどれほどの修行を積んでいるのか?

今回のトルコ旅行では、もちろんセクシーなベリーダンスも鑑賞したけれど、
そんなものは、このセマーの足元にも及ばないぞ!と心から思った。



人気ブログ・ランキングへ。  … セマーがマイナーなのが許せない






Last updated  Mar 18, 2007 05:26:20 PM
コメント(25) | コメントを書く
Mar 10, 2007
テーマ:旅の写真(2621)
カテゴリ:トルコ編
朝もやの中の親子

こんなにメジャーなトルコなのに、なぜか今までずっと後回しにしていてスンマセン。
もっと早く来るべきだったね、トルコ。こんなに素敵な国なのに(´∀`;)

いや、あの~本当はウズベキスタンへ行こうとしたのだが、香港から直行便は無く
イスタンブール経由で、しかも乗り継ぎのタイミングが非常~に悪い。

なら、いっそ、イスタンブールで降りて、今回はトルコ観光にすればいじゃないか、
と思って、なりゆきでトルコに来てみただけなのだった。

※でも、そんなトルコも今回、バーレーン経由

と、いうわけで、東洋と西洋の出会う街、イスタンブールへ飛んでみた。



さて、ここで問題デス (゜o゜)b

問: トルコって、アジア? ヨーロッパ? どっち? 


ん~、実は私は今まで、トルコはアジアなのかヨーロッパなのか、
どちらに属するのかわからなかったのだった。

…なんとなく、両方?(´∀`;)

アジア!とも、ヨーロッパ!とも、どちらとも断言できないところが、なんだか
日本に例えると、三重県的な位置づけで私の中にあいまいに存在していたトルコ。
今回、実際にイスタンブールの街に降り立って、初めてそれが判明したのだった。


トルコという国は、そしてイスタンブールという中心的な街は、実は
アジアとヨーロッパの陸地の両方にまたがって位置していた。



おぉ、そうだったのかぁぁ( ̄ロ ̄;)

そして、その境い目には、ボスポラス海峡が存在していたのだった。
これが境い目だ。

ボスポラス海峡、ヨーロッパ側から   ボスポラス海峡、アジア側から
アジア側からヨーロッパを望む       ヨーロッパ側からアジアを望む


だからトルコは今まで私の中で、アジアともヨーロッパともつかなかったのだった。
あぁ、なんだかスッキリ!
つーか、私の無知さ加減が今ココに暴露されてドッキリ!(゚ロ゚;)


私は今まで、アジアと アフリカと 南米の地図ばかりを凝視して毎日を送って
いたので、そんなことにも気づかなかったのだった。…トルコ、ごめん。

トルコは、まさに、アジアとヨーロッパを股にかけて存在していたんだね。


そして、ボスポラス海峡をフェリーで渡った私は今回、
アジアとヨーロッパを股にかけた女(*^_^*)



人気ブログ・ランキングへ。  … 答:中近東






Last updated  Mar 12, 2007 01:48:56 AM
コメント(24) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.